最終更新日:

ビズリーチは第二新卒でも使える?利用の注意点と好条件転職方法とは

ビズリーチは第二新卒でも使える?利用の注意点と好条件転職方法とは

「第二新卒でもビズリーチを使えるか」
「転職成功できるのか」
第二新卒でビズリーチを利用できるかわからず、登録を悩んでいる人も少なくありません。

ビズリーチでは登録時の情報を詳細に入力すれば審査材料が増えるため、第二新卒でも利用可能です。

しかし、30~40代のハイクラス向け転職サイトなので、第二新卒では利用満足度が低くなったり、転職活動が長期化する恐れも。

本記事では、第二新卒がビズリーチを使う際の注意点やその他おすすめ転職サイト・エージェントをご紹介します。

第二新卒でビズリーチの利用を検討しているなら必見です。

ビズリーチは第二新卒も登録可能

ビズリーチは、年収600万円・部長クラス以上に支持される転職サイトNo.1のハイクラス向けスカウト型転職サイト。

登録情報を見た企業やヘッドハンターからスカウトが届くため条件交渉しやすく、好条件転職が可能です。

ビズリーチは年収1,000万円の案件が全体の3分の1を占めますが、年収300万円以上”で求人検索できるため、第二新卒も利用可能です。

ビズリーチは30代~40代のハイクラス向けサイト。公式は登録時の審査基準を非公開にしているため、第二新卒は利用を拒否される場合があります。

>20代向けの転職サイトを使う<

第二新卒のビズリーチ審査通過方法

ビズリーチでは、登録した情報を見たうえでスカウトが送られるため、下記3つを詳細に記入すると審査通過率が上がります。

■ 充実すべき情報欄
・職務経歴
・職務要約
・スキル

情報を充実させると年収・キャリアアップ転職のきっかけとなるスカウトが届きやすいです。

    ≪詳細情報を記入する利点≫

  • 審査材料が増え審査通過率がアップする
  • 利用開始時からスカウトが届き転職活動がスムーズになる
  • 詳細情報の記入有無で転職決定率に違いが出る

ビズリーチ 基本情報入力後の画面

ビズリーチは企業側に第二新卒募集を呼び掛けている

ビズリーチ優秀な第二新卒を採用するため、企業側にビズリーチの利用を推薦しています。

第二新卒は企業からの需要が高いため、ダイレクトリクルーティングを用いているビズリーチなら多くスカウトをもらえるでしょう。

マイナビ転職の調査では、今後1年間で第二新卒を積極的に採用したいと答えた企業が多いと発表しています。

第二新卒 需要

※1

ダイレクトリクルーティングとは、企業がSNSやデータを元に求める人物像へ直接スカウトを送りアプローチする方法。

第二新卒 ビズリーチ利用時の注意点

ビズリーチはヘッドハンター保有案件に応募しサポートしてもらえるメリットがありますが、第二新卒の利用には注意点があります。

希望以上の条件でスカウトが来る

ビズリーチはポジションや年収の高い求人を多く保有しているため、経験やスキルに見合わないスカウトが届く可能性も。

好条件求人に惹かれて応募しても、転職活動の長期化やミスマッチが起こります。

第二新卒で転職を考えているなら、まずは市場価値の診断がおすすめ。

現在のスキル・経験から適正年収はいくらかを知れると共に、転職のタイミングや狙うべきポジションが分かります。

想定年収が年収500万円以上実績やスキルがあるなら、ビズリーチで年収・キャリアアップが狙えるでしょう。

ミイダスで市場価値診断

ミイダスなら、市場価値診断=適正年収、適性チェック=適性職種診断を受けられます。適性チェックでは、向いている職種や性格診断もできるため転職のタイミングや職種を変えるかどうかの判断ができるのです。第二新卒の転職を考えているならまずはチェック!

第二新卒向けではない

ビズリーチは、30~40代のハイクラス層をターゲットにした転職サイト

第二新卒が審査通過しても、サービス自体が20代向けではないため評価と比べて使用感のギャップを感じる場合があります。

初めての転職で第二新卒に特化したサポートを求めるなら、20代向けの転職サイト・エージェントの利用がおすすめです。

ビズリーチの登録者は平均年齢40歳、平均収840万円、6割以上がマネジメント経験者※2。また、年収600万円以上のビジネスパーソンが支持する転職サービスNo.1※3を獲得するなどハイクラス層からの支持を高く得ています。

第二新卒特化の転職エージェント

キャリトレ マイナビ
ジョブ20’s
サイト
年齢層
20代
サポート対象者
キャリアアップを目指す20代
20代/既卒・第二新卒/フリーター/初めて就職/転職相談
支援
実績
自身の市場価値が分かりキャリアの可能性が広がる 年間約3万4000人が登録
特徴 スカウト/レコメンド機能付でスキルアップを目指せる 全求人が20代対象
ポテンシャル採用中心
公式
サイト


第二新卒エージェントneo 就職Shop
サイト
年齢層 20代 20代
サポート
対象者
第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援
実績
1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
公式
サイト


DYM就職 ジェイック
(JAIC)
サイト
年齢層 18~35歳 18~39歳
サポート
対象者
第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援
実績
20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 厳選2,500社
満足度90%
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
公式
サイト


第二新卒はビズリーチ+20代特化のサービスを併用

第二新卒がビズリーチを利用すれば、キャリア・年収アップを狙えます。

しかし、ビズリーチは中年層のハイクラス向けの転職サイトのため現在の経験やスキルに見合わない場合も。

第二新卒はビズリーチ+第二新卒向け転職サービス、第二新卒向け転職サービスの掛け持ちで求人・サポートの幅を広げるのも転職成功への近道になるでしょう。

■ 第二新卒特化の転職エージェント
キャリトレ
マイナビジョブ20’s
第二新卒エージェントneo
就職Shop
DYM就職
ジェイック(JAIC)


※1 出典:マイナビ転職 第二新卒って一体なに?
※2 ビズリーチ独自の審査を通過した会員の平均
※3 2016年8月~9月「転職サイトの利用動向調査」:シード・プランニング社調べ

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事