最終更新日:

ビズリーチは第二新卒に有利?第二新卒のビズリーチ活用法と転職成功法

ビズリーチは第二新卒でも使える?利用の注意点と好条件転職方法とは

「ビズリーチは第二新卒でも使える?」
「ビズリーチは第二新卒に有利なサービス?」
「第二新卒のビズリーチ活用法は?」

ビズリーチが第二新卒にも有益か分からず、利用を迷っている人は少なくありません。

ビズリーチは第二新卒でも利用可能ですがハイクラス向けのため、経験やスキルが浅い第二新卒は他社と併用すると転職が成功します。

今回は第二新卒がビズリーチを利用できる理由や利用する注意点、第二新卒の確実な転職成功法を解説していきましょう。

第二新卒がビズリーチを利用できる理由

ビズリーチって経験が長くてスキルがある人向けのサービスだよね?第二新卒は利用できないんじゃないの?

ビズリーチは、ハイクラス国内最大級のスカウト型転職サイトです。

求人の1/3以上が年収1,000万円超、主な年齢層は30~40代で登録には審査もあります。

年齢制限はないため、現在の年収が500万円以上or同等の経験やスキルがあれば第二新卒でも利用できるでしょう。

ビズリーチの明確な審査基準は非公開だから、すべての第二新卒が利用できるとは限らないわ。

ビズリーチを利用できない第二新卒は他社併用

ビズリーチは年収600万円以上の人が支持する転職サービスNo.1(※1)を獲得し、登録者の6割以上がマネジメント経験者です。

現在の年収が500万円以下orアピールできる経験やスキルが乏しい第二新卒は、ビズリーチの審査に通過できません。

自身のキャリアに最適なサポートを受けたい第二新卒は他社も活用しましょう。

経験が浅い第二新卒向け

DYM就職 ジェイック
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 第二新卒、中退者、フリーター
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)
マイナビジョブ20’s 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 24~29歳、24歳未満の既卒 20代
主なサポート対象者 東名阪の既卒、第二新卒 職歴・社会人経験・学歴不問
支援実績 年間3万人以上が登録 利用者累計10万人超
特徴 20代対象の求人のみ。ポテンシャル採用中心 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

経験がある第二新卒向け

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20~40代 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応。第二新卒も歓迎 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)

第二新卒のビズリーチ審査通過方法

ビズリーチでは、登録したレジュメを見た企業やヘッドハンターから求職者にスカウトが送られます。

レジュメに記載されている情報が少ないとキャリアの良し悪しを判断できないため、スカウトが届きにくくそもそも審査に通過できません。

■審査通過の必須情報
・職務経歴
・職務要約
・スキル

全ての情報を詳細に記載するのが一番ですが、上記は最低限充実させると第二新卒でも審査に通りやすくスカウトが届きやすいです。

詳細情報を記載する利点
・審査材料が増え審査通過率アップ
・すぐにスカウトが届くのでスムーズ
転職決定率が上がる

ビズリーチ 基本情報入力後の画面

ビズリーチでも第二新卒の需要は高い

2020年のマイナビ転職の調査では、今後1年間で第二新卒を積極的に採用したいと回答した企業が半数以上を占めました。(※2)

第二新卒 需要

ビズリーチでも優秀な第二新卒の採用のため、企業側にビズリーチの利用を推薦しています。

第二新卒は企業からの需要が高いため、好条件のスカウトが直接届くビズリーチを活用できれば、効率よく転職活動できるでしょう。

ビズリーチ公式【公式】https://www.bizreach.jp/
登録は60秒で完了!

第二新卒がビズリーチを利用する注意点

ビズリーチは年収や能力が高くてレジュメを詳細に記入してる第二新卒なら審査に通りやすいんだ!

あくまでもハイクラス向けだから、経験の浅い第二新卒が利用するなら注意点も多いわ。

ビズリーチと第二新卒のミスマッチ

ビズリーチはハイクラスに特化しているため、求められる経験やスキルのレベルは決して低くありません

    ビズリーチと第二新卒のミスマッチ例

  1. キャリアに見合わないスカウトが届く
  2. 好条件スカウトに応募しても落とされる
  3. スカウトがなかなか届かない
  4. 転職活動が長期化する

第二新卒は、一般的に学校卒業後に就職して3年以内に転職する若年層(主に25歳以下)を指します。

実務経験が浅い・業務スキルが不十分な状態で転職活動に臨む第二新卒が多く、ビズリーチとはミスマッチが起こりやすいです。

第二新卒はビズリーチと適性診断

ビズリーチを利用したい第二新卒は、登録前に徹底的に自己分析しておきましょう。

自分の仕事の適性や強みを把握していれば、狙うべき業界・職種、ポジションがわかります

市場価値を知り想定年収が500万以上なら、ビズリーチを効率よく活用できるでしょう。

急に自己分析なんて言われても、第二新卒には難しいよね。適性や市場価値を簡単に調べる方法はないの?

自己分析が苦手・自分の適性を今すぐ診断したい人は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

ビズリーチの第二新卒の活用法と適性診断(※会員登録すると無料で診断できます)

業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

たった数分で適性が見えてくるので、自分にどんな仕事が向いているか知りたい第二新卒者はさっそくチェックしてみましょう。

リクナビNEXTの求人は約6万件。診断後にはそのままマッチする求人を探せるのでスピーディー。

ミイダスは、あなたの本当の価値を“見いだす”効率的な就職活動ができるアプリです。

簡単な質問に答えるだけで想定年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。

ビズリーチの第二新卒の活用法と適性診断(※会員登録完了後に自動で市場価値を算出)

業界大手「doda」の運営会社の新ブランドで、同社が持つ膨大な過去の就職者データから自分のキャリアの分析が可能。

すぐに優良企業28万社にあなたの経歴が公開され、企業からオファーが届くシステムです。

第二新卒はビズリーチと他社併用で転職

ビズリーチは年収500万円以下・経験やスキルが浅い第二新卒は審査に通過できません

年収500万円以上で経験やスキルがある第二新卒なら利用できますが、求められるレベルが高いためミスマッチが起こりやすいです。

主な年齢層は30~40代なので、第二新卒はビズリーチをサブとして利用しつつ、20代向けのサービスを活用して転職を成功させましょう。

ビズリーチ公式【公式】https://www.bizreach.jp/
登録は60秒で完了!

■ 第二新卒向け転職支援サービス
DYM就職
ジェイック
マイナビジョブ20’s
就職Shop
リクルートエージェント
マイナビエージェント

※1 2016年8月~9月「転職サイトの利用動向調査」:シード・プランニング社調べ
※2 出典:マイナビ転職 第二新卒って一体なに?

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事