最終更新日:

旅行コーディネーターってどんな仕事?概要やスキルについて紹介

国際化が進むなかでグローバルな仕事をしたいと考える方も多いことでしょう。帰国子女だから英語力を活かしたいという方もいるかもしれません。そこでおすすめの職業が旅行コーディネーターという職業。

このページでは、旅行コーディネーターの仕事内容やスキルについて紹介します。

旅行コーディネーターの仕事内容

旅行コーディネーターは、その名の通り個人や団体の旅行の提案からサポートまでを行う仕事です。

旅行コーディネーターの役割・フロー

旅行コーディネーターの役割は、旅行者に対するプランの提案、手配、サポートですが、顧客によって求めるものは異なります。たとえば、ある程度顧客側で明確なプランがある場合もあれば、ほぼノープランで全面的に旅行コーディネーターに任せたいという場合もあるでしょう。

このように顧客のニーズはいろいろあるので、その場その場で最適な提案からサポートを行うことが求められます。作業フローとしても、1日のなかで窓口対応、電話対応、メール対応から、交通機関、宿泊施設の手配、旅行先でのトラブル対処と多岐に渡ります。

  • 窓口対応
  • 電話対応
  • メール対応
  • 交通機関の手配
  • 宿泊施設の手配
  • 旅行先でのトラブル対処

1日の仕事の流れ

1日のなかでおおよその作業内容と順序を決めはするものの、いろいろな要因で作業内容が前後したり突発的な作業が発生するケースも多いです。そのため、旅行コーディネーターは作業計画を立てつつも、臨機応変に動く必要があります。

計画性と臨機応変さの両方が求められるので、旅行コーディネーターの仕事は旅行そのものに性質上近いのかもしれません。

旅行コーディネーターに求められる経験

旅行コーディネーターに求められる経験は、所定の要請プログラムを受講することです。認定資格を得ないと、旅行コーディネーターとして働くことはできません。また、プログラムの受講に加えて1年以上の実務経験も必要になります。

この実務経験というのは旅行コーディネーターとしてではなく、旅行会社での販売業務、事務業務をまずは経験し、その後旅行コーディネーターとして正式に採用されるイメージです。

未経験でも相性の良い業界・職種

旅行コーディネーターを目指すためには、上述の通りプログラムの受講と実務経験が求められます。これは旅行コーディネーターの特殊性から来るものであり、他の業界・職種にはない性質を持つからこそのものです。

つまり、一般事務職や営業職の経験があっても、旅行業界でコーディネーターをするために十分な経験とは言えません。ただし、事務処理能力、コミュニケーション能力、企画力、といった能力は必要なので、一般事務職や営業職の経験がまったく役立たないわけではありません。

旅行コーディネーターに求められるスキル・資格

旅行コーディネーターにはどのようなスキル、資格が求められるのでしょう。上記で大まかな説明を行いましたが、ここではより詳細に説明します。

旅行コーディネーターに求められるスキル

旅行コーディネーターに求められるスキルは、旅行に関する知識、企画力、調整力、コミュニケーション能力、事務処理能力などです。特に旅行に関する知識は必須と言えるでしょう。

旅行地に対する深い知識や相場感覚を持っていないと、顧客のニーズに合わせて最適な提案を行うことができません。顧客に最適な提案やサポートを行う際にはコミュニケーションや事務処理作業も発生しますが、それらはあくまでも一般的なスキルで、旅行コーディネーター独自に求められるスキルと言えばやはり旅行に関する知識です。

旅行コーディネーターに求められる資格

旅行コーディネーターの資格は、正式には「トラベルコーディネーター」という資格名になります。履修カリキュラムは、旅行法品の知識、情報検索能力、英語力、国内外の主要観光地に関する知識、などを身に付ける内容になっています。

座学と実務がミックスされており、資格講座、試験を経て旅行コーディネーターに必要な知識、スキルを身に付けます。

旅行コーディネーターの注意点

旅行コーディネーターを目指すに当たって、その仕事が本当に自分に合っているのかどうかをまず検討する必要があります。向いていない仕事に就いてしまうと会社にとっても迷惑で、自分自身辛い思いをしたり、短期職歴が付いてしまってマイナスになる面もあります。

そこで、まずは自分が旅行コーディネーターに向いているのかどうかを判断しましょう。

旅行コーディネーターに不向きな人の特徴

旅行コーディネーターに不向きな人は、「旅行に興味がない」人です。旅行コーディネーターに必要スキルとしては、コミュニケーション能力、事務処理能力、英語力、などが挙げられます。

しかし、これらはあくまでも汎用的なスキルに過ぎず、旅行コーディネーターならではのスキルは「旅行に関する知識」です。旅行に情熱を持てるくらいに好きでないと旅行業界にアンテナを張って知識習得を続けることは難しいでしょう。

そのため、そもそも旅行に対して関心がない、旅行に関する新しい情報を学び続けるのが苦痛だ、といった方は旅行コーディネーターには向いていません。

待遇や今後の推移

トラベルコーディネーターの平均年収を明確にしたデータはありませんが、富裕層向けで年収1,000万円、独立して年収1,000万円超え、といったこともある職種です。将来性に関しては、国際化が進むなか、需要はあると考えられます。

対人業務なのでAIに完全に仕事を奪われるわけではなく、また単純業務ではないので自身のスキルアップに応じて大きなニーズがあります。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事