最終更新日:

学校事務員への転職成功の秘訣とは?学校事務の仕事内容や・将来性も大公開

学校事務員への転職成功の秘訣とは?仕事内容や年収・将来性も大公開

子供や教育に関わる仕事がしたいと考えたとき学校事務員が思い浮かびますが、仕事内容や応募方法が分からない人も多いです。

転職エージェントを利用すれば学校事務員へ正社員として転職も可能です。

今回は学校事務の仕事内容・必要なスキル・転職する際の注意点や将来性をご紹介します。

学校事務員への転職をより確実にする転職エージェントも併せてご紹介しましょう。

あなたが「学校事務員に向いているか」
適性診断するにはこちら→

学校事務とは

学校事務とは小中学校・高校・専門・短大・大学・予備校などで働く事務職員を指します。

学校事務は未経験からでも始められるので、事務初心者でも挑戦しやすいです。

一般的な事務職よりも学校事務は周囲とコミュニケーションを取る機会が多く、人あたりの良さや臨機応変さが求められます。

学校事務員は正社員だけでなく、派遣やパートとして働く人も多いです。

学校事務員は事務の中でも教育に関われるから、常に人気の職種なんだね!

学校事務は公立の場合は地方公務員扱いになるわ!私立の場合は一般的な会社員と同じよ。

学校事務の仕事内容

学校事務は実際にどんな仕事をしてるのかな?

学校事務の仕事は学校の規模に左右されます。

中小規模の学校事務

高校・短大・予備校など中小規模の学校であれば事務作業を中心に雑務・広報・学校運営など多岐に渡る業務をこなします。

【学校事務の仕事の一例】
・メール処理
・各種データ入力
・電話対応
・備品の管理
・郵便物の管理
窓口業務
・生徒・学生の各種手続きのサポート
・オープンキャンパスの運営
・経理業務の補助

窓口業務は私立学校で多く、生徒・学生の奨学金・休学などの各種手続きや申し込みのサポート業務です。

学校事務員が少人数の場合、広報なども任されるためパンフレット・学校PRの資料作成などの業務も発生します。

学校運営に関する業務を一手に担うので仕事内容は幅広いです。

学校事務は直接学生や生徒と関わる機会が多いんだね!

学校事務の大きな特徴は幅広い世代の人と関わりながら日々の業務を進めるところね。

大学などの大規模の学校事務

私立大学などは運営組織が大規模なので部署制度があります。

部署ごとに学校事務員が配置され、部署ごとに専門的な業務を任されるケースが多いです。

【大学の部署の例】
・学生支援
・留学相談
・キャリアセンター
・経理
・教育推進
・奨学金

大規模の学校・大学の学校事務は部署によって業務内容は様々です。

例えば留学相談の窓口は海外からの留学生の対応・キャリアセンターは外部講師とのやり取りの業務などの業務が発生します。

ただし、どの部署でも基本的に窓口業務・電話対応の業務は発生するので、対応できるスキルは必須です。

学校事務は学校の規模によって働き方がかなり変わるの。求人の内容はしっかりチェックしてから応募しましょ!

学校事務に必要な資格・スキル

学校事務員になるために必要な資格やスキルはあるのかな?

学校事務員に必須の資格はありません

学校事務員に必要なスキルは学校規模・担当部署によっても変わりますが、共通して身につけておくと有利なスキルは以下の通りです。

・Word/Excelの基礎操作
・電子メールの知識

Wordは簡単な資料作成・Excelは簡単な表計算ができるのが応募条件になっている求人も多く、Excelは関数もできると有利です。

電子メールは一般的な社会人としての教養として身に着けておくと良いでしょう。

留学生の対応なら英語スキル・キャリアセンターならキャリアカウンセラーの資格が必要な場合もあるわ。

また、学校事務員として勤務する際、担当部署や業務で役立つ可能性があるスキルは以下の通りです。

・PowerPoint
・簿記検定

広報の業務を担当する場合、PowerPointのスキルがあれば役に立つ可能性があります。

出張費の計算や備品の管理・奨学金などお金に関する業務も担当できるよう、簿記の知識はあって損はないでしょう。

学校事務は頼まれ仕事も多いからマルチタスクの技術が身についているとスムーズに仕事が進められそうね。

学校事務員の募集をする部署や学校規模によって必要なスキルはかなり変わるんだね。必ず求人の仕事内容をしっかり確認してから応募しないと…!

学校事務に転職する注意点

一般事務より業務量は多い

学校事務は窓口業務があれば自分の作業を中断して対応したり、次々と業務が回ってくるケースが多いです。

常に誰かとコミュニケーションを取りながら業務を進めるので、ゆったりした環境ではなく常に動き回っているような比較的忙しい現場になります。

事務作業と窓口対応が半々くらいの学校が多いみたいね。常に集中して自分の作業を進められる環境ではないわ。

学校事務に不向きな人

学校事務を目指す前に自分が向いているか知っておいた方が良いでしょう。

学校事務に不向きな人の特徴は以下の通りになります。

  1. 人とのコミュニケーションが苦手
  2. パソコンでの作業が得意ではない
  3. 頼まれ仕事が苦手

先生や外部機関の関係者はもちろん、窓口業務では子供や学生・保護者とも話す機会もあるので、コミュニケーション能力は必要です。

学校事務はパソコンでの事務処理が主な業務となるので、デスクワークが苦手な人にはおすすめできません。

学校によっては備品の発注や修理・ファイリングなど頼まれ仕事を任されるので、決められた仕事のみをしたい人は面倒だと感じる可能性があります。

縁の下の力持ちとして周囲の人を支えるのにやりがいを感じられる人は学校事務に向いてそうだね。

学校事務の年収・将来性

学校事務の年収

学校事務の平均年収は500万円前後で、年功序列で昇給する学校が多いです。

学校規模や公立か私立かでも年収に差はあり、有名私立学校の正社員になると年収1000万円も超える可能性も。

大幅な昇給やボーナスの増加は見込めませんが、安定した収入は期待できます

公立の学校事務員は公務員だから私立ほどの高収入を目指すのは難しいわ。

学校事務の将来性

現在、少子化が進みこの先学校の数も少なくなると考えられますが、学校運営の中で必須のため職種自体がなくなる可能性は低いです。

学校事務は派遣やパートでの採用も多いですが、これから転職を考える際は非正規ではなく正社員での採用を目指すと良いでしょう。

学校事務の福利厚生はどの学校も比較的充実してるから、今後も人気の職種として求職者の需要は高いわ。

学校事務への適性を手軽に診断する方法

学校事務の適性をすぐに知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グットポイント診断」を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスです。

\無料で手軽に適性がわかる!/

診断結果ではあなたならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きの適性をチェックできます。

弁護士の適性を診断できる「リクナビNEXT」のグッドポイント診断

リクナビNEXTでも多くの学校事務の求人を取り扱っています。

コミュニケーション能力や周りを察する力が必要な学校事務は「感受性」「バランス」「受容力」などに長けている人には向いている仕事です。

簡単に適性が見えてくるので、自分に学校事務が向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グットポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
リクナビNEXT

求人数4万件超!利用満足度No.1
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/
登録は3分で完了!

学校事務への転職を転職エージェントで効率化

一人でできる転職活動には限界があり、自分一人での作業が多いのは否めません。

転職活動は転職エージェントを活用した方が確実に効率的です。

転職エージェントによって特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、自分に合う転職エージェントをピックアップしましょう。

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20~30代
主なサポート対象者 全転職者に対応 全転職者
女性にも好評
支援実績 採用成功実績は41万人超 業界30年の採用成功実績
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
求人約10万件
非公開多数
丁寧なサポート
簡単登録
(無料)

※1 非公開求人は含まない
※2 dodaが運営する求人サイトの求人数も含む


学校事務とは学校運営で欠かせない職種

学校事務は学校運営を円滑にするためになくてはならない存在です。

グットポイント診断や転職エージェントを有効活用して学校事務への転職の第一歩を踏み出しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事