最終更新日:

介護福祉士から保育士に転職したい!スキルを活かして保育士になる方法

介護福祉士から保育士に転職したい!スキルを活かして保育士になる方法

保育士は、介護福祉士としてのスキルが活かせる職業の一つです。

国の方針としても介護福祉士から保育士、保育士から介護福祉士への転職を簡単にする動きが出ています。

本記事では、介護福祉士から保育士への転職難易度や、介護福祉士が保育士資格を取る手順について解説。

介護福祉士から保育士を目指したいと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

介護福祉士から保育士の
転職におすすめのエージェントはコチラ

介護福祉士から保育士になるハードルは高くない

介護福祉士から保育士へ転職する人は、それほど少ない訳ではありません。

人間を相手にコミュニケーションを取ったりお世話をしたりする仕事なのは、保育士と介護福祉士の共通点です。

国としても、介護福祉士や保育士を始めとした福祉職の資格統合を人材不足解消のための目標としています。

近年、介護施設と保育施設を複合した「幼老複合施設」も増加しているため、両方の資格を持った方は重宝されるでしょう。

また、2018年からは介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士が保育士の国家試験を受験する場合、一部科目が免除されるようになっています。

そのような制度改正により、介護福祉士から保育士へ転職しやすい流れが来ていると言えるでしょう。

試験科目が一部免除される

現在、介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士は、保育士国家試験の筆記試験9科目のうち3科目を免除して受験可能です。

介護福祉士は、保育士の国家試験において通常の受験者よりもかなり有利になります。

保育士の試験から免除される科目

  1. 社会福祉
  2. 児童家庭福祉
  3. 社会的養護

これは介護福祉士と保育士の資格の統一を見据えて行なわれている措置のため、試験免除が中止される可能性は低いでしょう。

筆記試験9科目のうち免除される3科目は、保育士試験の中でも難易度が高いとされています。

筆記試験の難易度が下がるので、介護福祉士から保育士への転職はそう難しくありません

介護福祉士から保育士への転職にも関わる「共通基礎課程」

厚生労働省が2017年頃から検討している「共通基礎課程」は福祉職の資格取得に関する新しい制度です。

この制度が導入された場合、福祉職の資格で別々に組まれているカリキュラムの一部を共通知識として、該当科目の受講が免除されます。

資格取得にかかる時間を短縮でき、人材不足の問題解決にもつながるため、資格取得者にとってもメリットの大きい制度と言えるでしょう。

しかし基礎共通課程の導入時期は2021年以降とされ、まだ実現には至っていません。

共通基礎課程の導入前に保育士になる方法

現在、介護福祉士が保育士資格を取得する場合に取れる手順は下記の2つです。

・保育士試験を受け合格する
・保育士養成学校を卒業する

未経験から保育士養成学校を利用する場合、およそ2年程度の期間がかかります。

介護福祉士等の資格がある方は、独学での保育士試験の受験がおすすめです。

↓未経験から資格を取得する方法について詳しく知りたい方はこちら↓

介護福祉士と保育士の主な相違点

仕事内容

介護福祉士は、主に高齢者を対象にした日常生活のサポートや、利用者家族への対応が主な仕事です。

一方で保育士は、子どもの保育や子育て中の保護者への対応がメイン。

子どもの保育のほかには、行事日程の作成、掲示物の制作も業務に含まれます。

サービスを提供する対象は大きく異なりますが、人の暮らしを支援する仕事である点は変わりません。

資格の取得方法

介護福祉士は介護士として介護現場で合計3年以上の実務経験を積み実務者研修を修了、または養成校や専門学校を卒業すると国家試験の受験資格が得られます。

保育士の場合、保育士養成学校で2~4年の課程を修了すると、卒業と同時に保育士資格を取得できるルートがあります。

また、保育と関わりがない大学・短大でも、条件を満たせば保育士試験を受験可能です。

介護福祉士はどの方法でも国家試験を受験する必要があるため、保育士よりも資格取得の難易度が高いと言えるでしょう。

介護福祉士から保育士を目指すメリット

介護福祉士としてのスキルや経験が活かしやすい

お世話をする対象が年配の方か、子どもかの違いはありますが、介護福祉士と保育士は共通する知識も多いため、前職のスキルや経験を活かしやすいです。

介護福祉士としての知識や技術を次の仕事でも活かせるのは大きなメリットになるでしょう。

夜勤がない職場が多い

介護福祉士の場合、シフト制で夜勤が求められる職場は数多いです。

夜勤をしたくない方は、24時間営業ではない保育施設を選ぶと比較的負担が少ないかもしれません。

保育士でも24時間営業の施設では夜勤があるので、求人を見る際は気を付けてください。

遅番・早番のシフトであれば遅くても20時~21時には保育園を出られるので、介護福祉士よりも変則的な勤務は少ないです。

勤務先の幅が広がる

介護福祉士の資格を持っていると、障がい児施設や介護施設内の保育所など、一般的な保育施設以外の勤務先でも重宝されます。

介護施設と保育所が同じ敷地にある、または併設されている施設の求人に応募する際は、強いアピール材料となるでしょう。

介護福祉士から保育士になりたい時のおすすめサービス

介護福祉士は保育士資格を取得するハードルも低いため、保育士への転職はそれほど難しくありません。

ただし、年齢が高くなるにつれ他業界で正規雇用を受けるのは厳しくなります。

正規雇用の職員として働きたい方は、早めに複数社の転職エージェントを活用して転職を成功させましょう。

保育業界への転職におすすめの大手転職エージェント

リクルートエージェント doda
転職エージェント
主な年齢層 全年代 26~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 関東・関西・東海の大卒以上
求人数 総求人数
20万件以上
総求人数
10万件以上
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実

幅広い層の求人
転職フェア多数
スカウトあり
簡単登録
(無料)

保育士業界に強い特化型転職エージェント

マイナビ保育士
転職エージェント
主な年齢層 全年齢層
主なサポート対象者 保育士資格保持者
主なサポート地域 東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、京都、愛知、福井
保育士求人数(公開) 約1.6万件
特徴 利用者満足度/認知度3年連続No.1
簡単登録
(無料)

介護福祉士から保育士への転職は可能!資格取得で選択肢を広げよう

現在、介護福祉士から保育士へ転職する場合は保育士試験を受けるのが最も効率的です。

筆記試験3科目を免除されるため、範囲を絞って試験対策ができるようになります。

福祉職の資格は将来的に統合される展望がありますが、現時点では自分で資格を取得するほかありません。

とはいえ、介護福祉士資格を持っている場合、通常の保育園以外の職場でも重宝されるようになるため、取得しておいて損はないでしょう。

子どもと接する職場に転向したい方は、ぜひ資格を取得して保育士への転職を実現させてください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事