最終更新日:

社会人から保育士になりたい!仕事内容やなり方を把握して転職を実現しよう

社会人から保育士になりたい!仕事内容やなり方を把握して転職を実現しよう

「社会人として企業に就職したけど、やっぱり保育士になりたい」
「国家資格を持つ専門職になって将来を安定させたい」

社会人から保育士になるには、保育士資格を取得する以外にも気を付けておきたい点があります。

保育士の現実的な仕事内容や注意点を知っておくと、ミスマッチを防いで後悔のない転職を実現できるでしょう。

本記事では未経験の社会人が保育士になる方法、保育士の仕事内容、保育士になるメリット・デメリットなどを解説。

これから保育士を目指したい社会人の方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

保育士への転職に
おすすめの転職サービスはコチラ

社会人から保育士に転職する方法

保育士養成施設に入学する

保育士になるには、卒業と同時に保育士資格が取得できる大学や短期大学、専門学校に入学するのが最も簡単な方法です。

社会人になってからでも、同じように保育士養成施設を卒業すれば資格を得られ、保育士として就職できるようになります。

ただし、既に一般の大学や短期大学を卒業している場合は費用・時間の面で負担に感じる方も多いでしょう。

また、多くの学生は18歳~20代のため、年齢の差があると疎外感を感じてしまうかもしれません。

保育士試験を受ける

大学や短期大学を卒業している社会人の場合、独学での保育士試験受験も可能です。

保育士試験を受ける場合、試験に合格さえすれば保育士の資格を得られます

また、中・高卒の場合も必ず保育士養成学校に入らなければいけないわけではありません。

中・高卒でも、児童福祉施設で2年以上の実務を経験すれば同じ条件で保育士試験を受けられるようになります。

保育士試験の内容は、「筆記試験」「実技試験」に分かれるのが特徴です。

筆記試験では9つの科目全ての合格が必要になり、実技試験では音楽、絵画制作、言語のうち2分野を選択します。

筆記試験で合格した科目は3年間保持されるので、期限内であれば不合格だった科目のみの受験が可能です。

社会人が保育士の仕事を探すのにおすすめのサービス

社会人から資格を取得してから保育士に転職する場合、保育業界の仕事も扱っている転職エージェントで未経験可の求人を探すのがおすすめ。

大手転職エージェントであれば、前職の経験を保育士への応募書類に活かす方法も相談しやすいです。

まだ資格がない段階で保育に関連する仕事を経験しておきたい方は、保育補助のアルバイト・パートを検討しましょう。

保育士におすすめのエージェント

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は41万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人数 約20万件 約10万件
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

保育士転職には診断サービスも活用しよう

他の業界の社会人から保育士に転職する場合、自分の長所や保育士への適性が気になる方も多いのではないでしょうか。

転職向けの自己診断サービスが豊富な転職サイトを利用すれば、自分の強みを活かした転職の方針が見えてきます。

おすすめの診断サービス

サービス名 グッドポイント診断 MIIDAS(ミイダス)
主な年齢層
全年代
主な対象者
全転職者
特徴 18種類の中から強みを診断!
リクナビNEXTに登録で診断可能
3つの無料診断で自己分析と面接確定オファーを受けられる
簡単登録
(無料)

保育士の仕事内容

保育士の主な仕事は、子どもたちのお世話や健康状態のチェックなど。

その他、集団生活や遊びを通して子どもたちの社会性を育むための保育内容・イベントの計画も職務のうちです。

直接的な保育以外にも、計画書や掲示物などの書類作成、連絡帳のやり取りなどの事務作業が多くある点は留意しておきましょう。

保護者が安心して子どもを預けられるよう、連絡やコミュニケーションを欠かさないように気を配る必要があります。

保育士の一日の仕事内容

保育士の勤務はシフト制で、早番、中番、遅番などのように分けられている職場が多数派です。

保育園は年齢によってクラスが分けられていて、登園・退園時間がずれるケースもあります。

シフトによって仕事内容は多少異なりますが、保育士の一日のスケジュール例を参考にチェックしましょう。

保育士の一日のスケジュール例(早番)

7:00 出勤
8:00 園児の登園
9:00 朝礼、園児との朝の会、自由遊び・散歩
11:00 昼食準備、昼食
12:00 お昼寝タイム、日誌・連絡帳の記入
14:00 おむつ交換
15:00 おやつ
16:00 自由遊び、帰りの会、園児降園
16:30 退勤

保育士の仕事は忙しい?

保育士は離職率の高い職業の一つで、近年メディアなどで取り上げられた結果、労働環境が知られる機会も多くなりました。

保育士の現場は慢性的に人手が不足しているため、どうしても忙しくなってしまう所が多いようです。

保育施設に必要な保育士の最低人数は、児童福祉法の「児童福祉施設最低基準」によって定められています。

児童福祉施設最低基準

0歳児 乳児3人につき保育士1人以上
1~2歳児 幼児6人につき保育士1人以上
3歳児 幼児20人につき保育士1人以上
4歳児以上 幼児30人につき保育士1人以上

これはあくまで最低基準であり、何人につき保育士が一人いれば大丈夫と保証する基準ではありません。

予算や人手の都合上、最低基準ギリギリで運営せざるを得ない保育施設もあるため、志望先の保育士の人数はチェックしておくべきポイントです。

保育士が特に忙しいのは新年度・年度末

保育士の繁忙期は4月~5月と2月~3月に加え、その他大きな行事がある時期になります。

4月は入園式をしたばかりの子どもだけでなく、在園している子どもも進級・クラス替えで落ち着かない時期です。

また、2~3月は卒園式やお別れ遠足などの年度末イベントの他、書類作成や新年度の準備なども忙しくなります。

その他、運動会・発表会なども率先して準備や計画をしないといけないため、イベントがある時は多忙となるでしょう。

忙しい時は残業や持ち帰り仕事が発生しやすく、思っていたよりハードだと感じる方もいるかもしれません。

社会人から保育士になるメリット・デメリット

社会人から保育士になるメリット

  • 子どもの成長を見守る、やりがいの大きい仕事
  • 資格を持っていると同職種に就職しやすい
  • 社会人経験がある分、働いている親との意思疎通がしやすい

保育士になりたいと考える方の多くは、子どもが好きだったり子どもと共に成長していく仕事への熱意を持っています。

保育・教育関連の業界に共通する点でもあるため、保育士の仕事にやりがいを求める方は多いでしょう。

その他、保育士は国家資格なので日本国内の保育施設であれば採用される可能性が高くなります。

一般的な社会人から保育士になる場合、サラリーマンの親の苦労なども理解できるため、コミュニケーションが取りやすくなる側面もあるはずです

社会人から保育士になるデメリット

  • 年齢が高いと正社員での就職が難しくなる
  • 体力的にハードな仕事になる
  • 一定のキャリアを持った会社勤めより給与が高くなる可能性は低い

保育士の資格取得に年齢制限はありませんが、正社員で働く場合は30代を超えると採用される機会が少なくなってきます

パートでの雇用であればある程度年齢が高くても有資格者が優遇されるので、採用される可能性はあるでしょう。

ただし、外遊びなどの子どもへの対応や残業が発生しやすい職業のため、年を重ねると体力的に厳しい面があるかもしれません。

給料もそれほど高い職業ではないので、前職でキャリアを持っている場合年収が下がってしまう可能性も考慮しておいたほうが良いです。

未経験の社会人でも今から保育士になれる!

保育業界と関係のない社会人であっても、保育士資格を取得すれば未経験から保育士になれます。

保育士資格を取得するには「保育士養成施設に入学」「保育士試験を受ける」のどちらかを選ぶ必要があるでしょう。

費用面や時間を考えると、社会人の方は通信講座などで勉強してから保育士試験を受けるのがおすすめです。

保育業界も扱う転職エージェントを利用して、未経験から保育士への転職を目指してくださいね。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事