最終更新日:

あえて30代でスタートアップ企業を選ぶ。そのメリットと成功方法とは?

20代より経験があり将来の見通しがきく30代だからこそ、企業選びは慎重にならざるを得ません。転職先を選ぶ上では勤務条件だけでなく、企業規模や将来性にも注視する必要があります。近年30代から注目されている「スタートアップ企業」は、特に30代の需要が高く30代の内に転職するとメリットが多いです。

今回はスタートアップ企業が30代を重宝する理由を紐解き、あえて30代でスタートアップ企業に転職するメリットや転職成功の鍵をまとめて解説していきましょう。30代の転職を有利にする転職エージェントも併せてご紹介します。

スタートアップ企業が30代を重宝する理由

スタートアップ企業はベンチャー企業と同じ新興企業です。どちらも新しく設立された、規模や経営の基盤が小さい企業を指します。既存のサービスを参考に長期的な継続を目指すベンチャー企業に対し、新規サービスを確立し短期間で利益の確定を目指すのがスタートアップ企業です。

新興企業はできるだけ早目に業態を大きくし、安定させたいと考える中で30代の人材を重宝する傾向にあります。特にスタートアップ企業はその動きが顕著です。

スタートアップ企業って他の企業に先を越されないように早めに企業を成長させなきゃいけないんだよね?だったら20代の若い世代の方が大事にされそうなイメージだよ。

ノンノン!じゃあその企業を引っ張っていく存在ってだれ?社長だけ?違うわよね☆20代よりも経験のある30代が必要なのよ♪

順応力と即戦力性

スタートアップ企業は新規サービスをスピーディに展開し、爆発的な成長をする可能性があります。そのため、急速な変化に対応できる順応力と、急激な成長についていけるだけのスキルが求められます。企業側としても経験がある30代に即戦力になってほしいという気持ちが強いです。

20代も確かに採用視野には入りますが、上述した能力が備わっている30代は間違いなくスタートアップ企業での活躍に期待できるため、より優先度は高くなります。

なるほど!企業側からしたら既にスキルを持ってて色々任せられる30代は、20代の育成のためにも抱えておきたいんだね!

そう☆それに最近は若い頃から転職を視野にいれる子って増えてきてるし、「転職したい30代」と「経験と若さを求める企業」、双方のニーズの一致があるの。だからこそスタートアップ企業に勤める30代も沢山いるわ♪

起業件数の増加で人材不足

中小企業庁が発表した中小企業白書(2016年)によると、年間の起業件数は20万件以上に上り、そのうち会社化を果たした企業は24%。約5万件もの新興企業が誕生している計算です。新興企業の増加に伴い深刻な人材不足も続いています。人材を募集する企業が増えるため、経験のある30代の人気は年々上昇傾向です。

新興企業に限らず転職市場全体で見ても30代は人手不足が続いています。30代は転職に最も適した年代スタートアップ企業に転職するベストタイミングだと言えるでしょう。

30代の人手不足の転職市場についてはこちらの記事をチェック↓

30代でスタートアップ企業に転職するメリットとデメリット

採用ニーズの高さと多様なスキルが身につく

30代の人材とスタートアップ企業はお互いに利がある関係性です。採用ニーズは高く、専門的なスキルも兼ね備えていれば引く手あまたとなるでしょう。大事な仕事や役職を任せてもらえる機会にも恵まれ、仕事の裁量も拡がります。

専門的なスキルを活かす傍ら、新たなサービス展開でこれまでと違った職種を経験できるのも魅力です。知識量が増え、さらなるキャリアアップにも繋がります。若いうちに経験を詰めば40代、50代になってからも働きやすくなるなど、将来的に考えてもプラスな点が多いです。

スタートアップ企業からしたら30代は求めているものを全て兼ね揃えているような魅力的な人材。会社には20代や学生のインターンも少なくないため、転職後すぐにマネジメントを任されることも大いにあり得ます。経験を上手く活かして活躍していけば早い段階での昇進も見込めるでしょう。

  • 採用ニーズが高い
  • 仕事の裁量が拡がる
  • 未経験の職種に挑戦できる
  • マネジメントスキルが身につく
  • 昇進のスピードが早い

若いうちから色々経験させてもらえるのは嬉しいね。40代になる頃にはもうかなり頼られる重鎮になってるんじゃないかな!そう考えるとすごくワクワクするよ。

そのワクワクが魅力ではあるんだけど、でも皆が皆うまくいくものではないの…それにはいくつか理由があるわ。

安定性のなさと労働環境への不安

爆発的な成長性に期待できる反面、安定性のなさは懸念点です。せっかくスタートアップ企業に転職できても、新規サービスの展開が失敗すれば撤退を余儀なくされ、最悪そのまま倒産といったケースも考えられます。特に転職が不利な年齢に差し掛かってくる30代はその後の転職活動にも響くため、慎重に企業の将来性を見極めることがスタートアップ企業を選ぶ上での必須条件です。

給与や福利厚生などまだ労働環境が整いきっていない企業もあります。20代の頃の給料まで下がる、残業が多い、ボーナスの変動が激しいなど、入社してから想定していた環境とのギャップに戸惑うこともあるでしょう。30代でスタートアップ企業に転職した場合、最初は何かしら物足りない条件で働く可能性は考慮しておかなければなりません。

任される仕事量も増えるため、成長するまでは長時間労働になりがちです。20代と違い確実に体力の衰えがある30代。自分が今でも長時間労働に耐えられる体力があるか事前にシミュレーションしておきましょう。

  • 企業の安定性が低い
  • 給与や福利厚生など労働環境が整っていない
  • 長時間労働で体力的な不安も

新しいサービスってことはもしそれがダメだったら立て直すのは相当厳しいよ。取り戻すためにたくさん働いたり… ひとつ間違うと確かに不安定になるね…

やっぱり大企業に比べると安定性は低いし労働環境があまり整っていないところは多いの。でも見返りはうんと大きいから!スタートアップ企業は簡単に言うとハイリスクハイリターンってことね☆

安定性はないが将来性に期待できる。労働環境はまだまだだが、早期の出世があり得るゆくゆくの大企業の創業メンバーになれると考えれば挑戦するメリットの方が大きい。

30代のスタートアップ企業への転職成功の鍵

理想の転職を叶える明確なビジョンを持つ

どうして転職したいのか。どのような自分になりたくて転職するのか。スタートアップ企業への転職で最も重要なことは、明確なビジョンをしっかりと持つことです。30代は自分の人生の方向性を定める時期。40代、50代の未来の自分をどれだけ想像できるかが理想の転職が叶うかを決定づけます。

代わりの利かない知識とスキルを習得する

専門的な知識やスキルも成功率を上げるポイントです。20代では持ち得ないような代わりの利かない知識とスキルを習得した人材は、スタートアップ企業から求められる唯一無二の存在になります。スタートアップ企業を目指すなら、30代の今からスキルの習得に時間を割いても決して遅すぎることはありません。

自己分析と企業研究を徹底する

30代まで働いてきた経験があればどんな企業を好み、どんな企業を避けたいかは自ずと見えてくるはずです。徹底的な自己分析と企業研究を重ね、自分の実力を最大限に発揮できる企業を慎重に選んでいきましょう。自分がやりたいこと企業が望んでいることピッタリと合致すれば転職の成功率は格段に上がります

転職エージェントの活用でスタートアップ転職を効率化

一人でできる転職活動には限界があり、自分一人での作業が多いのは否めません。転職エージェントは転職活動の手間のかかる作業をすべて代行してくれる存在です。

    転職エージェントが代行する転職活動

  1. 求人の検索、紹介、応募、推薦
  2. 応募書類の添削
  3. 面接日程の調節、面接対策
  4. 採用条件、給与、配属先、ポジションなど企業との交渉
  5. 契約書や入社関連の手続き、入社日のすり合わせ

転職エージェントを利用すれば面接の本番以外で企業と直接やり取りする機会はほぼ0。転職エージェントは企業との繋がりも深く自分一人だけでは知りえない企業の内部情報まで知れる場合もあり、スタートアップ企業のニーズを活かした転職が可能です。企業とのミスマッチも未然に防げます。

転職活動は転職エージェントを活用した方が確実に効率的です。

転職エージェントの仕組みはこちらの記事をチェック↓

転職エージェントの選び方はこちらの記事をチェック↓

30代のスタートアップ転職を有利にする転職エージェント

転職エージェントによって特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、下記から自分に合う転職エージェントをピックアップしましょう。

公式サイトから各転職エージェントの転職支援サービスに申し込み後、キャリアコンサルタントと面談すると様々な転職サポートが受けられます。登録・利用はすべて無料です。

転職エージェントは複数併用すると転職活動がより円滑に進みます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。
特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

【公式サイト】https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!

リクルートエージェントの詳細はこちらの記事をチェック↓

doda

doda

求人数10万件以上!非公開求人80%超!!
履歴書添削や面接対策など丁寧なサポートが人気で転職後のアフターフォローも手厚い。
女性の求職者にも高評価!

【公式サイト】https://doda.jp/
登録は3分で完了!

dodaの詳細はこちらの記事をチェック↓

マイナビエージェント

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。
主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。
転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/
登録は3分で完了!

マイナビエージェントの詳細はこちらの記事をチェック↓

パソナキャリア

パソナキャリア

オリコン顧客満足度調査 転職エージェント部門1位!
首都圏など大都市圏の求人数が豊富。25~35歳転職初心者やキャリアのある女性の転職サポートに特化。
転職成功者の年収アップ率は驚異の67.1%!

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/
登録は3分で完了!

パソナキャリアの詳細はこちらの記事をチェック↓

Spring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェント(アデコ)

2018年利用者満足度No.1!
管理職や金融、営業やマーケティング、ITやメディカルなど4つの職種専門部があり専門領域に特化
企業と求職者が同じ担当でマッチング率が高い。

【公式サイト】https://www.springjapan.com/
登録は3分で完了!

Spring転職エージェント(アデコ)の詳細はこちらの記事をチェック↓

市場価値を把握して転職をより確実に

自分の市場価値が分かるアプリ「MIIDAS(ミイダス)」

MIIDAS(ミイダス)は、あなたの本当の価値を“見いだす”、効率的な転職活動ができるアプリです。dodaを運営するパーソルキャリアの新ブランドで、同社が持つ数百万人の過去の転職者データから自分のキャリアの分析が可能。

簡単な質問に答えるだけでおおよその年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。すぐに優良企業40,000社にあなたの経歴が公開され、あなたを必要としている企業からオファーが届くシステムです。

    MIIDASのメリット

  • 家で手軽に適性チェック可
  • 5分程度の短時間かつ無料で、転職市場での自分の価値がわかる
  • スマホだけで企業からオファーが届く体制ができる
  • オファーがきた時点で書類選考合格済み(面接確約!)
  • 求人を探す手間が省けて書類選考もなし。転職の負担を大幅軽減
MIIDAS

自分のキャリアを見いだす適正チェックができるアプリ。
社会人だけでなくニートでも想定年収が算出される。自分の市場価値がわかり、転職するべきか客観的な判断が可能に。
オファーはすべて面接確約で転職活動が効率的。

【公式サイト】https://miidas.jp/
市場価値を5分で算出!

MIIDASの詳細はこちらの記事をチェック↓

30代はスタートアップ企業へ転職する価値がある

何を優先するかにもよるけど、30代はスタートアップ企業も選択肢に入れたほうが転職の可能性は広がるね。

リスクも考慮して対策を練れば十分回避できるレベルだもの。30代の需要はあるんだから、検討しないと損ね♪

将来を見据えるからこそ、あえて30代でスタートアップ企業を選択するべきなんだね。

そのとおりよ☆ニーズも裁量もスキルアップもステップアップも、スタートアップ企業なら好いとこ取りできるかも♡もし今転職の新たな可能性を探しているなら、迷わず選択肢に入れて!


RECOMMEND

関連記事