最終更新日:

40代で望まぬ転勤命令を受けたら転職を!成功の秘訣とは?

会社に長く勤めていると転勤を命じられることもありますよね。
確かに若いうちは転勤することが社内でのキャリアアップに関係していることがあります。
しかし40代になってからの転勤には複雑な要素がからみ合うものです。場合によってはメリットの少ない転勤かもしれません。
また家族の状況やマイホームの問題なども無視できない年代であるため、上手くいくのであれば転職も考えたいところです。

そこでこの記事では40代で転勤を命じられた時に何を考えるべきか、そして転職という選択肢の可能性と転職を成功させるポイントについて解説します。

転勤を拒否できる可能性は低い

はじめに転勤を断るという選択肢について考えてみましょう。結論から言うと断ることはほぼ不可能です。「家族の介護」や「自身の病気」などよほどの理由でもない限り、職務命令として受け入れなければいけません。仮に拒否できたとしても社内での立場は苦しくなることは間違いありません。

正直転勤なんて嫌なんだけど、やっぱり命令には従わないといけないよなあ。

もし就業規則に転勤規定があるようなら断ることはまず無理ね。その場合拒否すれば解雇の理由にもなりうるの。

メリットが十分あれば転勤を受け入れた方が良い

もし40代で転勤を命じられた時は「自分にとってメリットのある転勤なのか」について改めて考えてみることをお勧めします。望まない要素がある転勤であっても長期的なメリットが見い出せられれば、転勤を受け入れて仕事に打ち込むべきです。

収入やキャリアのアップ

転勤する先で収入アップが確約することや、一定の事業を任されることがあります。このような場合気に入らない職務や勤務地であったとしても転勤をすることをお勧めします。

40代はその会社での勤務歴も長くなっていることが多いです。しかし転職してしまうとまた一から積み上げていかなければなりません。収入面でも転職するとダウンする可能性だってあります。

この転勤でキャリアアップできるのであれば、そのキャリアを身に付けた後で転職するという手もあります。

40代からのキャリアアップってすっごく難しいから、転勤で実現できるのならむしろ幸運よ☆

 

昇進が見込まれる

40代まで勤め上げた方は社内の「出世コース」について熟知されていると思います。そのコースに乗っている転勤であれば、受け入れることをお勧めします。出世競争の厳しさはありますが、それを乗り越える価値が十分見出せるからです。

栄転や昇給が確約された転勤って話はよく聞くもんね

転勤があることが事前に分かっていて会社での昇進に必要であるなら、転勤命令は出世のお知らせよ♪ 迷わず行きましょ☆

メリットが少ない転勤は転職を進んで行うべき

若い社員であれば転勤には、上記のようなメリットがあることが多いです。しかし40代からの転勤はメリットの少ない可能性が高くなります。そのような時は、転職を検討されることをお勧めします。例えば、以下のようなケースがあります。

左遷に近い転勤

出世競争は脱落者がつきものです。同期の1人が高い役職に就くと他の同期はそれ以上の昇進はなく、いわゆる「スライド人事」になることが多くあります。そのような転勤では、キャリアアップのメリットは望めません。最悪の場合、収入が下がることもあります。このような転勤の場合、転職を検討する価値があります。

役職が下がったり、もう本社に戻れなかったりと明らかに左遷と分かる転勤であるなら転職を考えましょう。

家族の負担が大きい転勤

転勤先によっては自宅から遠くなることがあります。場合によっては引っ越しや単身赴任が必要なこともあります。40代は子育てに手間がかかる世代です。場合によっては親の介護が必要になるかもしれません。「マイホームを買った途端に転勤」という話もよくあります。そのような状況の方は転職を検討すべきです。

確かにどうしても転勤できない状況の人もいるよね。でも40代から転職するのって無理なんじゃ…?

そんなことないわよ。 今の時代は40代からの転職は一般的になってきてるのよ☆

40代で転勤を理由にした転職は可能

40代であっても転勤を理由に転職することは可能です。その理由について以下のポイントが挙げられます。

40代の転職が活況になっている

「転職は35歳まで」という言葉があります。若い年代での転職は今でも価値があります。しかし近年は40代を募る求人が増えています。日本国内の労働市場では若い労働者の不足、終身雇用の崩壊、そして「働き方改革」など40代にとってまたとない転職のチャンスが整っています。

40代の転職市場拡大について詳しくはこちらの記事をご参照ください。

40代はキャリアもあって人材の層が厚い

出典:平成29年 労働力調査年報 – 総務省統計局

今の40代は「団塊ジュニア」と呼ばれる年齢層にあたります。この年齢層は現在の労働者人口で最も多くなっています。競争の激しい世代なので能力の高い人材が社内で力を持て余している可能性があります。

中小企業や地方都市企業は40代のキャリアを求めている

中小企業やベンチャー企業では若い人材の不足と同時に、新規事業を支える経験豊富な人材が枯渇しています。このような企業では異業種出身であっても、事業を遂行できる能力があれば積極的に採用しています。

また、希望する勤務地が都市部でなくても問題ありません。地方都市であればその地域を地盤としている企業から40代の転職を求める声が出ています。地方出身者が東京で培ったキャリアを武器に出身地の企業に転職したケースも数多くあります。

でも転勤が嫌だから転職したいって言っても面接に合格しないんじゃないの?

もちろんダメよ!でも前向きな転職理由も上手く組み込んで話すことがポイントなの☆

40代で転勤を理由にした転職の成功ポイント

このように40代であっても転職できるすそ野は広がっていることが見てとれました。
そこで実際に転勤を理由に転職を進めていく上で注意していくポイントをお伝えします。

転勤以外の主体的な理由をアピールする

転勤が転職のきっかけだったしても、転職を考えた理由は他にもあると思います。そこで面接では転勤を否定的に述べず、転勤を機会に自らのキャリアを前向きに考え直したことが伝わるようにしてください。
例えば、「この転勤では自分の能力が十分に生かすことができないから」「家族の負担を考えるとこの転職は必要だと考えた」と言い換えることもできます。
また、転職先が求めている職務についてチャレンジする価値があることをアピールできれば転職の可能性をぐっと引き寄せることができます。

重要なのは「転勤はきっかけであるが、それ以上に転職を考えるべき理由を挙げる」ことです。

転勤の事実を隠して面接を受けるのではなく、あくまできっかけにすぎないことを伝えましょう。

転勤のない職場を選ぶ

転職先を探すうえで注意すべきは「転勤の可能性があるかどうか」です。面接時に採用担当者から「弊社では転勤の可能性がありますが大丈夫ですか?」と尋ねられて初めて知ることにならないように、転勤の可能性に関しては応募前に必ず確認してください。

求人情報をしっかり読み込むことはもちろんのこと、「地域限定職」を選んだり、拠点が一つあるいは同一県内のみの企業に絞るといった方法が考えられます。

どうしても事前の資料には載ってないこともあるから、その場合は面接時に逆質問で聞いてみるのも手よ☆

一度転勤して貯金をしてから転職活動へ入る

転職活動にはお金と時間がかかります。
転勤を言い渡されてからの転職活動となると活動する時間も限られてきます。また、自由に使えるお金も限られているかもしれません。
そのためすぐに退職してしまうことはお勧めできません。とはいえ、転勤を拒否してしまえば解雇されてしまうリスクまであります。

そこで、すぐに活動できる資金が無い場合は転勤を受け入れて転職活動に要する費用を貯めた上で退職する方法があります。
さらに転勤先で働きながら空き時間で転職活動を行う手段も考えられます。

退職してからだと生活費、在職しながらでも交通費など転職活動にはお金がかかるものよ。無理なく計画的に進めないと良い転職はできないから、一旦転勤を受け入れる方法も考えてみて。

転勤命令をキャリアアップのチャンスに

今後の日本はこれまでにないくらい高齢になるまで働き続ける人が増えると言われています。その意味では40代はまだまだ転職先で十分なキャリアを積むことができる年代です。
後悔のない人生を送るためにも、40代での転勤を機に働き方の再構築をされてみてはいかがでしょか。

40代で転勤命令が下ったからって悲観的にならず、自分の人生を一度見つめなおす機会と考えましょ💕


RECOMMEND

関連記事