最終更新日:

転職エージェントが役に立たない!役に立たないときの対策と転職成功法とは

転職エージェントが役に立たない!役に立たないときの対策と転職成功法とは

「転職エージェントは役に立たないって本当?」「転職エージェントが役に立たないと感じた時の対処法は?」

転職活動を始めたのに転職エージェントが役に立たないと、せっかくの転職意欲も削がれてしまいますよね。

転職エージェントが役に立たないと感じた時は、対処法や有効活用法を試すと、むしろ使いやすくなり転職がスムーズに成功します

今回は転職エージェントが役に立たないと感じる理由と対処法・転職エージェントを最大限活用する方法をご紹介しましょう。

転職エージェントは本当に役に立たない?

転職エージェントが役に立たない感じる人は多い

転職エージェントが役に立たないと感じる人が意外と多いって本当なの!?

転職エージェントが役に立たないと感じる人は一定数存在しています。

    ・転職エージェントは役に立たないからアテにするなよ!

    ・転職エージェントがほぼ役に立たない件。なんで、そんな、怪しそうな会社ばっかり

    ・全然役に立たない転職エージェントに怒りメールした。

    ・転職した友達が口を揃えていうセリフが「転職エージェントは役に立たない」なのは面白い。


    ※Twitterより一部抜粋

転職エージェントの利益を重視したサポートや、検討はずれの求人紹介などがあった際は役に立たないと感じてしまいます。

また、転職エージェントから伝授された転職のコツやアドバイスも、実際の転職活動には役に立たないと感じる人は多いようです。

役に立たない転職エージェントの利用は思うように転職活動が進められず、転職活動の長期化モチベーションの低下に繋がります。

限られた時間の中で効率よく転職活動を進めたいのに、転職エージェントが役に立たないと転職意欲も下がっちゃうわよね。

転職エージェントの使いやすさは人それぞれ

じゃあ、もう転職エージェントは役に立たないから利用しない方が良いのかな…?

諦めるのは早いわヒロミ★転職エージェントが役に立たないと感じる子は転職エージェントの強みを理解できてない可能性が高いの!

各転職エージェントには力を入れているサポートや求人の強みが異なります

大手の転職エージェントでも、全ての人が利用しやすい訳ではありません。

転職エージェントの特徴や強みを理解した上で活用すれば、転職エージェントを使いこなせるようになり、転職効率は各段にアップします。

転職エージェントが役に立たないと感じる理由

具体的に転職エージェントが役に立たないって感じる理由はなんなの?

転職エージェントが役に立たないと感じる理由は下記項目がよく挙げられます。

  1. 担当者と合わない
  2. 希望条件に合う求人が少ない/ない
  3. 連絡が多い/少ない

担当者と合わない

転職エージェントでは登録後、専任のアドバイザーが内定獲得まで全面的にサポートしてくれます。

アドバイザーとの相性が合わず転職活動が思うように進まない場合、転職エージェント自体が役に立たないと感じる人が多いです。

・知識が少ない
・アドバイスが曖昧
・経歴や性格にダメ出しをされる
・内定辞退をさせてくれない

転職エージェントを利用する上で、最も大切なのがアドバイザーとの相性です。

転職エージェントのアドバイザーとの連携が上手くいかない・希望のサポートをしてくれない場合は、いくら他のサービスが良くても役に立たないと感じてしまいます。

ベテランのアドバイザーでも信頼できないと転職相談が難しいのは当然よ。

希望条件に合う求人が少ない/ない

希望条件を伝えたはずなのに、希望に合う求人紹介が少ない/ない場合も役に立たないと感じやすいです。

・求人の質が悪い
・希望条件と真逆の求人を勧められる
・紹介求人の書類選考が通らない

前職より好条件や実現させたい働き方があるのに、転職エージェント側の利益のみを考えて求人を勧められるケースがあります。

新着求人が毎回同じ企業ばかり掲載されている転職エージェントも、求人の質が悪く役に立たないと感じる人は多いです。

希望条件が伝わっていないのか、希望条件がしっかり伝わってる上で紹介求人がないのかは見極める必要があります。

連絡が多い/少ない

転職エージェントから連絡が多くてしつこい・連絡が少なすぎて転職活動が一向に進まないため役に立たないと感じるケースがあります。

・1週間以上進捗の連絡が届かない
・頻繁に連絡が来て転職を急かされる
・スカウトメールが多い

急かされて焦ってしまうと、納得できる転職ができず、再度転職活動をしなければならなくなる人も。

逆に連絡が少なすぎると、転職活動の長期化・好条件の求人への転職機会を損失してしまう恐れがあります。

連絡頻度や連絡内容は、信頼関係を良好に保つための大切なツールなの。真摯に対応してくれないと役に立たないわよね。

転職エージェントが役に立たないと感じやすい人の特徴

転職エージェントが役に立たないと感じやすく、転職エージェントの利用が不向きな人の特徴は以下の通りです。

  1. 転職したい企業が決まっている
  2. 自分のペースで転職活動をしたい
  3. 希望業界・職種が特殊

転職したい企業が既に決まっている場合、希望企業の求人の取り扱いがない転職エージェントの利用は役に立ちません。

転職エージェントは、一般的に約3ヶ月で転職が完了するようにサポートしてくれます。

3ヶ月以上かけての転職活動を希望する人は、転職エージェントに急かされているように感じ、役に立たない可能性が高いです。

技術職や専門職・特殊な業界など、ピンポイントで求人自体が少ない業界・職種を希望する人も、転職エージェントのサポートでは役に立たないと感じてしまいやすいでしょう。

転職エージェントが役に立たない場合の対処法

転職活動を進めたいのに、転職エージェントが役に立たないと感じちゃったときはどうすればいいの!?

希望の転職先企業が決まっているなら直接応募

転職したい企業が決まっている場合は、企業HP等から直接応募をおすすめします。

ただ、下記に当てはまる人は、最初に転職エージェントにて相談・サポートを受けるのがおすすめです。

・初めて転職する
・自己PRや自己分析が苦手
・転職活動の時間が取りづらい

直接応募の場合、どうしても転職活動にかかる負担が大きくなります。

転職エージェントのアドバイスやサポートを活用しながら、直接応募も並行して利用すれば、転職効率がグンとアップするでしょう。

転職エージェントは相談のみの利用も可能です。まずは相談のみを希望する人は面談の際に相談のみ・情報収集をしたい旨を先に伝えましょう。

自分のペースで進めたいなら転職サイト

転職活動の期間を3ヶ月以上で考えている・いい会社があったら応募/転職したい人は転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイトでは求人検索が自由にでき、自分の好きな時間に転職活動が進められます

転職活動がしやすいおすすめの転職サイトは以下の通りです。

リクナビNEXT doda
転職サイト
主な年齢層 全転職者に対応 26~35歳
実績 転職決定数No.1 会員数561万人
求人数 約4万件 約5万件
主な求人対応地域 全国対応 関東・関西・東海
得意職種 ITエンジニア
建築
営業
ITエンジニア
営業
専門職
特徴 オファー機能
全体の85%がリクナビNEXT限定求人
幅広い層の求人
スカウトあり
転職イベント随時開催
簡単登録
(無料)

合わないなら別の転職エージェントを利用

転職エージェントのサービスに魅力を感じても、担当者や紹介求人が合わず、役に立たないと感じる人は別の転職エージェントを利用してみましょう。

転職エージェントにも特徴や強みがあり、正確に把握した上で利用すると効率の良い転職が可能です。

全転職希望者におすすめの転職エージェント

リクルート
エージェント
マイナビ
エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~30代
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用実績は41万人以上 20代の信頼
NO.1を獲得
求人数 約20万件 約3万5000件
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
手厚いサポートがある
中小企業に特化
簡単登録
(無料)

経験やスキルに自信がない人向けの転職エージェント

マイナビ
ジョブ20’s
就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代~35歳
主なサポート対象者 既卒/第二新卒/フリーター 既卒/中退者/フリーター
支援実績 年間約3万4000人が登録 利用者累計10万人超
求人数 約2000件
+非公開求人
非公表
特徴 求人は全て20代が対象
ポテンシャル採用中心
書類選考なし
優良企業約8500社
早期就職可能
簡単登録
(無料)

ハイクラス転職を目指す人向け転職エージェント

ビズリーチ キャリア
カーバー
転職エージェント
主な年齢層
20代~40代
主なサポート対象者 高年収
ハイクラス
ハイキャリア
管理職クラス
支援実績 ハイクラスNo.1
1/3が年収
1000万円以上
転職時の平均年収は900万円
求人数 約5万件
+非公開求人
約6万件
+非公開求人
特徴 ヘッドハンターと企業からスカウトが届く
面談確約スカウトあり
リクルート運営で完全無料
一流ヘッドハンター指名可
簡単登録
(無料)

転職エージェントを最大限活用する方法

今の転職エージェントが役に立たないと感じていても、有効活用法を試したら使いやすくなった子もいるの!特別に教えてア・ゲ・ル♥

担当者を変更してもらう

担当のアドバイザーとの相性が合わず役に立たない場合は、担当者の変更を申請しましょう。

どの転職エージェントでも基本的にアドバイザーの担当変更が可能です。

変更の申請をする際は、どの部分が自分と合わないかを詳細に伝えると、ミスマッチが少なくなります。

担当者の変更はお問い合わせフォームから申請できる転職エージェントが多いです。

希望条件に優先順位を決める

希望に合わない求人ばかり紹介されるときは、自分が譲れない条件がアドバイザーにうまく伝わっていない可能性が高いです。

転職先に希望する条件は明確にして優先順位をつけましょう。よく希望条件として挙げられる項目は以下の通りです。

①職種 ②業界 ③勤務地 ④年収 
⑤福利厚生 ⑥転勤の有無 ⑦働き方 
⑧会社の雰囲気 ⑨会社の規模

他にも譲れない条件があればプラスして伝えると、理想の職場が明確になります

優先順位をつけるのが難しい人は、「譲れない」「調整できる」「こだわらない」に分けるだけでも効果的です。

譲れない条件は多すぎると該当する求人が少なくなっちゃうから、1~3つ程度に設定するといいわ♪

転職エージェントは併用しておく

転職エージェントは2社以上の併用をおすすめします。転職エージェントの併用を推奨する理由は以下の通りです。

    【併用がおすすめな理由】

  1. 各転職エージェントの非公開求人を網羅
  2. 相性が良いアドバイザーに出会える
  3. 多角的視点で自分を分析してもらえる

リクナビNEXTの調査では、転職成功者は平均4.2社の転職エージェントを利用しています。

転職効率をアップさせるためにも各転職エージェントの特徴を把握し、2社以上選んで登録しておきましょう。

転職エージェントが役に立たないと感じたら

転職エージェントは上手に活用すれば、転職活動の強い味方になってくれる存在です。

転職エージェントが役に立たないと感じても、理由に合わせた対処法を試せば、むしろ使いやすくなり転職効率は各段にアップします。

自分に合った転職エージェントを有効活用して、理想の転職を実現させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事