最終更新日:

ピアノが弾けない!保育士を辞めたい時の選択肢と転職を成功させるコツ

ピアノが弾けない!保育士を辞めたい時の選択肢と転職を成功させるコツ

保育士として働く場合、ある程度のピアノスキルを求められる場合が多いです。

思うようにピアノが上達せず、日々の業務にも疲れて「辞めたい」と悩んでしまう方も少なくありません。

本記事ではピアノが弾けない保育士が取れる選択肢やおすすめの練習方法、転職を成功させる方法などについて解説します。

ピアノが上手く弾けなくても保育の仕事を続けたいと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

ピアノが弾けないと保育士になれない?

保育士資格取得を前提にした大学や専門学校ではピアノが必須科目ですが、保育士試験において音楽技術は必須ではありません。

「造形表現に関する技術」「言語表現に関する技術」を選べば、ピアノが上手くなくても保育士になるのは可能です。

しかし、保育園ではピアノの実技試験を設けているケースも少なくないでしょう。

ピアノが弾けなくても保育士の仕事はできますが、就職・転職時の選択肢が多少狭くなるのは残念ながら事実です。

ピアノが上手く弾けない保育士向けの練習方法

ピアノの技術を求められる今の職場を辞めたくないなら、ピアノの練習をして上達するのが最も効果的でしょう。

練習してもなかなか上達しない方は、練習方法を変えてみるのがおすすめです。

ピアノの練習方法は人によって全く異なるので、自分に合った方法を見つけられれば上達への近道になります。

ピアノ教室に通う

一人で練習するのが苦手であれば、ピアノ教室に通うのをおすすめします。

色々な業態の教室があるので、自分に合った教室・先生を探してみてください。

オンラインでのピアノレッスンも存在するので、自宅で誰かと練習したい方には最適です。

自主練習する

保育士として最低限のピアノ技術を習得したい場合、自主練習でも達成は可能です。

指を動かすのが苦手な方は教本の「ハノン」を利用して指を動かすのに慣れていきましょう。

保育園での伴奏程度なら、多少間違えていても曲が成立すれば問題ありません

まずは楽譜にルビを振った簡単な童謡などでピアノに慣れ、途中で止まらず弾けるようになるのを目標にするとよいでしょう。

ピアノが弾けなくて保育士を辞めたい時の選択肢

ピアノが得意な保育士と分担する

ピアノが苦手でも、ピアノが得意な保育士と分担できれば業務に支障は出なくなります。

歌やダンス、工作、絵、体育、事務作業など、ピアノの技術に関わらない仕事は無数にあるでしょう。

正直に話しても対応してもらえない場合は、退職・転職を検討するのも選択肢の一つです。

ピアノを弾けなくても認めてくれる保育園は存在するので、あきらめずに他の職場を探してください。

ピアノを弾かなくてもいい保育園に転職する

一般的に、保育士はある程度ピアノが弾けるほうがよいと認識されている部分は否めません。

しかし、実はピアノを弾く機会が全くない保育施設も存在します。

勤務する保育園(保育施設)さえ選べば、ピアノが弾けない保育士でも資格を活かした仕事が続けられます。

保育士以外の仕事を選ぶ

保育士としての仕事自体に精神的な苦痛を感じるなら、他業界に移るのも検討しましょう。

元々、保育士は業務量や残業の多さ・賃金の低さなどから離職者がかなり多い職種です。

転職すると保育士資格は活かせなくなりますが、子どもと接してきた経験が活きる業界は多くあります

どうしてもピアノが弾けない場合、ピアノがいらない仕事に転職する選択肢は間違いではありません。

ピアノが弾けない保育士でも働ける保育園

夜間保育園

ピアノが弾けない保育士におすすめの保育施設の一つは「夜間保育園」です。

夜間保育は寝かしつけや入浴補助などが主な業務のため、ピアノを弾く必要はありません。

保育士側の給与も「深夜割増料金」が適用されるので、一般の保育園よりも高額なのもメリットと言えるでしょう。

ただし、保育園の対応時間によって昼夜逆転の生活になる可能性には注意が必要です。

小規模保育園

3歳未満の子どもを少人数で受け入れる保育施設「小規模保育園」。

ピアノが設置されていない場合が多く、発表会などの大規模な行事もないため、余裕をもって勤務できます。

保育する子どももスタッフも人数が少なく、比較的余裕があるので安定した人間関係を構築しやすいです。

2015年から小規模保育園でも認可により国から支援を受けられるようになり、労働条件も改善されています。

企業・病院内の保育所

企業や病院の施設内に併設される保育所もピアノが設置されていない場合が多いです。

こちらも小規模保育園同様行事が少なく、休日をきちんと取りやすい傾向にあります。

持ち帰り作業も発生しにくく、いざという時は保護者が同じ施設内にいるので安心して保育に取り組めるでしょう。

ピアノが弾けない保育士の転職向けサービス

スムーズに辞めたいなら退職代行

上司に退職理由を詰問されたり、強固な引き留めに遭うのを避けたい場合、退職代行を利用するのがおすすめです。

退職代行を使えば、直接上司とやり取りせずに有給申請や退職が可能になります。

どのサービスも費用は必要ですが、余計なストレスを受けずに辞められるメリットは大きいでしょう。

退職代行サービスのNEXT 弁護士法人みやびの退職代行サービス
退職代行サービス
料金 33,000円 55,000円
相談窓口 電話
メール
LINE
メール
LINE
着手金 無料 無料
特徴 日本全国対応
退職できなかった場合全額返金
退職率100%
日本全国対応
出社なしの引継ぎや私物引取り可能
完全退職までフルサポート
無料相談

別の保育施設に転職するなら特化型サービス

転職活動をする場合、勤務開始日まで3か月~半年ほどあればスムーズに手続きを進められるでしょう。

とはいえ、現在の職場で勤務を続けながら条件に合う保育施設を探すのは大変です。

ピアノを弾かなくてもよい保育園への転職を目指すなら、保育業界に特化したエージェントを利用しましょう。

転職のプロ視点で条件に合った勤務先を見つけるサポートをしてもらえます。

保育士の転職に特化した転職エージェント

マイナビ保育士
転職エージェント
主な年齢層 全年齢層
主なサポート対象者 保育士資格保持者
主なサポート地域 東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、京都、愛知、福井
保育士求人数(公開) 約1.6万件
特徴 利用者満足度/認知度3年連続No.1
簡単登録
(無料)
保育士WORKER(ワーカー) 保育士バンク!
転職エージェント
主な年齢層 全年齢層 全年齢層
主なサポート対象者 保育士資格保持者 保育士資格保持者
主なサポート地域 東京、千葉、神奈川、埼玉 東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、愛知
保育士求人数(公開) 約5万件 約4万件
特徴 業界最大級の求人数、保育士が認めた支持率No.1 非公開の優良求人多数、保育士求人転職サービス6部門No.1
簡単登録
(無料)


ピアノが弾けない保育士は皆無じゃない!大切なのは保育施設選び

ピアノが弾けなくても、保育士として働くのは不可能ではありません。

ピアノを弾けないのが理由で保育士を辞めたいと考えているなら、まずピアノを弾かずに働く方法を模索してみてください。

例えばピアノが得意な同僚と業務を分担したり、ピアノを弾く必要がない職場に転職すれば、技術面で悩む必要はなくなります。

夜間保育園、企業内保育所など、保育施設の中にもピアノがないところは多いです。

もちろん、保育の仕事自体を続けたくない場合は他業界に転職する選択肢もあります。

自分のスキルを活かせる職場を選び、ストレスの少ない労働環境を手に入れましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事