最終更新日:

介護職で体力限界を感じた時の対処法はある?状況が劇的に変わる改善策とは

介護職で体力限界を感じた時の対処法はある?状況が劇的に変わる改善策とは

「介護の仕事は好きだけど体力が限界…」
「介護職で体力限界と感じた時の対処法は?」

介護職を続けていると体力の限界を感じてしまい、この先も仕事を続けられるか不安を感じる人も少なくありません。

介護職で体力の限界を感じた時の対処法はあり、実践すると体力に余裕が生まれ、気持ちの余裕も生まれます

今回は介護職が体力限界を感じる理由や、介護職で体力の限界を感じた時の対処法を解説。

介護職でどうしても体力限界を感じて転職したい時におすすめの転職支援サービスも併せてご紹介しましょう。

介護職で体力に限界を感じる人は多い?

実際に介護職で体力に限界を感じている人って多いのかしら?

身体的負担が大きいと感じる人は約3割

令和元年度の介護労働実態調査では、労働者の労働条件・仕事の負担に関する悩み・不安・不満などのアンケート調査を実施。

人手不足や給料の悩みに続いて、体力に不安を感じる人は29.5%との結果になりました。

介護職に従事する3割の人が体力に不安を感じている

介護職に従事している人は体力面で限界を感じていたり、不安を抱えているケースが多いようです。

介護職の7割は女性だから、体力に自信がない・なくなっていく子も多いみたいね。

体力の限界を感じやすい年代

介護職で特に体力の限界を感じやすい年代は、介護職3年目までの人と50代以降の人です。

入社3年目までは、慣れない業務も多く自分なりの力の抜き方が分からず、体力的にキツイと感じる場面が比較的多くなっています。

50代以降の介護職は、年齢に比例して体力が落ちていくので疲れを感じやすいです。

もちろん持病や個人差もあるから、体力が限界って感じるタイミングはそれぞれ。体力の限界を感じるのは介護職では珍しくないの。

介護職が体力限界を感じる理由

実際、介護職はどんな場面で体力的な限界を感じやすいの?

力仕事が多い

介護職は身体を動かす業務が多く、力仕事も頻繁に発生するため、体力の限界を感じてしまうとの声が最も多いようです。

身体介護では、利用者を支えながらの業務が多く、腰や肩・足腰の関節などを痛める原因となります。

その他にも重い荷物を運んだり、利用者さんの車いすを長時間押したりと、並大抵の体力では乗り越えられないと感じる人も多いです。

利用者さんの状態は一人ひとり違うから、臨機応変な対応が必要よ。体力も無限じゃないから疲れちゃうわよね。

仕事の幅が広い

介護職の仕事内容は職場の環境に左右されやすく、担当する仕事内容や仕事の進め方が大きく異なります。

【介護職の仕事内容の例】
・入浴や排泄などの身体介護
・洗濯や掃除などの生活援助
・食事の準備・片付けなど
・レクリエーションなどの企画
・利用者の家族への対応
・掃除や備品の管理

生活援助は家事のスキルが必要なので、得意不得意が大きく分かれる業務です。

レクリエーションの企画は、興味を引いて楽しくリハビリができるよう、飽きさせない工夫を考えないといけないので、苦痛に感じる人も。

介護職の仕事と言っても、多種多様な業務を決められた時間でこなす必要があるので、体力の限界を感じてしまう場面も多いようです。

全部を完璧にこなす必要はないけど、責任感が強い人ほど苦手な業務も頑張ろうとしすぎちゃうみたい。

精神的な体力も必要

介護職は精神的にも気を使う場面があり、自分自身のメンタルヘルスマネジメント(心の健康管理)も大切です。

業務以外でも、同じ職場で働く介護職員とのコミュニケーションや外部機関とのやり取りなど、どの業務も人と蜜に関わりながら進めなければいけません

また、介護職は夜勤や早番・遅番などもあり生活習慣も整いにくいので、心の健康を崩す要素が多いです。

介護職で体力の限界を感じた時の対処法

介護職は体力がないともう続けられないのかしら…?なにか対処法は?

身近な人に相談する

親・友達・恋人・介護職員の同僚・常時など、誰でもいいので自分が信頼できる人に悩みを素直に相談してみるのがおすすめです。

年代の異なる人2人以上に相談するのが効果的でしょう。

同年代:共感してくれる
年上:経験からアドバイスをしてくれる

複数の人に話を聞いてもらうと様々な意見も聞けるので、自分の視野が狭かった時は気づけるかもしれません

体力的な悩みや業務での不安は、話してみるとあっさり解決するケースもあるので、まずは信頼できる同僚に話してみると良いでしょう。

介護職は他職種と比較してもチームワークが問われるわ。自分のニガテが得意な子と協力しながら業務の負担を分散しましょ!

資格取得で専門知識を身につける

介護職の中でもより介護業界に精通する専門知識を身に着け、体力が必要な仕事からメインの業務を変える方法もあります。

介護職でおすすめの資格は以下の通りです。

【おすすめの介護資格】
介護資格 詳細
ケアマネージャー(生活相談員) ケアプランの作成や介護におけるコーディネートを手掛ける仕事。要介護者の直接的なサポートは少ない。
社会福祉士 日常生活を送るのが困難な利用者の相談業務やサービス提案業務がメイン。介護施設だけでなく福祉施設・学校・行政機関・病院などでも活躍できる。
介護事務 介護保険や事務請求などの知識が証明できる。介護事務の資格は複数あるため、自分の証明したい能力に応じた受験が必要。

資格の取得は給与アップにも繋がりやすく、身体介助の業務から離れたとしても介護・福祉の知識を活かしながら働けます。

上記資格を活かした働き方をする際は、基本的なPCスキルが求められるので、資格取得と並行してパソコンにも慣れておきましょう。

他の介護施設なら状況が変わるケースも

介護職は施設形態によって、業務内容も働き方も大きく変わります

体力の限界を感じている人は、身体介護の割合が少ない施設形態や、自分の苦手な業務が少ない職場も検討しましょう。

職場 夜勤 身体介護 特徴
特別養護老人ホーム(特養)
あり
他の介護士が近くにいるため分からない部分を聞きやすい。
介護老人保健施設
あり
リハビリが目的のため医療知識を習得しやすい。
介護付有料老人ホーム
あり
被介護者とコミュニケーションを取りやすい。介護技術以外にも接遇面も求められる。
デイサービス・デイケアサービス
原則なし
利用者=お客様の意識が強い。土日年末年始が休みの施設が多い。
グループホーム
あり
マンツーマンでゆったりとしたケアが可能。未経験でも勤務が続きやすい。

同じ施設形態でも民間施設の場合は特に、コンセプトや規模感などが大きく異なります。

自分の強みや特性を発揮できる施設・事業所を選択できるように、まずは各施設形態の特徴を把握した上で応募先の雰囲気や仕事内容をしっかり確認しましょう。

介護職でどうしても体力限界と感じたら転職も検討

今の職場で介護職として働き続けるのは体力の限界だと感じる人は、転職も検討しましょう。

転職エージェントは、一連の転職活動を徹底的にサポートしてくれるので、1人で転職活動をするより効率的です。

【転職エージェントの特徴】
希望に合わせた求人を厳選
・企業への第三者目線からの推薦
事前に選考企業の様子を教えてくれる
・転職動向に詳しいアドバイザーに相談可能
・書類添削/面談対策など無料でサポート
・企業との年収・待遇面の交渉で好条件になる
相談だけ・情報収集だけの利用もOK!

各転職エージェントは特徴やサポート対象が異なるため、自分のスキルや状況に合わせて選びましょう。

介護職から転職したい人におすすめの転職エージェント

介護職から介護職への転職希望者

ミラクス介護 カイゴワーカー
転職エージェント
主なサポート対象 介護職経験者
未経験も可
無資格・未経験、経験者にも幅広く対応
実績 介護職がすすめる転職サイトNo.1 年間5万人以上が利用
求人数 11万4000件 7万7000件
+非公開求人
雇用形態 正社員/契約社員/派遣/パート 正社員/パート
特徴 求人の5割が正社員求人
非公開求人は高年収が多い
全国16拠点で地域密着型サポート
好条件の非公開求人が豊富
公式サイト

介護職から異職種への転職希望者

リクルート
エージェント
spring転職
エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 20代~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は41万人超 大手優良企業への紹介実績多数
求人数 約20万件 約1万6000件+非公開求人
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
IT系に強い
面談を断られない
簡単登録
(無料)

介護職で体力の限界を感じたら行動しよう

介護職で体力の限界を感じながら仕事を続けていると、集中力が低下するため、結果的に大きなミスや事故に繋がりかねません。

体力限界だと思ったら、一度休んでみるのもひとつの手です。

自分で動かない限り、現状は変わりません。体力の限界を感じている状況は普通ではないので、改善に向けて積極的に行動しましょう。

納得できる選択ができるように、自分のペースでまずは行動してみてください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事