最終更新日:

30代未経験でも保育士に転職できる?スムーズに資格を取得する手順を解説

30代未経験でも保育士に転職できる?スムーズに資格を取得する手順を解説

30代になってから、今の仕事を辞めて保育士に転職したいと考える方は一定数います。

業界全体が人手不足であるため、30代であっても保育士資格さえあれば採用を得られる可能性はあるでしょう。

本記事では未経験の30代が保育士資格を得る方法や、30代保育士の転職事情などを解説。

未経験から保育士を目指したいと考えている方はこの記事を参考にしてみてください。

30代未経験からの保育士転職に
おすすめの転職サービスはコチラ

30代未経験でも保育士になる方法

未経験から保育士を目指す場合に必ず取得しなければいけないのが「保育士資格」です。

多くの場合、保育園で働くには保育士資格を持っているのが前提となるため、まずは資格の取得から始めましょう。

保育士養成学校に入学

未経験から保育士になる1つ目の方法は、保育士養成学校への入学です。

保育士試験を受けずに保育士資格を得られるのが一番のメリットでしょう。

厚生労働大臣が指定した保育士養成学校・施設にて定められた単位を履修して卒業すれば資格を得られます。

必要な知識や実技についてじっくり学べますが、その反面多くの学生は20代です。

そのため、30代の場合周囲との年齢差を感じてしまう可能性は否定できません。

保育士試験を受ける

2つ目の方法は、保育士試験の受験です。30代で保育士を目指す場合、こちらの方法で資格を取得するケースが多いです。

筆記試験・実技試験に合格すれば、通信講座などによる独学でも保育士資格を得られるのがメリット。

通信講座の受講費用は3万円〜8万円程度ですが、通信制大学等に入学すると年間で100万円程度は必要になります。

費用面では通信講座が圧倒的に安価ですが、実技の練習はできない点に注意しましょう。

また、試験に合格しなければ資格を得られないため、事前の準備や試験対策が必要です。

保育士試験に年齢制限はありません。大学・短大・専門学校卒であれば受験可能で、中卒・高卒でも保育施設で2年(2880時間)以上の実務経験を積むと受験できるようになります。

保育補助になる選択肢もある

保育士試験の受験資格は最終学歴によって異なるため、実務経験が必要な人は資格が必要ない職業で経験を積みましょう。

資格を取得せず、保育園で働く方法としては「保育補助」の仕事があります。

保育補助は有資格者の保育士に代わって細かい仕事を行ない、サポートをする仕事です。

実際に保育園で働きながら実務経験を積めるので、今後本格的に保育士資格を得たいと思ったときにも役立つでしょう。

30代未経験保育士の転職事情

保育士の給与水準

厚生労働省の調べによると、保育士の平均年収は約363万4,600円です。

政府が保育士の待遇改善策を講じ、昔に比べると給料は上がりましたが、まだ労働量に見合う給与額ではないとする声も多くあります。

転職先の雇用形態や勤務時間などによって給与は大きく異なるため、高収入の保育士求人を求める場合は慎重に転職先を探す必要があるでしょう。

30代になると転職が難しいのは本当?

一般的な職種では、転職に実質的な年齢制限があるのも珍しくない話です。

保育士でも同様に、30代を境に採用が難しくなるケースが存在します。

公立保育園などでは採用年齢に制限がある場合も少なくないため、特に35歳以上だと採用されにくくなるでしょう。

年齢に関する条件が提示されていなくても、20代の若手育士を採用したいと考える採用担当者も珍しくないようです。

30代から保育士を目指すメリット

社会人経験を活かせる

30代から新しい職業にチャレンジする場合、年齢がハンデになってしまうケースも少なくありません。

しかし、正社員としての社会人経験が長くある方は、責任を持って行動できるとみなされ、信頼されやすい面もあります。

社会人経験はアピール材料と考え、履歴書にきちんと書いておきましょう。

また、保育補助やベビーシッターなどで実務経験を積んでいる場合も履歴書に明記しておくのをおすすめします。

20代よりも働く親の苦労を理解しやすい

30代の保育士は子育て経験があったり、周囲から子育ての苦労話を聞く機会も多いでしょう。

30代の方が20代の若手よりも親側の気持ちを理解し、寄り添いやすくなります。

とくに、有資格者かつ子育て経験がある人は採用する側から戦力とみなされやすいようです。

育児を経験した人であれば、保育士の仕事に子育て経験を生かせる場面も多いでしょう。

30代未経験で保育士になるために転職サービスを活用しよう

未経験の状態で保育士を目指す場合、様々な職種と案件を扱う大手転職エージェントを利用するのがおすすめです。

大手転職エージェントはとにかく求人数が多く、さまざまな業界・地域に対応しているのが強み

保育士に特化した転職エージェントは経験者向け求人が多い傾向にあります。

しかし、大手転職エージェントと併用すれば上手く活用できる可能性は高くなるでしょう。

30代未経験におすすめの大手転職エージェント

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は41万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人数 約20万件 約10万件
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

おすすめの保育特化型エージェント

マイナビ保育士
転職エージェント
主な年齢層 全年齢層
主なサポート対象者 保育士資格保持者
主なサポート地域 東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、京都、愛知、福井
保育士求人数(公開) 約1.6万件
特徴 利用者満足度/認知度3年連続No.1
簡単登録
(無料)

30代未経験でも保育士になれる可能性はある!

30代でも未経験の状態から保育士になる方法は、以下の2通りです。

  1. 保育士養成学校に通う
  2. 保育士試験を受ける

30代におすすめなのは「保育士試験を受ける」方法でしょう。

通信講座などによる独学でも保育士資格取得に必要な知識を習得すれば、保育士資格を得られます。

資格取得の前に実務経験が必要な場合は、保育補助のアルバイト・パートなどで経験を積んでください。

未経験での転職は年齢を重ねるごとに難しくなっていくので、決断は早ければ早いほどよいでしょう。

上手くエージェントを活用して、未経験から保育業界への転職を実現させてくださいね。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事