最終更新日:

女性はフリーランスエンジニアに向いてる?後悔しない働き方が実現する方法

フリーランスエンジニア女性

「フリーランスエンジニアとして働く女性は多い?」「独立すれば在宅で仕事できる?」
「子育てと仕事を両立したい」

独立を考えている女性エンジニアの中には、フリーランスで働くメリット・デメリットが分からず悩んでいる人少なくありません。

男性が多い印象があるエンジニアの世界ですが、フリーランスエンジニアとして活躍している女性は多いです。

本記事では女性がフリーランスエンジニアとして働くのは不利なのか、女性ならではのメリット・デメリットについて解説していきます。

フリーランスで安定するならエージェント

女性がフリーランスエンジニアで安定して働くなら、エージェントの利用がオススメ♪

レバテックフリーランス Midworks(ミッドワークス)
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~40代
主なサポート対象者 実務経験1年以上のITエンジニア・Webデザイナー ITエンジニア(実務経験目安:3年以上)
支援実績 フリーランスエージェント登録者数・業界認知度No.1 IT系フリーランス専門エージェントサービス3部門で第1位
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/兵庫/京都/愛知/福岡 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫/滋賀
特徴 業界最大級の案件数。契約更新率90%超。最短1週間で参画 正社員並みの保障付き
給与保障あり
簡単登録
(無料)


フォスターフリーランス テックビズフリーランス
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代 20代半ば
~40代前半
主なサポート対象者 年収700万円以上のエンジニア・Webデザイナー 1年以上の開発経験・類する実績のあるITエンジニア
支援実績 20年の実績・登録者1万7000人 案件決定率・継続率90%超
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉 全国対応
特徴 非公開案件多数
案件の半数上は直取引で高単価
案件登録数3万件超抜群のバックアップ体制
簡単登録
(無料)


女性フリーランスエンジニアは不利?

ITエンジニアの世界って男性の方が出世とか有利なイメージが強いけど、実際どうなのかな?

求人ボックスの給料ナビによると、ITエンジニアの男性の平均年収が573万円なのに対し、女性エンジニアは505万円※1

男性 女性
全体 573万円 505万円
20代 393万円 388万円
30代 565万円 491万円
40代 649万円 553万円
50代 688万円 589万円

20代までの平均年収は男女差は少ないですが、30代~50代では差が広がっています。

女性は30代~50代にかけては出産や育児の影響を受けやすいため、年収面やキャリアアップ面では不利に

一方でフリーランスエンジニアなら、スキルがあれば高単価案件も受注しやすく稼働時間も自分で選択できるため、高収入を目指す女性に向いている働き方と言えるでしょう。

女性がフリーランスで働くメリット

会社員だと不利になる場合でも、フリーランスなら解消できるんだね!

フリーランスエンジニアになれば、年収や働き方の面で女性ならではのメリットが色々あるの♪

    ■ 女性がフリーランスになるメリット

  1. 評価に男女差が生まれにくい
  2. 出産や育児にも柔軟に対応しやすい
  3. 将来のキャリアプランを立てやすい

評価に男女差が生まれにくい

性別関係なく実力を正当に評価してもらえるフリーランスは、キャリアアップしたい女性に最適な働き方でしょう。

スキルが高ければ高いほど高単価案件が受注できるため、会社員時代よりも効率的に収入がアップします。

出産や育児にも柔軟に対応しやすい

女性は育児休暇制度を利用しても、出産や育児がその後のキャリアへ大きく影響します。

しかし、フリーランスエンジニアであれば仕事を受けるタイミングを自由に決められるため、出産や育児にも柔軟に対応しやすいです。

また、仕事に復帰する際に会社員で再就職するよりもはるかに復帰しやすいのも大きなメリットでしょう。

将来のキャリアプランを立てやすい

ある程度レールの定まっている会社員とは異なり、フリーランスエンジニアはどんなキャリアを作り上げていくのかも自由に決められます

【キャリアプラン例】

  • 結婚前
    ⇒スキルアップや年収アップに集中しつつお金を貯める
  • 出産後
    ⇒仕事の受注ペースを緩めたり在宅中心の働き方に切り替える
  • 育児が落ち着いたら
    ⇒徐々に仕事のペースを上げて社会復帰
  • 女性でもフリーランスエンジニアになれば、上記のようにライフイベントや自分の理想に沿った働き方ができるでしょう

    フリーランス向けのエージェントならキャリアプランの相談も受け付けてくれるから、気軽に利用してみましょ♪

    女性がフリーランスで働くデメリット

    女性が仕事と家庭を両立するなら、フリーランスの働き方がピッタリなんだね!

    確かに女性がフリーランスエンジニアになるメリットは多いけど、悩みになる部分もあるわ。

      ■ 女性がフリーランスになるデメリット

    1. 職場に女性が少ない
    2. セクハラのターゲットになりやすい
    3. 運動不足になりやすい

    職場に女性が少ない

    レバテックフリーランスによると、フリーランスエンジニアの女性の割合は6.8%非常に少ないです。※2

    業務自体には大きな影響はありませんが、仕事やプライベートなどの悩みがあった際に相談相手が少ないのはデメリットと言えるでしょう。

    セクハラのターゲットになりやすい

    男性が多い職場だと、女性はセクハラのターゲットになりやすいです。

    更にフリーランスエンジニアは会社員と違い後ろ盾になってくれる存在がなく立場も弱いため、より狙われやすい傾向にあります。

    【具体的なセクハラ対策法】

  • ・女性同士でコミュニティを作る
  • ・フリーランス向けエージェントに相談
  • ・業務以外で2人きりの場は避ける
  • フリーランスエンジニアは自由な反面、全てが自己責任になるので、自分の身は自分で守る意識を常に持っておきましょう

    運動不足になりやすい

    フリーランスエンジニアは長時間座りっぱなしの作業が多いため、男女問わず運動不足になりやすいです。

    歩く時間を意図的に増やしたり、ジムに通ってトレーニングの習慣をつけるなどして体調を崩さないように普段から注意しましょう。

    女性がフリーランスで長く働くコツ

    フリーランスで働くメリットもあるけど、デメリットもあるんだね…。

    どんな職業でも良い面も悪い面もあるわ。フリーランスでも長く働けるように、働き方のコツを確認しましょ☆

      ■ 女性フリーランスエンジニアの働き方のコツ

    1. 雰囲気を良くする立ち回りを意識する
    2. 詳細なエビデンスを必ず取っておく
    3. 案件終了後も付き合える関係を築く

    雰囲気を良くする立ち回りを意識する

    エンジニア業界は男性が多いですが、チームの雰囲気を良くするために女性エンジニアを採用したいクライアントも存在します。

    この扱い自体がセクハラと感じる女性もいるかもしれませんが、雰囲気が良くなればチーム全体の成果が上がったり、働きやすさが向上するケースが多数。

    また、チームに欠かせない存在として評価を受ければ、次の仕事に繋がる可能性も少なくありません。

    詳細なエビデンスを必ず取っておく

    フリーランスエンジニアは会社員と違い立場が弱く、残念ながら女性だからと能力を疑ってくるような人も存在します。

    設計段階からトラブルを防ぐために、客先との調整内容だけでなく作業時のエビデンスは細かく取っておきましょう

    案件終了後も付き合える関係を築く

    フリーランスエンジニアとして長く働くのは、ある意味孤独との戦いでもあります。

    女性に限らず、一緒に仕事をしたメンバーとは案件終了後も付き合える関係を築いておくのが得策です。

    人脈を広げておけば仕事上の相談が出来たり仕事を紹介してもらえるケースも多いため、良好な関係を築いておいて損はないでしょう。

    フリーランス向けエージェントを利用

    フリーランスエンジニアで安定して仕事を獲得し続けるなら、フリーランス向けエージェントの利用がオススメ☆

    エージェントを利用すればコンスタントに仕事を紹介してもらえるだけでなく、下記のようなサポートを受けられます。

    エージェントのサポート内容
    ・適切な案件を紹介
    ・企業との交渉を代行
    ・福利厚生や各種補償も充実
    ・税務サポート
    ・自分の市場価値を知れる など

    「これまで営業経験がない人」や、「コミュニケーションスキルにはあまり自信がない人」にとっては大きな戦力になるでしょう。

    【フリーランスエンジニア向けエージェント】
    サービス名 特徴
    レバテックフリーランス 登録者数・業界認知度No.1。最短1週間で参画
    Midworks(ミッドワークス) 正社員並みの手厚い保証制度。常駐・リモート案件多数。
    テックビズフリーランス 案件決定率・継続率90%超。案件登録数3万件超。全国対応。
    エミリーエンジニア 利用者の5人に1人が年収1000万円以上。賠償保障が自動付帯。
    フォスターフリーランス 20年の実績・登録者1万7000人。非公開案件多数。
    エンジニアスタイル東京 最高単価240万円。案件・求人数は16万件超。

    女性こそフリーランスエンジニアで活躍

    仕事上において男女の差は徐々に減りつつありますが、出産・育児などライフイベントの影響は女性の方が大きいです。

    仕事とプライベートを両立させ、自分らしく自由に働きたい女性にこそ、フリーランスエンジニアは最適な働き方と言えます。

    独立するメリットとデメリットを把握し、先輩やエージェントに無料相談するなどしてフリーランスで理想の働き方を実現させましょう。

    (※1 引用:ITエンジニアの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ))
    (※2 引用:フリーランスエンジニアの男女比率|レバテックフリーランス)

    働く悩みを“ゼロ”に
    今よりいい会社に転職しませんか?

    転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

    複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

    リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

    『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

    登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
    転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

    リクルートエージェント公式へ

    転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
    幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

    特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

    マイナビエージェント公式へ

    20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

    主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

    現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
    ビズリーチ公式へ

    求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

    必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

    \Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
    ビズリーチ公式へ
    関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

    RECOMMEND

    関連記事