最終更新日:

薬剤師は地方転職可能?都市部より好条件の理由とミスマッチ防止の転職成功方法

薬剤師は地方転職可能?都市部より好条件の理由とミスマッチ防止の転職成功方法

「薬剤師として地方に転職したい」
「地方転職したら年収は下がる?」

地方への転職を検討する薬剤師も少なくありません。

地方では、都市部より平均年収が高く好条件転職が可能。しかし地方転職にはデメリットもあるため、事前調査の徹底が必要です。

本記事では薬剤師が地方で好条件転職できる理由と地方転職のメリット・デメリットや転職成功方法をご紹介。

地方転職を検討している薬剤師は必見です。

地方の薬剤師は年収が高い

2020年薬キャリの「都道府県別の薬剤師平均年収調査」では、都市部以外の平均年収が高い結果になりました。

地方は全国の薬剤師平均年収548.3万円を大幅に上回るため、年収アップを狙えます。

順位 都道府県 平均年収
1 静岡県 698.7万円
2 長野県 689.5万円
3 高知県 642.7万円
4 島根県 625.8万円
5 愛知県 622.1万円
6 青森県 619.8万円
7 秋田県 618.8万円
8 宮城県 610.2万円
9 三重県 600.6万円
10 山形県 595.1万円
全国平均年収 561.7万円
19 大阪府 558.8万円
20 東京都 553.5万円

年収の時給換算と月間勤務時間

年収は残業や月間勤務時間に伴って変動。年収を時給換算すれば1時間当たりの給与が高い都道府県が分かります。

薬剤師の全国平均時給は2,723円。年収と労働時間から時給換算すると、時給が高いのは静岡や秋田・愛知でした。

順位 都道
府県
平均
年収
月間勤務時間 時給
換算
1 静岡 698.7 177 3,289
2 秋田 618.8 162 3,183
3 愛知 622.1 163 3,181
4 長野 689.5 183 3,140
5 高知 642.7 172 3,114
6 島根 625.8 170 3,068
7 宮城 610.2 167 3,045
8 茨城 580.8 167 2,898
9 和歌山 619.8 167 2,896
10 宮崎 569.7 166 2,860
12 大阪 558.8 164 2,840
13 東京 553.5 165 2,796
全国平均年収 561.7 171 2,737

地方によって薬剤師転職の年収が異なる理由

薬剤師の充実度

地方では、都市部と比べて薬剤師が不足している薬局やドラッグストアも少なくありません。

人手不足の中で薬剤師は重宝され、高年収を条件に薬剤師を募集する薬局やドラッグストアが多いです。

薬学部がある大学の有無

県内に薬学部があれば地元に就職する薬剤師も多く人手不足にならないため、年収が低い傾向があります

都道府県別の薬剤師年収ランキングで最下位の長崎や46位の徳島・45位の新潟も薬科大学・薬学部がある地域です。

薬剤師が地方で働くメリット・デメリット

薬剤師が地方で働くメリット

・好条件で転職できる
・患者との距離が近い

好条件で転職できる

都市部と比べて地方の薬剤師平均年収は高く、好条件の中から転職先を選択可能

地方への引越し費用負担・託児所や車を用意してくれるなど福利厚生が充実している企業もあります。

患者との距離が近い

地方の薬局や病院は店舗数が少ない・都市部に比べて利用者の年齢層が高く、頻繁に来店する人も少なくありません。

地元の人との距離が近くコミュニケーションを取りながら業務に励めるため、やりがいを感じやすいでしょう。

薬剤師が地方で働くデメリット

・キャリアアップしにくい
・薬剤師の数が少ない
・仕事量が多い
・地方ならではの苦労がある

キャリアアップしにくい

大手薬局やドラッグストアでは研修制度がある反面、地方の中小薬局では教育面が充実していない企業もあり、経験が浅い・新卒の薬剤師はキャリアアップしにくいです。

キャリアアップするには、資格取得やセミナー受講など自ら学ぶ姿勢が求められます。

仕事量が多い

人口が少ない地域ほど一か所の病院や薬局に利用者が集中するため、残業や休日出勤が多くなるケースも。

求人情報や会社の口コミサイトで、業務量や職場の雰囲気など事前調査は必須です。ネットに情報が無ければ、面接時に確認しましょう。

また在籍する薬剤師が少なければ一人一人の裁量が増え、休暇が取れない・なかなか辞められないなどのリスクがあります。薬剤師の在籍数も確認が必要です。

地方ならではの苦労がある

場所によって車での移動が必須・人との距離が近いなど、地方ならではの特徴があります。

離れてみなければ分からない都会の便利さや過ごしやすさに、戸惑う可能性も。

地方の暮らしや都会から地方に転職した薬剤師の体験談など、様々な角度から情報収集を徹底しましょう。

薬剤師の地方転職成功方法

■ 薬剤師の地方転職成功方法
・経験やスキルの棚卸
・自己分析
・派遣やパートで働く
・転職エージェントに相談

経験やスキルの棚卸/自己分析

地方への転職では、経験やスキルを棚卸し自分の強みの把握が必須。実績やスキルをしっかりと言語化できれば志望動機・面接でアピールしやすいです。

棚卸後、現在の経験やスキルの適正年収・地方への転職で年収アップするカギになるマネジメント資質があるかを確認しましょう。

自己診断ツールミイダスなら簡単な質問に答えるだけで、自分の市場価値(適正年収)やマネジメント資質・自分の強みが分かります。

ミイダス

■ ミイダスでできる3つの診断
・市場価値診断(想定年収)
>年収アップのヒントになる
・コンピテンシー診断(総合適性検査)
>管理薬剤師の向き不向き/人間関係で失敗したくない人におすすめ
・パーソナリティ診断
>自分がどんな人か客観的に見たい人向け

市場価値診断では、職務経歴や実務経験などの4つから想定年収を算出。目指せる年収額が分かり無理のない範囲で年収アップが可能です。

コンピテンシー診断(総合適性検査)は管理薬剤師に必須のマネジメント資質や統率力・ストレス要因の有無が分かります。

生涯で変化しにくい生まれ持った個性・環境や経験で変化する現在のコンディションは、パーソナリティ診断で可視化。

精神医学をベースにした診断サービス「PSA」を基にしているため、信頼性が高いです。

派遣やパートで働く

引っ越しを伴う地方転職をしたものの理想とのギャップを感じ、早期退職する人もいます。

地方で暮らしていけるかを確認するためには、まず派遣やパートでの勤務がおすすめ。地方に行きたい理由や転職の目的を明確にし、入社後のミスマッチを防止しましょう。

転職エージェントに相談

個人の転職活動でも地方では好条件で転職先を選択できますが、どのような背景から薬剤師を募集しているのか・一般非公開のレア求人までは確認できません。

薬剤師に特化した転職エージェントでは、求人紹介や書類・面接対策や条件交渉まで薬剤師の転職を徹底サポートします。

企業の内部情報まで把握し惜しみなく情報提供してくれるため、紙面には載らない条件からも応募するかの判断が可能。地方への薬剤師転職には、エージェントの利用が得策です。

地方転職におすすめ薬剤師特化エージェント

マイナビ薬剤師 薬キャリ
サイト
マイナビ薬剤師-公式
薬キャリ
年齢 20代~40代 20代~50代
対応地域 全国
実績 薬剤師転職支援サービス「利用者満足度No.1 利用者満足度
95%

薬剤師登録者数No.1
薬剤師
求人数
6万件以上 5万件以上
求人
紹介数
一人当たり
約19.5件
一人当たり
最大10件
施設訪問 求人元の薬局・病院に出向き現場職員にヒアリング
独自ネットワークで求人情報や裏内情を収集し調査結果も提供
業界への
強み
薬剤師転職専門のアドバイザーが担当 医療専門情報サイト「エムスリー」運営で独自求人が多数
公式
サイト


ファルマ
スタッフ
JobBuddy
(ジョブバディ)
サイト
ファルマスタッフ公式
JobBuddy(ジョブバディ)
年齢 20代~50代
対応地域 全国 1都3県
※東京/神奈川/千葉/埼玉
実績 転職成功率
90%超
コンサルタント満足度96.3%
幅広い年齢層の薬剤師転職実績
薬剤師
求人数
5万件以上 非公開
施設訪問 各エリアの転職状況・求人先への訪問で職場の雰囲気や忙しさを把握 薬局や企業に出向き採用担当者や現場の薬剤師にヒアリング
業界への
強み
調剤薬局が母体の転職エージェント 薬局側・利用者の両者を1人のコンサルタントが担当
公式
サイト


ファーマ
キャリア
お仕事ラボ
サイト ファーマキャリア公式 お仕事ラボ
年齢 20代~50代
対応地域 全国
実績 求人はオーダーメイド制で好条件転職が可能 利用者満足度90%超
求人紹介後の定着率95.6%
薬剤師
求人数
5万件以上 2万件以上
施設訪問
薬局と利用者の両方を同じ人が担当。転職先の事情を把握した担当者が面談
業界への
強み
業界の知識に富んだ精鋭なコンサルタントが集い質の高いサポートを提供 求人の逆指名が可能
(株)アイセイ薬局の100%完全子会社運営
公式
サイト


医療機関以外で高収入を狙う

ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト
サイト BIZREACH リクルートダイレクトスカウト
タイプ スカウト型転職サイト
入会審査 あり なし
料金 一部有料 完全無料
年齢層 30代~40代 20代~
特徴 年収600万円以上の人向け
コンサルタント ヘッドハンターがコンサルタントの役割を担う
サポート 「メディカル」でヒットするヘッドハンター
約600名
「メディカル」でヒットするヘッドハンター
約400名
実績 年収600万円以上の人に支持される転職サービスNo.1 転職時の平均年収900万円
面談 ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
公式

地方への薬剤師転職は情報収集を徹底

地方は薬剤師の平均年収が高く好条件転職が可能ですが、地方では仕事量が多い・キャリアアップしにくいなどデメリットもあります。

地方への転職で年収・キャリアアップできるか、現在の経験やスキルを棚卸し市場価値(適正年収)を確認しましょう。

また地方への転職で入社後のミスマッチを防止するなら、個人の転職活動では入手できない企業の内部情報や非公開求人を紹介してくれるエージェントの利用がおすすめ

求人紹介から面接対策や条件交渉まで、徹底的に薬剤師転職をサポートしてもらえます。

■ 薬剤師専門転職エージェント
マイナビ薬剤師
薬キャリ
ファルマスタッフ
JobBuddy(ジョブバディ)
ファーマキャリア
お仕事ラボ
■ 医療機関以外で高収入を狙う
ビズリーチ
リクルートダイレクトスカウト

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事