最終更新日:

転職回数10回以上でも再転職は可能?転職活動で失敗を繰り返さないコツ

転職回数10回以上でも再転職は可能?転職活動に失敗しない方法

「転職回数がもう10回を超えた……」
「転職回数が多いとどんどん不利になる?」

転職回数が多い方は、上記のような不安を抱えているケースも少なくありません。

結論から言えば、転職回数が多いと採用で不利になりやすいですが、理由付け次第で採用される可能性はあるでしょう。

本記事では、転職回数が10回以上になった時の対処法や、選考で不利にならないコツを解説。

転職回数が10回以上で、後悔をしない転職をしたい方は要チェックです!

派遣・バイトでも転職回数10回以上だと不利?

派遣やアルバイトでの仕事は、職場側から期限を定められるケースもあり、転職回数が増えやすいです。

しかし、正社員以外での転職回数は10回を超えてもあまり採用に影響しないでしょう。

直接雇用の転職以外は書かなくてよい

転職回数は、正社員や契約社員など、直接雇用で働いた会社を1社とカウントします。

例えば、3社の在籍経験がある場合の転職回数は2回です。

直接雇用でもパート・アルバイトは転職回数に含まれません。

記載してはいけないわけではないので、転職に役立つ経験があれば、転職回数に含まれなくても記載しましょう。

また、派遣社員は職歴に含みますが、同じ派遣会社の中で派遣先が変わっても転職回数にカウントしないのが一般的です。

転職回数10回以上が不利になる理由

良い条件の職場や大手企業では転職回数の少ない人材が採用されやすく、転職回数が多いと不利になるのは事実です。

転職回数が10回を超えてくるとブラックな職場から内定を受ける頻度も増え、さらに転職回数が増えてしまうケースも見受けられます。

転職回数が多いと採用で不利になる大きな理由は、企業側が持つ懸念です。

転職が多い時に企業が持つ不安

  1. 短期離職の繰り返し
  2. 人間関係の構築
  3. 経験の浅さ

短期離職の繰り返し

長く働いてほしいと考えている企業側は、転職回数が多い人に対して「またすぐに辞めるのではないか」と不信感を感じやすいです。

10回以上転職している=今までの会社を10回辞めてきたとなると、その懸念を避けるのは難しいでしょう。

今後のキャリアプランや、どういった軸で転職をしているのかなど、転職に理由がある点を強調するとマイナス印象を緩和できます。

人間関係の構築

転職回数が10回以上だと、「この人に問題があるから転職を繰り返したのでは?」と先入観を持たれる可能性があります。

自己中心的だったり、暴力的・差別的な発言をしたりと、社会生活に支障がある行動をすると判断されると採用されにくくなるでしょう。

応募時の対応や面接でのやり取りは常に見られるので、気を引き締めて臨んでください。

経験の浅さ

中途採用の場合、多くの企業では即戦力の人材を探しています。

もちろん例外も存在しますが、スキルは長く働く中で身につくと考えるのが一般的です。

転職回数が多く、勤務年数も1年に満たない場合は経験が浅いのでは、と懸念される可能性が高いでしょう。

勤務年数が短い場合は全ての仕事で共通する経験をアピールするのがおすすめです。

転職回数が10回以上になっても採用される方法

企業側が納得する理由を説明

転職回数が多い人は「今回なぜ転職したか」「転職回数がなぜ多いのか」の二点をほとんどの面接で聞かれるでしょう。

しかし、明確な理由や今後の目標に沿った転職がされているなら、問題視しない企業も一定数存在します。

説明しやすい転職理由

  1. 引っ越し
  2. 結婚・離婚
  3. スキルアップ
  4. 家族の介護
  5. 療養

介護や療養が理由の場合は、現在の状況が就業に問題ない点をきちんと伝えておきましょう。

転職回数を気にしない企業を選ぶ

10回以上転職をしている場合、転職回数を重視しない企業を選ぶのも一つの手段です。

派遣会社やベンチャー企業などは、転職回数をあまり重視しないところも少なくありません。

逆に、大手企業や老舗の企業は転職回数が少ない方が有利になりやすいでしょう。

特定の職種の経験が豊富、または強い希望を持っている場合を除いて、中小企業への応募をおすすめします。

転職で得た経験をアピールする

これまで転職を繰り返してきた中で得たスキルや経験は、強みになるでしょう。

純粋な業務能力だけでなく「どんな環境でも人間関係を築ける」「相手の話に傾聴できる」などもスキルと言えます。

アピールポイントが分からない方は、転職者向けの診断サービスを利用して自分の強みを調べてみてください。

転職回数10回以上の時に知っておきたい注意点

履歴書で転職回数をごまかすとバレる

履歴書の段階で転職回数を少なく申告し、採用を受けようとするのはおすすめできません。

雇用保険の手続きや源泉徴収、年金手帳など、様々な要因で会社にバレるリスクが高いです。

会社に知られた場合、経歴詐称として最悪の場合懲戒免職や損害賠償に発展してしまいます。

特に書類として残る転職回数や学歴などは、正直に申告しておきましょう。

職務経歴書は職務内容ごとに書くべき

転職回数が多い方が時系列に職歴を記載すると、転職回数の多さが目立ってしまいます。

職務経歴書は年代順以外の方式で書いても問題ないため、業務内容ごとに整理しましょう。

10回以上の転職経験がある方は、過去の職歴や仕事で得た業務能力・実績など、一旦全て書き出してみるのをおすすめします。

転職回数10回以上でも利用できる転職サービス

転職回数が10回を超えている人は、自分の適性や希望が定まっていないケースも多いです。

自分のアピールすべき強みが分からない時は、転職者向けの診断サービスを活用しましょう。

また、20~30代前半の若手は若手に強い転職エージェントの活用もおすすめです。

自分の適性が分かる転職診断サービス

リクナビNEXT MIIDAS(ミイダス)
転職サイト
主な年齢層 全年代 全年代
主な対象者 全転職者に対応 全転職者に対応
特徴 スカウト機能あり
18種類の中から強みを診断!
15分程度で完了
面接確約オファー
3つの無料診断で自己分析できる
専用アプリあり
簡単登録
(無料)

若手に強い転職エージェント

キャリアパーク
転職エージェント
主な年齢層 20代
主なサポート対象者 既卒・第二新卒・フリーター・ニート
支援実績 年間1,000名以上と面談を実施
特徴 取扱企業7千社
正社員求人のみ
スピード内定も
簡単登録
(無料)

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

転職回数が10回以上でも再転職は可能

転職回数が10回を超えると、転職回数が少ない人材に比べて不利になる機会は多くなります

しかし、転職回数以外の面を見る企業を選べば、再度正社員として採用されるのも不可能ではありません。

自分の強みを把握して、適切なサービスを活用しながら転職活動を進めてくださいね。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事