最終更新日:

【転職2回目】入社1年未満で転職しても大丈夫?次の転職で失敗しない方法を解説

【転職二回目】入社一年未満で転職しても大丈夫?次の転職で失敗しない方法を解説

「入社して1年未満だけど、2回目の転職ってできる?」「短期間離職はやっぱり不利?」

上記のような不安を抱きながら、現在の職場で働くのがつらいと感じている方は少なくありません。

結論から言うと、1年未満の短期離職者でも適切な対策を取れば再転職は可能です。

本記事では1年未満の離職者が2回目の転職をする場合の注意点や、今からできる対策方法について解説します。

もう短期離職を繰り返したくない転職希望者の方は要チェックです!

2回目&1年未満の転職におすすめの
転職エージェントはコチラ

2回目の転職が入社後1年未満でも再転職は可能

最初に言っておくと、入社後1年以内で退職すると次の転職で不利になりやすいのは事実と言えます。

なぜなら、採用する側の企業から見て「また今回も短期離職をするのでは」と思われるケースが多くなるためです。

しかし、全ての短期離職者が転職に失敗しやすくなるわけではありません。

  1. 職歴に一貫性がある
  2. 退職理由の妥当性
  3. 採用につながるスキル・経験がある
  4. 人間性や社風との合致

上記に当てはまる場合、2回目の転職や1年未満の短期離職者であっても採用される可能性は上がるでしょう。

退職理由の妥当性

企業側は前職を1年未満で辞めた理由を気にする場合が多いです。

子育てや介護など家庭の事情や会社都合の退職などは納得されやすいでしょう。

既に働ける状態になっているのであれば、転職時に不利にもなりません。

現在は問題が解決していて勤務が可能である点もきちんと説明しておくのをおすすめします。

採用につながるスキル・経験がある

1年未満での転職回数が多くても、即戦力または早期に戦力になれる人材であれば採用されやすいです。

  • 転職する業種・職種の実務経験がある
  • 実務経験はないが、必須となる資格がある
  • 異業種だが近い職種で働いていた

関連する業務の実務経験がある場合、教育コストが低くなるため重宝されます。

必須資格とは、建設業界における一級・二級建築士、経理での簿記資格などが該当します。

その他応募先で役立ちそうなスキル・資格を持っている時は履歴書に明記するようにしておきましょう。

職歴に一貫性がある

前職と同じ職種・業界や、関連性のある仕事に応募していると、一貫性や説得力が出やすくなります。

例えば前職が営業で、2回目の転職先が接客業だと、「人と接するのが好き」など職歴への理由付けが容易でしょう。

期間が1年未満であっても職種や仕事内容に一貫性があると、経験が活かしやすく採用の可能性も高くなります。

人間性や社風との合致

労働条件が合致していても、人間性に問題を感じたり社風と合わないと判断されたりすると採用の可能性は低くなります。

前職を1年未満で退職した際も、なるべくポジティブに退職理由や志望動機を伝えると良いでしょう。

嘘はつかない範囲でポジティブかつ誠実に理由を述べられれば、短期離職者でも採用したいと考える企業は少なくありません。

1年未満の離職・2回目の転職が失敗する原因

  • 退職理由があいまい・自己中心的
  • アルバイトを含めた在職期間が毎回短い

転職希望者を面接する際、多くの企業は転職回数自体よりも退職理由や勤続年数を重視しています。

客観的に見た退職理由が不明瞭もしくは自己中心的だと、採用担当者に「またすぐに辞めるのではないか」と思われやすいです。

様々な職場を1年未満で辞めている場合も企業側から信頼されにくくなり、選考落ちしやすくなります。

1年未満の離職が2回目以上になると厳しくなる

1年未満の転職を2回以上繰り返すと、採用担当者から「ジョブホッパー」とみなされやすいため注意が必要です。

ジョブホッパーとは、数ヶ月〜1年未満の短期間で転職を繰り返す人を指します。

企業にとってのジョブホッパーは採用・教育にかけたコストが全て無駄になる、避けたい人材です。

安易に退職する人間と思われないためにも、退職した理由をきちんと用意する必要があるでしょう。

1年未満での転職2回目を成功させるコツ

  1. キャリアの一貫性を作る
  2. 履歴書に全ての経歴を書く
  3. 仕事で得た経験や実績を具体的に伝える
  4. 転職回数に理由を用意する

キャリアの一貫性を伝える

転職回数の多さがマイナス要因になる原因として、一貫性がない職種・業種への転職を繰り返した場合が挙げられます。

逆に、目的意識を持って転職したのが伝われば、自主性があると好意的に受け取られる可能性もあるでしょう。

自分にとって納得のいくキャリアを形成し、採用担当者にも伝わる言葉選びをするには、まず転職する理由・適性についての自己分析が重要です。

自己分析を深めたい方は、適性や自分の長所を知るための診断が充実した転職サービスを利用しましょう。

無料診断が充実した転職サービス

MIIDAS(ミイダス) グッドポイント診断
転職
サイト
特徴 3つの無料診断で自己分析できる
面接確約オファー
専用アプリあり
満足度No.1転職サイト
18種類の中から強みを診断
診断結果は応募時に添付OK
無料登録
(無料)

履歴書に全ての経歴を書く

転職活動を重ねる中で在籍期間が数週間・数ヶ月しかない会社での職務経歴を持つ人も少なくはありません。

履歴書に書くかは悩む所ですが、記載のない職歴が後から発覚すると最悪採用取り消しの処分を受ける場合があります。

選考においても、転職回数の多さより空白期間がマイナス評価になる可能性は高いです。

もちろん大きな不利になりうる場合は書かないのも手ですが、基本的には事実を記入する方向性で考えるのが安全でしょう。

仕事で得た経験や実績を具体的に伝える

短期間での転職経験があっても、経験や実績を得ていれば不利にならないケースもあります。

ただし、適切な伝え方をしなければ「不平不満を意見と取り違える」「自分の意見を譲らない人間」など、マイナス評価をされかねません。

「そんな状況なら転職するのも妥当だ」と採用担当者が納得すれば、転職回数や在籍期間の短さの理由付けになるでしょう。

転職への前向きな理由を用意する

2回目の転職を決意するに値するケースでも、面接担当者にマイナスの印象を与えるのは避けたいですよね。

「職場の人間関係が悪い」「業務量が多すぎる」など、前職の労働環境による転職理由だけを伝えるのは避けましょう

2回目の転職をした理由として、それ以外の前向きな理由を考えておくのをおすすめします。

もちろん介護・結婚・出産などの家庭事情や、虚偽の求人・倒産など企業側に責任がある理由であれば事実を伝えても問題ありません。

そのような事情を受け入れない企業はブラック企業の可能性も高いため、避けたほうが賢明と言えます。

2回目&1年未満の転職でもOK!利用しておきたい転職サービス

1年未満の短期離職をした場合、自力での転職活動は難航しやすい傾向にあります。

そのため、転職活動をサポートしてくれるプロが在籍する転職サービスを利用するのがおすすめです。

まずは多くの求職者と接してきた大手転職サービスを活用し、20代の方は若手向けの転職エージェントも併用しましょう。

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、面接日程の調整などを受けられるため、利用しておいて損はありません。

転職2回目以降におすすめの大手転職エージェント

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は54万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人数 約20万件 約10万件
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

20代におすすめの転職エージェント

第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

1年未満の退職で2回目の転職でも次の転職は可能!適切なサービスを活用しよう

2回目の転職で1年未満の短期離職をしてしまうと、勤続年数が長い求職者よりは不利になりやすい傾向があります。

それでも、転職を成功させやすくする対策を取るのは可能です。

1年未満&2回目の転職で出来る選考対策

  1. 妥当な転職理由を用意する
  2. 前職で身についたスキル・経験をアピールする
  3. 極力ポジティブに退職理由を話す

上記の点に注意した上で適切な転職サービスを活用して、理想通りの転職先を見つけましょう!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事