最終更新日:

HSPが転職を繰り返すのはなぜ?HSPが転職で苦しまない対策方法を解説

HSPが転職を繰り返すのはなぜ?HSPが転職で苦しまない方法

「自分はHSP?」「今の職場が辛いのはHSPが関係してる?」

上記のような悩み・疑問を抱える方は多く、HSPの性質を持っていると転職を繰り返しやすいのも事実です。

本記事ではHSPが転職を繰り返す理由や、転職で後悔しないための方法を解説します。

現在生きづらさを感じているHSPの方、またはHSPの傾向がある方はぜひこの記事を参考にしてください。

HSPが転職を繰り返す理由

HSPとはHighly Sensitive Personハイリー・センシティブ・パーソンの略で、「生まれつき非常に感受性が強く、敏感な気質を持つ人」を意味します。

HSPは環境や性格とは異なり、人口全体の約15%~20%が当てはまる先天的な気質・性質です。

珍しくないとはいえ少数派の性質のため、HSPでない相手に合わせようと無理をして自己嫌悪を感じやすい傾向にあるでしょう。

仕事の様々な場面でストレスを溜めやすく、耐え切れなくなって転職を繰り返してしまうケースは少なくありません。

職場でHSPが感じる主なストレス

  1. 人間関係
  2. マルチタスク
  3. 職場の環境

人間関係

「相手の些細な言動で落ち込む」「中身のない雑談が苦手」と感じるHSPの方は多いです。

HSPは周囲の言動に対して敏感で、職場環境によっては非常につらい状況になります。

他人の気持ちや空気を読もうとし過ぎて、不機嫌な人間がいると自分まで苦しくなる方も多いでしょう。

HSPではない方から見れば日常的なやり取りの一部でも、HSPにとっては大きい負担です。

マルチタスクへのストレス

HSPは、物事を進める前に、多くの事を考える傾向があります。

効率やスピードよりも質を重視し、じっくりと進める仕事に適性が高いでしょう。

しかし、マルチタスクが求められる仕事では、一つの業務についてじっくりと考える時間がありません

時間に追われ、納得できずに仕事を進める状況はHSPにとってストレスになりやすいです。

職場の環境

HSPは集中をして一つの物事を考えますが、周囲の変化には敏感です。

例えば、「電話が鳴る音や工事音、空調の温度などが気になる」「作業中に話しかけられて集中できない」など。

周囲の音や状況に敏感で、職場環境によるストレスから転職を決意するケースも多いです。

HSPが転職しない方が良い仕事の特徴

ノルマ・競争の多い仕事

ノルマや競争の多い会社は、平和主義のHSPにとってストレスを感じやすい環境です。

他人の感情に影響を受けやすいHSPの方には、あまりおすすめできません。

競争は必ず勝ち負けを生むため、負けた方の感情に同調して苦しくなる可能性が高いです。

多数の人間と関わる仕事

HSPは周囲の言動に対して敏感で、空気を読みすぎて疲れやすい傾向にあります。

様々な相手に確認を取ったり、会議をしたり、忖度したり、常に気遣いが必要な職場はストレス源でしかありません。

多くの人と関わる仕事より、一人でコツコツ進められる仕事の方が適性は高いでしょう。

HSPには強みもある

HSPは様々な刺激に敏感な一方で、HSPならではの強みも持っています。

下記の特徴に当てはまる方は、強みを活かせる仕事を探してみましょう。

洞察力
周囲の変化に敏感なHSPの人は、細かい所に気付いてミスを未然に防げます。丁寧で質の高い仕事ができるので、正確さが求められる仕事に適性があるでしょう。
危機管理能力
HSPは物事を多面的にとらえる能力が高く、深く考えないと気づかない危険を察知しやすいです。物事をさまざまな角度から考える心理学者、教師などで活躍できるケースも多いです。
細やかな気配り
HSPの人は他人の感情の変化にも敏感で、気配り上手な人が多いです。介護福祉士、カウンセラーなどの相手に寄り添う仕事が向いている方は多いでしょう。

自分の強みが分からない方は、転職に関連する自己診断サービスを活用するのがおすすめ。

自分の強みが分かる診断サービス

グッドポイント診断 MIIDAS(ミイダス)
転職サイト
主な年齢層 全年代 全年代
主な対象者 全転職者に対応 全転職者に対応
特徴 18種類の中から強みを診断!
15分程度で完了
リクナビNEXTに登録で診断可能
面接確約オファー
3つの無料診断で自己分析できる
専用アプリあり
簡単登録
(無料)

HSPにおすすめの転職エージェント

HSPで転職を繰り返している方は、自分の適性に合った求人を探すのが重要になります。

そのため、独力ではなくサポートの手厚い転職エージェントを利用するのがおすすめです。

エージェントを選ぶポイントは「求人の多さ」「担当者・エージェントのサポート力」

また、20~30代の若手の方は、若手に注力しているエージェントもおすすめです。

求人件数の母数が多ければ多いほど適性に合った職業が紹介されやすくなるため、規模の大きいエージェントを複数利用しましょう。

全年代におすすめの転職エージェント

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は54万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

若手に強い転職エージェント

ハタラクティブ
転職エージェント
主な年齢層 20代
主なサポート対象者 フリーター、高卒や中卒も◎
支援実績 6万人以上の支援実績
特徴 就職成功率8割
未経験職種への転職成功者多数
簡単登録
(無料)
マイナビエージェント DYM就職
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、1~3回目の転職者 第二新卒、既卒、女性もOK
特徴 サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
20代信頼No.1
優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
面接対策も充実
簡単登録
(無料)

HSPで働くのが辛い時の対処法

正社員以外の選択肢もある

ノルマが重い正社員の仕事が辛く、転職を繰り返す方は派遣社員・契約社員、アルバイトなどの雇用形態も視野に入れましょう。

もちろん、雇用期間や収入、福利厚生などを見ると正社員のほうが安定感はあります。

心身を休めたり、やりたい勉強を優先したりと自分の時間を持ちたい方は、正社員以外の道も考えてみてください

フリーランスになる

組織の中で働くのが苦手で転職を繰り返してしまう方は、会社務めでいる限り現状の解決が難しいです。

希望する職種にもよりますがフリーランスや自営業で働くのも選択肢の一つ

独学かつ未経験から始める場合は経験者よりも努力が必要ですが、継続すれば必ずスキルは身につきます。

視野を広く持ち、自分に合った選択肢を探しましょう。

HSPの適性に合った職業に転職してストレスを軽減しよう

HSPは人間関係や環境の変化など、様々な刺激に敏感です。

多数派が考える「普通の仕事」が辛くなってしまう時もあるでしょう。

しかし、HSPは後天的な性格ではなく先天的な性質であり、性質を持つ人に非があるわけでもありません。

適切なサービスを活用して適性に合った職場を探し、ストレスの少ない生活を送りましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事