最終更新日:

転職エージェントに年収交渉していい?交渉すべき理由と年収交渉のテク

転職エージェントに年収交渉していい?交渉すべき理由と年収交渉のテク

年収交渉は、転職時に年収を上げるためには非常に有効な手段です。

とはいえ…
非常識だと思われないか?
悪い印象を与えないか?
交渉するならどのタイミング?

など、いざ年収交渉をしようと思ってもわからないことだらけじゃないでしょうか。

この記事では、転職エージェントに年収交渉を依頼した方がいい理由や交渉時の注意点を解説していきます。

転職エージェントに年収交渉を依頼すべき理由

転職するなら年収はなるべく上げたいところだけど、年収交渉をするのは少し気が引けるな…どうすればいいんだろう?

あら♪それなら転職エージェントに年収交渉をお願いするのがオススメよ☆彼らは転職活動のプロ♪年収交渉もうまくやってくれると思うわ♡

そうなんだ。でも、どうして転職エージェントは年収交渉がうまいの?単純に口がうまい人がエージェントになってるとか…?

もちろんそれもあるわね☆でも他にもちゃんとした理由があるの♪まずは、そのあたりの理由を説明してあげるわね♡

    <年収交渉を依頼した方がいい理由>

  1. 企業が提示可能な金額を把握している
  2. 企業側と対等な立場で交渉できる
  3. 客観的視点であなたを売り込める
  4. 転職エージェントにもメリットがある

企業が提示可能な金額を把握している

いくら年収交渉ができるといっても、企業は自由に年収を変更できるわけではありません。

役割・ポジションによって出せる範囲が決まっていたり、そもそも業界全体である程度適性額が定まっていたりします

そういった範囲を超えた金額で希望年収を提示してしまっては、企業側にはどうにもできず、ただ悪い印象だけが残ってしまいます

しかし転職エージェントであれば、幅広い業界知識とこれまでの採用実績を熟知しているため、無理な交渉で悪い印象を与えることはないでしょう。

企業側と対等な立場で交渉できる

自分で年収交渉をする場合、転職希望者と採用側とではどうしても採用側の立場が上になりがちです。

そのため、年収交渉をする際になかなか希望額を伝えられない・伝えにくいということが起こってしまいます。

しかし転職エージェントであれば、あくまで対等な関係での交渉となりますので、相手に臆することなく年収交渉をしてくれるでしょう。

客観的視点であなたを売り込める

企業が転職希望者の給与額を決める際、その人のスキルやこれまでの経歴が、市場全体においてどれ程の価値なのかを基準に決定します。

そのため、年収交渉をするにはあなた自身の市場価値を客観的に理解しておくことが非常に重要ですが、自力でやるのは非常に困難です。

しかし転職エージェントであれば、客観的な視点であなたの市場価値を測り、適切な価値を企業に売り込んでくれるでしょう。

転職エージェントにもメリットがある

転職エージェントは、採用が決まった転職希望者の年収に応じた報酬を受け取る仕組みになっています。

つまり年収交渉をしてあなたの年収が上がれば、転職エージェントの報酬が上がるのです。

そのため、転職エージェントに年収交渉をしてほしい場合は遠慮せずに依頼しましょう。

転職エージェントに年収交渉を依頼時の注意点

転職エージェントに年収交渉を依頼するのはおすすめですが、ただやみくもにお願いすればいいというわけではありません。

そこで、ここからは転職エージェントに年収交渉を依頼する時の注意点をご説明します。

    <年収交渉を依頼する時の注意点>

  1. 希望年収は最初の面談時に伝えておく
  2. 最低年収と希望年収の両方を伝えておく

希望年収は最初の面談時に伝えておく

ある程度選考が進んだ後に、「やっぱりこの年収でないと…」と交渉するのは企業にも転職エージェントにも悪い印象を与えます。

また、企業の社内稟議を経て決まった年収を覆すのは困難な場合が多いです。

そのため、希望年収は担当キャリアアドバイザーとの最初の面談時に伝えましょう。そうすればキャリアアドバイザーも年収交渉を想定した進め方をしてくれます。

また、実は転職エージェントと企業との間では書類選考時にも年収交渉は行われています

自力で応募した場合は書類上の情報のみで判断されますが、転職エージェント経由の場合は、「書類上の情報+希望年収+その年収が妥当な理由」が企業側に伝えられるからです。

レディのワンポイントアドバイス

求人紹介された際に自分の能力ならどれくらいの年収が狙えるかを聞いておくといいわよ☆キャリアアドバイザーも答えた以上は、その年収まで交渉する意識が生まれるわ♪

最低年収と希望年収の両方を伝えておく

年収は高ければ高いに越したことはありませんが、かといって希望年収だけを伝えていても内定には繋がりません。希望額を一方的に伝えるだけでは、交渉はうまくいかないからです。

そのため、妥協できるポイントをキャリアアドバイザーと共有しておくことで、アドバイザーもより柔軟な交渉ができるでしょう。

年収交渉を依頼するからには、はじめから二人三脚で臨むつもりでいないといけないってことだね!

転職エージェントに年収交渉を依頼する前の準備

転職エージェントに年収交渉を依頼する前に、自分の市場価値や強みを理解しておくことは大切です。

たとえ転職エージェントに依頼したとしても、望む年収と自分の能力が見合ってなければ交渉はうまくいかないでしょう。

ここでは、自分の能力を知るためにおすすめのサービスをご紹介します。転職エージェントとうまく併用して、少しでも年収交渉の成功確率を高めてください。

    <自分の能力を知るためのサービス>

  1. 市場価値を知るならMIIDAS
  2. 適正を知るならグッドポイント診断

市場価値を知るならMIIDAS


ミイダストップページ

MIIDAS(ミイダス)は、あなたの本当の価値を「見いだす」効率的な転職活動ができるアプリ。dodaを運営するパーソルキャリアの新ブランドで、同社が持つ膨大な過去の転職者データから自分のキャリアの分析が可能です。

簡単な質問に答えるだけでおおよその年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。

すぐに優良企業140,000社にあなたの経歴が公開され、あなたを必要としている企業からオファーが届きます

スマホで気軽に自分の市場価値を知りたい方には非常におすすめのサービスです。

★MIIDASへの無料登録はこちら★
【公式】https://miidas.jp/
MIIDASの詳しい情報はこちらを参照

適正を知るならグッドポイント診断


グッドポイント診断トップページ

自分の能力適正を知るにはリクナビNEXTのグッドポイント診断がおすすめ。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

診断手順はスタートすると出題される質問に順番に回答していくだけ。スムーズに答えれば15分程度であなたならではの5つの強みが分かります。


18種類の強み一覧

例えば「独創性」や「柔軟性」に長けていると診断された人は、新しいものを創り出すクリエイティブな仕事や新たなアイディアを出す企画職に向いているでしょう。

たった数分で適性が見えてくるので、自分の能力適正を知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

★無料で簡単に診断できる!★
会員登録して適性診断スタート(無料)
適性診断の詳しい手順はこちらを参照

年収交渉におすすめの転職エージェント

最後に年収交渉を依頼するのにおすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントによって特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、あなたに合う転職エージェントを選んで下さい

公式サイトから各転職エージェントの転職支援サービスに申込後、キャリアアドバイザーとの面談で希望年収を伝えてみましょう。登録・利用はすべて無料です。

【多くの方におすすめ】

①『リクルートエージェント』
転職業界No.1エージェント
【公式】https://www.r-agent.com/

②『doda』
豊富な実績✕手厚いサポート
【公式】https://doda.jp/

③『マイナビエージェント』
20代の転職実績が豊富
【公式】https://mynavi-agent.jp/

【ハイキャリアな方におすすめ】

①『JACリクルートメント』
ハイキャリア実績No.1
【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

②『ビズリーチ』
交渉上手なヘッドハンター多数
【公式】https://www.bizreach.jp/

まとめ

年収交渉を成功させるには、自分の市場価値だけでなく相手企業の背景情報も知る必要があったり、交渉の仕方や言い出すタイミングにも気を遣う必要があるなど、自力でやる場合はそれなりの準備が必要です。

しかし転職エージェントに依頼することでその時間を大きく削減できます。また、転職エージェント側にとっても悪い話ではないため、遠慮せず積極的にお願いしてみましょう。

転職エージェントの利用は基本無料だし、デメリットはないよね。僕だったら年収交渉は絶対に転職エージェントにお願いするな!

転職時の年収は、その後の生涯年収に大きく影響を与えるわ☆だから、せっかく転職するのなら年収アップはなるべく狙いたいところ♪そのためにもプロの手を借りるのは立派な戦略よ、頑張ってね♡

    <年収交渉についてのまとめ>

  1. 交渉できる現実的な金額を熟知している
  2. 転職エージェントにもメリットはある
  3. 年収交渉前に自己分析も大切
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事