最終更新日:

転職エージェントに年収交渉していい?交渉成立のコツと代行が有利な理由

転職エージェントに年収交渉していい?交渉成立のコツと代行が有利な理由

「転職エージェントに年収交渉していい?」
「年収交渉は印象が悪くならないか」

年収アップを目的とした転職で、年収交渉をしても良いか悩んでいる人は少なくありません。

年収交渉は給与を上げてでも雇いたいと納得させる必要があり、交渉のタイミングや伝え方が重要。年収交渉はエージェント側にもメリットがあるため代行してもらえます

本記事では、転職エージェントに年収交渉すべき理由や依頼のコツ・年収交渉におすすめ転職エージェントをご紹介。

希望年収額が決まっている・年収アップしたい人は必見です。

転職エージェントに年収交渉をすべき理由

転職エージェントは企業の採用背景や内部情報の把握・交渉に慣れており、自ら企業に年収交渉するより成功する可能性が高いです。

中には担当者を通さず企業への直接交渉をNGとしているエージェントもあるため、自ら年収交渉する時も事前に確認しましょう。

≫転職エージェントに年収交渉をするメリット
  1. 企業が提示可能な金額を把握している
  2. 客観的な視点で転職者を売り込める
  3. 転職エージェントにもメリットがある

企業が提示可能な金額を把握している

自らの年収交渉は希望額の提示やアピールが上手くいかず、交渉が不成立になるケースも

転職エージェントは業界や役職の年収相場・企業の給与形態を熟知。無理な年収交渉をしないため交渉が通りやすく、年収アップが期待できます

客観的な視点で転職者を売り込める

企業は転職者の経験やスキルが「業界でどれ程価値があるか」「どれほど求めているか」で給与を決定。

転職エージェントは転職者の市場価値を適切に把握でき、客観的な目線で企業に売り込みが可能です。

転職エージェントにもメリットがある

転職エージェントは、採用が決まった転職者の年収に応じた報酬を受け取る仕組みになっています。

転職エージェントの報酬発生の仕組み

年収交渉で転職者の年収が上がれば、転職エージェントの報酬もUP

市場価値に合った年収交渉は担当者からの印象は悪くならないため、希望額を伝えておくのがベストです。

転職エージェントに年収交渉を依頼するコツ

転職エージェントへの年収交渉依頼は全任するのではなく、転職者側の一工夫でも結果が左右します。

■ 年収交渉依頼のコツ
・市場価値を把握する
・交渉材料となる強みを明確化
・希望年収は面談時に伝える
・スカウト型転職サイトを利用する

市場価値を把握する

年収交渉を成功させるには、自分の経験やスキルの市場価値(適正年収)がどの程度かを知らなければなりません。

市場価値を知らないまま現年収を基に決め打ちで交渉すると、本来の年収額が貰えず年収が下がる可能性もあります。

自己分析ツールミイダスでは、市場価値(適正年収)だけでなく自分の強みや年収アップに欠かせないマネジメント資質の有無が診断可能です。

ミイダス

■ ミイダスでできる3つの診断
・市場価値診断(想定年収)
>年収交渉の基準/年収アップのヒントになる
・コンピテンシー診断(総合適性検査)
>マネジメント資質の有無/自分の強みを知りたい人におすすめ
・パーソナリティ診断
>自分がどんな人か客観的に見たい人向け

市場価値診断では、職務経歴や実務経験などの4つから想定年収を算出。目指せる年収額が分かり無理のない範囲で年収交渉が可能です。

コンピテンシー診断(総合適性検査)は管理職に必須のマネジメント資質や問題解決能力・ストレス要因の有無が分かります。

生涯で変化しにくい生まれ持った個性・環境や経験で変化する現在のコンディションは、パーソナリティ診断で可視化。

精神医学をベースにした診断サービス「PSA」を基にしているため、信頼性が高いです。

交渉材料となる強みを明確化

年収交渉は希望額を提示するだけでなく、企業が給与を引き上げてでも採用したいと納得させる根拠が必要。

今までの経験やスキル・実績を数字を用いて具体的に棚卸し、どう活かして貢献できるかを明確化できれば交渉しやすくなります。

スカウト型転職サイトを利用する

スカウト型転職サイトでは、登録情報を見た企業やヘッドハンターからスカウトが届くため条件交渉しやすく、好条件転職が可能です。

エン・ジャパンの調査では、「750万円以上の転職成功者が年収アップのために意識したこと」に対し「スカウトを送ってきた企業への転職」と回答した人が38%と最多

年収アップを目的とした転職では、スカウトが欠かせないと言えるでしょう。

エン・ジャパン:年収アップで意識したこと

>スカウト型転職サイトはこちら<

年収交渉におすすめの転職エージェント

総合型転職エージェント

リクルート
エージェント
doda
サイト
リクルートエージェント
doda
タイプ 転職エージェント
年齢層 幅広い年齢層 26歳~35歳
特徴 転職実績No.1
面接対策充実
エージェント・サイト機能+スカウトあり
コンサルタント 交渉/営業力に長けたコンサルタント在籍 転職市場に精通した転職のプロが集う
サポート 各業界出身者が多く専門的なアドバイスが貰える 約10万件の中から経験やスキルに合った求人紹介
実績 老舗ならではの転職ノウハウで採用成功実績54万人超 転職者満足度No.1
全体
求人数
約370,000件 約152,000件
主な
業種/職種
IT・通信業界
営業・SE/ITエンジニア職
IT・通信業界
営業・メーカー
公式


スカウト型転職サイト

ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト
サイト BIZREACH リクルートダイレクトスカウト
タイプ スカウト型転職サイト
入会審査 あり なし
料金 一部有料 完全無料
年齢層 30代~40代 20代~40代
特徴 年収600万円以上の人向け
コンサルタント ヘッドハンターがコンサルタントの役割を担う
在籍ヘッドハンター 約5,000名 約3,000名
実績 年収600万円以上の人に支持される転職サービスNo.1 転職時の平均年収900万円
面談 ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
主な
業種/職種
IT系・管理職/役員・経営
公式


iX
サイト
iX公式サイト
年齢層
タイプ スカウト制転職サイト
入会審査
なし
特徴 長期の付き合いで市場価値を向上させるサポートが受けられる
面談 ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
案件年収 800~2,000万円
主な
業種/職種
非公開
公式

市場価値を把握して転職エージェントに年収交渉

年収交渉を成立させるには、希望額を伝えるタイミングや業界の年収相場を知るだけでなく、自分の市場価値を把握したうえで交渉しなければなりません

転職者の年収が上がれば転職エージェントにもメリットがあるため、積極的に希望額を伝えましょう。

業界知識や・企業の内情を把握している転職エージェントに代行してもらえれば、自ら企業に交渉するより成功率が上がります

■ 総合型転職エージェント
リクルートエージェント
doda
■ スカウト型転職サイト
ビズリーチ
リクルートダイレクトスカウト
iX
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事