最終更新日:

エグゼクティブ・ハイクラスにピッタリの転職エージェント3選!

エグゼクティブ・ハイクラス層【課長職・部長職以上】で転職となると、一般的な転職エージェントよりも、高年収に特化した求人を扱っている転職エージェント・転職サイトを利用する方が確実にメリットが豊富です。本記事では、高年収を目指すハイクラスな方におすすめな転職エージェントやサイト、エージェント利用のメリットや注意点などをご紹介します

エグゼクティブ層・ハイクラス層がエージェントを利用する理由

エグゼクティブ・ハイクラス層の求人を探すのには手間がかかります。なぜなら、市場価値が高い人に向けた求人は少ないからです。そこで役に立つのが転職エージェントです。特にエグゼクティブ、ハイクラス層の方ほどエージェントを利用するメリットがあります。

求人を探す手間が省ける

ハイクラス・エグゼクティブの求人は転職業界全体でみると少ないのが事実です。自分で探すよりもエージェントを利用する方が手間が掛からず、自分合った企業を提示してもらえるので、転職活動そのものの短縮につながります

エグゼクティブ・ハイクラス向け転職エージェントの選び方

  • 総合型転職エージェント
  • ヘッドハンティング型転職エージェント

エグぜクティブ・ハイクラス転職で使うべき転職エージェントは2種類あります。それぞれにハイクラス転職のための強みがあるので、上手に使い分けるためにも解説をしていきます。

総合型転職エージェント

総合型転職エージェントとは、一般的な形式のエージェントです。専任のアドバイザーに膨大な求人の中からあなたに合う企業の紹介や転職のサポートをしてもらえます。

総合型エージェントは大手企業が運営している場合が多く利用者の数も多いので、アドバイザーは経験豊富で質が高い傾向にあります。

また、膨大な求人数を扱っており非公開求人やあらゆるジャンルの求人がたくさんあるので、紹介される案件に選択肢がありあなたに合った求人紹介が期待できるでしょう。

常に大量の案件があるため、早めの転職を希望する場合は総合型転職エージェントを使うのがいいです。

ヘッドハンティング型転職エージェント

ヘッドハンティング型は総合型とは違って専任のアドバイザーは付かず、求職者に合う求人があればアドバイザー(ヘッドハンター)がスカウトするといったエグゼクティブ転職特有の形式です。

エグゼクティブ・ハイクラスの求人は企業にとって重要な事業とリンクしている可能性が高く、世間にはあまり出回りません。

しかし、アドバイザー(ヘッドハンター)はそれぞれ独自のパイプがあり、その道に詳しい人でないと知り得ない貴重な業界情報や求人を持っている場合が多いです。

ただし、求職者が転職エージェントに職務経歴を登録した後はスカウトが来るまで「待つ」が基本になるので、中長期的な転職活動になります

エグゼクティブ向け転職エージェントの賢い活用法

エグゼクティブ・ハイクラス向け転職エージェントの選び方が分かったところで、次にその賢い使い方を紹介します。

効果的な利用法を知り、求める結果を自ら作り出しましょう。

  • 転職会議を使って企業の実態を調査する
  • エージェントには半月に一回は連絡をする
  • キャリアを偽らない
  • アドバイザーを「過信」しない
  • 推薦文には必ず目を通す
  • 転職エージェントを複数利用している旨を伝える
  • 良いところがあれば紹介してもらうよう言っておく

ここで重要なのは転職エージェントを活用する求職者の主体的な活動です。プロの言うことだから全て正しいと鵜呑みにするのは危険。

一つ一つ見ていきましょう。

口コミサイトを使って企業の実態を調査する

転職エージェントの仕事は転職希望者に転職をさせること。

エグゼクティブ・ハイクラス向けの優秀な転職エージェントは、エージェントにとって不都合な情報を伏せたりはしないでしょうが、念のために企業の口コミサイトで確認しておきましょう。

サイトを一つだけ選ぶ必要はありません。むしろ複数のサイトで会社の評判を確認すれば、より正確な情報を仕入れられるでしょう。

例えば、やりがいがある会社だと勧められた企業であっても、プロジェクトに関わる人間が多すぎて無駄な時間が生まれるといった口コミがあります。

会社の評判

一つのプロジェクトに多く人が関わりすぎている。縦割りすぎる組織構造による横連携がうまく出来てない上に、一つの仕事を進めるのに必要な社内プロセスが多すぎて無駄な時間が多い。

エージェントには半月に一回は連絡をする

転職エージェントからきた連絡にはすぐに対応し、その後は最低でも半月に一回は連絡を入れてください。

というのも転職エージェントは登録日や最後に連絡を取った日が新しい人を優先的にサポートするからです。

つまり、アドバイザーに自分の存在をアピールし続ける必要があります。

連絡の頻度が少ないと、どれだけ良い求人があっても後回しにされる可能性があります。

キャリアを偽らない

転職エージェントにより良い求人を紹介してもらうために、また自分を大きく見せるためにウソの情報を伝えてはいけません

例えば前職の勤務期間を本来より長めに書いてみたり、やってもないプロジェクトに関わっていたと書いてみたりなどです。

もしバレたら信用を失い求人の紹介をしてもらえなくなる可能性があるでしょう。

嘘も方便とは言いますが、偽った経歴はリスクの方が大きいのでやめた方がいいです。

採用後に発覚すれば、経歴詐称と判断され解雇されかねません。注意してください。

担当アドバイザーを厳しく評価する

自分に担当してもらっているアドバイザーに不満や違和感を覚えた場合は、担当者の変更を申し出ましょう

アドバイザーも求職者も人間なので相性の良しあしがあるからです。

担当してもらったからと言ってそのアドバイザーに最後までサポートしてもらう必要はありません。

担当変更の例文
転職エージェントサービスを利用している○○と申します。
現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応していただき感謝をしておりますが、転職活動に不安を覚えており、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。
もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいコンサルタントの方とお話をしたく考えておりますが、お願いできるでしょうか。
大変お手数だと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

今のアドバイザーで希望の転職ができるか

この一質問を自身に投げかけ、できないとなれば担当者を変更してもらいましょう。

推薦文には必ず目を通す

企業へ応募する際にアドバイザーが推薦状を送ってくれますが、必ず目を通してください。

あまり有能ではないアドバイザーは、経歴を書き写すだけの場合があるからです。

推薦状を見せてもらう時は、「面接時に食い違いが発生しないようにしたいから」とか「客観的に自分を見直したいから」と理由を添えましょう。

アドバイザーも疑われていると感じると良い気はしません。

転職エージェントを複数利用している旨を伝える

他にも転職エージェントを使っている旨を伝えたら、応募状況などが尋ねられます。

というのも、もし同じ案件に複数のエージェントから応募をしてしまうと、企業から各担当者に連絡が入るからです。

「(求職者)さん、他のエージェントからも応募していますけど・・・」といった内容です。

そうなれば両方から不信感を抱かれ、場合によっては破談になるでしょう。

また、今後その転職エージェントから求人の紹介をしてもらえなくなる可能性があるので気を付けてください。

そうならないためにも、他の転職エージェントを使ってたらその旨を伝えましょう。

面接を受けたらすぐに連絡を入れる

応募企業で面接を受けたら、アドバイザーできるだけ早く報告をしましょう。

転職エージェントは面接後に採用担当者と連絡を取りどのような評価だったのかを聞きます。求職者は面接でどのようにアピールしたらよかったのかなど、次につなげられるようなフィードバックがもらえるのでとても有益です。

そのためにも、面接を受けたら担当者に連絡を入れて、面接の内容や感想を伝えましょう。

エグゼクティブ・ハイクラス層が利用すべき転職エージェント

総合型転職エージェント
・JACリクルートメント
ヘッドハンティング型転職エージェント
・ビズリーチ
・キャリアカーバー

それぞれの転職エージェントについて個別具体的な特徴を解説しつつ紹介します。

総合型:JACリクルートメント

年収800万を超える求人多数

海外転職に強い

JACリクルートメントは、世界10カ国で転職支援サービスを提供している為、アジア最大級のネットワークを持っています。尚且つ、各国の拠点同士で情報交換を行っているので現地の転職情報を得ているのが特徴的。また、英文レジェメの添削を無料で受けれるので、海外転職を考えてる方はJACは心強いエージェントといえます。

一気通貫型コンサル

JACリクルートメントのコンサル体制は一気通貫型となっています。一般のエージェントは求職者担当・採用企業担当が別々にいますJACリクルートメントは一人の担当者が採用企業と求職者両方のサポートを行っています。採用企業を直接訪問しているコンサルタントが担当につくので、相手企業の情報が細かく教えてもらえるが大きなメリットです

JACリクルートメントをおすすめできる方

  • 海外の転職を考えている
  • 外資系企業へ転職したい
  • マネジメントや管理職がいい
  • 英語力を活かしたい
  • 年収800万以上の年収を目指している

ヘッドハンティング型:ビズリーチ

高年収のスカウト求人が送られてくる。

求人の質が高い

ビズリーチの求人の質は高く、大企業から中小企業、ベンチャー企業まで有名な企業の求人をが扱われていて、そのほとんどの求人は管理職などの役職がついているものがあります。質の高い理由として、ビズリーチは登録する為に審査が入ります。現在どのような仕事をしていているのか・スキルの有無・実績などが審査基準になるので、そもそも質の低い求人を紹介されません

情報の収集にはかなり良いサイト

ビズリーチを色んな企業の情報収集のために利用している人も多いです。無料・有料のプランがありますが、無料プランでも求人の閲覧は可能です。現在転職を迷っていて、じっくりと考えたいなら登録だけをしてみるのもプラスになります

ビズリーチをおすすめできる方

  • 現在年収500万以上
  • 企業の情報収集がしたい
  • グローバルな求人を探している
  • じっくりと転職活動をしたい
  • 管理職などの経験もある

ヘッドハンティング型:キャリアカーバー

自分でコンサルタントを選択できる

優秀なヘッドハンターに出会える「選べる」

キャリアカーバーに登録しているヘッドハンターは現在1700人を超えています。(2019年6月)プロフィール内容から自分に合うヘッドハンターを選べるので、優秀なヘッドハンターと一緒に転職活動を進めていけます。ただし、ヘッドハンターに任せっきりにしてしまうのはやめましょう。

無駄を省いた効率重視

キャリアカーバーのヘッドハンターからは、希望条件に合った求人だけを受け取れるので自分で求人を探す手間が省けます。一般のエージェントであれば「もう少し、条件を広げてみませんか」などと言われてしまい、希望に沿わない求人を紹介されるケースもあります。その点キャリアカーバーは条件を広げるなどしないので、自分の希望に沿った求人のみ届きます。

ただし、無謀なものはいけません。現在年収400万~500万で年収1000万の無茶はやめましょう。

キャリアカーバーをおすすめできる人

  • 自分で担当を選びたい
  • じっくり転職活動したい
  • 現在年収500万以上
  • キャリアアップしたい
  • マーケティング能力がある

総括 エグゼクティブ・ハイクラス層ほどエージェントは利用する価値がある

エグゼクティブ・ハイクラス層ほど転職エージェントを利用した時のメリットは多いです。スキルが最初からある方が必然的にコンサルやヘッドハンター達も紹介しやすく、相手企業からのスカウトももちろんあります。じっくりと転職活動をする場合や、情報収集をしたいと思っている人には特にエージェントの利用は望ましいと思います。


RECOMMEND

関連記事