最終更新日:

40代男性が正社員での転職に成功するには。企業のニーズはどこにあるか。

40代男性が正社員での転職に成功するには。企業のニーズはどこにあるか。

「40代の男性の転職」このフレーズは決して明るいトーンではないかもしれません。

「条件がよくなるにこしたことはないが、そんなにうまい話が本当にあるのか」
「生活が今より悪くならないか不安」
「そもそも本当に転職できるのか」

このような不安の声が多く聞かれます。

  • 40代男性の転職市場での価値
  • 40代男性の転職のデメリット
  • 40代男性が転職に成功するためのコツ

今回は上記のような内容で40代男性の転職について考えていきます。

40代男性の転職市場での価値は上昇中

5年ぐらい前までは「35歳が転職する限界の年齢である」と転職市場ではよく言われていました。企業側も募集要項にこそ出しませんが、35歳以上の応募者がいても書類選考で落とすのは一般的でした。

しかし現在、40代男性の転職は追い風ムードです。どのような理由があるのでしょうか。

単純に人手が足りていない

20代30代の若年層の人口が少ないことにより、どこの職場も人手が足りていない状況があります。35歳までの年齢で労働力がまかないきれなくなったため、転職可能年齢が上がっている一面があるのです。

この理由で40代採用可能を謳っている職場に関しては、年収アップは期待できない可能性が高いです。安い労働力である若年層にこれまでやらせていた仕事を、労働力不足のために仕方なく40代に担当させる意味合いが強いからです

とはいえ、最初は若い子と同じ業務だったとしても、社内での立ち位置や能力に関しては20代と同じものを期待されているわけではありません。

能力があると判断されれば、早い段階で管理職へのステップアップができる可能性もあります。転職前にキャリアアップの条件や、ポストはあるのか等を確認することが大切です

マネジメント経験者が不足している

企業は単純な労働力が不足している以外にも、マネジメント経験者の不足にも頭を悩ませています。今の40代は就職氷河期に学生時代を送っており、他の年代に比べると大卒でも新卒直後に恵まれたキャリアを歩めなかった人材が多いです。

そのため、非正規雇用やあまりにも長期役職なしで過ごしてしまった40代の人材が企業には多く、人手が足りないだけでなく40代の管理職が不足しているのです

またベンチャーやIT関係の企業は、20代や30代の若い社員で構成されている会社が多いです。創業期を抜けて、規模が大きくなった組織を運営していくノウハウにかけているケースがあります。こういった企業でも40代の管理職経験者は重宝されます。

定年まで10年以上ある

入社してから定年まで一つの会社で勤め上げることが一般的だった時代は終わりました。約40年の会社員生活で、同じ会社に20年在籍するのは珍しくなりつつあります

しかし40代にもなれば、今後の人生を考えた時にできるだけ不用意な転職は避けたいのが現実です。つまり40代の転職者は若年層と比べてやめてしまう可能性が低い層であり、企業としては長く雇用できる安定した人材と言えるのです。

40代なら定年まで勤め上げたとしても、10年以上は活躍できる計算になります。 即戦力として計算でき、会社の中心として長く活躍できるのが企業が40代を採用するメリットです

40代男性の転職のデメリット

ここまで40代男性の転職に関するポジティブな面が多くあがりました。しかし、これまでのあなたの人生に対する評価が、転職するデメリットとして現れてしまうケースもあります。

収入がダウンする可能性がある

40代で転職により収入がアップする可能性があるのは、「管理職経験者」「スペシャリスト」に当てはまるケースのみと考えてよいです。このケースでも大手から中小やベンチャーに転職する場合には収入がダウンすることは普通です。

管理職経験者でも分かりやすくアピールできる実績に乏しいケースだと、管理職としての転職が難しい可能性もあります。そのため一般社員としてのスタートとなり、採用時の給与は大幅ダウンになりかねません。

スペシャリストとしてスキルが豊富なケースでも、業界自体がレッドオーシャンの場合、転職してしまうと給与は下がる危険性があります。業界の動向をしっかり見極めることが必要です。

管理職経験がなく特に専門分野のスキルも無い場合、40代の転職は相当に厳しくなります。能力が不足している人材から選ぶとなると、若い人材の方が伸びしろがあると判断されるからです。また「これまでの社会人生活を何も考えずに送ってきた人間」と評価されてしまいます。

しかし、これまで正社員として社会人生活を送ってきた人材であれば、全く専門分野がないのはあり得ないはずです。技術的なスキルはなくても、業界のビジネスモデル、基本的な業務フロー、組織の中では仕事の割り振り、顧客のニーズなど専門的な経験や知識は必ず身につけています。

これまで働いてきた業界や職種に近いカテゴリーの転職先であれば、 収入ダウンは免れなかったとしても活躍できる会社は見つかる可能性があります

未経験業界の転職はさらに収入ダウン

40代の転職市場においては業界経験者、職種経験者を採用する会社がほとんどです。未経験者を採用する場合、20代と同じようにゼロから教育しないといけないので、伸びしろがない40代は敬遠される傾向にあります。

しかしそんな中でも40代未経験歓迎の募集も存在します。ほぼ例外なく人手不足の業界や企業です。採用される可能性は高く、書類選考や面接のハードルも非常に低い傾向があります。

しかしながら新卒初任給程度の給与条件はザラで、転職を決めるのはなかなか勇気がいるケースが多いでしょう。もしそういった企業に転職を検討する場合は「40代でキャリアアップが可能なのか」「キャリアアップをした結果どれくらいまでの年収を目指せるのか」「キャリアップには何年ぐらいかかった例があるのか」などをしっかり転職先に確認をする必要があります。

他に決まらないから安易に未経験転職を決めるのは、将来のことを考えると危険です

転職先に馴染めない

これまで真面目に一つの企業で働いてきたり、大手勤務をしてきた転職者に多い悩みです。転職先の企業文化や同僚に馴染めず、鬱になったり結局退職をするケースがあります。

これまでのやり方が通じなかったり、全く新しいコミュニケーションの方法を覚えなければならなかったり、単に社内で過ごすだけでもストレスを感じることはあるでしょう。

また、気づかないうちにプライドが高くなっていたり、受け入れる幅が狭くなっている場合もあります。20代や30代の年下の上司から、新人として扱われることに耐えられない人もいるようです。

40代男性が転職に成功するためのコツ

せっかく転職した会社を1年2年で退職してしまうのは、40代男性のキャリアとしては大きな痛手です。生活も安定させなければいけない時期に入っていますので、今後の人生においても不安が募ります。40代男性が転職に成功するためのコツはあるのでしょうか。

出来るだけこれまでのカテゴリーに近い転職先を選ぶ

40代の転職はこれまでの経験を活かす前提で行うのが鉄則です。企業としても即戦力を求めているので、経験を活かせる実績をアピールできるカテゴリー、フィールドはニーズに合致します。

別ジャンルを検討するにしても、何かしらこれまでの経験を活かせる部分を見つけられるかどうかが重要です。完全にゼロからとなってしまうと、若い人と比べられて分が悪いですし、収入も激減するでしょう

在職中に転職活動をする

在職中の安定した収入が入っている間に転職活動を行っておくのも重要なポイントです。「仕事をしながら転職活動なんてとても無理」「少し休みたい」気持ちもわかりますが、仕事をしなくても1年くらい問題なく過ごせる蓄えでもない限り次の仕事が決まらずに退職してしまうのは考えものです

若い頃であれば2〜3ヶ月あれば転職できたかもしれませんが、40代になると自身の条件設定も高めになっているため決まりづらくなります。

退職後の転職活動でなかなか決まらず、妥協して入社した会社をすぐ退職する負のループに陥る危険があるのです。半年から1年程度はかかると考え、在職中から長期的な視野で転職活動を始めましょう。

長期的な視点で考える

転職直後は大幅に収入が下がったり、ヒラからスタートのケースも多いはずです。しかし、転職直後の条件だけで入社を決めるのも、危険が伴います。一見条件が良さそうに見える企業でも、給与の伸びしろがなかったり、長く勤めるのが難しいような企業環境であるケースもあるからです。

最初の給与条件がイマイチでも、4〜5年後には前職の給与を上回る可能性がある企業もあります。40代であればまだ10年以上は会社で働かなければなりませんから、目先の数年の条件だけで転職先を決めてはいけません。

10年後自分がどうなっていたいかを考えて転職先を選ぶ必要があります。もちろん給与条件だけでなく、仕事に求めるものや働きがい、家族との過ごし方、自己実現など様々な要素があるのです。

転職エージェントを活用する

40代の転職活動においても転職エージェントは有効です。20代、30代に比べると求人数は減りますが、それは自力で転職活動をしても同じことです。

であれば、転職エージェントの力を借りる方が、効率よく転職活動を進めることができるでしょう。以下に40代におすすめの転職エージェントをご紹介しますので、参考にしてみてください。

リクルートエージェント



転職成功実績No.1の手厚いサポートで圧倒的な支持を集めているのが『リクルートエージェント』です。リクルートグループならではの企業との幅広いパイプがあり、求人数は群を抜いています

求人数が少ない40代の転職だからこそ、圧倒的求人数を誇るリクルートエージェントが最もおすすめです。転職実績No.1ということもあり、キャリアアドバイザーの評価も高く、登録しておいて損はない転職エージェントです。

Spring転職エージェント(アデコ)



『Spring転職エージェント(アデコ)』は企業も求職者も一人のキャリアアドバイザーが担当する仕組みである「両面型コンサルティング」を採用しています。そのためアドバイザーの専門性が高くて、求職者のニーズを的確に把握しミスマッチが少ないです

中でもこの転職エージェントの特徴は、絶対に面談を断らないことです。他の年代と比べると書類選考通過も難しく感じる40代の男性でも、非常にありがたい特徴と言えるえるでしょう。

40代の転職活動は計画的に!

勢いで行う転職活動は、40代男性には適しません。あくまでも計画的に長期的視野を持って自分の実績や経験スキルの棚卸を行った上で転職活動行いましょう。

40代を取り巻く転職市場の状況は基本的には明るいもので、自発的に転職を出来る最後のチャンスとも言えます。慎重さを失わなければ転職に成功できる可能性は十分にあるのです。


RECOMMEND

関連記事