最終更新日:

40代男性が正社員での転職に成功するには?企業のニーズを掴み転職成功!

40代男性が正社員での転職に成功するには。企業のニーズはどこにあるか。

「転職して生活レベルが下がらないか不安」
「そもそも本当に40代から転職できるのか」

40代男性の転職に、明るいイメージがない方も少なくないでしょう。

しかし、以前に比べれば40代男性の転職難易度は易しくなっている傾向にあります。

本記事では40代男性が持つ転職市場での価値や転職時のデメリット、40代男性が転職に成功するためのコツについて解説。

理想通りの転職に成功したい40代の方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

キャリアコーチ 勝田 健
勝田 健
キャリアコーチ
リクルートキャリアにて営業責任者や支社長を歴任→スタートアップ企業特化の転職エージェントに従事→45歳からの実践型キャリア自律スクール「ライフシフトラボ」現キャリアコーチ。22年の人材業界歴を誇り、ミドルシニアのキャリア形成に造詣が深い。

■主な経歴・実績
元リクルートキャリア九州支社長
キャリア支援実績2,000名以上
CxOポジションへの紹介実績約100名

40代男性の転職市場での価値は上昇中

数年前までは「35歳が転職する限界の年齢である」と転職市場では言われていました。

企業側も募集要項にこそ出しませんが、35歳以上の応募者がいても書類選考で落とすのは一般的でした。

しかし現在、40代男性の転職は追い風ムードです。どのような理由があるのでしょうか。

人手が足りていない

20代30代の若年層の人口が減少し35歳までの年齢で労働力がまかないきれなくなったため、転職可能年齢が上がっています。

なお、人手不足を理由に40代を採用する職場での年収アップは期待できない可能性が高いでしょう。

若年層に安くやらせていた仕事を、労働力不足のために仕方なく40代に担当させる意味合いが強いからです。

とはいえ、若手より能力があると判断されれば、採用後早い段階で管理職へのステップアップができる可能性もあります。

マネジメント経験者が不足している

今の40代は就職氷河期に学生時代を送っており、他の年代に比べると大卒でも新卒直後のキャリアに恵まれなかった人材が多いです。

そのため、非正規雇用やあまりにも長期役職なしで過ごしてしまった40代の人材が多く、管理職が不足しています

ベンチャーやIT関係の企業は、20代や30代の若い社員で構成されている会社も多いです。

創業期を抜け、組織を運営していくノウハウに欠ける状態で規模が大きくなった企業でも40代の管理職経験者は重宝されます。

定年まで10年以上ある

入社してから定年まで一つの会社で勤め上げることが一般的だった時代は終わり、同じ会社に20年在籍するのは珍しくなりつつあります。

40代にもなれば、今後の人生を考えた時にできるだけ不用意な転職は避けたいのが現実。

つまり40代の転職者は若年層と比べてやめてしまう可能性が低い層であり、企業としては長く雇用できる安定した人材と言えるのです。

即戦力になり、会社の中心で長く活躍できるのが企業が40代を採用するメリットです。

40代男性の転職のデメリット

40代男性の転職は、ポジティブな面ばかりではありません。

これまでの人生に対する評価が、転職へのデメリットとして現れてしまうケースもあります。

収入がダウンする可能性がある

40代で転職により収入がアップする可能性があるのは「管理職経験者」「スペシャリスト」に当てはまるケースです。

しかし、管理職経験者でも分かりやすくアピールできる実績に乏しいと管理職としての転職が難しい可能性もあるでしょう。

一般社員としてのスタートとなると、採用時の給与は大幅ダウンになりかねません。

スキルが豊富なスペシャリストも、業界自体がレッドオーシャンの場合、転職すると給与は下がる危険性があります。

さらに管理職経験がなく専門分野のスキルも無い場合、40代の転職は相当に厳しくなります。

きちんと育成する必要がある場合、若い人材の方が伸びしろがあると判断されるからです。

未経験業界の転職はさらに収入ダウン

40代の転職市場においては業界経験者、職種経験者を採用する会社がほとんどです。

未経験者を採用する場合、20代と同じようにゼロから教育しないといけないので、伸びしろがない40代は敬遠される傾向にあります。

40代未経験歓迎の募集も存在しますが、その場合は新卒初任給程度の給与条件になるケースも多く、転職には勇気がいるでしょう。

そういった企業に転職を検討する場合「40代でキャリアアップが可能か」「想定できる年収」「キャリアップには何年かかった例があるか」などを転職先に確認する必要があります。

他に決まらないからと安易に未経験転職を決めるのは、将来のことを考えると危険です。

転職先に馴染めない

これまで真面目に一つの企業で働いてきたり、大手勤務をしてきた転職者に多い悩みです。

転職先の企業文化や同僚に馴染めず、鬱になったり結局退職をするケースがあります。

これまでのやり方が通じなかったり、全く新しいコミュニケーションの方法を覚えなければならなかったり、単に社内で過ごすだけでもストレスを感じることはあるでしょう。

また、気づかないうちにプライドが高くなっていたり、受け入れる幅が狭くなっている場合もあります

年下の上司から、新人として扱われるのに耐えられないケースも少なくはないようです。

40代男性が転職に成功するためのコツ

せっかく転職した会社を1年2年で退職するのは、40代男性のキャリアには大きな痛手。

生活も安定させなければいけない時期に入っていますので、今後の人生においても不安が募ります。

40代男性が転職に成功するためのコツはあるのでしょうか。

出来るだけこれまでのカテゴリーに近い転職先を選ぶ

40代の転職はこれまでの経験を活かす前提で行うのが鉄則です。

企業としても即戦力を求めているので、経験を活かせる実績をアピールできるカテゴリー、フィールドはニーズに合致します。

別ジャンルを検討するにしても、何かしらこれまでの経験を活かせる部分を見つけられるかどうかが重要です。

完全にゼロの転職になると若い人と比べられて分が悪いですし、収入も激減するでしょう。

在職中に転職活動をする

在職中の安定した収入がある間に転職活動を行っておくのも重要なポイントです。

若い頃であれば2〜3ヶ月あれば転職できたかもしれませんが、40代になるとなかなか次の転職が決まりづらくなります。

退職後の転職活動でなかなか決まらず、妥協して入社した会社をすぐ退職する負のループに陥る危険があるのです。

半年から1年程度はかかると考え、在職中から長期的な視野で転職活動を始めましょう。

長期的な視点で考える

40代の転職では年収が下がらない求人が少ないとはいえ、転職直後の条件だけを見て入社を決めるのは危険です。

給与で見る場合でも今後の伸びしろがなかったり、長く勤められない環境の企業はおすすめできません。

給与条件がイマイチでも、4〜5年後には前職の給与を上回る可能性がある企業は要チェック。

40代であればまだ10年以上は会社で働かなければなりませんから、目先の数年の条件だけで転職先を決めてはいけません。

もちろん仕事で重要な要素は給与条件以外にもあります。仕事に求めるものや働きがい、家族との過ごし方、自己実現など様々な要素を考えましょう。

40代男性向け転職支援サービス

40代の転職は20~30代に比べると選択肢が狭まるため、一人で転職活動を進めると負担はかなり大きいです。

転職支援サービスでは、40代が即戦力で働ける求人紹介や、40代の効果的なアピール方法の教授など、転職活動をトータルサポート。

面倒な作業をすべて代行し時間や手間が省けるため、40代でも効率良く転職できます。

年収アップしたい40代男性向け

リクルートダイレクトスカウト iX転職
スカウト型転職サイト
主な年齢層 25歳~40代 30~40代
主なサポート対象者
ハイキャリア
管理職クラス
現年収600万円以上の転職者
入会審査 なし なし
利用料金 完全無料 完全無料
支援実績 転職決定年収の平均900万円超 50代で300万の年収UP実績
特徴 年収800万~2千万の求人多数
企業からの直接スカウトあり
年収800万~2千万の求人多数
高内定率ダイヤモンドスカウト
簡単登録
(無料)
会員登録後にレジュメを入力するとスカウト率アップ!
ビズリーチ
スカウトサービス
主な年齢層 30~40代
主なサポート対象者 ハイキャリア
管理職クラス
現年収500万円以上の転職者
入会審査 あり
利用料金 一部有料
支援実績 導入企業数17,100社
特徴 求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウト
簡単登録
(無料)
会員登録後にレジュメを詳細まで入力するとスカウト率が大幅アップ!

やりがい重視の40代男性向け

リクルートエージェント JAC Recruitment
転職エージェント
主な年齢層 20~40代 35歳~40代
主なサポート対象者 全転職者に対応 現年収600万円以上
支援実績 採用成功実績は54万人超 グローバル転職を中心に約43万人の支援実績
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
管理職や専門職の求人が豊富。外資系も◎
簡単登録
(無料)

キャリアを自律させたい40代男性向け

ライフシフトラボ
ビジネススクール
主な年齢層 40~50代
主なサポート対象者 自律的なキャリアを形成したいミドル世代
受講料金 有料(個別説明会は無料)
支援実績 複業デビュー率95%。ソニー・NTTドコモなど大手企業も導入
特徴 転職・独立起業・複業・定年後のセカンドキャリアを60日間マンツーマンで伴走支援。人生後半のキャリア自律を叶える
個別説明会
(無料)

40代男性の転職活動は計画的に!

40代は計画的に長期的視野を持ち、自分の実績や経験スキルの棚卸しをして転職活動に臨むのが得策です。

40代を取り巻く転職市場は基本的に暗い状況ではなく、自発的に転職を出来る最後のチャンスとも言えます。

転職支援サービスを上手に活用して、40代の転職を成功させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?
キャリアコーチ 勝田 健
勝田 健
キャリアコーチ
リクルートキャリアにて営業責任者や支社長を歴任→スタートアップ企業特化の転職エージェントに従事→45歳からの実践型キャリア自律スクール「ライフシフトラボ」現キャリアコーチ。22年の人材業界歴を誇り、ミドルシニアのキャリア形成に造詣が深い。

■主な経歴・実績
元リクルートキャリア九州支社長
キャリア支援実績2,000名以上
CxOポジションへの紹介実績約100名

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事