最終更新日:

在職中でも転職相談できる?在職中に最適な相談先と転職成功法

在職中 転職 相談

「在職中は誰に転職の相談をしたらいい?」
「在職中に転職相談をするならどこがいい?」
「在職中でも無料の転職相談はある?」

在職中に転職を検討していてもどこに相談したら良いか分からず行動を迷っている人も少なくありません。

在職中の転職相談先は多数あり、目的に合ったサービスを上手に活用すれば希望の転職が成功します。

今回は在職中におすすめの転職相談先や在職中に相談した方が良い理由、相談する注意点や相談先の向き不向きを紹介していきましょう。

在職中におすすめの転職相談先

まだ在職中の人は、どこに転職の相談をしたらいいのかな?

転職サービスは在職中も利用できて、疑問があれば無料で教えてくれるわ。自分に合うサービスを見つけるのよ♡

在職中の相談は転職エージェントが◎

転職エージェントは求職者と人材を募集している企業を無料で仲介・サポートする会社です。

相談だけでも無料で利用でき多くの相談実績や転職活動の事例があるため、様々なアドバイスをもらえます。

転職エージェント_サービス一覧

相談をして転職をしたいと思ったら、すぐに手厚いサポートを受けられるので、在職中の相談先として最適でしょう。

20代の既卒・第二新卒向け

マイナビジョブ20’s 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 24~29歳、24歳未満の既卒 20代
主なサポート対象者 東名阪の既卒、第二新卒、フリーター 学歴職歴不問
支援実績 利用者数累計
37万人突破
利用者累計10万人超
特徴 20代対象の求人のみ。ポテンシャル採用中心 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

経験が浅い20~30代向け

DYM就職 就職カレッジ
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、既卒、中退者
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある20~40代向け

リクルート
エージェント
LHH転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20~50代 20~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 平均101万円
年収アップ
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率62%
面談を断らない
簡単登録
(無料)

在職中はキャリア相談サービスも◎

キャリア相談サービスはキャリアの形成などについてプロのカウンセラーにアドバイスやコーチングをしてもらえるサービスです。

無料 キャリア 相談 とは

転職前提ではないため求人紹介はありませんが、やりたい仕事が分からない・将来が不安などの幅広い悩みの相談が可能。

自己分析や目標到達に必要な経験の積み方、キャリアの悩みへの的確なアドバイスで多くの求職者が在職中から利用しています。

キャリア相談サービス

キャリフリ ライフシフトラボ
キャリアサービス キャリフリ 公式
主な年齢層 年齢制限なし 40~50代
主なサポート対象者 転職・独立を一貫して支援してもらいたい人 自律的なキャリアを形成したい
ミドル世代
受講料金 548,000円~
(入会金別途5万円)
298,000円~
(入会金別途5万円)
支援実績 独立・副業・キャリア支援のすべてに対応 複業デビュー率95%。大手企業も導入
特徴 オーダーメイドプランでトータルサポート。受講者の9割が未経験からのスタート 転職・独立起業・複業・定年後のセカンドキャリアを60日間マンツーマンで伴走支援
個別説明会
(無料)
POSIWILL
CAREER
coachee
キャリアサービス ポジウィルキャリア 公式
主な年齢層 20~30代 20~40代
主なサポート対象者 納得のいく中長期的なプランを作成したい人 転職活動やキャリア形成に困っている人
受講料金 385,000円~
(入会金別途5万円)
1回1,000円~
支援実績 20~30代の相談実績数第1位
最終満足度4.7
転職から副業・現職の悩み相談まで対応
特徴 後悔なく歩める人生を見据えた中長期的なプランを作成。環境的問題や傾向も踏まえて悩みを解決 キャリア相談専門のスキルシェアサービス。あらゆるジャンルの専門家から専属コーチを見つけられる
個別説明会
(無料)

在職中のハローワークへの相談は△

ハローワークは厚生労働省が管轄している職業紹介機関で、求人の紹介や転職相談に対応しています。

求人の閲覧はインターネットからでき、無料の職業訓練や現職を退職後には失業保険の申請も可能

営業時間は基本的に8:30~17:15までで、求職者登録や相談はハローワークに直接行く必要があるので在職中の人は利用しにくいでしょう。

在職中でも転職の相談をした方が良い理由

在職中の転職の相談先はたくさんあるんだね!そもそも何で在職中に相談をした方が良いの?

在職中の今だからこそ、相談しておいた方が良い理由があるから解説していくわね♪

在職中の転職相談でブランクが少ない

一般的に転職活動の平均期間は3カ月程度とされていますが、転職先が見つからず想定より長期化する人も一定数います。

育児や介護など具体的な理由がない限り、ブランクが長いと面接官の履歴書を見る目は厳しくなりがちです。

ブランクが長い人への印象
・働く意思が弱いのではないか
・計画性が低いのではないか
・仕事の感覚や知識を忘れていないか
・企業に求める要求が多いのではないか

在職中から転職相談をしておけば、ブランク期間が短くなり悪い印象を持たれずに面接に進めるでしょう。

在職中の相談で転職時期や方向性が◎

自分の市場価値や不足しているスキル・経験を把握していないと転職に失敗しやすいです。

転職前に知っておきたい現状
・自分にはどんな転職先があるか
・今の年収は妥当かどうか
・自分に足りない経験やスキルは何か

市場価値を相談すれば、希望の企業の採用見込みに応じて現職に留まる選択やキャリアアップ・スキルアップの方向性が分かるでしょう。

在職中は転職相談すると求人選定が◎

マイナビニュースによると、22〜59歳までの会社員1,000名を対象にした識学の調査では、約6割が転職後に「後悔・失敗した」と感じていました。(※1)

【転職先に⼊社して後悔・失敗したこと】

在職中 転職 相談

在職中は求人の選定に使える時間が限られるため、転職後に給与や休日・社風が希望と違っていたと気づく人も少なくありません。

在職中から転職エージェントに相談すれば、希望に合った求人の提案や職場の内部情報を細かく共有され、ミスマッチを防げるでしょう。

在職中に転職相談する注意点

退職する前に方向性や転職先を決めておくと次の転職で不利にならないんだね!相談する時の注意点はある?

それぞれの相談先の特徴を把握しておくと最適なサービスが見つかるわ☆

在職中のエージェントへの転職相談

転職エージェントは求職者の転職活動のサポートをして、内定が出たら採用企業から成功報酬をもらえる仕組みです。

在職中 転職 相談

求職者に転職をしてもらいたい気持ちが強く、在職中の人にも頻繁に転職の意思確認をしたり内定受諾を急かすエージェントも一定数存在。

希望条件を明確にしてから相談しないとエージェントからの熱意に押されて妥協した転職になりかねません。

在職中にキャリア相談サービスを利用

キャリア相談サービスはトレーニングやコーチングへの申込は有料で、自分に合うサービスを利用しないとお金や時間が無駄になります。

それぞれ無料体験や初回割引が用意されているので、在職中に利用して自分に合うサービスやカウンセラーを見つけましょう

サービス名 無料体験
ポジウィル
キャリア
あり(オンライン45分)
Coachee なし(コーチによっては
初回割引あり)
キャリフリ あり
ライフシフトラボ あり(オンライン60分)

在職中にハローワークへの転職相談

ハローワークには長期で働いている正規職員も在籍していますが、非正規雇用のアルバイトやパートの相談員も多いです。

経験が浅い相談員に担当されれば機械的な対応だけで、希望する業界や会社に特化したアドバイスは期待できません

利用者が少ない時間に行けば回避できますが、ハローワークは基本的に順番待ちや手続き完了までの時間は長い傾向があります。

経験・経歴・質問事項を事前に整理してハローワークに行けば時間に余裕を持って相談できるでしょう。

在職中の人の転職相談先ごとの向き不向き

相談先の特徴は分かったけど、実際に自分にどのサービスが向いてるか判断できない人もいるよね?

向き不向きを紹介するから、在職中の相談先を選ぶ参考にして♬

転職エージェントへ相談の向き不向き

在職中に転職エージェントへの相談が向いていない人は下記の通りです。

転職エージェントの相談が向かない人
・転職する意志が弱い
・自分のペースで転職活動をしたい

転職エージェントは転職の意志が強い人に時間をかけてサポートする傾向があるので、転職希望時期が半年以上先の人には向いていません。

対して、在職中に転職エージェントへの相談が向いている人は下記の通りです。

転職エージェントの相談が向いている人
・希望に合う求人があるか教えてほしい
書類作成をサポートしてほしい
給与交渉してほしい
面接対策を教えてほしい

社会人経験が浅い人や転職に慣れていない人は、丁寧なサポートがある転職エージェントへの相談で就職成功率が上がります

キャリア相談サービスの向き不向き

在職中にキャリア相談サービスを利用するのが向いていない人は下記の通りです。

キャリア相談サービスが向かない人
・求人紹介だけしてほしい
・自分の強みや適職を十分理解している
・お金をかけたくない

キャリア相談サービスはキャリアの不安や悩みの解決がメインなので、転職先を探すのが目的の人には向いていません。

対して、在職中にキャリア相談サービスを利用するのが向いている人は下記の通りです。

キャリア相談サービスが向いている人
・自分の強みや適職が分からない
・なりたい将来像への道筋が分からない
不安解消の仕方が分からない

キャリア相談サービスを利用すれば自分に必要な経験や技能が分かり将来への不安が軽減されるでしょう。

ハローワークへの相談の向き不向き

在職中にハローワークに相談するのが向いていない人は下記の通りです。

ハローワークへの相談が向かない人
・平日に時間がない
・手厚いサポートをしてほしい
・電話で転職活動状況を聞いてほしい

ハローワークは相談員から転職活動状況を積極的に確認されないので、受動的な人には向いていません。

対して、在職中にハローワークへの相談が向いている人は下記の通りです。

ハローワークへの相談が向いている人
時間に余裕がある
・求人の質を気にしない
地元の求人を探している
失業給付金をもらいたい

失業給付金をもらいながら地元でゆっくりと転職したい人に向いているサービスでしょう。

在職中の相談は会社にバレるリスクも

在職中の転職活動が発覚して、職場での関係が悪化したり引き止められないか不安な人も一定数います。

相談先別の転職活動がバレる原因と対策は下記の通りです。

転職エージェント
転職希望者リストに表示されてバレる
→検索に自分をヒットさせない機能を利用
→エージェントにバレたくないと伝える
キャリア相談サービス
職場内で同僚に話してバレる
他言しない
ハローワーク
ハローワーク内で人事部と遭遇してバレる
→会社の管轄外のハローワークを利用

転職活動を知られなければ、今まで通り在職中の会社で働ける選択肢もあり心の余裕を持ちながら転職するべきか考えられるでしょう。

在職中の転職相談で転職成功

在職中には転職エージェント・キャリア相談サービス・ハローワークの3つの相談先が利用できます

ブランクが短くなり、転職時期や方向性を見定められ、求人選定がしやすくなるため、在職中に転職相談をした方が効率的です。

在職中も積極的に相談サービスを活用して、転職を成功させましょう。

(※1 引用:マイナビニュース )

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事