最終更新日:

既卒と新卒の違いって何?既卒の3つのメリットを生かして内定をGET!

既卒と新卒の違いって何?既卒の3つのメリットを生かして内定をGET!

既卒も新卒も就職をしたことがないという立場は同じです。では、既卒と新卒とでは、何が違うのでしょうか。既卒と新卒とでは、既卒は不利になってしまうのでしょうか。

既卒にしかないメリットを考えながら、既卒でも有利になるような就職活動の進め方をご紹介します

既卒と新卒の違いとは?

既卒という言葉が教育機関を卒業した人を意味することは、漢字のイメージからも分かるのではないでしょうか。一般的にはあまり使用されることはなく、就活や転職市場でのみ使用されている独特の言葉です。

既卒は高校や専門学校、大学などの教育機関を卒業後に、一度も正社員として働いたことがない人を意味します。新卒の場合は、その年度に教育機関を卒業する見込みのある人、すなわち就職活動中はまだ学生である人を指します。

既卒と新卒は、同じように就職をしたことがないという立場ですが、就活市場ではきちんと区別をされています。

既卒・新卒に年齢制限はあるの?

既卒や新卒を名乗るときに、年齢制限があるのでは?と不安に思う人も多いかもしれません。しかし、既卒・新卒ともに年齢の制限はありません。浪人した人や留年した人、大学院へ進学した人など、歩んできた環境は人それぞれさまざまです。

企業も求人を出した時に届く応募書類で、既卒や新卒という条件はチェックするものの、年齢制限は設けていないのが一般的です。

条件によっては既卒も新卒枠を受けることができる!

既卒と新卒はしっかりと区別されていますが、就活シーンでは、基本的には既卒3年以内の人は、新卒を対象とした求人に応募することができます。これは、厚生労働省が「青少年雇用機会確保指針」を改正し、指針として発表しています。そのため、新卒の求人でも、既卒3年以内の人の応募を受け入れている企業が多くあります

但し、企業によっては「令和〇年卒業見込みの者」と応募対象者を新卒のみに制限していることもあります。応募しても大丈夫かどうか気になる場合は、直接企業に問い合わせてみましょう。

既卒が新卒枠で応募する3つのメリット

既卒者のなかには、新卒枠に応募することに躊躇してしまうという人もいます。しかし、新卒枠に既卒者が応募することは、いくつかのメリットがあります。メリットをチェックして、既卒3年以内の人は、積極的に新卒枠で応募してみましょう

    <新卒枠で応募する3つのメリット>

  1. 大手企業の求人にエントリーできる
  2. 募集人数が多い
  3. 入社後にスキルを身に付けられる

(1)大手企業の求人にエントリーできる

大手企業は新卒採用が盛んな会社が多く、新卒枠を利用することで、中途採用で募集が出ていなくても応募することができます。

大手の中途採用では、未経験者よりもキャリアが求められることが多く、既卒者が中途採用枠で応募しても、採用される可能性は少ないでしょう。しかし、新卒枠であればキャリアは問われないため、既卒者でもチャンスがあります

(2)募集人数が多い

中途採用での募集は2~3名までのケースが多いものですが、新卒採用の場合は、企業によっては数十名から数百名単位で募集することもあります。ライバルとなる新卒者や既卒者の数も多いとはいえ、やはり募集人数が多いことは大きな魅力です。

(3)入社後にスキルを身に付けられる

新卒募集の場合、社会人経験が問われないため、特別なスキルは求められることはありません。社会人としてのマナーや常識についても、入社後の研修や現場で教えてもらうことができます。社会人経験のない既卒者にとって、スキルがなくても良いというのは大きなメリットだと言えるでしょう。

中途採用の募集に応募する場合、未経験も応募できる募集以外では、スキルやキャリアが求められます。業務面だけでなく、社会人としての立ち居振る舞いや言葉遣いなども求められるため、既卒者によっては、ハードルが高いケースがあります。

既卒が新卒枠で応募すると不利になるって本当?

既卒3年以内の既卒者は新卒枠で応募できますが、必ずしも新卒と同じように扱われるというわけではありません。面接などの採用試験できちんと答えられなければ、新卒者よりも不利になってしまうこともあります

「内定がもらえなかった理由は何か?」「就職活動をしなかったのか?」「卒業後、ダラダラと遊んで過ごしていたのではないか?」など、既卒者に対して不安を抱く採用担当者も多くいます。

留学をしていたり、親の介護や特別な理由がある場合には、採用担当者もすんなりと理由を受け入れてくれることが多いでしょう。そうでない場合は、想定される質問にしっかり対応できるよう、準備しておく必要があります。

反対に、採用担当者が納得できるような受け答えをすることで、質問によるコミュニケーションをチャンスにすることもできるため、既卒者の面接対策は非常に重要です。

既卒者は聞かれがちな質問に必ず下準備を

採用担当者のなかには、既卒者に対して「しっかり働ける人物かどうか」を不安に思う人もいます。既卒者の就職活動では、多くの場合で「なぜ既卒になったのか」「就職活動は行ったのか」「卒業後どのように過ごしたのか」の3点を面接で質問されます。

ごまかしたり言いわけをしては、印象が悪くなってしまいます。しっかりと事実を受け止め、反省すべき点、既卒になって感じたことや考えたこと、今後どうありたいかをきちんと説明できるように準備しておきましょう。採用担当者が感じている既卒者への不安が払拭できれば、既卒者でも不利になるとは限りません。

新卒にはない既卒だけの3つのメリット

新卒枠での応募は既卒にもチャンスはありますが、必ずしも既卒が有利になるとは限りません。できることなら、既卒のメリットを生かした就活がしたいですよね。新卒にはない既卒のメリットをご紹介します。

    <既卒だけの3つのメリット>

  1. 時間が自由に使える
  2. 中途採用枠にも応募できる
  3. 空白期間の経験が生かせる

(1)時間が自由に使える

新卒にはない既卒のメリットといえば、時間が自由に使えることです。面接や採用試験を受けるスケジュールはもちろん、入社の時期も企業の望むタイミングに応じることができます。

卒業を待たずに、今すぐ人手がほしいという企業には、時間の融通が利く既卒は大きな魅力があります

(2)中途採用枠にも応募できる

新卒者にはない大きなメリットは、既卒者は中途採用枠にも応募できる点です。既卒3年以内であれば、新卒枠にも中途採用枠にも応募することができ、さらにメリットが大きくなります。

新卒採用の場合、専門的な技術を学んだ学生以外は総合職として採用され、研修期間を経たあとに、その人の適性を判断して、企業が配属する部署を決定する流れが一般的です。必ずしも望んでいた職種や部署になるとは限らないギャンブル性があるのが、新卒採用の特徴です。

しかし、中途採用での募集の場合は、職種を指定した求人がほとんどなので、社会人経験がないにも関わらず、自分の就きたい職種を狙って応募することができます。興味のある職種の中途採用の求人で、未経験者も応募可能となっているものを見つけたら、どんどん応募していきましょう。

(3)空白期間の経験が生かせる

新卒者と既卒者の大きな違いといえば、既卒者が過ごした空白期間です。この期間に体験したことを新卒者にはないメリットとして生かした就職活動をしましょう。既卒だからこそ語れるエピソードは必ずあるはずです。

例えば、就職活動をせずに既卒になってしまった人の場合は、自分の見通しの甘さを痛感し、振り返って反省し再び就職活動にトライすることで、今は誰よりも働くことへ意欲がある自信があると伝えても良いでしょう。

既卒のメリットを生かした就活で内定をもらおう

既卒の就職活動は、デメリットばかりがクローズアップされがちですが、実際はそうではありません。既卒にしかないメリットを生かした就活で、新卒者よりも早く内定がもらえた人も少なくありません

質問されたときにどのように答えたら良いか分からない場合や、1人で就活すると不安に押しつぶされそうな場合には、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

担当者と二人三脚で就活を進めることができ、プロのアドバイスで既卒のメリットを生かした就活ができますよ。既卒のメリットを生かして、スムーズな就活を進めましょう。

既卒におすすめの転職エージェントについては以下の記事を参考にしてください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事