最終更新日:

高卒でも第二新卒に入る?高卒でも転職しやすい理由と第二新卒の転職成功方法

高卒でも第二新卒に入る?高卒でも転職しやすい理由と第二新卒の転職成功方法

「高卒の第二新卒は転職に不利?」
「高卒でも第二新卒になる?」

高卒の第二新卒は不利か、大卒との違いはあるか気になる人は少なくありません。

卒業後に就職し3年以内は第二新卒と言われるのは高卒でも同じ。中途採用では学歴フィルターが薄れる傾向にあり、第二新卒は転職市場で需要が高いため、高卒でも転職しやすいです。

本記事では、高卒第二新卒の需要が高い理由と転職方法・おすすめ転職方法をご紹介。

学歴を気にせず転職したい・好条件で転職したい人は必見です。

高卒も第二新卒扱いになる

第二新卒とは高校や大学卒業後に就職し3年以内に離職した人で、「第二新卒歓迎」の求人は大卒だけでなく高卒も含まれます。

しかし「専門・大学卒以上」が条件の求人では、高卒の第二新卒者は当てはまりません。

高校・大学卒業後に就職していない人は既卒扱いになり、第二新卒歓迎求人に既卒が含まれている求人も多いです。

自分がどちらに該当するのかを確認し、応募できる求人かを判断しましょう。

高卒の第二新卒も需要が高い

2020年マイナビ転職の調査では、第二新卒を「積極的に採用する」企業が半数以上

第二新卒採用の見通しマイナビ

新卒・第二新卒を中心とした若年層確保の重要性は、2030年まで高まると考える企業が50.2%です。

2030年までの若手社員確保の重要性マイナビ

第二新卒を積極的に採用する企業が多いため、高卒の第二新卒も転職しやすいと言えます。

企業が第二新卒に求めるもの

企業が第二新卒に求めているのは、熱意やポテンシャルが圧倒的に多いです。

第二新卒に求めているものマイナビ調査

第二新卒を採用する企業は、「社会人経験があるため新卒より教育が楽」「社会経験期間が短く適応力が高い・馴染みやすい」メリットがあると考えています。

専門スキルが無くても、未経験業種・職種へのキャリアチェンジや新卒で挑戦できなかった仕事・企業へ転職しやすいです。

高卒第二新卒の転職方法

第二新卒の転職は、ポテンシャルをアピールするのはもちろん経験やスキルを活かせるか・自己分析ができているかで左右されます。

目的に合った転職を達成できるよう、転職方法を参考にしましょう。

・本当に転職すべきか考える
・アピールポイントを探す
・企業の事前調査を徹底
・第二新卒ならではの対策をする
・第二新卒向け転職エージェントを利用する

本当に転職すべきか考える

エン・ジャパンの調査では、「面談に来る3人に1人は転職すべきでない人」と答えたコンサルタントが42%もいます。

転職相談に来た3割以上の人は転職しない方がいい人

漠然と転職したい気持ちや憧れなど転職の目的が無い転職は、入社できても失敗と感じたり転職を繰り返す原因になりかねません。

なぜ転職したいか・転職すべきタイミングかを再確認しましょう。

■ 転職が得策なケース
・やりたい仕事や業務/目標が明確
・現在の職場では今後のキャリアに影響がある
・適正年収より年収低い
・転職しなければ解決できない問題がある
・現在の職場で働き続けると健康上の問題がある
■ 転職すべきでは無い人
・自己分析ができていない
・漠然と年収の高さや環境の違いに惹かれている
・客観的に自身を見ず憧れのみで転職を考える
・長期的なプラン設計ができていない

アピールポイントを探す

やる気や熱意などポテンシャルが求められる第二新卒でも、活かせる経験やスキルがあれば転職に有利です。

携わった業務やスキル・資格などを振り返れば、アピールポイントが見つかり志望動機を考えやすくなります。

現在の経験やスキルがどれほど求められるかを把握すれば、応募できる求人がわかり転職の長期化を防止可能です。

自己診断ツールミイダスでは、自分の市場価値(適正年収)や適性度の高い職種・自分の強みなどがわかるため、今後のキャリアを考える判断材料になります。

≫ミイダスで市場価値を確認する

ミイダス

■ ミイダスでできる3つの診断
・コンピテンシー診断(総合適性検査)
>新しい業種・職種への挑戦のヒントになる
・市場価値診断(想定年収)
>無理のない範囲で年収アップが可能
・パーソナリティ診断
>アピールポイントがわかり志望動機が書きやすい

市場価値診断では、職務経歴や資格など4つの質問から想定年収を算出。給与に不満がある人は、目指せる年収が分かり無理のない範囲で年収アップが可能です。

適性度が高い職種や個人の強みを可視化できるのは、コンピテンシー診断(総合適性検査)。

経験や環境で変化する現在のコンディションや個性が診断可能なパーソナリティ診断は、精神医学を基にした診断サービス「PSA」をベースにしているため、信頼性が高いです。

自己分析をすれば転職活動での自己PR・志望動機に盛り込めたり、転職で目指せる年収額の指標にもなります。

想定年収は本来より高めに表示されるため、あくまでも目安です。

企業の事前調査を徹底

転職の目的に合った企業かを見極めるには、企業の事前調査が必須

業務内容や勤務時間・給与体制などの基本情報だけでなく、転職会議やLighthouse(旧会社の評判)で有給取得率や職場の雰囲気なども調査しましょう。

求人紙面には記載されていない情報からも応募するかの判断をすれば、入社後のミスマッチを防げます

第二新卒ならではの対策をする

第二新卒の採用面接は、新卒時とは違い下記の3点を主に見られます。

■ 第二新卒で見られるところ
・ビジネスマナー
・退職理由
・仕事に対する熱意はあるか

ビジネスマナーを見直す

第二新卒は、社会人経験がある=ビジネスマナーが身についていて当然と考えられています。

立ち振る舞いや言葉遣いなどができているか再確認しましょう。

退職理由はポジティブに置き換える

第二新卒は新卒で入社した会社を短気で退職しているため、入社後すぐに辞めないかを懸念する企業も少なくありません。

企業側は不安を払拭するために、退職理由を必ずと言っていいほど質問します。

しかし「給与が安かった」「人間関係が悪かった」などストレートに伝えるとただの愚痴になり、良い印象は持たれません。

ネガティブな退職理由でもポジティブに置き換えて伝え、企業側の不安要素を解消すれば内定が貰いやすくなるでしょう。

■ 置き換え例
・人間関係に疲れた
⇒一致団結して目標を目指せるような仕事がしたい
・残業が多い
⇒仕事のオン/オフを分けて効率良く仕事を進めたい
・給与が低い
⇒正しく評価されたい

仕事に対する熱意を伝える

第二新卒は社会人経験が短く経験やスキルも少ないケースが多いですが、企業側に自社に必要」と感じさせることができれば勝ちです。

今までの経験をどう活かし貢献していきたいか伝えると自己アピールにもなり、熱意も伝わります。

第二新卒向け転職エージェントを利用する

第二新卒に強いエージェントを利用すれば、求人紹介から書類・面接対策など専任のアドバイザーが転職をトータルサポート

アピール方法が分からない・面接に不安がある第二新卒は、利用がおすすめです。

企業の内部情報を把握しているエージェントは裏情報も惜しみなく提供してくれるため、個人では知り得ない情報も入手できます。

転職だけでなく、「今転職すべきか」「キャリア形成」の相談もOK。

高卒第二新卒におすすめ転職エージェント

マイナビエージェント 第二新卒エージェントneo
サイト マイナビエージェント
実績 20代に信頼されている転職エージェントNo.1 就職転職相談しやすさ・満足度No.1
特徴 各業界専任アドバイザー在籍、大手ならではの転職ノウハウで手厚くサポート 第二新卒やフリーターなどの20代限定エージェント、大阪/東京求人が多数
公式
就職Shop DYM就職
サイト
実績 最短1週間で内定獲得 経験が浅い若年層を積極支援
特徴 9割が20代
書類選考なし
求人元への訪問取材100%で内部情報を把握
優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
公式


社会人1年目の女性におすすめ転職エージェント

パソナキャリア リクルートエージェント
サイト
対象者 東名阪エリア
管理部門
経理職
全国
実績 顧客満足度調査2年連続1位 転職支援実績
No.1
女性サポート 女性転職の特化チーム発足 あらゆる転職者の実績あり
女性アドバイザーも多数在籍
特徴 67%が年収アップ
経理などの管理部門求人が豊富
転職者の60%以上が年収アップ
全業種・職種の求人を網羅
公式


高卒第二新卒の転職はエージェントで効率化

経験やスキルが浅くても、ポテンシャルが重視される第二新卒。

応募企業に行かせる能力が有れば、さらに有利な転職が可能です。

転職エージェントでは、求人紹介から書類・面接対策まで第二新卒の転職をトータルサポート。1人では不安・アドバイスが欲しい人は、利用がおすすめです。

2・3社掛け持ちすれば求人の選択肢やサポートの幅が広がり、さらに効率良く転職活動が進められます。

■ 社会人1年目におすすめ転職エージェント
マイナビエージェント
第二新卒エージェントneo
就職Shop
DYM就職
パソナキャリア
リクルートエージェント
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事