最終更新日:

テレワークの求人の特徴は?テレワークが多い職種や求人を効率良く探す方法

テレワークの求人の特徴は?テレワークが多い職種や求人を効率良く探す方法

ワークライフバランスが整い生産性の向上が見込める、自宅や外出先など会社以外で仕事をする働き方「テレワーク(リモートワーク)」。

テレワークで働きたいけど「テレワークの求人はあるの?」「テレワークの求人が多いのはどんな職種?」「テレワークの求人を探す方法は?」など疑問は尽きません。

テレワーク導入企業が増え、テレワークの求人を取り扱う転職エージェントも増加中です。

この記事ではテレワークの求人が多い業種職種などテレワーク求人の特徴を取り上げ、効率良くテレワークの求人を探し、あなたに合った理想の働き方ができる方法を解説します。

テレワークの求人が多いのはどんな企業?

どんな企業がテレワークを導入していて、テレワークが可能な求人を出しているのかな?

まずはテレワークを導入している企業がどれだけあるのか見てみましょう♪

テレワーク(リモートワーク)の求人は大企業が多い

平成30年度、テレワーク(リモートワーク)を導入している企業は19.1%で、テレワークを導入している企業は年々増加傾向にあります。

平成30年の企業のテレワーク導入状況(※1)

テレワークを導入している企業は増加しているし、テレワーク求人の増加も期待できるね!

そうね☆次はテレワーク導入企業を企業規模別に解説するわ♡

企業規模別のテレワーク導入状況

従業員数別のテレワーク導入状況
従業員数別にみる企業のテレワーク導入状況(※2)

従業員数1000人以上の規模が大きい企業の40%以上がテレワークを導入しているんだね!

資本金別のテレワーク導入状況
従業員数別にみる企業のテレワーク導入状況(※1)

資本金10億円以上の企業のテレワーク導入率は50%を超えているね!

従業員数1000人以上の企業・資本金10億円以上の企業のテレワーク導入率が高い調査結果から、リモートワークの求人は大手企業・大企業が多いと言えます。

テレワーク(リモートワーク)の求人はベンチャー企業も多い

「テレワーク求人が増えていると感じる企業」について転職コンサルタントにアンケートをしたデータがあるわ♪

テレワーク求人が増えたと感じる企業

テレワーク(リモートワーク)可能な求人が増えたと感じる企業(※3)

アンケート結果によると、大手企業よりも「ベンチャー企業」や「外資系企業」のテレワーク(リモートワーク)求人が増えていると感じる転職コンサルタントが多いようです。

ベンチャー企業は規模が小さい分風通しが良くてフットワークが軽いから、新しい働き方のテレワークを柔軟に取り入れている企業が多いのよ☆

アンケートをした転職コンサルタント全員がテレワーク求人が増加したと感じており、30%以上がテレワーク求人を取り扱った経験があると回答しています。

テレワークの求人が多い業種

テレワーク(リモートワーク)の求人が多い業種を紹介するわ☆

産業別テレワークの導入状況
産業別のテレワーク導入状況(※1)
テレワーク求人が増えたと感じる業種
テレワーク(リモートワーク)可能な求人が増えたと感じる業種(※3)

テレワークを導入している業種は情報通信業が最も多く、実際にテレワーク(リモートワーク)求人が多いのはIT・インターネット系です。

テレワークの求人が多い職種

テレワーク(リモートワーク)の求人が多い業種を紹介するわ☆

テレワーク求人が増えたと感じる職種
テレワーク(リモートワーク)可能な求人が増えたと感じる職種(※3)

テレワーク(リモートワーク)の求人が特に多い職種は「営業・マーケティング系」「技術系(IT・web・通信系)」です。

テレワークを導入しているIT系企業が多いので、ITエンジニアなどの技術系の職種もテレワークの求人が多い結果となりました。

外出が多い営業職は、移動中や出先で仕事をするモバイルワーク(テレワークの一種)が可能なケースが多いので、テレワークの求人が増えた職種にランクインしています。

他にも事務系やクリエイティブ系などデスクワークがメインの仕事はテレワークの求人が多いようね☆

求人募集が多いテレワークの種類

僕は在宅勤務のテレワーク希望だけど、実際在宅勤務のテレワークの求人はあるのかな?

「テレワーク」にもいろんな種類があるわ。求人募集の多いテレワーク(リモートワーク)を紹介するわよ☆

求人募集が多いテレワークと求職者の希望が多いテレワーク
求人募集が多いテレワークの種類と求職者が希望するテレワーク

求職者が希望するテレワークは僕みたいに在宅勤務が一番多いね。だけど求人募集が一番多いテレワークは一部リモート勤務なのか…

在宅勤務のテレワーク求人も十分多いから安心しなさい☆テレワークひとつとってもいろんな働き方があるのよ♡

多くの求職者は「一部リモート勤務」と「在宅勤務」のテレワーク求人を希望していて、実際に求人募集が多いテレワークも「一部リモート勤務」と「在宅勤務」です。

テレワークの求人を効率良く探す方法

テレワークで働きたいんだけど、どうやって求人を探せば良いのかな?

理想の働き方を実現したい子たちのために、テレワーク求人を効率良く探せる転職エージェントを紹介するわ♡

doda

テレワーク求人も豊富に取り扱うdodaの公式サイト width=【公式サイト】https://doda.jp/

dodaの「テレワーク」の公開求人は914件、「リモートワーク」の公開求人は750件と豊富に取り扱っています。
(2020年3月19日現在 求人検索より調査)

dodaが保有する求人の80%以上非公開求人なので、自分だけでは出会えないテレワークの求人に出会える可能性が非常に高いです。

dodaは業界トップクラスの求人数で、サポートも親身で手厚いからぜひ登録してみて♡

パソナキャリア

テレワーク求人も豊富に取り扱うパソナキャリアの公式サイト【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアの「テレワーク」の公開求人は405件、「リモートワーク」の公開求人は244件と豊富に取り扱っています。
(2020年3月19日現在 求人検索より調査)

パソナキャリアも保有する求人の約80%非公開求人なので、自分だけでは出会えないテレワークの求人の出会える可能性が高いです。

更にパソナキャリアは女性の転職に強く、テレワークで働きながら子育てと仕事を両立したい女性を手厚くサポートしてくれます。

パソナキャリアは女性求職者や年収アップを目指す子にオススメのエージェントよ☆テレワークで働けるスキルのある人材を探している企業も多いからぜひ登録してみてちょうだい♡

転職エージェントでテレワーク求人に応募し、理想の働き方を実現しよう

テレワーク求人が多い業種や職種などテレワーク求人の特徴を解説しました。

テレワークの導入が普及するのに伴って、今後更にテレワークの求人は増加します。

転職エージェントはテレワーク求人の紹介だけではなく、テレワーク求人以外からも最適な求人を幅広く紹介してくれるのでオススメです。

転職エージェントを上手に活用し、あなたに合った理想の働き方を実現させましょう。

(※1出典:平成30年通信利用動向調査の結果|総務省)
(※2出典:総務省|令和元年版 情報通信白書|テレワークの導入やその効果に関する調査結果)
(※3出典:「リモートワーク求人」実態調査|エン・ジャパン)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事