最終更新日:

20代のうちに海外転職がオススメな理由とは?20代で働くメリット・デメリットを紹介

20代のうちに海外転職がオススメな理由とは?20代で働くメリット・デメリットを紹介

20代で海外転職を考えている方の中には「海外で働いてみたい」「グローバルに活躍したい」という人も多いでしょう。

しかし、海外転職を考えたときに具体的なメリット、デメリットを知らなければ不安ばかりが大きくなってしまいます。一見ハードルが高そうに感じる海外転職も選択する場所によっては、すんなりと転職できる場合があるのです。

そこでこの記事ではメリット、デメリットに加え初めての海外転職におすすめの場所について紹介します。

20代で海外転職をするメリット

20代の内から海外を視野にいれているなんて、立派だよね!普通はなかなか勇気が出ないよ。

そこに自分にとってのメリットがあるから挑戦できるのよ★
20代で海外転職をするメリットって実は数多くあるの。具体的にどんなメリットがあるのか確認していきましょッ♪

語学力が身につく

海外転職で1番身につくスキルは語学力です。企業によっては英語や現地の言葉を使うところもあります。

実際英語をベースにコミュニケーションをとりますが、現地で働くスタッフには英語ではなく、現地の言葉を使う場面も多いんです。遊びではなく仕事ですから、会話が出来なければ話になりません。
これが英語の苦手な40代・50代でしたら厳しいですが、まだ脳が柔らかく吸収力もある20代の内でしたら、上達も早いでしょう。その環境に身を置く事で、英語だけでなく現地の言葉もコミュニケーションを取る上で問題ないレベルまで話せるようになります。

もちろん努力は必要ですが、英語だけでなく現地の言葉も一緒に上達していくのは嬉しいですね。

全く英語に自信のない方は、あらかじめ、ある程度会話ができるレベルまで現地の言葉を勉強していきましょう。
現地で語学学校に通うという手もありますが、仕事をしながら語学学校に通うのは容易ではありません。また、日本である程度基礎をつけてから現地に行くことで、不安も払拭されます。

20代で管理職になる可能性

日本で20代の管理職を目指そうとしても簡単にポストが空くわけではありません。しかし、海外の場合は日系企業であっても日本人が少ないところも多く、現地スタッフを育成する管理職として役割を任せられることがあります。

日本だったら20代で管理職なんて夢のような話だよね。

そうなのよ!
日本では30代〜40代になってから管理職という人が多い中で、20代で管理職として働けるのはホンット他の人と差を付けられる貴重な経験なのよ♡


海外でも特にアジア圏の企業は人手不足に陥っている企業も少なくありません。当然のことながら、人手不足の企業であれば、それだけ責任のある仕事を任せてもらえる可能性も高くなります。

社会人としてある程度経験を積んだ20代の今、現在の仕事に物足りなさを感じている人やもう一歩踏み込んだチャレンジをしてみたい人には非常に魅力的に映るでしょう。

海外のビジネスは日本に比べて成果主義・実力主義の面が強いとされています。年齢が若くても、しっかり仕事ができるのであればそれだけ評価されるチャンスも多くなるので、『若いうちに重要なポストに就きたい』『若いうちに責任のある仕事に取り組みたい』と言う人は、海外で働くことをオススメします。

20代は外部環境の影響を受けにくい

20代は外部環境の影響を受けにくく、挑戦しやすい年代です。

    様々な要因で30代以降は転職しづらくなる

  1. 親の介護
  2. 子育て
  3. 責任あるポストについている
  4. 責任ある仕事を抱えている

年齢を重ねると親の介護や子育てなど、自分を含め周りの環境も大きく変化します。また、会社の中である程度責任のあるポストに就いていたり、責任ある仕事を抱えていたりと、自分の意思だけで転職することは、年齢を重ねるごとに難しくなっていくのです。

自分が挑戦したいと考えたとき、すぐに行動へ移せるのは20代だからこそとも言えます。会社の中でまだ重要なポストに就いておらず、ある程度自由が利き、資金もそれなりにある20代は、何かにチャレンジをするのに最適な年代なのです。

20代はキャリアの軌道修正が可能

20代のうちに海外転職をおすすめする理由は、キャリアの軌道修正がしやすいからです。

例えば、海外転職に成功し、いざ働き始めても現地でのコミュニケーションや仕事内容が合わないといったことも起こる可能性は重々あります。しかし、20代であればまだまだやり直しのきく年齢。日本に戻ってから転職をしても、採用される確率は高いでしょう。

異業種への転職であっても未経験を採用している企業は多く、海外転職が合わなくてもキャリアの軌道修正をしやすいのは20代の強みです。

海外勤務の経験を日本国内で活かせる

海外でビジネスをした経験は、将来的に日本国内でも生かすことができます。

20代の場合、65歳まで働くとして約40年以上キャリアが残っています。ずっと海外で働き続ける人もいますが、海外転職を考えている20代の人の多くは、どこかで日本に帰国したいと考えているのではないでしょうか。

☆レディのワンポイントアドバイス★

仮に30代で帰国するとして、帰国して仕事を探す際それまで海外で働いた数年間のキャリアが大きな武器になるのよ★★


日本国内でしか働いていない人に比べ、語学力や国際感覚などビジネスに欠かせないスキルが磨かれているので、帰国後の仕事でそれらを生かすことができるのです。当然のことながら、経験やスキルに応じて、給与額も高くなる傾向にあります。

海外で暮らし、仕事をしていたという経験・経歴は、海外展開を視野に入れている企業にとって非常に魅力的なものなので、積極的に海外転職で得た経験やスキルを活用しましょう。

これからますます国際化が進んでいく中、実体験を通して得た国際感覚はビジネスだけでなく様々な面で役立つことでしょう。

20代で海外転職をするデメリット

海外転職ってやっぱり若いうちに経験しておいた方が良い事だらけだね。

話だけ聞いていると良い事ばかりに感じるわね♪
でも、生活してみると旅行とは違って困る事も出てくるわ。実際生活してみないと分からないことも沢山あるの。
具体的にみていきましょッ★

現地でのコミュニケーションに困る

海外転職で1番不安に感じる事は、現地でのコミュニケーションでしょう。現地で言葉が通じなければ、何かと不自由が生じます。

また、異文化に触れてカルチャーショックを受けることもあるでしょう。現地の言葉を勉強していてもいきなりスムーズに話すのは難しく、「馴染めないな」と感じることがあるかもしれません。しかし、コミュニケーションは積極的に取らないと壁を感じたままです。

コミュニケーションをとるための対策
・お昼を一緒に食べる
・現地の日本人コミュニティに顔を出す

お昼を一緒に食べたり、何気ない会話をしてみるなど積極的に働きかける必要があります。

1人で解決が難しければ、現地の日本人コミュニティに顔を出してみるのがおすすめです。どのように現地の人とコミュニケーションを取ってきたのか、生の声を聞くことで解決のヒントになるでしょう。

日本の生活とのギャップに悩む

食事や文化は全く違うことが多く、慣れるまでに時間がかかります。しかし、国によっては日系企業が多く進出している国もあります。日本食が食べたければ、やや割高になりますが外食をすれば叶えられます。

ただ、文化の違いについては寛容に受け入れるしかありません。なぜなら、日本では常識であったことも、海外では常識ではなくなるからです。良くも悪くも自分の中にある常識はガラッと変わるので、柔軟な考えを身につけていると考えれば必要以上に悩むことはなくなります。

様々な文化を持つ人と一緒に働くことは、非常に刺激的なだけでなく、自分の国際感覚を養うことにもつながります。

海外転職にアジアをおすすめする理由

海外転職を考えたとき、欧米やヨーロッパも検討する人も多いでしょ?
でもね、海外転職が初めての人にはまずアジア圏での転職をオススメするわ♪

どうして海外の中でも、アジア圏がオススメなんだろう?

生活コストが下がる

アジア圏でも特に東南アジアは物価が安く、給料が低かったとしても生活する上では困らないでしょう。

例えば、タイの物価は一般的に日本の1/3ほどよ。
屋台で食べれば1食100円なんてことも珍しくなくて、食費も日本のようにはかからないわッ★

コンドミニアムは家具家電付きのところで家賃の安い物件もあります。
また、東南アジアは人件費が安いため、マッサージなど人によるサービスも安く、日本にいた頃より生活レベルが上がることも。生活コストは日本と比べるとグッと抑えられるので、1人で生活する上で困ることは少ないでしょう。

浮いたお金で貯金を続けていけば、日本でギリギリの生活をしている20代よりもゆとりができるね。

アジア圏は人手不足により海外転職しやすい

こんな求人が出ている事も
・業界未経験
・語学力は日常会話の初級程度

日系企業の進出が進む中、アジア圏ではまだまだ経済成長の伸びしろのある国が多く、日本人スタッフが少ない状況です。売り手市場であることから、求人の中には業界未経験、語学力は日常会話の初級程度ぐらいで応募可能なところもあります。

海外が好きでいつか住んでみたいと思っていた人にとっても、チャレンジしやすい状況ですね。

日本と文化が似ているので馴染みやすい

アジアは日本と食事や文化が似ているところが多く、比較的馴染みやすいのが特徴です。

  • インフラが整っている
  • カフェもフリーWi-Fiの使えるところが多い

中国やタイ、シンガポールなどはインフラも整っています。交通機関も都市部ではストレスに感じることはほとんどありません。カフェもフリーWi-Fiの使えるところも多いので日本とほとんど変わらず過ごすことができます。

日系企業も多く進出しているので日本人も多く、現地のコミュニティに入ることでより過ごしやすくなるでしょう。

海外転職はどんな方法がある?

不安だった「生活していけるのか」「ネイティブな英語についていけるのか」って事も20代なら国を選べば何とかなりそうだね。

でもね、どうしても勇気がでないのなら無理していく事ないわ。日本で堅実にお勤めしていくのも立派な生き方だもの。

それでも、「自分を変えたい」「挑戦してみたい」って人には海外転職する方法を教えるわッ★
実際転職活動をするにはどうしたらいいのか確認していきましょ♪

働きたい企業へ直接コンタクトを取る

働きたい企業を見つけたら、転職サイトに掲載されていなくても問い合わせフォームから直接コンタクトを取る方法もあります。大胆な方法だと思われるかもしれませんが、転職サイトに掲載していなくても求人募集をしている企業はあるのです。

問い合わせする際は、長文になりすぎないよう以下の4点を盛り込んで完結に記載しましょう。

  1. 求人募集の有無
  2. 自己紹介
  3. 職歴
  4. スキル
このとき気をつけるのは、添付ファイルの送付を避けることです。添付ファイルを付けると迷惑メールと捉えられてしまい、読まれないことが考えられます。まずは添付ファイルなしで送付しましょう。

転職サイトやエージェントを利用

  1. 日本にいながら転職活動可能
  2. 海外転職について聞ける
  3. 履歴書の書き方・面接方法などの対策
  4. 海外求人の紹介をしてもらえる

日本で転職をするときと同様、転職サイトやエージェントを利用する事もおすすめします。どちらも日本にいながら転職活動が可能です。

未知となる海外転職には次々と疑問や不安が生まれてくるかもしれません。転職エージェントなら、海外転職の知識やノウハウを持っている人から的確なアドバイスを貰えるため、強力な味方となるでしょう。履歴書の書き方や面接の方法などの対策もしてくれるので心強いです。

海外求人はもちろん日本の求人数と比べると少なくなります。海外転職を検討しているのであれば、まずは複数の転職サイト・エージェントに登録して紹介してもらえる求人数を上げておくことをおすすめします。

転職エージェントって何?って人はこの記事を読んでみてッ★

海外転職は20代の内に挑戦しておこう

海外で働くことに不安を感じている人もいると思いますが、20代での海外転職で得られるメリットは思いのほか多いものです。

自分をより成長させる可能性のある海外転職は、20代のうちに経験しておくことでその後のキャリアや仕事への考え方を大きく変えるきっかけになるのよ★

将来的に世界で活躍したい、大きなビジネスを手掛けたいと考えているのなら、20代のうちに海外転職することも視野に入れてみるべきだね。

転職サイトやエージェントを上手く利用し、比較的馴染みやすいアジア圏からチャレンジしてはいかがでしょうか。


RECOMMEND

関連記事