最終更新日:

20代で働きたくないなら行動すべき!働きたくない時の考え方と対処法

  • 働きたくない
  • 働かずに暮らせる方法はないの?

20代で働くことに抵抗を感じていませんか?

金融庁による2,000万円貯金の推奨や政府の定年引き上げなどによって、これから40年以上働かなければならない20代を中心に不安が高まっていることでしょう。

では、働きたくない人はどうすればいいのか。答えは働かないために行動することです。

そこで今回は、20代の働き方に関する意識や、働きたくないと感じる理由とその対象法について紹介していきます。

ほとんどの20代が働きたくないと考えている

20代が何歳まで働くと考えているのか

実は「働きたくない」と考える20代は少なくありません。

人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパンが行なった調査によれば、20代を対象に「何歳まで働こうと考えているか」と質問したところ、全体の41%が「65歳まで」と回答しました。

同様に、「70歳まで」もしくは「70歳以降」も働く意思を示した20代は、わずか18%と2割以下の結果となりました。

しかしその一方で、40代に同じ質問をしたところ「70歳もしくはそれ以上働く」と回答した人は50%もいます。

40代・50代と年齢層が上がるごとに70歳以上まで働く意思を示しているのに対し、逆に20代の若年層は働くことに関して消極的なことが分かります。

では、20代はなぜ働きたくないと思うのか。

参考:「人生100年時代の働き方」調査|ROBERT WALTERS

20代が働きたくないと思う理由

20代が働きたくないと思う理由には、以下のものが考えられます。

    20代が働きたくない理由

  • 今の仕事が楽しくない
  • もっと他にやりたいことがある
  • 毎日繰り返しの生活に飽き飽きしている
  • 学生時代とのギャップ
  • やりたいことがわからないなど

今の仕事に対する違和感や嫌悪感が、働くモチベーションを下げている可能性が高いでしょう。

たとえば、今の仕事が楽しくない、あるいはやりたい仕事が特になければ「もっと自分に合った仕事がるのではないか?」と考えてしまうもの。

すると、今の仕事に対して熱量を注ぐのが難しくなります。

反対に、仕事が充実していて、人間関係や給料、休みに満足しているのであれば、きっと働き続けてもいいと思えるはずです。

そのため、働きたくないと感じている方は、今の仕事の充実度に問題があると考えられます。

20代が働きたくないと思った時の3つの対処法

20代で働きたくないときの3つの対処法

    20代が働きたくないときの対応策

  • 転職
  • 独立
  • アーリーリタイア

ここからは、それぞれの対処法についてくわしく解説していきます。

転職

働きたくないと感じたら、転職する選択肢があります。

上述したとおり、働きたくないと感じるのは、今の仕事が原因となっている可能性が高いです。

そのため、転職をすれば「働きたくない」気持ちが変わるかもしれません。

また、転職は働き方を一新できるほかにも、自分のキャリアを見つめ直せるので、うまくいけば収入アップも目指せます。

転職先によっては問題が解決しない可能性があるものの、良くも悪くも仕事を変えられるので、「働きたくない」と感じる時の有効的な手段の一つといえるでしょう。

独立

独立 起業

「働きたくない」と感じる時は、独立の選択肢もあります。

独立とは、自分自身で事業を開いて、企業や組織に属さずに自分のスキルだけで稼ぐ方法

たとえば、プログラミングのスキルを身につけて、フリーランスのプログラマーとして活動するケースなどがあります。

独立してフリーランスになれば、仕事時間や仕事場所、また関わる相手を自分で選べるため、人間関係や会社からの拘束が嫌な方には良いでしょう。

ただし、独立後の収入はあなたの頑張りに大きく左右されます。もし独立して生きていく自信がなければ副業をし始めるのも一つです。

会社に勤めながら副業を行い、副業の収入が本業の収入を超えた時点で独立するのが堅実と言えるでしょう。

「独立」しても働くのには変わりありません。でも仕事の量や充実度を自身でコントロールできるので、会社に属して働くことに嫌悪感を覚える方には有効的な手段のといえるでしょう。

アーリーリタイア

「働きたくない」と思うなら、アーリーリタイアもいいかもしれません。

アーリーリタイアとは60歳の定年を待たずに、20代・30代のうちに働く毎日から離れることを指します。

アーリーリタイアのポイントは、権利収入や自動収入、あるいは不労所得などの仕組みを構築して、労働の対価として得る収入をなくすこと

自分が労働しなくても収入が発生する仕組みさえあれば、アーリーリタイア後も一定水準の生活が送れます。

たとえば、不動産を購入して家賃収入を得る方法も一つの自動収入です。

そのため、働きたくない20代は、自動収入の仕組みづくりに着手するのも選択肢の一つといえるでしょう。

20代で働きたくないなら価値観を広げるのが大切

働きたくないと思う20代は、価値観を広げることが大切。なぜなら、働きたくないと思う原因のほとんどは、今の仕事に満足していないためです。

価値観を広げて、楽しい仕事や自分がつらくない働き方を見つけ、その仕事に従事できればきっと「働くのも悪くない」と思えるかもしれません。

しかし、価値観が狭い場合は、自分の経験や知識だけで物事を判断してしまいます。

たとえば、月収100万円稼げる仕事ならやりたいと思えるものの、価値観が狭いために「自分には月収100万円稼ぐなんて無理だ」と、はなから決めつけてしまっている人は多いでしょう。

いくら頑張っても決して豊かになれずに「仕事=つらいもの」と認識してしまうため、価値観が狭い人ほど働きたくないと感じてしまうのです。

そのため、働きたくないと思う時は価値観を広げ、自分がやれることの可能性を広げることが非常に大切といえるでしょう。

20代が価値観を広げる方法

20代が価値観を広げる方法として、主に以下のものがあります。

    20代が価値観を広げる方法

  • 派遣やバイトで色々な仕事にチャレンジ
  • 海外一人旅
  • 趣味や資格取得
  • 起業や独立
  • 転職など

中でも最も手っ取り早く価値観を広げられる方法は読書です。

本には自分よりも人生経験の豊富な人間や、成功を収めた人間の考え方が詰まっています。

つまり、100冊を読めば100人分の価値観に触れられるのです。

また、派遣やバイトあるいは転職などを行い、実際に自分がさまざまな仕事を試してみて、経験ベースで価値観を広げるのもいいでしょう。

今では転職エージェントをはじめとした転職支援サービスや、人材派遣・人材紹介サービスも普及しているため、それらを活用すれば転職やバイトを始めるのは難しくありません。

自分の価値観を広げるためにあらゆることにチャレンジしてみましょう。

20代で働きたくないならまずは行動する

20代で働きたくないなら行動あるのみ

働きたくない時の対処法と、価値観を広げる重要性を確認したら、あとは行動するだけです。

知識が増えても、行動しなければ何も変わりません

たとえば、本を読めば価値観が広がると知ったところで、実際に本を買わなかったり、本を買っても読まなかったりすれば、意味がありません。

環境や現状を変えるためには、自分が行動する必要があります。

自分がやれることは何かを考え、行動を起こすことから始めましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事