最終更新日:

20代で人間関係がきっかけの転職は間違っていない!新しい一歩を踏み出すチャンス

20代で人間関係がきっかけの転職は間違っていない!新しい一歩を踏み出すチャンス!

20代の悩みに多いものの1つとして、職場での人間関係がありますよね。上司・同僚・部下との人間関係を改善したいと努力してみるものの、もう疲れてしまってうんざり。いっそのことなら転職して心機一転やり直したい。でも人間関係が原因で転職するなんて、逃げだと思われるのではないかって心配ですよね。この記事では、人間関係が理由で転職を考えている20代の悩みにお応えします。結論からお伝えすると、20代で人間関係がきっかけの転職は間違っていません!その理由は、記事内でお伝えしますが、今の悩みは新しい出会いのチャンスを生むかもしれません。

人間関係がきっかけで転職する人の割合

今までの職場で人間関係に難しさを感じたことがある人は、全体の84%(図1)。
転職経験がある方で、人間関係が転職のきっかけになったことがある人は、全体の53%(図2)。

【図1】今までの職場で、人間関係に難しさを感じたことはありますか?

【図2】転職の経験がある方に伺います。人間関係が転職のきっかけになったことはありますか?

出典:1万人に聞く「職場の人間関係」意識調査/エン・ジャパン

会社で働く人の8割以上が、人間関係に難しさを感じているんだね。

転職経験者の中で半数以上の子が、人間関係をきっかけに転職してるわ♪これから転職を考えている子も安心してOKよ☆

20代で人間関係で悩んでいる原因

上司や先輩、同僚や後輩との関係など、20代の頃は色んな立場で仕事をしなくてはいけないものです。

そもそも、なぜ悩んでいるか整理する

今の職場での人間関係がどうしてうまくいっていないのか、一度アタマの中を整理してみましょう。そこから解決策が見えてくるかもしれません。例えば、
「同僚や後輩は社内の不平不満ばかりで不快。孤立するのも嫌だし仕方なく愚痴を聞いている。」
「直属の上司がとても厳しい。自分ができないことが原因とはわかっているけれど。」
などなど、色々あると思います。

僕の会社にも、気分の浮き沈みが激しい先輩がいて、正直やりにくいんだよね…こちらもついつい感情的になってしまうよ…

なるほどね☆悩みのタネを全て紙に書き出してみると、原因は意外と少ないかも知れないわ♪本当の原因がどこにあるのか知っておきましょッ☆

人間関係がうまくいっていない原因は自分か周りか理解する

人間関係がうまくいっていない原因がもし自分にあるのであれば転職したとしてもまた同じ理由で悩んでしまいます。まずは自分が社会人として当たり前のことをキッチリできているかチェックすることをオススメします。

  • 朝は元気に挨拶する
  • 感謝の言葉を口にする
  • 間違ったときはすぐに謝罪する

など、礼儀礼節の基本ができていれば問題はないでしょう。また、20代ならではの繋がりを活かして飲み会など社内の交流イベントに積極的に参加し、コミュニケーションをとる機会を増やしていきましょう。

僕の友達は、定期的な会社全体の飲み会で普段は話さない先輩や後輩と仲良くなるって言ってたよ!

自分が変わって人間関係もよくなれば転職する必要もなくなっちゃうし今の仕事もスムーズになるわね♪

今の職場で続けるか、もしくは転職する

今の仕事自体は好きだし条件も良いからできれば今の職場のままが良いという人もいると思います。そういう時は上司に異動を申し出るなど部署が変われないか相談してみましょう。また今の会社で20代から我慢して居続けた場合30代40代と将来どうなっていそうか考えておくことも大切です。今の状況を少し我慢してどうにか改善できないかと努力することは大切なことですし今後の人生においても必ずプラスになります。しかし頑張ってもどうにも現状が変わらないのであれば転職も視野に考えてみましょう。

人間関係で我慢しすぎるのも良くないわ♪病気になっちゃったら、転職活動の余裕すらなくなっちゃうから注意が必要よ☆

ただし、人間関係が嫌という理由 “だけ” で転職した場合は、あとあと失敗しやすいです。

転職するときに気をつけること

いざ転職するとなっても、会社にはなんと伝えればいいか難しいところ。正直に「人間関係が上手くいかなくて」なんて、なかなか言えるはずもないですよね。

辞める時は、タテマエの理由を伝えても良い!

退職理由を会社に伝える際、本当の理由を伝えた人は、全体の約半数(図3)。つまり、残りの約半数の人は、本当の理由とは異なる理由を会社に伝えて退職しています。やはり何事も問題を残さず退職したいと思っているのは皆さん同じなんですね。

【図3】会社(人事)に伝えた退職理由は、本音と異なるものでしたか?

出典:退職理由のホンネとタテマエ/エン・ジャパン

ここで、本当の退職理由として最も多いのが「人間関係」。これに対して、会社に伝えた退職理由として最も多いのが「結婚、家庭の事情」(図4)。会社側からしても、プライベートの事情となると、たとえタテマエとわかっていたとしても、踏み込んで理由を聞くのは難しいです。

【図4】退職理由は以下のうちどれですか?(代表的なものをひとつ)
※会社に伝えた退職理由/本当の退職理由別

出典:退職理由のホンネとタテマエ/エン・ジャパン

人間関係で悩まずにすむ職場を見つける

今の職場で人間関係の原因がどこにあったのかリスト化しておき、転職先で同じ状況にならないように準備しましょう。人間関係は人によって様々なので、転職先の会社は自分と合いそうかを入社前に確認することが大切です。

人間関係で悩まなさそうな職場って、どうやって見つければいいんだろう?

そうよね♪正確な情報をどこから得るかが重要よ♡ Pointにまとめておいたわ★

求人サイトで「人間関係は良好」と書かれている会社より、知人の紹介や人材派遣会社など、
実際にその職場で働いていたり、内部の事情に詳しい人から情報を集めるようにしましょう。

気にせずに没頭できる仕事を見つける

転職すると、これまでとは変わった仕事に挑戦するチャンスが生まれます。例えば、成果主義の会社に転職することで飛躍的な自己成長が望めます。

成果主義の会社は、人間関係が良かろうが悪かろうが、個々の目標をどうやったら達成できるかを考える人が多く、そもそも人間関係で悩むことが少なくなります

また、自分が本当に好きな仕事が見つかれば、人間関係に悩むスキがないくらい仕事に没頭できます。自身の手に職をつけ、思い切って自営に挑戦してみる方法もあります。

自分が「本当はどうなりたいか」を考え直してみる良いタイミングよ★好きな仕事をしていれば人間関係に悩んでいるヒマなんてないんだから♡

自分の考えを整理してみるくらいなら僕にもできそうだし、ちょっと今からでもやってみようかな!なんだかワクワクしてきたよ!

もし不安だったら転職エージェントの利用もアリね♡

20代の転職エージェントの選び方

まとめ

20代で人間関係がきっかけで転職は間違ってないことが分りました。

転職経験者の半数以上が人間関係をきっかけに転職しているんだったね。そしてまず自分は、どうして人間関係に悩んでいるか整理するのが大事なんだね。

そうね☆人間関係で悩んでたところから一気にチャンスに変えていくのよ♪みんな応援してるわ♡


RECOMMEND

関連記事