最終更新日:

ケアマネージャーとは?仕事内容からケアマネになる方法・将来性まで大公開

ケアマネージャーとは

「ケアマネージャーになりたい!」

介護業界でのスキルアップを目指してケアマネージャーを志望する人も少なくありません。

今回はケアマネージャーとは何か?から、ケアマネージャーになる方法・年収や将来性までご紹介します。

ケアマネージャーへの転職をより確実にする転職エージェントも併せてご紹介しましょう。

あなたが「ケアマネージャーに向いているか」適性診断するにはこちら→

ケアマネージャーとは?

ケアマネージャーってどんな仕事をする職業なの?

ケアマネージャーとは、正式には『介護支援専門員』と言い、介護保険制度に基づいてケアマネジメントをする仕事です。

介護を必要とする人が最適な介護サービスを受けられるようにケアプランを作成するのが主な仕事になります。

経験やスキル・資格が必要な職業のため、ケアマネージャーは介護業界のプロフェッショナルともいえるでしょう。

ケアマネージャーの仕事には他にも介護相談や給付管理業務・要介護認定業務などがあるの。きめ細やかな対応が必要な仕事が多いわ!

【ケアマネジメントとは?】
自宅で生活する高齢者や障がいを持つ人が自立した生活を送るために、その人に合わせたサービスを組み合わせてマネジメントを行う。居宅介護支援とも呼ばれる。

介護福祉士とケアマネージャーの違い

介護関わる職業として介護福祉士が挙げられますが、ケアマネージャーとは明確な違いがあります。

介護福祉士 ケアマネージャー
資格 国家資格 都道府県が認定する資格
受験
資格
実務経験3年以上 実務経験5年以上
業務
内容
直接要介護者のサポートを行う。 中心となる業務はケアプランの作成。直接的なサポートは少ない。

厚生労働省の平成27年の調査では、ケアマネジャーの約60%が介護福祉士の資格を保有しています。

介護福祉士のキャリアアップの道としてケアマネージャーを目指す人は多いです。

勤務場所によっては介護福祉士とケアマネージャーを兼任する場合もあります。

給与面でもケアマネージャーの資格があると優遇されるケースが多いの!

ケアマネージャーになる方法

ケアマネージャーに必要な経験・スキル

ケアマネージャーになるためには下記のステップが必要になります。

ケアマネージャーになるには

ケアマネージャーは保険・医療・福祉関係の現場での5年以上の実務経験が必要です。

ケアマネージャー資格試験の受験資格は高卒でも取得できます

国家資格には大卒以上が受験資格となる場合もあります。

ケアマネージャーに必要な資格

ケアマネージャーになるにはケアマネージャー試験(介護支援専門員実務研修受講試験)に合格し、研修を受講する必要があります。

ケアマネージャー試験は2018年に合格者の質の向上を目的として、受験資格の改正が行われましたが、試験内容に変更はありません

合格率は20%前後で、難易度は少し高めです。

ケアマネージャー試験の合格者の推移※2019年度は台風の影響により、34都道府県のみの実施。中止の13都道府県は令和2年3月8日に再試験。

ケアマネージャー資格は国家資格ではなく、各都道府県が認定する資格です。

都道府県で必要な受験資格が異なるケースがあるので、受験する都道府県の募集要項をよく確認してから受験しましょう。

介護保険制度改正に合わせて試験問題の傾向も変わるから、必ず受験する年の問題集や過去問のテキストで勉強しましょ!

ケアマネージャーの勤務先

ケアマネージャーの主な勤務先は居宅介護支援事業所介護施設です。

それぞれで働くケアマネージャーを【居宅ケアマネ】【施設ケアマネ】と呼び、業務内容も異なります。

居宅ケアマネ
施設ケアマネ
勤務先 居宅介護支援事業所 介護老人保健施設・特別養護老人ホーム・介護療養型医療施設などの介護保険施設
業務
内容
ケアプランの作成が中心。
その他にも介護相談・要介護認定の申請代行など業務は多岐に渡る。
施設の方針に沿ったケアプランの作成が中心。
その他、施設によって業務内容は異なる。
勤務
時間
自分でスケジュール設定がしやすい 施設の設定した勤務時間に出勤

居宅ケアマネは介護を必要とする一人ひとりと蜜な信頼関係を構築するのが重要になります。

一方、施設ケアマネは勤務する施設によって業務内容が異なりますが、福利厚生や待遇が好条件のケースが多いです。

最近ではグループホームやケアハウスなど新しい形態の施設での需要も増加傾向にあります。

自分に合った働き方ができる勤務場所を選びましょ!どこでもケアマネージャーは重宝される存在よ★

ケアマネージャーになる際の注意点

ケアマネージャーになる際に気を付けた方が良いポイントはあるのかな?

勤務時間を確認する

基本的にケアマネージャーの仕事は日中の業務が多いです。(例:事務作業・サービス利用者の自宅訪問)

夜勤は発生しないので、子育て等、家庭との両立も比較的しやすくなっています。

施設ケアマネは、施設や任される業務によって夜勤が発生するケースもあります。

勤務地によって任される仕事が異なる

施設ケアマネは介護保険施設によってケアプランの作成以外の仕事が大きく異なります。

勤務先を選定する際は自分が希望する仕事内容かよく確認しましょう。

仕事量やケアプランの作成と他の仕事の全体の仕事比率も変わるみたいだね。しっかり確認しなくちゃ。

ケアマネージャーに不向きな人

ケアマネージャーに不向きな人特徴は以下の通りです。

  1. コミュニケーションを取るのが苦手
  2. 計画を立てるのが苦手
  3. 毎日業務内容が変わるのが嫌

ケアマネージャーは介護が必要な人だけでなく、親族・事務所や施設のスタッフなど様々な人と蜜なコミュニケーションが必要です。

介護が必要な人が自立して生活ができるように、全体のバランスを考えながらある程度先の計画を立てる力が求められます。

ケアプランは一人ひとり異なり、介護が必要な人の体調や状況に応じた臨機応変な対応力が必要な仕事です。

業務内容も多岐に渡るから、急な頼まれ仕事が嫌って子も向かない可能性があるわ。

ケアマネージャーの年収・将来性

ケアマネージャーの年収

平成28年度介護従事者処遇状況等調査によると、ケアマネージャーの平均月収は約21万、年間賞与やその他の特別手当を含んだ年収は約410万円です。

また、居宅ケアマネか、施設ケアマネかによって異なります。

施設ケアマネの場合、介護職と兼任する施設は夜勤があるので夜勤手当が加算され、居宅ケアマネより支給額は多くなる可能性が高いです。

ケアマネージャーは基本的に経験年数と比例して基本給が上がるわ!ベースの基本給も現在上昇傾向だから、介護業界の中では高収入の職業なの★

ケアマネージャーの将来性

今後、日本は高齢化が進み、介護を必要とする人も増加します。

1人ひとりに合ったケアプランは必須のため、ケアマネージャーの需要も増加傾向です。

さらに2018年のケアマネージャー試験の厳しい基準への受験資格改正により、ケアマネージャーになれるハードルが高くなりました。

ケアマネージャーの価値はより一層高まるでしょう。

ケアマネージャーは介護の根本を支えられるやりがいのある職業なんだね。

ケアマネージャーへの転職を確実にする転職エージェント

転職活動は自分でできる範囲には限界があり、在職しながらの転職活動になるとかなりの負担になってしまいます。

転職エージェントを利用すれば、転職活動の負担が大幅に減少スムーズな転職が可能です。

きらケア マイナビ
介護職
転職エージェント
主なサポート対象者
無資格・未経験
経験者も
幅広く対応
経験者向け
雇用形態
正社員・派遣
アルバイト
パート
正社員
非常勤
パート
ケアマネージャーの
求人数
約2000件
約5000件
特徴
面談同行サービスがある
サポートが充実
福祉・介護職専門 利用者
満足度No.1
簡単登録
(無料)


ケアマネージャーが適正かどうか知る

ケアマネージャーの適性をすぐに知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グットポイント診断」を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスです。

\無料で手軽に適性がわかる!/

診断結果ではあなたならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きの適性をチェックできます。
ケアマネージャーの適性を診断できる「リクナビNEXT」のグッドポイント診断

リクナビNEXTでは100件以上のケアマネージャーの求人を取り扱っています。

1人ひとりに合わせたケアマネジメントができるのが重要なケアマネージャーは「親密性」「バランス」に長けている人には向いている仕事です。

簡単に適性が見えてくるので、自分にケアマネージャーが向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グットポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
リクナビNEXT

求人数4万件超!利用満足度No.1
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/
登録は3分で完了!

ケアマネージャーとは介護保険制度の要になる仕事

ケアマネージャーとは一人ひとりに合わせたケアプランを作成し、サポートの基盤を作る重要な仕事です。

転職サイトや転職エージェントを活用してケアマネージャーへの第一歩を踏み出しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事