最終更新日:

無職の仕事探しはどうやればいい?無駄なく就職するための方法と注意点

無職の仕事探しはどうやればいい?無駄なく就職するための方法と注意点

現在無職の方でそろそろ本気で仕事探しがしたいと考えている人も少なくないでしょう。

しかし、本当に無職からでも就職できるのか?そもそもどうやって就職活動を進めればいいのか?などの悩みがあるかもしれません。

そこで本記事では、無職の仕事探しのポイントや注意点、無職の人におすすめの就職エージェントなどを解説しています

少しでも早く安定した生活を手に入れたい方はぜひ最後まで目を通して下さい。

無職の仕事探しは年齢によって難しさも変わる

無職から就職する場合、その難しさは年齢によって大きく異なります

ここでは「20代」「30代」「40代以降」に分けてそれぞれ見ていきましょう。

20代はまだまだチャンスはある

20代の場合、無職からであっても就職のチャンスは十分にあります。

20代であればこれから成長する見込みも大きく、将来を見据えたポテンシャル採用をしてもらえる可能性も高いでしょう。

ただし、職歴のある転職者と比べると不利になるのは間違いないため、それをカバーするだけの行動量が必要だと考えて下さい。

少しでも効率良く就職活動を進めたいなら、就職エージェントは利用した方がいいでしょう

30代は35歳を境に大きく変わる

30代の場合、35歳を境に扱いが大きく変わる点に注意して下さい。

35歳までは就職エージェントなどの就職支援サービスを利用できますが、35歳を超えると対応してくれないエージェントもあるでしょう

また、最終学歴を卒業後に就職経験がない求職者を「既卒」と呼びますが、その既卒も基本的には35歳までとされています。

35歳以上で無職の方は一度求人条件を見直し、広い視野で職種を探す必要があるでしょう。

40代以降は難易度が高くなる

40代以降で無職の場合、これまでに職歴があるかないかがポイントとなるでしょう。

これまでに職歴がある場合、過去の実績を活かしてスカウト型の転職エージェントを利用する方法もおすすめです。

過去にアピールできる実績がなかったり、職歴自体がない40代以降の方は非常に就職が難しくなります

ハローワークや転職サイトなど、年齢に関係なく利用できるサービスをうまく活用して就職活動を進めてください。

↓50代の方はこちらも参考にしてください↓

無職で仕事探しをする際のポイント

無職の就職活動は、通常の就職活動とは異なる大事なポイントがいくつかあります。

ここでは無職から就職するためのポイントを以下の3つご紹介します。

    無職から就職するためのポイント

  1. 自己分析は必ず行う
  2. 無職になった理由は正直に伝える
  3. 正社員を目指す理由を準備する

自己分析は必ず行う

無職から就職しようと活動を始めた場合、どこでもいいから就職できればいいと考える人は少なくありません。

しかし、その気持ちは面接で不利に働く場合も多く、仮に就職できてもすぐに仕事が嫌になる可能性も高いです。

そのため、無職から就職したいと思ったなら、まずはじめに自己分析を行いましょう。

ただし、自己分析を自力でやるのは難しい上にかなり時間もかかるため、無料で公開されている適性診断を利用するのが手軽かつ客観的な視点も得られておすすめです。

ここでは、無料で信頼性も高い適性診断を2つ紹介しますので、うまく活用してみて下さい。

強みがわかる「グッドポイント診断」

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」では、18種類の中から自分の「5つの強み」とその強みに合った「適性職」を診断できます。

18種類の強み

15分程度で診断できる手軽さな上に、業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため診断結果の精度も信頼性も抜群

利用するには転職サイトのリクナビNEXTへの登録が必要ですが、誰でも無料で簡単に登録できます。

自分の強みや適性を知り、新しい分野へチャレンジするのもいいでしょう。

\* あなたの5つの強みがすぐわかる */

↓詳しい診断手順はこちらを参考にしてください↓

市場価値が分かるミイダス

「ミイダス」はdodaを運営するパーソルキャリアが開発したアプリで、自分の「市場価値」や「資質」を診断できます。

更に優良企業170,000社に診断結果が公開され、興味を持った企業があれば直接オファーが届くシステムになっています。

アプリならではの手軽さでサクッと自己分析ができるのが魅力です。

\* あなたの市場価値がすぐわかる */

無職になった理由は正直に伝える

無職で就職活動をする場合、面接では必ず無職になった理由(就職しなかった理由)を聞かれるでしょう。

しかし、これは決して無職の状態を責めたり否定しているのではなく、「過去をどう捉え、これからどう活かすつもりなのか?」を問われています。

そのため、嘘はつかずに正直に答える方が結果的に印象はいいでしょう。

ただ事実を言うだけでなく、そこから何を学んで今後の仕事にどう活かせるのかを伝えるのがポイントです。

正社員を目指す理由を準備する

今まで無職だった人がどうして正社員を目指そうと思ったのかは、面接官としても気になるポイントです。

こちらも面接では聞かれる可能性が高いので、事前に準備しておいた方がいいでしょう。

無職になった理由と同じく「過去をどう捉えて、これからどう活かすつもりなのか?」を考えるのがポイントです。

無職の仕事探しは就職エージェント利用が必須

周りと比べてハンデのある無職の就職活動では、就職エージェントの利用は必須です。

就職エージェントは誰でも無料で利用できる就職支援サービスで、非公開求人の紹介や面接対策が無料で受けられ、中には書類選考が不要になる所まであります。

ここでは以下の状況別におすすめの就職エージェントを紹介しますので、気になるエージェントに登録してみるといいでしょう。

  1. 社会人未経験の20代・30代におすすめ
  2. 20代の無職の方におすすめ
  3. 30代・40代の無職の方におすすめ
  4. 過去の実績がある方におすすめ

社会人未経験の20代・30代におすすめ

これまで社会人経験がない20代・30代の無職の方に最もおすすめできる就職エージェントが「JAIC(ジェイック)」です。

JAICは社会人経験がない・少ない方が対象の就職支援サービスで、5日間の研修と書類選考なしの集団面接会によって就職成功率80%以上を誇ります。

また、対象年齢も18歳~39歳までと広範囲なのも嬉しいポイント。

社会人としてのスキルとメンタルを両方鍛えた上で就職できるため、今の自分に自信がない人にもおすすめできる転職エージェントです。

ジェイック(JAIC)

社会人未経験からの就職成功率80%超!
18歳~39歳なら誰でも研修に参加可能
ビジネス基礎から面接対策まで、
就職活動に必要な全スキルを一気に学べる!

20代の無職の方におすすめ

マイナビジョブ20’s 就職shop
サイト
年齢層
20代
サポート対象者
20代/既卒・第二新卒/フリーター/初めて就職/転職相談
支援実績 年間約3万4000人が登録 4人中3人が正社員未経験から内定獲得
特徴 首都圏・関西・東海の求人が中心。既卒向け求人が豊富 全ての求人が未経験歓迎で書類選考不要
公式
サイト

30代・40代の無職の方におすすめ

リクルートエージェント Spring転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は41万人超 大手優良企業への紹介実績多数
求人数 約30万件 約1万7000件+非公開求人
特徴 業界最大手求人数No.1
面接対策が充実
専門分野に精通年収UP率59%
IT系に強い
簡単登録(無料)

過去の実績がある方におすすめ

キャリアカーバー ビズリーチ
転職エージェント
主な年齢層
30~40代
主なサポート対象者
年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
支援実績 転職時の平均年収900万円 ハイクラスから支持される転職サイトNo.1
求人数 約7万件 約12万件
特徴 年収800万~2000万円求人を多数保有
一流ヘッドハンター指名可
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウトあり
簡単登録(無料)

無職が仕事探しをする上での注意点

無職の人が就職活動をする際には注意点もいくつかあります。

    ■ 就職活動をする上での注意点

  1. 行動量が必要だと予め覚悟しておく
  2. ブラック企業かどうかを見抜く
  3. エージェントを利用できない場合も

ここでは上記3つをピックアップしてご紹介します。

行動量が必要だと予め覚悟しておく

就職活動において無職である事実は、職歴のある転職者と比べても大きなハンデになります。

もちろん就職は不可能ではありませんが、その分行動量を増やしてカバーしていくしかないと覚悟しておきましょう。

ブラック企業かどうかを見抜く

無職の就活ではどこでもいいから入りたいといった気持ちが強くなり、ブラック企業に就職してしまうケースも多いです。

しかし、一度ブラック企業に入ってしまうと抜け出すのも難しく、最悪の場合はう身体を壊したりうつ病になる可能性も

幅広く求人を探すのは大事ですが、同時にブラック企業かどうかの判別も怠らないように注意して下さい。

  • 離職率が高く平均勤続年数が短い
  • 残業時間が明記されていない

などがブラック企業の主な特徴なので、できるだけ避けるようにしましょう。

エージェントを利用できない場合も

年齢が30代以上で無職の場合、就職エージェントを利用できない可能性もあります

無職の就活を自力で行うのは非常にハードルが高いため、その場合はハローワークを活用しましょう。

無職の仕事探しは早めの行動が大切

無職からの就職活動では、年齢が高くなればなるほど難易度が高くなります

そのため、就職したい気持ちが出てきたなら、できる限り早めの行動が大切になるでしょう

しかしやみくもに行動しても自分に合わない会社やブラック企業に就職してしまう危険も。

まずは自己分析で自分に合った仕事や明確にし、就職エージェントの力を借りて徹底的に対策をするのが最も効率的な方法です。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事