最終更新日:

20歳の中卒ニートでも就職できる?中卒ニートの希望の就職が実現する方法

中卒20歳ニート

「20歳の中卒ニートでも仕事は見つかる?」「中卒ニートが就職を有利に進めるには?」
「20代のうちに就職した方がいいの?」

20歳の節目を迎えニートを辞めたいと思っていても、何から始めればよいのか分からず悩んでいる中卒者は少なくありません。

20歳の中卒ニートでも経験やスキルを身に付け、就職支援サービスなどを上手く活用すれば効率的に希望の就職が実現します。

本記事では、中卒ニートの割合や20歳の中卒ニートが就職した方が良い理由、就職を成功させる方法を解説していきましょう。

中卒ニートの現状

中卒ニートは全ニートの約2割

中卒でニートの人って多いのかな?

労働政策研究・研修機構によると2017年の学歴別ニート(15~34歳で就業していない人)の割合は以下の通りでした。※1

最終学歴 割合
中卒 18.1%
高卒 57.2%
短大・専門校卒 10.9%
大学・大学院卒 13.2%

ニート53万人中約9.5万人が中卒です。

中卒者の数は年々減少していますが、現在も様々な事情から中卒でニートになる人は一定数存在します。

新規中卒者の1年目の離職率は35.8%

厚生労働省の調査では中学校卒業後、就職した中卒者の過半数が3年以内に離職しています。

中卒20歳ニート※2
中卒者は他の学歴者より就活に割ける時間が少なく、企業の情報が不十分なまま就職してしまうケースが多いです。

入社して1年以内に仕事が合わないと感じ退職する中卒者が最も大きな割合を占めています。

離職後に再就職する中卒者もいれば、仕事をする意欲や自信をなくしニートの状態になってしまう人も少なくありません。

20歳の中卒ニートは就職するべき

現代は学歴社会だから、教育コストが抑えられる高学歴者の需要が高いわ。

中卒者は企業からネガティブな印象を持たれやすく、求人の選択肢も多くはありません。

学歴不問でもスキルを重視する企業は多く、仕事に対する基本的な知識や就業経験が少ない人は採用されにくいのが現状。

ニート期間が長いほど就職し辛くなるため、20代のうちに就業経験を積むべきでしょう。

20歳の中卒ニートの就職成功法

中卒だとそもそも選択肢が少ない上に、十分な職歴がないニートはかなり就職が不利になるんだね…

確かに選択肢は多くないけど、中卒のニートでも就職を成功させる方法はたくさんあるわ♡

非正規雇用で経験を積む

中卒者で就業経験がないなら、アルバイトや派遣社員として働きながら経験を積むのが得策。

経験の少ない20歳が最初から正社員を目指す難易度は高く、不採用になるケースが多いです。

失敗が重なると就活に対する意欲がなくなり、心が折れてニートに逆戻りしてしまう人も。

正社員を目指すなら、まず十分な経験を積んでから転職するか、正社員登用制度がある企業で働いてみましょう。

経歴・学歴不問の求人を狙う

経歴・学歴不問の職業は20歳の中卒ニートでも就職しやすいです。

好待遇で経歴・学歴不問の求人の中には「ブラック企業」も多数存在するため、事前に仕事内容や労働環境などの情報収集をしましょう。

以下のような職業は未経験から挑戦でき、学歴より人柄やスキル重視なので中卒者向けです。

コミュニケーション能力が必要な仕事
・営業職
・飲食系
・介護職 など
接客なしで体力勝負な仕事
・工場勤務
・建築・土木業
・運輸(運転)・配送業 など



就活に有利な資格・スキルを学ぶ

中卒者でも下記の資格を取得すれば就職が有利になり、求人の選択肢の幅も広がります。

・MOS
・プログラミング関連の資格
(プログラミングスキル)
・日商簿記
・普通自動車免許

資格以外で就職に役立つ専門的なスキルを学びたい20歳は、ハローワークの職業訓練プログラミングスクールなどに参加してみましょう。


応募書類・面接の対策を万全にする

20歳の中卒ニートが特に力を入れるべきなのが応募書類や面接対策

資格やスキルを身に付けても上手く企業にアピールできなければ、選考に通過できません。

学歴や経歴は嘘をつかずネガティブな言い回しを避け、仕事に活かせるスキルや意欲をアピールしましょう。

中卒ニートでも企業側に好印象を与えられれば、採用される可能性は高くなります。


サポートステーションを利用する

就職に対して不安を感じているなら、地域若者サポートステーションを利用しましょう。

サポートステーションは就労に対して悩みを抱えている15歳~49歳を全面的にバックアップする厚生労働省委託の支援機関です。

相談だけでなく就職に役立つ講座や情報提供、就職後まできめ細かくサポートしてくれます。

中卒20歳ニート

ハローワークを利用する

ハローワークは厚生労働省が全国544ヵ所に設置する公共職業安定所で、満15歳以上なら中卒でも利用可能

中卒者向けの求人も豊富で、相談窓口では書類添削や面接対策などもサポートしてくれます。

ハローワークでは自宅周辺の中小企業を優先的に紹介してくれるので、地元で就職したい20歳に向いているでしょう。

中卒向け就職支援サービスを利用する

経歴や学歴に自信がなく就活が不安な20歳には、就職支援サービスが非常に有益です。

中卒者でも希望にマッチした求人紹介や応募書類の添削、面接対策まで手厚くサポート。

日程調整や企業への交渉も請け負ってくれるため、在職中でも効率的に転職活動ができます。

様々な就職支援サービスを比較検討して、自分に合ったサービスを探しましょう。

第二新卒エージェントneo 就職Shop
就職支援サービス
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、高卒、中卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 職歴なし支援実績1万人以上 利用者累計10万人超
特徴 1名のサポート平均8時間。相談しやすさ1位 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)


ハタラクティブ ジェイック
(JAIC)
就職支援サービス
主な年齢層 20代 18~35歳
主なサポート対象者 フリーター、既卒、中卒 社会人未経験、中卒もOK
支援実績 6万人以上の支援実績 入社後の定着率91.5%
特徴 就職成功率8割
3人に2人が未経験職種に転職
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)


20歳の中卒ニートでも就職は難しくない

20歳の中卒ニートでも、就業経験やスキルを取得すれば就職は難しくありません。

ニート歴が長くなるほど企業からネガティブなイメージを持たれやすいので、20代のうちに就活するのが得策です。

1人での就活が不安ならハローワークやサポートステーション、就職支援サービスを利用して希望の就職を実現させましょう。

(※1 参考:労働政策研究・研修機構/若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状)
(※2 参考:厚生労働省/新規学卒就職者の離職状況を公表します)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事