最終更新日:

30歳中卒でもスムーズに転職できる!30歳中卒者の理想の転職が成功する方法

30歳中卒転職

「30歳中卒の転職は厳しい?」
「30歳中卒でも転職が有利になる方法は?」「30代の中卒でも転職しやすい職業は?」

転職したいと考えていても学歴に自信がなく、年齢はネックになるのではと悩んでいる30歳の中卒者は少なくありません。

30歳中卒者でも資格取得やスキルを学び、これまでの経験を上手くアピールできればスムーズに転職活動が進められます

本記事では30歳中卒者の転職の難易度が高い理由や理想の転職が成功する方法、転職活動中の注意点を解説していきましょう。

30歳中卒者の転職の難易度が高い理由

下記のようなネガティブなイメージから中卒者向けの求人を掲載していない企業が多いです。

    ・努力の継続ができないのでは?
    ・仕事に対しての意欲がないのでは?
    ・嫌な業務から逃げてしまうのでは?
    ・一般常識が身に付いていないのでは?

他の学歴者より中卒者の需要は圧倒的に少なく、求人の選択肢がほぼありません

新卒から働いている30代は相応の経験を積んで、中堅的な立場になっている人がほとんど。

中途採用でも20代と比べてある程度のスキルが求められるため、30代で経験が少ないと就職や転職難易度が高くなってしまいます。

30歳中卒者が転職を成功させる方法

30歳の中卒者が転職するのは厳しいんだね…。今の職場で我慢して働くしかないのかな…?

確かに選択肢は多くないけど、30代の中卒者でも転職を成功させる方法はたくさんあるわ☆

経験・学歴不問の求人を狙う

30歳の中卒者で経歴に自信がないなら、経験・学歴不問の求人を狙いましょう。

人手不足の企業は経験や学歴よりも人柄や長く勤める気がある人を求めています。

ただし、経験・学歴不問で好待遇の求人の中には心身共に負担が大きい職場が多数。

短期転職を繰り返してしまうと今後の転職が不利になるため、どれだけ好待遇でも続けていける仕事なのかしっかりと検討が必要です。

実力勝負の仕事

飲食業界や営業職・販売職などは未経験から挑戦でき、学歴不問の求人が多数

長時間労働や日々の勉強が必要になりますが、30歳の中卒者でも頑張り次第でキャリアアップ高給与が目指せます。

メリット
→高給与が目指せる
→様々な分野で役立つノウハウが学べる
→キャリアアップできる
デメリット
→労働環境が厳しい職場が多い
→高いコミュニケーション能力が必要

人手不足の仕事

介護・福祉職、工場作業員、運輸(運転)・配送業などは慢性的に人手不足です。

資格やスキルがなくても挑戦できますが、体力や集中力に自信がある人に向いています。

30歳の中卒者でも専門的なスキルや資格を取得すれば、安定した収入が得られ今後の就職先に困らないでしょう。

メリット
→資格がなくても挑戦できる
福利厚生が充実している企業が多数
→専門的な資格取得で収入安定
デメリット
→心身に辛い仕事が多い
→長時間勤務で体力や集中力が必要

30歳中卒者は資格を取得する

30歳の中卒者で経験やスキルが足りないと感じるなら資格を取得しましょう。

資格取得には時間や費用が掛かりますが、転職が有利になるだけでなく収入アップもします

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSはWordやExcelなどのマイクロソフト・オフィス製品の使用スキルを測る資格。

汎用性が高く様々な業界でMOS資格保有者は即戦力として扱われます。

自分のペースで勉強でき、パソコンに慣れている人なら2週間、初心者なら一か月程度の学習で取得可能です。

通信講座でも短期間で取得できるので、オフィスワークに転職したい30歳の中卒者は挑戦してみましょう。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
受験資格 なし
合格率  スペシャリスト(一般)約80%  エキスパート(上級)約60%
難易度 普通
受験料 スペシャリスト(一般)10,780円 エキスパート(上級)12,980円

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

介護職員初任者研修は介護の基礎知識・スキルを証明する資格で130時間の通信講座と実地訓練を受講しなければいけません。

時間・金銭的余裕がないと厳しいですが、取得すれば資格手当が付きどの形態の介護施設でも勤務可能になります。

資格がなくても介護職に就けますが、安定した収入が得たい30歳中卒者は取得しましょう。

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)
受験資格 なし
合格率 約80%
難易度 易しい
講座受講費用 通学or通学+通信50,000円~150,000円

30歳中卒者はハローワーク利用が有益

ハローワークは全国544か所にあって、15歳以上なら中卒の子でも利用できるの♡

ハローワークは求人サイトと比較しても、中卒者向けの経歴・学歴不問の求人が多く選択肢が豊富。

無料で専門的なスキルが学べる職業訓練などの30歳中卒者の転職に役立つサポートも充実しています。

30歳中卒者は転職支援サービスを活用

転職支援サービスは希望に合った求人紹介や応募書類・面接対策まで手厚くサポート。

日程調整や企業への交渉も任せられるため、在職中でもスムーズな転職活動が可能です。

経歴や学歴に自信がなく1人での転職活動が不安な30歳中卒者は、転職支援サービスを有効活用しましょう。

DYM就職 ジェイック
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 就職支援実績
23,000名以上
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)


30歳中卒者の転職活動中の注意点

30歳の中卒者でも経歴・学歴不問の職業や資格があれば転職は難しくないんだね。早速求人を探そうよ!

30歳の中卒者でも効率的に転職できる方法はあるけど、転職活動中の注意点がいくつかあるの。

30歳中卒者は幅広い視野で求人を探す

中卒者は、高卒や大卒の人と比べると選択肢が限られています。

更に30代になると選択肢が狭まってしまうため、すべての希望条件に当てはまる求人は見つかりにくいです。

最初は業種を絞り込み過ぎず、譲れない条件だけを設定し幅広い視野で求人検索しましょう。

ネガティブな印象を払拭する

選択肢は多くありませんが、30代の中卒者でも歓迎してくれる企業は存在します。

学歴やスキルがないからと面接時に自信なさげな受け答えをしてしまうと、ネガティブな印象を与えてしまうでしょう。

中卒者でもこれまでの経験や仕事へのやる気や意欲をアピールできれば、希望の転職は難しくありません。

30歳中卒者でもスムーズに転職成功!

30歳中卒者でも、これまでの経験をアピールしネガティブな印象を払拭できれば希望の転職は実現します。

1人での転職活動が不安な中卒者には転職支援サービスが非常に有益です。

経験やスキルに自信がないなら、資格取得やハローワークの職業訓練などを活用して転職を有利に進めましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事