最終更新日:

中卒の収入はどれくらい?中卒でも稼げる?中卒者が高収入を得る方法5選!

中卒 収入

「中卒の収入はどれくらい?」
「中卒でも稼げる仕事はある?」
「高収入を得るために資格は必要?」

中卒者の中には高収入を得る方法が分からず悩んでいる人も少なくありません。

中卒者でも資格取得や専門的なスキルを身に付ければ大幅な年収アップが可能です。

本記事では中卒者の平均年収や高収入を得る方法5選、高収入の仕事を探す時の注意点を解説していきましょう。

中卒者の平均年収は約240~270万円

厚生労働省の平成18年と令和3年の「賃金構造基本統計調査」によると学歴別の平均年収は以下の通り。

最終学歴 平成18年の平均年収※1 令和3年の平均年収※2
大学・院卒 341.4万円 406.8万円
高卒 249.3万円 271.5万円
中卒 227.3万円

平成19年以降は中卒者のデータが発表されていないため、令和3年の中卒者の正確な平均年収は不明です。

令和3年の大学・院卒者と高卒者の収入が平成18年の約1.1~1.2倍なので、中卒者の平均年収はおよそ240~270万円と考えられます。

中卒者と他学歴の年代別収入

厚生労働省の調査によると平成18年の学歴・年代別平均年収は以下の通り。

中卒 収入※1

10~20代は大学・院卒、高卒者と中卒者の年収の差額は約10万~35万円、30~40代からは約40万~205万円です。

20代までは学歴による年収差は少ないですが、昇給や昇進で年収が増える30代以降からは大きく開いています。

中卒者が高収入を得る方法5選

やっぱり中卒の人が高収入の仕事に就くのは難しいのかな?

確かに選択肢は多くないけど、勉強したりスキルを磨けば中卒者でも平均以上の収入を得られるわ☆

高卒資格・高卒認定を取得する

大手企業や有名企業などの好条件求人の多くは、応募資格が高卒以上か大卒以上。

金銭と時間に余裕があり勉強が苦にならないなら、高卒認定か高卒資格の取得を視野に入れましょう。

高卒認定は試験に合格しても学歴は中卒のままですが、高校卒業程度の学歴があると判断する企業は多いです。

高卒資格は定時制高校か通信制高校に通わなければいけませんが、最終学歴が高卒になるため応募できる求人数が一気に増えます。

高卒資格…高校卒業資格。最終学歴が高卒になる。
高卒認定…高校卒業認定試験。最終学歴は中卒。専門学校や大学に進学したい人向け

資格取得、専門的なスキルを学ぶ

高給与求人の中には学歴より経験や資格、専門的なスキルを重視する企業が多数。

中卒者でも専門的なスキルや資格を取得すれば就職・転職が有利になります。

資格は「国家資格」と「民間資格」があり、難易度や社会的信用性は異なりますが、実務歴・学歴に関係なく取得できる資格は多いです。

資格を取っても確実に高収入になるとは限りませんが、経験やスキルの積み重ねで高卒者や大卒者と同等の収入が得られるでしょう。

中卒者向けの国家資格と特徴

「国家資格」とは国の法律に基づいて、各種分野における能力・知識を認定する資格。

メリット
・社会的信頼性や信用性が高い
・将来仕事がなくなる心配がない
デメリット 
・難易度が高い
・受験料が高額な資格が多い
中卒者でも取得可能な国家資格
・宅地建物取引士(宅建)
・旅行業務取扱管理者
・調理師免許
・介護職員初任者研修筆記試験



中卒者向けの民間資格と特徴

「民間資格」とは民間団体や企業などが独自の基準に基づいて認定する資格です。

メリット
・難易度が易しく、比較的短期間で取得可能
・様々な業界への需要や汎用性が高い
デメリット
・知名度、信用度が低く評価されない資格も
・有効期限や更新が必要な資格もある

中卒者でも取得可能な民間資格
・日商簿記検定
・ホームヘルパー
・インテリアコーディネーター
・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
・登録販売者


仕事に活かせるスキルを身に付ける

志望する会社が最低限のスキルを必要としているなら、プログラミングスクールやハローワークの職業訓練に参加してみましょう。

ハローワークの職業訓練は以下のような幅広い分野に対応。

中卒 収入※3

プログラミングスクールはIT系に特化しており、無料で受けられるサービスも多いので初心者でも気軽に挑戦しやすいです。


勤続して昇給・昇進する

大企業に勤めてるからって若いうちから給料が良いとは限らないわ。

高収入を得ている人のほとんどが、経験や勤続年数を重ねて出世しています。

在職中なら最初は給料が低くても、働きながら様々な経験やスキルを身につけて昇進や昇給を目指すのが得策です。

もし現在の職場で正当な評価を得られず、収入が上がる見込みがないなら転職を視野に入れても良いでしょう。

実力重視の職業に転職

歩合制を設けている企業が多い営業職や販売職は、成績次第では高卒・大卒者以上の収入が得られます。

経歴・学歴不問の求人が多く挑戦しやすいですが、入社後は専門的な知識の勉強が必要です。

日々の努力や勉強が苦にならない、コミュニケーション能力が高い人に向いているでしょう。

就職・転職支援サービスを活用する

中卒者で平均年収以上の仕事を探すなら就職・転職支援サービスが非常に有益です。

学歴や経験に自信がなくても希望条件に合った求人紹介やサポートが受けられます。

日程調整や企業への交渉も請け負ってくれるため、在職中でもスムーズな転職活動が可能。

様々な就職・転職支援サービスを比較検討して、自分に合ったサービスを探しましょう。

第二新卒エージェントneo 就職Shop
就職支援サービス
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、高卒、中卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 職歴なし支援実績1万人以上 利用者累計10万人超
特徴 1名のサポート平均8時間。相談しやすさ1位 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)


ハタラクティブ ジェイック
(JAIC)
就職支援サービス
主な年齢層 20代 18~35歳
主なサポート対象者 フリーター、既卒、中卒 社会人未経験、中卒もOK
支援実績 6万人以上の支援実績 入社後の定着率91.5%
特徴 就職成功率8割
3人に2人が未経験職種に転職
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)


中卒者が高収入の仕事を探す時の注意点

経歴・学歴不問で高給与でも、一般的に3K(キツイ・危険・汚い)って呼ばれてる職業もあるよね?

・介護業界(訪問介護、老人ホーム)
・建設業界(土木工事、とび・土工工事)
・清掃業界(ビルクリーニング、特殊清掃)など

体力や強い精神力が必要な仕事は、人材確保のために好待遇で募集している企業が多いです。

高収入でも応募前に詳しい仕事内容などの情報収集をして、自分が続けていける仕事なのか検討しましょう。

中卒でも高収入の職業へ就職成功!

中卒者の平均年収はおよそ240万~270万

中卒者でも資格取得や専門的なスキルを身に付けて選択肢を広げれば、平均以上の収入を得るのは難しくありません。

現在の職場に不満があるなら、就職・転職支援サービスを活用して効率的に理想の年収アップ転職を実現させましょう。

(※1 参考:厚生労働省/平成18年賃金構造基本統計調査)
(※2 参考:厚生労働省/令和3年賃金構造基本統計調査)
(※3 参考:厚生労働省/求職者支援制度のご案内)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事