最終更新日:

マイナビエージェントなら電話面談でも転職成功?電話面談の有効な活用法

マイナビエージェントの電話面談はどう?内容から不利にしない方法まで紹介

若年層に人気のマイナビエージェントは初回にキャリアアドバイザーとの面談が必要ですが、求職者やエージェント側の都合によって電話面談になる場合があります。

「電話面談だと内容が薄くなる?」「ミスマッチが起こりそう…」「電話面談を提案されたけど直接相談したい」など、イレギュラーなケースに不安を抱く求職者も少なくありません。

マイナビエージェントは電話面談でも手厚いフォローでミスマッチがないよう努めてくれますが、なるべくなら直接面談の方がベストです。

今回はマイナビエージェントの電話面談の内容と電話面談になるケース、電話面談のメリット・デメリットや電話面談を不利にしない方法を解説していきましょう。

マイナビエージェント以外にも全国に面談場所を構えている転職エージェントも併せてご紹介します。

マイナビエージェントの電話面談の内容

マイナビエージェントの電話面談は濃厚になりにくい

マイナビエージェントの電話面談で話す内容は以下の通りです。

  1. マイナビエージェントのサービス案内・今後の流れ
  2. 現職の入社理由と退職希望理由
  3. 自分の長所・短所
  4. 転職の希望条件(転職時期、会社規模、職種、勤務地、年収、労働環境など)
  5. 他社の選考状況
  6. これまでの成果・実績、失敗事例
  7. 求人紹介
  8. 悩み・相談

通常の面談と大きな違いはありませんが、電話面談の所要時間は通常の半分程度の30~40分ほどです(直接面談の場合は60~90分前後)。

それぞれ相談の時間は短縮されるため、電話面談で話す内容は通常の面談より淡泊になるでしょう。

マイナビエージェントで電話面談になるケース

面談って面会して直接相談するんだよね?“電話面談”って言葉に違和感があるけど、マイナビエージェントではどんな場合に電話面談になるの?

求職者が希望するか、エージェント側からの提案で電話面談になるわ。直接会って相談しないイレギュラーなケースだから、事前に状況を把握しておいた方がいいわね。

マイナビエージェントの電話面談は多忙・遠方の人に対応

マイナビエージェントのオフィスは全国に7拠点。主要都市にオフィスを構えてはいますが、大手他社よりも地域が限定されているのは否めません。

最寄りのオフィスで面談をするにしても、在職中の転職活動なら忙しくて時間を取りづらい場合もあります。

居住地が遠方なら交通費や時間の問題でオフィスに赴けない求職者もいるでしょう。

多忙・遠方で都合がつかない場合は、その旨を伝えれば電話での面談が可能です。

下記公式サイトからマイナビエージェントに登録すると電話面談の予約ができます。

登録、利用はすべて無料です。

マイナビエージェントの公式サイト
【公式】https://mynavi-agent.jp/
登録は3分で完了!

マイナビエージェントから電話面談を提案される

教えてレディ。同じ電話面談でも、こちらの都合でなく、マイナビエージェントから提案された場合はどう受け止めたらいいの?

例外もあるけど、それはイエローカードかもしれないから注意して!

よほどオフィスから遠い地域を除いてマイナビエージェント側から電話面談を提案される場合、転職支援の優先順位が低い人材だと判断されているかもしれません。

紹介できる求人があっても募集人数が少ない場合、スペックがそこまで高くない人材は採用される見込みも薄くなります。

電話面談では支援が後回しにされやすく、その後連絡がない場合もあるようです。

ただし、人手不足で比較的採用されやすい業界(介護や薬剤師など)は電話面談で効率化を図る場合も。


マイナビエージェントの電話面談のメリット

マイナビエージェントの電話面談で転職効率アップ

多忙・遠方で都合がつかない場合だけでなく、マイナビエージェントのオフィスに行く行動自体が煩わしい求職者もいるでしょう。

電話面談ではキャリアアドバイザーと家や職場にいながら転職の相談ができます

交通費など費用がかからないのも大きなメリットです。

マイナビエージェントの利用に初回面談は必須のため、面談を電話で済ませればオフィスに一度も赴かず転職支援サービスが利用できるのでかなり効率的でしょう。

    マイナビエージェントの電話面談のメリット

  • 多忙・遠方でもどこでも転職の相談が可能
  • 移動時間・費用の節約
  • 一度もオフィスに行かずサービスを利用できる

マイナビエージェントの電話面談のデメリット

マイナビエージェントの電話面談はミスマッチの原因にも

電話面談では話し方や雰囲気からお互いの人物像が掴みづらいです。

通常の面談と比べて熱意や意欲も伝わりにくく、食い違いや誤解が生まれる可能性も。

求職者は通常の面談よりも短い時間で自分の魅力を伝え、キャリアアドバイザーも短い時間で求職者の情報を聞き出さなければなりません。

コミュニケーションの時間の少なさはミスマッチの要因になりやすいです。

電話面談の場合は、書類添削も後日メールでのやり取り。書類添削には数日を要し、その間は転職活動が停滞します。

    マイナビエージェントの電話面談のデメリット

  • お互いの人物像がわかりにくい
  • 食い違いや誤解でミスマッチ
  • 通常の面談よりも時間が短い
  • 書類添削に時間がかかり転職活動の停滞を招く

マイナビエージェントは利用回数や期間に制限なく相談に対応してくれるから、電話面談のリスクが少しはカバーできそう。電話でしか面談できない人にとってはありがたいサポートね。

マイナビエージェントと電話面談した人の声

マイナビエージェントは電話面談のフォローが手厚い

短時間の電話面談でも的を得たアドバイス

居住地域にマイナビエージェントのオフィスがなく電話面談をお願いしました。職務経歴書でキャリアの細かい部分まで把握した上でアドバイスしていただき、自分でも気付いていなかった強みや弱みにも気づかせてもらえて感謝です。

(20代・男性)

書類添削は後日メールで丁寧に

現職が忙しすぎて面談に行けず、電話面談に臨んだ。書類作成が苦手だと担当に伝えたところ、ここをもっと強調して、ここはアプローチを変えて面接官に伝わるアピールを、など電話でも細かく意見をくれた。その後もメールで何度も書類添削に付き合ってくれて本当に助かった。

(20代・男性)

電話面談では人となりが見えないから誤解が生じやすいけど、マイナビエージェントはそのリスクをフォローしようとしっかりサポートに努めてくれるのがわかるわね。

マイナビエージェントの電話面談を不利にしない方法

マイナビエージェントとの電話面談をシミュレーション

マイナビエージェントは電話面談だからこそ手厚くフォローしてくれますが、こちらの準備が疎かではミスマッチは避けられません。

自己分析や提出書類などの万全な準備はもちろん、電話面談を一度シミュレーションして、電話では伝わりにくそうなポイントを洗い出しておくのが得策です。

  1. 転職理由
  2. 希望条件
  3. 質問したい内容

上記は予めメモにまとめて準備しておけば電話面談の際に確認しながらやり取りできます。

履歴書・職務経歴書・事前アンケートなど提出した書類もパソコンで確認できる状態にしておくとスムーズです。

より簡潔に、より端的に、電話でも分かりやすい話し方を意識して電話面談に臨みましょう。

いくらマイナビエージェントがフォローしてくれるって言っても、リスクがある事実に違いはないもんね。電話面談になるなら、通常の面談以上に気合を入れて挑まなきゃ!

自己分析が苦手で転職理由や希望条件がまとまらない場合は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用すれば企業にアピールできる強みを簡単に分析できます。

リクナビNEXT

求人数4万件超!利用満足度No.1
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の強みを客観的に分析できる。

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/
登録は5分で完了!

マイナビエージェントの電話面談前に希望条件を精査

転職の希望条件を絞り込み過ぎると、それだけマッチする求人が少なくなります。

登録や提出書類作成の時点で希望条件の優先順位を決めて、妥協できる条件がないか検討してみましょう。

マッチする求人の範囲を広げておくと、電話面談でも支援の優先順位は高くなりやすいです。

最初は緩めの条件にして後からでも絞り込んでいけるから、自ら転職の選択肢を狭めないで♡

マイナビエージェントからの電話面談の提案なら直接へ切替

電話面談を提案された場合、マイナビエージェントに転職意欲を強く伝えると効果的です。

キャリアアドバイザーにより多く求人を紹介してもらうためにはどうしたらよいかアドバイスをもらって検討・実践します。

その上で直接面談への切り替えを希望してみましょう。

熱意や意欲が伝わりすぐに転職が決まりそうな人材だと判断されれば、通常の面談に対応してくれる場合もあります。

マイナビエージェント以外の面談場所

転職エージェントによって特性やサポートの質、得意な求人は異なります。

マイナビエージェント以外にも、全国に面談場所を構え幅広い地域の求人を取り扱う転職エージェントも多いです。

他社の転職エージェントの面談も受ければより自分にマッチする企業が見つかりやすくなるので、下記から自分に合う転職エージェントをピックアップしましょう。

転職エージェントは複数併用すると転職活動がより円滑に進みます。
doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 26~35歳 25~35歳
主なサポート対象者 関東、関西、東海の大卒以上 東名阪のハイクラス層、女性もOK
支援実績 業界30年の採用成功実績 顧客満足度調査1位
特徴 求人約10万件
営業職に強い
丁寧なサポート
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


Spring転職エージェント リクルートエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20~40代 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 全転職者に対応
支援実績 大手優良企業への紹介実績多数 採用成功実績は41万人超
特徴 専門分野に精通
年収UP率59%
IT系に強い
界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
簡単登録
(無料)


マイナビエージェントなら電話面談でも不利にならないが直接が無難

電話面談は多忙・遠方の求職者にとっては便利なサービスですが、やはりデメリットの方が大きく、直接面談できる方が無難です。

多少無理をしてでもオフィスに赴ける状況であれば、通常の面談を希望しましょう。

どうしても電話面談になってしまう場合には通常時よりもさらに準備を万全に、自分の状況や希望条件のスムーズな伝達を心がければリスクは最小限に抑えられます。

便利なサービスにはリスクもあるけど、しっかりと準備すれば電話面談の不利も有利に変えられるわ☆マイナビエージェントを上手に使って希望の転職を叶えるのよ♪

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下でサポートが◎。
主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。
転職回数が少ない求職者は転職活動が有利。

【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/
登録は3分で完了!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事