最終更新日:

30代の転職に妥協は必要?転職を成功へ導く上手な妥協の取り入れ方

なるべくなら妥協しないで転職できるのが一番ですが、30代が妥協しないで転職するのは難しいです。20代と同じように転職活動すると「なかなかいい求人が見つからない」「頑張ってるのにうまくいかない」と、必ず壁にぶつかります。条件に拘り過ぎて活動が行き詰まり、結局希望とかけ離れた企業に転職してしまったというケースは珍しくありません。

今回着目するのは「30代の転職の妥協ポイント」。妥協するorしないことでのメリット・デメリット、妥協点の見極め方から転職後のリアルな実感まで浮き彫りにし、30代が上手に妥協を取り入れて転職を成功させる方法をお伝えしていきます。

多くの転職希望者が妥協が必要と自覚

総合転職エージェントのワークポートが利用者に向けて実施した調査によると、約8割が「転職には妥協が必要」と回答しています。条件にこだわることも大切ですが、現実的に希望の全てが叶うと考えている転職希望者は少ないようです。間違ったこだわりは自分の視野や可能性を狭めているかもしれません。

出典:【転職希望者のホンネ調査】 理想と現実は違う!?/HRog

僕だったらせっかく転職するならこだわりたいし、何もかも諦めたくない。でも8割の人が必要だと思ってるなら妥協するのが普通なのかな…

もちろん妥協しないのがベストよ。でも、そのこだわりってそんなに重要?100%希望通りの求人なんてないに等しいんだから、譲れるところは譲らなきゃダメ。せっかくのチャンスを逃しているかもしれないの☆

妥協するorしないメリット・デメリット

妥協の有無で転職活動の進み方は大きく変わってきます。妥協すること、妥協しないこと、それぞれに良い側面と悪い側面があり、円滑に進めていくためには双方を理解し上手に付き合っていかなければなりません。

妥協すると活動はスムーズだが後悔の可能性

そもそもが20代より求人が限定される30代。条件に拘りすぎれば転職活動は確実に停滞します。妥協するメリットは、希望に該当する求人案件が増えることです。転職の選択肢は広がり、条件に近い複数の企業に応募することで書類選考→面接→内定へと進む機会もより多くなります。スムーズでスピーディな転職が可能です。

対して妥協するデメリットは、転職後に後悔する可能性があること。年齢的にもどんどん不利になっていく30代は、内定がなかなかもらえなければ焦ってしまうのは当然です。しかし、絶対に譲れない条件を妥協してしまえば必ず後悔します。

何のための転職なのか、そもそもの理由が解決できないなら転職する意味がありません。妥協するなら譲ってもいい条件のみに絞りましょう。

    30代が転職条件を妥協するメリット

  1. 該当する求人が増え選択肢が広がる
  2. 内定をもらえる機会が多くなる
  3. 転職活動を早く終わらせられる
    30代が転職条件を妥協するデメリット

  1. 転職後に後悔する可能性がある

妥協しないと後悔は避けられるが長期化を招く

20代の転職は失敗してもまだ容易に再転職が可能ですが、30代になるとそうはいきません。転職の失敗は将来を左右します。妥協しないメリットは、納得のいく転職ができて満足感が得られること。希望条件がすべて叶う理想の企業に転職できれば後悔は一切しないでしょう。

対して妥協しないデメリットは、希望に該当する求人案件が減ること。選択肢が狭く求人の競争率は上がり、転職活動の長期化を招きます。活動が長引くほど金銭的にも精神的に肉体的にも負担が増え、望まぬ転職をする可能性も否めません。

    30代が転職条件を妥協しないメリット

  1. 後悔しない転職ができる
    30代が転職条件を妥協しないデメリット

  1. 該当する求人が減り選択肢が狭まる
  2. 競争率が上がる
  3. 転職活動が長期化する
  4. 負担が増え望まぬ転職をする可能性
妥協は転職活動の潤滑油。
転職後に後悔しない妥協点を見極めること。

30代は特に、妥協することで転職活動がスムーズに進むんだね。あれもこれもって無駄なこだわりで自分自身を縛らない方がいいんだ。

30代になると結婚したり子供ができたり、家庭を持つ人が多くなってくるから転職活動の長期化はよりストレスになるわよね。条件を1つ妥協するだけでも、転職の視野はグッと広がるの♪

転職を成功へ導く妥協点の見極め方

妥協しやすい条件を知る

ワークポートの調査によると、転職に妥協は必要と答えた方の妥協できるポイントは、1位が「年収」で全体の20%、2位が「会社規模」で19%、3位は同率で「役職」「勤務時間」が12%でした。給与が不満で転職を決断する人も多いですが、転職者の多くは年収にそこまで拘らずに職場環境を優先する傾向が強いようです。

出典:【転職希望者のホンネ調査】 理想と現実は違う!?/HRog

不満を出し目的を定め条件に優先順位をつける

転職後に後悔しないために、まずは自分がなぜ転職しようと思ったのか、転職を意識するに至ったきっかけや今の不満点をすべて洗い出しましょう。次に、不満がどうすれば解消されるのか、何のために転職するのか、転職する目的の軸をしっかりと固めます。

最後に条件に優先順位をつけ、妥協できる順番を決めていきます。重要なのは、絶対に譲れない条件と譲ってもいい条件をハッキリと差別化しておくことです。

  1. 転職を意識したきっかけ・不満点を洗い出す
    「給料が安い」「休みが少ない」「激務」等
  2. 不満が解消される条件、転職の一番の目的を固める
    「手取りで3万円以上増える」「完全週休二日」「残業なし」等
  3. 条件の優先順位、妥協できる順番を決める
    最優先「年収〇〇円以上」優先「休日はなるべく多め」妥協可「残業は多少なら」等
  4. 絶対に譲れない条件と譲ってもいい条件を差別化する
    「年収は絶対」「休日や残業、会社規模や業務内容は譲れる」等

転職後のリアルな実感

妥協に関わる転職活動中のメリット・デメリットはありますが、実際に妥協するorしないことが転職後にどう影響してくるかは人それぞれです。個人個人の置かれている状況や転職した企業の特徴によっても実感は大きく異なるでしょう。

妥協して得られた思わぬ収穫

妥協したということは、転職するために一部の希望条件を緩めた、または諦めたということ。しかし、期待していなかった思わぬ収穫が得られる場合もあります。

  • 年収に妥協した例
    「年収は横ばいだが親睦会が会社負担になり交際費が浮いた」
    「年収は下がったが制服支給されスーツ代がかからなくなった」
  • 会社規模に妥協した例
    「会社規模は小さくなったが社内の風通しがよく、人間関係のストレスが軽減」
  • 役職に妥協した例
    「役職はダウンしたが当たり前だったサービス残業がなくなった」
  • 勤務時間に妥協した例
    「始業時間が早くなったが、通勤ラッシュが緩和」
    「残業が増えたが、数時間程度だと気にならずに稼げた」
  • 業界に妥協した例
    「未経験の業界になったが、同職種の経験がかなり活かせている」

妥協して結局後悔する

転職の目的に関わる希望条件を妥協すると後悔に繋がります。譲ってもいい条件を妥協するのは必然ですが、現在の状況から極端にハードルを下げた大幅な妥協はしない方が賢明です。

  • 職場の雰囲気に妥協した例
    「パワハラが嫌で焦って転職したが、同じような上司に悩まされている」
  • 通勤時間に妥協した例
    「多少ならと通勤時間を譲ったが、毎日だとかなり疲弊する」
  • 年収に妥協した例
    「収入は減ったが生活レベルは落とせず、別でアルバイトを始めた」
    「年収ダウンに合わせた生活で心が荒んでいる」
  • 業界に妥協した例
    「憧れの業界を諦めたがやはりやりがいがない」

妥協しないで転職したがストレス過多

一切の妥協がないまま転職を成功させる方も少なからずいるでしょう。しかし現実は甘くありません。30代で全く妥協せずに転職するのは無謀です。長期化、経済的ストレス、精神的ダメージ、肉体的な疲弊。妥協しないで希望を叶えるにはそれ相応の覚悟が必要です。

妥協しない転職でも別の問題が浮上

希望条件が満たされることで増えるリスクもあります。年収アップを望むなら、勤務時間は増えても構わないのか。残業のない職場を希望するなら、残業代がなくなることで収入が減っても受け入れられるのか。自分が叶えたい条件のために、どれくらい妥協できるのか、具体的にイメージしておきましょう。

  1. 条件が満たされることで考えられるリスクを書き出す
    「手取りで35万円以上」➡考えられるリスク「休日出勤がある」「残業が増える」「転勤がある」等
  2. リスクに対して妥協できる具体的なラインを決める
    「休日出勤」➡「代休がとれるなら可」
    「残業」➡「1日2時間までなら可」
    「転勤がある」➡「国内なら可」「関東圏なら可」等

最後に

妥協と向き合うこと=転職を成功させること

ただ単に「妥協」といっても様々な側面があるんだね。しっかりと理解して、上手に妥協を取り入れることが大事なんだ!

今までこだわっていても、新しい職場では必要なくなる条件も多いのよ☆そう考えたらまた選択肢も広がるでしょ?絶対叶えたい条件のためにどこまで妥協できるか理解するの☆妥協を上手に取り入れれば、もう成功は目の前よ♡

転職活動を続けるうちに、希望条件や優先順位も変化していきます。
妥協できる条件について繰り返し見直しましょう。

RECOMMEND

関連記事