最終更新日:

転職を迷う20代はどうする?迷う20代の注意点と転職成功方法

転職 迷う 20代

「20代で転職しようか迷う」
「20代での転職は早すぎるか迷う」
「転職を迷う20代はどうしたらいい?」

転職を検討していても、20代の今転職できるのか分からず迷っている人も少なくありません。

20代のうちに転職する人は多数、将来像を明確にして希望条件に優先順位をつけると失敗しにくいため、20代は早めに転職するべきです。

今回は20代が転職を迷う理由と原因、転職市場や注意点、転職成功法について解説していきましょう。

20代が転職を迷う理由と不安な要因

20代って何で転職を迷うのかな?

経験や資格がなく、選ぶ基準も転職できるかも分からなくて迷う20代が多いのよ☆

20代は経歴に自信がなく転職を迷う

20代はそもそも経験やスキルが浅いため、転職できるかの判断基準が備わっていません

転職できる自信がなければ、3年以上実務経験を積むか現状の仕事をそつなくこなせるようになるまで転職しない選択肢もあります

年齢を重ねるほど転職は不利に働きやすく、フリーター・ニート・既卒でも20代前半なら転職市場では有利です。

転職するなら20代の今が最適な時期なので、やりたい仕事や将来像があるなら、迷う時間はもったいないでしょう。

20代女性は転職を迷いがち

仕事とプライベートの両立を考えて転職を迷う20代女性も多いです。

仕事のやりがいはなくても女性への待遇が手厚い会社であれば、現職に留まる判断も間違いではありません

会社によって福利厚生はさまざまなので、制度が整った企業を選ばないとライフプランが描きにくくなります。

女性が働きやすい福利厚生
・時短勤務
・在宅勤務
・特別休暇
・生理休暇
・育児休暇

どのような福利厚生があるか・取得率はどれくらいか踏まえて求人を探せば20代女性でも迷わずに転職活動を進められるでしょう。

20代は異業種への転職を迷う

異業種への転職は難しいと考えられがちですが、企業は未経験の20代に対して実務経験や知識量を求めていません。

企業が未経験者を採用する理由
・経験者に絞るより応募数が多くなる
・独自の癖がなく社風に染まりやすい
・新しいアイデアが出やすい
・成長意欲を重視

未経験の20代に期待されるのは将来性やポテンシャルなので、やりたい仕事が別にあるならキャリアチェンジを迷う必要はないでしょう。

20代のうちに転職活動を始めた方が希望の業種に挑戦しやすいです。

20代は資格がなくて転職を迷う

資格がないと転職できないと考えている20代も多いです。

未経験者や若年層を募集している企業は、20代のやる気や今後の成長に期待して採用するため、教育や研修制度が充実しています。

業務に資格が直結する職種でない限り採用の決め手にはならないので、資格がないのは転職活動を始めない理由にはなりません

専門的なスキルや資格がなくても20代なら、未経験歓迎の企業にしぼれば転職は難しくないでしょう。

転職を迷う20代でも転職市場は◎

経験やスキル、ライフプランに不安を覚えて転職を迷うんだね!20代って転職しやすいんじゃないの?

20代なら採用の間口が広く年収アップもしやすいから、多くの子が転職を経験してるわ♪

20代は迷っても転職者が多い

求人情報・転職サイトのdodaによると、2022年にエージェントサービスを利用して転職した人の割合は下記の通りでした。(※1)

転職 迷う 20代

約50%を20代が占めていて、多くの人が20代で転職を経験していると分かります。

2021年の厚生労働省の雇用動向調査によると、20~29歳が辞めた理由の上位は下記の通りでした。(※2)

20~29歳の退職理由
・労働時間、休日等の労働条件が悪い
・給与等の収入が少ない
・職場の人間関係が好ましくない

株式会社学情のヤングキャリアの転職意識調査によると、新しい仕事に求めることの上位は下記の通りでした。(※3)

転職 迷う 20代

やりがい・給与・人間関係など退職・転職理由が明確で、現状の不満改善を目的に転職する20代が多いです。

今の会社が長期的に働きづらいと感じる環境なら、20代のうちに見切りをつけて早めに転職しましょう。

迷うなら20代は卒業3年未満で転職

厚生労働省の離職状況に関する調査によると、大学卒業者の3年以内の離職率の推移は下記の通りでした。(※2)

転職 迷う 20代

2017年から2019年にかけて3年以内に離職している大学卒業者は3割以上です。

就職してから3年以内に転職する20代は「第二新卒」とされ、企業側には下記のメリットがあります。

企業が第二新卒を採用するメリット
・ビジネスマナーの基礎ができている
・業界知識が多少あるので理解が早い
・前職の社風に染まっていない

第二新卒の20代は転職市場で有利なので、転職に最適なタイミングでしょう。

年収アップするなら20代

dodaのエージェントサービス利用者6,000名の転職者データによると、年齢別の年収アップ率は下記の通りでした。(※4)

転職 迷う 20代

全年齢の中で、転職して年収がアップした人の割合は20代が1番多いと分かります。

仕事に不満や迷いがあるなら、20代のうちに転職すると最も年収をアップしやすいでしょう。

転職を迷う20代の注意点

新卒で入社して数年の内に転職してる20代が多いんだ!転職を迷う20代が注意するポイントはあるの?

迷いながら転職活動を始めても勢いで退職するのは危険よ。20代はブラック企業を選ばないように注意してね★

迷う20代は在職中に転職活動を始める

20代に関わらず、一般的に転職活動期間は平均で3カ月程度とされていて、希望の条件に合う企業が見つからず想定より時間がかかる人も少なくありません。

就職先が決まる前に退職すると、収入が途切れる焦りから妥協した転職をしていまい後悔する20代も一定数います。

転職を決心しても、勢いで退職せず在職中に転職活動を進めて希望条件に近い会社を見つけましょう。

迷う20代はブラック企業に注意

求人票の良い面だけを見て入社し、予想外の厳しいノルマやサービス残業で転職に失敗したと感じる20代も一定数います。

求人票の要注意な言葉
・高年収→ノルマがきつい
・アットホーム→プライベートまで干渉
・20代幹部が多数→退職者が多い

求人票以外にも会社の口コミ検索・離職状況・内部情報まで把握すれば、ブラック企業への転職は事前に回避が可能です。

迷う20代は業務内容に注意

やりたい仕事や憧れていた仕事があっても、入社してから希望していた業務ではないと気づく20代は多いです。

求人票は人事部や採用担当が作成するため、実際の現場で欲している業務と募集している人材に乖離がある企業もゼロではありません。

業務内容は求人票だけでなく面接でも自分で思っている業務の詳細と同じか確認するのが得策でしょう。

迷う20代の転職成功法

ブラック企業を選ばないように在職中にゆっくり探した方がいいんだね。転職の成功方法はあるの?

転職を迷う20代は将来像・優先する労働条件を明確にしてから、経験を振り返るといいわ♡

転職を迷う20代は将来像を明確化

キャリアプランを立てていない20代は、今やるべき仕事が分からなくなり漠然と将来に不安を感じて転職を迷いがちです。

    キャリアプランの立て方

  1. 今ある経験やスキルを書き出す
  2. 将来なりたい理想像を考える
  3. 足りない経験やスキルを考える
  4. どんな会社で経験を積めるか考える

目標が明確になれば今転職すべきか・どんな会社を選ぶべきかが分かるため、20代でも転職を迷わなくなるでしょう。

転職を迷う20代は優先順位を明確化

全ての希望を満たす求人を見つけるのは困難で、譲れない条件、譲歩できる条件を明確にしないと望まない転職になりかねません。

希望する条件と確認すべき項目
・能力の向上→業務内容や教育環境
・年収アップ→給与条件
・やりがい重視→社風
・プライベート重視→勤務時間、福利厚生

希望条件に優先順位を付ければ自分が転職に求める基準が明確になるため、20代でも迷わずにスムーズに選べるでしょう。

迷う20代は経験・スキルの棚卸をする

自分に合う仕事やできる仕事が分からない20代は経験やスキルの棚卸をしてみましょう。

    経験・スキルの棚卸方法

  1. 業務経験・内容を書き出す
  2. 使用経験のあるツールを書き出す
  3. 褒められた業務を書き出す

経験・スキルの棚卸をすると、具体的な強みやどんな業務に役立つが分かり、転職を迷いにくくなります。

転職サービスの利用で20代も迷わない

経験や希望の整理など色々やらないといけないんだね。もっと簡単に転職できないのかな?

自分1人で考えるのが苦手で迷っちゃう20代は、転職サービスを利用すれば効率よく転職できるわよ♬

転職を迷う20代はエージェントを利用

転職エージェントは仕事を探している求職者と人材を欲している企業を仲介し無料でサポートするサービスです。

多くの相談実績があるため、20代の悩みや迷い、キャリアプランの相談や強みも発見をしてもらえます。

転職 迷う 20代

転職エージェントは相談だけでなくサポートも無料で受けられるので、転職を迷っている20代は活用しましょう。

20代の既卒・第二新卒向け

マイナビジョブ20’s 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 24~29歳、24歳未満の既卒 20代
主なサポート対象者 東名阪の既卒、第二新卒、フリーター 学歴職歴不問
支援実績 利用者数累計
37万人突破
利用者累計10万人超
特徴 20代対象の求人のみ。ポテンシャル採用中心 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

経験が浅い20代向け

DYM就職 就職カレッジ
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、既卒、中退者
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある20代向け

リクルート
エージェント
マイナビ
エージェント
就職支援サービス
主な年齢層 20~40代 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の満足度
No.1
を獲得
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)

やりたい仕事がある20代は迷わず転職

20代は転職できるか迷いがちですが、企業は将来性やポテンシャル、やる気を重視するため、経験やスキルは採用に直結しません

実際に20代の内に転職を経験する人は多く、就職して3年以内なら第二新卒として有利に転職活動を進められます。

将来像や優先順位を明確に、スキルの棚卸も徹底しつつ転職エージェントを上手に活用して、20代で効率良く転職を成功させましょう。

(※1 引用:doda 転職成功者の年代別割合 )
(※2 引用:厚生労働省 学歴別就職後3年以内の離職率の推移)(※3 引用:PR TIMES ヤングキャリアが新しい職場に求めること)
(※4 引用:doda 年収アップ転職の傾向)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事