最終更新日:

WORKPORT(ワークポート)の登録は簡単!1分でできる登録方法

WORKPORT(ワークポート)の登録は簡単!1分でできる登録方法

転職エージェントに登録しようか迷ったけれど、なんだか入力項目が多くて面倒だな、と思った経験はありませんか?

IT・Web・ゲーム業界に強い転職エージェント「WORKPORT(ワークポート)」の会員登録は1分で終わるほど簡単な内容です。

今回は、WORKPORT(ワークポート)への登録方法、登録前のQ&A、登録後の面談のコツをご紹介します。

WORKPORT(ワークポート)に1分で登録する方法

WORKPORT(ワークポート)の転職相談サービスへの登録項目は他社のエージェントに比べて、非常にシンプル

必須の7項目を入力・選択すれば、1分ほどで登録が完了します。

WORKPORT(ワークポート)登録画面

    会員登録に必要な項目

  1. 名前(フリガナ)
  2. 生年月日
  3. メールアドレス
  4. 電話番号
  5. 住んでいる都道府県
  6. 希望の勤務地
  7. 希望職種

WORKPORT(ワークポート)へ登録する前に知っておきたいQ&A

Q1:登録したあと、求人への応募を急がされたりする?

一般的に転職エージェントを利用する際、すぐにでも転職する姿勢を見せたほうが担当者にやる気を出してもらえます。

WORKPORT(ワークポート)は短期で転職を決める傾向のあるエージェントのため、担当者によっては強く応募を勧めてくる場合も。

「とりあえず業界情報が欲しい」「電話連絡はいらない」など、正直に要望を伝えると対応してもらえるケースが多いです。

Q2:在職中なので平日の日中は相談に行けないんだけど大丈夫?

WORKPORT(ワークポート)では平日は21:30まで問い合わせを受け付けています。(※転職相談の開始は20:30~まで)

土日の面談にも対応してもらえるので、現職がある人でも問題なく転職活動を始められます。

Q3:一度登録したら退会できなくなったりはしない?

サービスや求人の内容が合わなかったときはいつでも退会できます。

求人に応募していたり、すでに書類選考中だと担当者から退会を引き留められる可能性もあるので、現在進行中の求人は辞退してから退会しましょう。

eコンシェルの「設定」から退会依頼を押すと、退会の意思をWORKPORT(ワークポート)に伝えられます。

電話やホームページのお問い合わせフォームを利用しても大丈夫です。

プライバシーマーク(個人情報の取り扱いが適切だと証明する制度)を取得している企業なので、情報漏洩の心配もありません。

WORKPORT(ワークポート)登録後の面談が上手くいくコツ

サービスへの登録後、当日~3営業日以内にWORKPORT(ワークポート)から面談日時の連絡が来ます。

年齢や経験が理由で面談を断られる可能性もありますが、他のエージェントより基準は緩いので、落ち着いて連絡を待ちましょう。

WORKPORT(ワークポート)の面談場所

WORKPORT(ワークポート)は2020年2月現在、全国14か所にオフィスがあります。

自宅から遠い場合は電話での面談も受け付けているので、申し出てみてください。

オフィスがある都府県一覧

東北
宮城県
関東
東京都(品川区、千代田区、立川市)、埼玉県、神奈川県、千葉県
中部
愛知県
近畿
大阪府、京都府、兵庫県
中国
岡山県、広島県
九州
福岡県

面談までに用意しておきたい書類など

履歴書・職務経歴書のほか、職種によってはポートフォリオ(制作物、作品など)を用意するとよいでしょう。

デザイナー、エンジニア、ディレクターなどの職種を目指す場合、自分の実力や適性を分かりやすく示す資料があって損はしません。

初心者でエンジニア志望なら、WORKPORT(ワークポート)が運営している「みんスク」を利用する手も。

みんスクでは、初歩的な技術を学びながらポートフォリオを作成できます。

WORKPORT(ワークポート)での面談時の服装

面接で着ていく服装をチェックしてもらいたい、などの目的がない限りは私服で問題ありません

ただし、清潔感がない服装だと担当者から「だらしない人だ」と思われる可能性があるので気を付けましょう。

服装に迷っている場合は、男女ともにオフィスカジュアルを意識した服装が無難です。

WORKPORT(ワークポート)の面談内容

  1. これまでの経験、職務経歴
  2. 今回の転職理由と目的
  3. 条件などの整理
  4. 具体的な希望のヒアリング

「面接」では本音を多少隠す必要がありますが、転職エージェントとの「面談」は別。

自分が仕事に何を求めるのか、どんなサポートをしてほしいのか正直に伝えておくと、担当者も対応しやすくなります。

「他の職種の情報はいらない」「じっくり調べてから応募を検討したい」などこだわりがあれば、この時点で伝えておくとよいでしょう。

WORKPORT(ワークポート)で転職相談をすると、証明写真機(無料)で履歴書用の写真を撮影できます。利用したい時は、担当者に申し出ましょう。

WORKPORT(ワークポート)に登録したほうが良い人

  1. IT・Web・ゲーム業界に転職したい
  2. 余計なやり取りをしたくない
  3. なるべく早く転職したい

WORKPORT(ワークポート)は「IT・Web・ゲーム業界の求人数」と「転職までのスピード」が強みです。

短い間に希望の業界・職種へ転職したい方には、特におすすめできます。

より効率よく転職活動をするなら、大手やITに強い転職エージェントを合計3社以上利用しましょう。

若者向けのIT求人が多いマイナビエージェント×IT、エンジニア・クリエイター専門のレバテックキャリアなどがおすすめ。

WORKPORT(ワークポート)以外に登録したほうが良い人

  1. IT・Web・ゲーム業界に興味がない
  2. じっくり時間をかけて転職活動をしたい

IT・Web・ゲーム業界以外の求人を探している場合は、WORKPORT(ワークポート)以外の転職エージェントに登録したほうが近道です。

どの業界に転職するか迷っているなら、求人数も担当者の質も良いdodaが適しています。

自分のペースで自由に転職活動を続けたい場合はリクナビNEXTの利用を検討しましょう。

WORKPORT(ワークポート)に登録して、IT・Web・ゲーム業界に転職しよう!

WORKPORT(ワークポート)への登録は、たったの1分で完了します。

今すぐにIT・Web・ゲーム業界へ転職したい方は、まずはWORKPORT(ワークポート)で転職相談をしてみてください。

一人で転職活動をするよりも効率的に、希望通りの業界・職種の求人を見つけられるようになりますよ。

WORKPORT(ワークポート)

IT・Web・ゲーム業界の求人が豊富!
70~95%が非公開求人!専用のシステム
「eコンシェルジュ」で応募申請と選考状況を
一括管理できて、転職活動がスムーズに進む。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事