最終更新日:

WORKPORT(ワークポート)の退会方法は簡単!転職成功への近道とは

WORKPORT(ワークポート)の退会は簡単!転職が成功するサービス選び

WORKPORT(ワークポート)からスムーズに退会する方法を探していますか?

WORKPORT(ワークポート)の退会手続きは、1分間あれば手続きが完了します。

ですが、退会する際は勢いで実行するよりも、改善策や今後の方針を考えてから決断するのがおすすめです。

自身が転職活動に求めているものが何か見つめ直し、次に利用したい転職サービスを見つけておくと、転職が成功しやすくなります。

今回はWORKPORT(ワークポート)を退会する方法の他、退会理由ごとの対処法をご紹介するので、順番に見ていきましょう。

WORKPORT(ワークポート)を退会する方法

WORKPORT(ワークポート)の公式ホームページに退会用の申請フォームはありません

問い合わせフォームでの申請も可能ですが、「eコンシェル」、もしくは電話連絡が確実です。

退会方法(1)専用ツール「eコンシェル」から退会依頼

WORKPORT(ワークポート)に登録していれば誰でも使えるツール、「eコンシェル」から退会依頼ができます。

トップページから「設定」→「退会依頼」をクリックすれば退会の申請は完了です。

↓eコンシェルの詳細についてはこちら↓

退会方法(2)電話連絡

こちらは利用していたオフィスの担当者に、電話で退会依頼をする方法です。

状況によっては引き留められる可能性もありますが、直接コミュニケーションが取れる分、すぐに対応してもらえる可能性が高いでしょう。

WORKPORTの電話番号リスト
オフィス名
電話番号
本社オフィス(大崎)
03-6417-0076
立川オフィス
042-519-3976
秋葉原オフィス
03-6417-0076
埼玉オフィス
048-782-9607
横浜オフィス
045-548-5261
千葉オフィス
043-307-1381
仙台オフィス
022-355-9581
名古屋オフィス
052-228-9531
大阪オフィス
06-6125-5918
京都オフィス
075-746-6693
神戸オフィス
078-335-7707
岡山オフィス
086-230-1376
広島オフィス
082-569-6267
福岡オフィス
092-753-7277
共通フリーダイヤル
0120-77-1049
退会後の個人情報の扱い

WORKPORT(ワークポート)退会後に個人情報は消去され、eコンシェルにもログインできなくなります。再登録の際はもう一度情報の入力が必要です。

WORKPORT(ワークポート)退会時の注意点

WORKPORT(ワークポート)をスムーズに退会するために、気を付けておきたいポイントが2つあります。

退会の意思が固まったら、事前に対策をしておきましょう。

退会前に応募中の求人は全て断る

eコンシェルで退会依頼ができるのは、選考中の企業が1社もない時だけです。

退会するなら新しい求人には応募せず、選考も辞退しましょう。早く連絡しておいた方が、応募先の企業にも迷惑をかけずに済みます。

退会理由をどう伝えるか考えておく

WORKPORT(ワークポート)から退会する手続きの際、退会理由のヒアリング後に引き留められる場合があります。

「他社で仕事が決まりました」など、波風が立たない退会理由を用意するのがおすすめです。

WORKPORT(ワークポート)退会理由別 おすすめ転職サービス

WORKPORT(ワークポート)を退会する理由が明確な場合は、その解決法を探しておくと今後の転職活動が楽になります。

退会理由(1)担当者と相性が合わない

性格面や能力面で担当者との相性が合わないと感じたら、退会する前に、まず「担当者の変更」を申請しましょう。

WORKPORT(ワークポート)ではeコンシェル問い合わせフォームから担当者の変更申請ができます。

申請の際は、次はどんな担当者を希望するのかWORKPORT(ワークポート)側に伝えておきましょう。

退会理由(2)希望条件に合った求人が見つからない

WORKPORT(ワークポート)はIT・Web・ゲーム業界に強い転職エージェントで、経験が浅い若手をメインターゲットにしています。

他業界の職種や、経験者向けの高収入求人を探したい場合は、別のサービスを利用したほうが効率的です。

幅広い業界の求人を求めるなら大手転職エージェント、高収入を求めるならハイクラス向けの転職エージェントをおすすめします。

幅広い業界の求人を見たい人向け

高年収の求人を見たい人向け

退会理由(3)忙しくて転職活動を続けられない

転職活動に割く時間がなく、WORKPORT(ワークポート)を利用できないと思った方は、オファー機能がある転職サイトを活用してみましょう。

一度データを入力すれば隙間時間にチェックするだけで求人情報が集まるので、応募件数を絞ってゆっくり転職したい方にぴったりです。

短時間で求人を探したい人向け

WORKPORT(ワークポート)退会の目的を明確にするのが転職成功のカギ!

    WORKPORT(ワークポート)の退会時に気を付けるポイント

  • 応募中の求人がないか確認する
  • 担当者の変更他エージェントの併用で解決できないか考えてみる
  • 一度退会すると個人情報が消去される

転職サービスにはそれぞれ得意分野や特徴があるから、自分に合った方法を選ぶのが転職への近道になるのよ。

WORKPORT(ワークポート)はIT業界に強いから、その業界で転職を目指す人は退会しない方が良いんだね。

よく考えた末の決断だったら、どっちを選んでも後悔しないはずよ。その子が幸せになれるなら、どのサービスを使ってもいいと思うわ♡

収入、職種、労働時間などの仕事に求める条件や転職活動のペースによって、利用するべき転職サービスは異なります。

まずは自身の要望が何なのか、どうすれば改善できるのかを明確にするのが大切です。より自身に合った転職サービスを見つけて、理想通りの転職を成功させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事