最終更新日:

20代の働き方は多様化している!自分らしい働き方を見つける方法

20代の働き方は多様化している!自分らしい働き方を見つける方法

「自分らしい働き方って何だろう」
「このままの人生でいいのかな?」

働き方改革が進められている現在、20代の働き方は多様化しています。自分の働き方に対して疑問を持っている若者は多いのではないでしょうか?

結論からいえば、働き方は人それぞれで正解はありません。とはいえ、どうしても今の働き方に不満や疑問があるなら、転職するのも選択肢の一つです。

今回は、自分の働き方に関して疑問を持つ20代に向けて、他の20代が求める働き方や仕事上の不満、そして働き方を変える方法について紹介していきます。

20代の正しい働き方はない

「自分がやりたことは本当にこれなのか?」
「家族ができ仕事もプライベートも充実してる友人がうらやましい」

社会経験が浅い20代なら誰しも今の仕事・働き方に疑問を覚え、ベストな働き方は何であるかと悩んでしまいます。

若い世代はSNSなどを使って情報を仕入れ、よって価値観・考え方の多様化が進んでいると考えられるので、どうしても自分のキャリアに疑問を持ってしまうのでしょう。

参考:平成29年版 情報通信白書|総務省
参考:成長力強化に向けた課題と展望 第2章 多様化する職業キャリアの現状と課題|内閣府

事実、現在日本では働き方の多様化が進んでいます。

企業に勤める従業員を例にすると、自身で会社の始業・就業時間を決定できる「フレックスタイム制度」や、在宅で仕事ができる「テレワーク」を導入する企業が増加。

また、その一方でフリーランスとして独立や起業をして、特定の企業や組織に属さずに働く人も少なくありません。

参考:就労条件総合調査 / 平成31年_就労条件総合調査 労働時間制度|厚生労働省
参考:フリーランス実態調査2018年版|ランサーズ

楽しく働いている人を見て自身と比較し、現状に不安を感じるかもしれません。ですが人と比較するのではなく、自分にとってベストな働き方をすればいいのです。

今の働き方に違和感を覚えるなら転職するのもいいですし、反対に満足している部分があるなら現状維持でもいいでしょう。

20代が求めている働き方

    20代が仕事に求めるやりがいランキング

  1. プライベートを大切に働ける(59%)
  2. 人間関係の良い職場環境で働く(55%)
  3. 自分らしい生活ができる(40%)

参考:20代は、何に仕事の価値観を求めているのか?|HUFFPOST

多様化する働き方の中で、20代が求めているのは一定水準の生活ができる収入があり、かつ会社にあまり縛られずプライベートも大切にできる働き方だとわかります。

社会貢献よりも先に自身の生活を充実させられる働き方を見つけるといいでしょう。

20代が考える今の会社・仕事への不満

転職・求人サイト「マイナビ転職」が、20歳〜35歳の会社員を対象に行なった調査によれば、会社員が「仕事を辞めたい」と感じる場面TOP5は以下の結果となりました。

    20代が仕事を辞めたいと感じる理由

  1. お金
  2. 人間関係
  3. 仕事内容
  4. 労働時間
  5. 社風

参考:「仕事辞めたい」7つの理由とリアル対処法|マイナビ転職

仕事を辞めたい理由、つまり今の会社や仕事の不満で最も多いのがお金に関する問題です。

社風や仕事内容に関しては諦めをつけられるものの、お金に関する問題は大きく、頑張って働いても給料が低ければ、仕事を続けるモチベーション低下につながるからです。

20代の生活事情

20~24歳 25~29歳
男性 女性 男性 女性
月収 212,600円 206,500円 247,900円 229,600円
月の平均支出 164,807円
自由に使える金額 47,793円 41,693円 83,093円 64,793円

総務省の調査によると34歳までの人が1ヵ月間に使う金額はおよそ16万円。対して20代月収はおよそ20万~24万円です。

20代が自由に使えるお金は約4~8万円。もちろん使える金額には貯金などが含まれており、楽天銀行の調査によると20代の月々の貯金額は2~5万円です。

毎月貯金をするとしたら月々2~6万円が手元に残る計算になります。

このことから20代が考える仕事や会社への不満として、お金に関する問題が最も多くなっているのでしょう。

参考:平成30年賃金構造基本統計調査 第2-1表 性、年齢階級別賃金、対前年増減率及び年齢階級間賃金格差|厚生労働省
参考:家計調査報告(家計収支編)―平成29年|総務省
参考:20代は毎月どれくらい貯めてる?|楽天銀行

20代が自分に合った働き方を見つける方法

    20代が自分に合う働き方を見つける方法

  • たくさんの人に会って話す
  • さまざまな人生経験をする
  • 実際に働く

今の会社に不満はあるものの、自分のやりたい仕事や、自分に合った働き方がわからない20代は少なくありません。

そんな若者が、自分に合った働き方を見つける方法は上の3つです。

これらの対処法は時間こそかかるかもしれませんが、20代だからこそ実践しやすく、かつ効果的な方法と言えます。

たくさんの人に会って話す

色んな人と話す

自分に合った働き方がわからない方は、まずたくさんの人と会い話をしましょう。

なぜならたくさんの人と話せば、価値観や物事を捉える視野が広がり、自分の働き方に関して柔軟に考えられるようになるからです。

SNSで考え方や価値観などの情報を仕入れるのは可能ですが、実際に話を聞く中で生まれる疑問点などを解消していけばより高いレベルで考え方を自分のものにできます。

参考:「価値観」をめぐる諸研究 : 国家・民族・時代による価値観の違い|千葉大学自然科学研究科 花井友美

たとえば、両親の学歴が東京大学卒だったら、東京大学に合格するイメージが持ちやすいでしょ?一方で良心の学歴が高卒で、周りのお友達も高校卒業後に働く子たちばっかりだったら東京大学に合格するなんて現実的じゃないって考えちゃうじゃない。

そうか!今まで東京大学に合格できっこないって思てた人が本気で東京大学を目指す人や合格した人たちと話すようにすれば、合格するイメージって湧きやすいもんね!

さまざまな人生経験をする

人生経験を得る

20代のうちは、さまざまな人生経験をするべきです。

上述したように、人は自分の育った環境で学んだ経験から、物事を考えて判断します。

つまり、自分の経験の幅を広げれば新しい価値観が生まれ、自分に最適な働き方を見つけやすくなるのです。

たとえば、海外に旅をすれば外国の文化や環境を知り、日本と世界との違いが見えてくるでしょう。

日本では一生懸命働くのが美学とされている風潮がありますが、外国では仕事よりも私生活に重きをおく国も少なくありません。

自分の知らない文化を肌で感じれば、きっと働き方に関して柔軟な考えができるようになるでしょう。

また、海外一人旅もそうですが、何か新しいことをやる場合、20代が非常に有利です。

30代・40代と歳を重ねれば家族や責任ができ、新しい挑戦をするのが難しくなります。

そのため、20代のうちにたくさんの経験をしておくべきといえるでしょう。

実際に働く

実際に働く

非常にシンプルな方法ですが、働き方が分からなければまずは働いてみてください。

自分の働き方を初めから知っている人はいませんし、20代であればなおさらです。働くうちに自身が望む働き方が見えてくるでしょう。

人に話を聞いたり考え方を広げたりするのは大事ですが、何よりも実際に働かなければ感覚を掴めません。

20代が働き方を変える前は慎重にする

働き方を変えるときは転職や独立などの方法がありますが、今の働き方を変える時は慎重になりましょう。

新しい経験を得ようとして、突発的に行動してしまうと失敗してしまう可能性があるからです。

たとえば、新しい職種の仕事がしたいと考え、まだ転職先も決まっていない状態で、勢いで現職を辞めるのはあまりオススメできません。

20代であれば貯金は少ない場合が多いでしょう。貯金を切り崩して生活するにも早い段階で底をつく可能性があります。

働き方を変える時は、自分の理想の働き方を明確にし、今の仕事に対する満足ポイントと不満ポイントを天秤にかけ、どちらに重きを置くかで判断してください。

今の働き方にどうしても納得していないなら転職もありですし、満足ポイントが高いなら現状維持も賢明な選択肢の一つです。

働き方を変える前にまずは現状を把握し、そのためにはどんな行動がベストなのか計画的に考えるようにしましょう。

転職は手段の一つとして考える

転職は手段の一つと考えましょう。「新しい働き方=転職」ではありません。転職をする他にも、残留・独立・派遣などの選択肢もあります。

転職をすれば新しいチャレンジができますが、一方で、新しい環境に慣れるまでに時間がかかりますし、何より必ずしも転職が成功するとは限らない点がデメリット。

反対に、今の仕事を続けてスキルアップを図ったり、独立して自分のスキルを試したりするのも選択肢といえるでしょう。

そのため、新しい働き方を目指す時は転職にこだわりすぎず、柔軟な思考を持った判断・行動が大切です。

20代の転職活動は転職エージェントが最適

20代の転職活動なら転職エージェントの利用が最適です。
転職エージェントでは、プロがあなたの市場価値を客観的に判断してくれ、ヒアリングにより転職理由の見直しもできます。

何より自分に合った働き方を提案してくれるのでおすすめです。

転職エージェントは複数併用すると転職活動がより円滑に進みます。

DYM就職

DYM就職

相談からの就職率は驚異の96%
一部上場企業、トップベンチャー企業など優良企業が2000社超
第二新卒・既卒・フリーター向けの正社員求人を多数取り揃え、書類選考なしで面接が可能

【公式サイト】https://www.dshu.jp/
登録は3分で完了!

ジェイック

ジェイック

社会人未経験からの就職成功率80%超
18~39歳なら誰でも利用可能な手厚い研修が無料。
5日間の研修でビジネスマナーの基礎から面接対策まで、就職活動に必要な全スキルを一気に学べる

【公式サイト】https://www.jaic-college.jp/
登録はたったの3STEP!

※20代の転職エージェントについて詳しくはこちら

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事