最終更新日:

20代の転職活動期間の平均は?転職活動を短期間で成功させるポイント6選!

20代の転職活動期間の平均は?転職活動を短期間で成功させるポイント6選!

「退職後に転職したいけど、離職期間が長くなるのが不安」
「転職活動期間の平均を知りたい」
「短期間で転職活動を成功させたい」

20代で転職を考えられている方でこのように悩むことや考えることは多いでしょう。そこで今回は転職活動がどれくらいの期間かかるのか、短期間で成功させるポイントについてご紹介しましょう。

・転職活動期間の平均は在職中・離職後で違う
・転職活動スケジュールを把握しておく
・転職活動は求人が多く出る時期を狙う

20代の転職活動期間の平均

在職中・離職後での期間の違い
在職中 2~3ヵ月程度
離職後 2週間~2ヵ月程度

希望条件や選考を受ける業界や職種によって期間は大きく変わりますが、20代の転職活動にかかる期間は平均で1~3ヵ月ほど。

在職中であれば2~3ヵ月程度、離職後であれば2週間~2ヵ月程度といわれています。また、エン・ジャパンが行ったアンケート結果によると、90%の方が3ヵ月以内に内定をもらっていることも分かっています。

出典:『転職活動期間に関する調査』/エン・ジャパン

20代の転職活動期間は他の年代と比べて短く済みます。
それには幾つか理由がありますので、このあとその理由を理解して転職活動で活かしていきましょう。

まずは『転職活動がどのようなスケジュール』で、『何にどのくらいの期間が必要か』解説していきます。

在職中に転職活動を始める場合は、面接日程の調整等が必要なため、3ヵ月程度。書類選考だけでなく、面接が2次、3次と続く場合には選考に時間がかかり、転職活動期間も長くなります。

転職準備・書類作成

在職中 1ヵ月〜2ヵ月程度
離職後 2週間〜1ヵ月程度

まずは転職活動を行うとなれば、『転職準備』『書類作成』の必要があります。これらの準備には在職中であれば1ヶ月〜2ヶ月程度、離職中であれば2週間〜1ヶ月程度必要となります。

特に書類の準備は『キャリアの棚卸し』『アピールできるポイントを絞る』『作成する』ことが求められますので時間がかかります。

20代であれば、書類の作り込みが甘くとも、20代ということで書類選考を通過することもあります。ですが、面接などの準備になりますので、無理のない範囲で作成スピードを上げることも大切です。

求人応募・面接

在職中 1〜4ヵ月程度
離職後 1ヵ月程度

求人応募と面接には在職中であれば1〜4ヵ月程度、離職中であれば1ヵ月程度の時間が必要になります。

在職中の方は、求人応募・面接に多くの時間がかかってしまいます。

  • 面接に行ける時間が限られる
  • 通勤時間や休み時間でしか求人チェックできない
  • 就業時間後や休日でしか時間が作れない

また、20代で在職中だと仕事と何かを両立させるということに慣れていないこともあり、更に時間がかかってしまうケースもあります。20代で離職後の転職であれば、仕事をしない期間でゆっくりしたいと考え、応募や面接に時間をかける傾向もあります。

20代の応募通過率や面接通過率は他の年代と比較しても高いですので、焦る必要はありませんが、スピード感をもって行うことが大切です。

20代の平均応募社数

マイナビの調査によると、20代の平均応募社数は、20代前半で6.3社、20代後半で7.1社でした。

年齢 平均応募社数
〜19歳 4.1社
20〜25歳 6.3社
26〜30歳 7.1社
31〜35歳 8.2社
36〜40歳 8.7社

参考URL:【転職活動、何社応募した?】平均応募社数や、選考通過・内定の確率はどれくらい?/マイナビ

年齢が上がるにつれて応募数もどんどん増えていき、50代では平均14.5社に応募して初めて内定が出るようです。

ここまでお伝えしてきた通り、20代の転職活動は内定までの期間が短いため、平均応募社数も少なくなります。

個人差はありますが、約7社応募すれば内定が取れる計算です。

内定承諾・退職

在職中 2週間から1ヵ月
離職後 すぐ

応募企業から内定をもらっても、複数社からもらっている場合は比較検討が必要になります。

1社からでも『承諾』or『検討』など多少の時間はかかります。また、在職中の方であれば内定承諾後に、退職の手続きを行わなければなりません。

企業の就業規則や引き継ぎの仕事量によっても異なりますが、少なくとも2週間から1ヵ月は退職までに時間がかかります。

在職中がいいのか、離職後がいいのか?

転職活動に時間がかかることは理解いただけたかと思いますが、在職中に転職活動をするべきか、離職後に転職活動を行うべきか、迷っていらっしゃる方も少なくないでしょう。結論からお伝えすると、できる限り在職中に転職活動を行うことがオススメです。

20代の転職活動期間が短い理由

全年代の平均的な転職活動期間が3~6ヵ月に対し、20代では1~3ヵ月と、約半分の期間で転職に成功しています。どうして20代の転職活動期間は短いのでしょうか?

その理由は次の2つ。

  • 企業にとって人件費を抑えられるから
  • 成長の可能性を期待できるから

それぞれ見ていきましょう。

企業にとって人件費を抑えられるから

1つ目の理由は、企業にとって人件費を抑えられるからです。

企業は人材を採用する以上、その人への賃金を払い続ける必要があります。あまりに高い賃金の場合、企業の経営状況に影響を与えるかもしれません。

その点で、20代の賃金は30代以上と比べると安いのが一般的。採用するのにもリスクが少ないので、気軽に採用しやすいのです。

そう聞くと、「安い賃金で働かせようとしているのか」とネガティブな印象を受けるかもしれませんが、採用されやすいというのは挑戦できるということ。メリットなのです。もちろん、市場の中であり得ないほどの低賃金で働く必要はありませんよ。

成長の可能性を期待できるから

20代の転職活動が短い2つ目の理由は、成長の可能性を期待できるから。

20代は良い意味で、まだ染まり切っていない人材が多いです。たとえば、新卒で入った会社で経理をやっていた人材でも、IT職の業務に簡単に対応できます。経理でのやり方を変えることに抵抗もなければ、体に染みつき過ぎていることもないので、IT職へ馴染んでいくことができるのです。

しかし30代以上になってくると、まったく別の職種への転職は少し難しくなります。今までやっていた業務のやり方や進め方の癖が染みついてしまっているから。イチから教えたいのに、変に癖がついていると身につけづらいのです。

20代を採用することで、企業独自のやり方を覚えさせることもできます。未経験の職種だったとしても今後の成長を期待できるため、採用が決まりやすいのです。

短期間で転職を成功させるポイント

できるだけ転職活動は短期間で成功させたいですよね。ですが、あなたの希望とは関係なく、期間が延びてしまうことがあります。活動期間が延びてしまう要因は求人応募の際の書類選考と面接日程の設定です。

書類選考には基本的に1日から1週間程度の時間がかかります。また、書類選考で不採用となった際に、応募求人を検討し直さなけければならないこともあります。

また、面接日程の調整に時間がかかることもあります。採用担当者と面接を組むために調整を行いますが、あなた以外にも応募者が多数いたり、他の募集での面接調整があったりと、想定以上に時間がかかってしまうこともあり得ます。

20代だからといっても、必ずしも短期間で終えることができないことも把握しておきましょう。

そうした仕方なく延びてしまう期間はありますが、時間を短縮できるものもあり、工夫次第で転職活動期間を短縮することは可能です。そこで転職活動の期間を短縮し、短期間で成功させるための6つのポイントをご紹介します。

  1. 入社希望時期から逆算して計画を立てる
  2. 転職希望時期がないなら求人が増える時期を狙う
  3. 準備期間を短縮する
  4. やるべきことの優先順位を立てる
  5. 締め切りを決める
  6. 選考結果が出る前でも応募を続ける

ポイント1:入社希望時期から逆算して計画を立てる

この記事の1章で「20代の転職活動にかかる期間は、平均1~3か月ほど。在職中に転職活動を始める場合は、面接日程の調整等が必要なため3か月ほど。」とお伝えしました。

希望の転職時期がないのであれば、次のポイントを参考にしてみましょう。

たとえば4月に入社を希望しているのであれば、1月ごろから始めると安心ですね。
入社希望時期が決まっているなら、逆算して割り出す方法が使えます。ボーナスが入ってから辞めたい時も同じ考え方です。

ポイント2:転職希望時期がないなら求人が増える時期を狙う

転職希望時期が特に決まっていない場合、いつから転職活動を始めればいいのかわかりませんよね。
特に決まった希望時期がないのであれば、下記を参考にしてみましょう。

◎採用活動が活発になるのは、3月&9月

出典:転職活動を始めるチャンスは今!中途採用が活発になる時期/doda

採用活動が活発になるのは、3月9月の時期です。
どちらの時期も、採用活動が活発になる理由は社内体制を整備するから。3月は4月からの新年度に向けて、9月は下期の人員体制を整えるためです。

一見すると、この時期に転職活動をすると有利に感じられますが、この時期は応募者も増えるので有利とはいえません。この時期に転職活動をする場合には、周りの転職者に埋もれないよう、しっかりと準備をしておく必要があります。

採用活動が活発になる3月に向けて、2月辺りから転職活動は本格化しておいた方が良いでしょう。

「求人数が多い時期=転職しやすい時期」ではないので、注意してください。

◎オススメの時期は、4~5月

20代の転職を有利に進めるには、新年度が始まったあとの4~5月がオススメです。4月入社の募集がひと段落し、一見すると転職には不利なように感じるかもしれません。

確かに求人数は減るのですが、その分、企業の本気度は高くなる傾向にあります。

その理由は、急募が多いから。新年度が始まったことにより、人手が足りないことが分かった部署への人材補充といったような、スピード感が必要な求人が多く出ます。

企業としては早く人材を補充したいので、選考も早く進み、適性よりもタイミングが合う人が優先的に採用される可能性が高まるのです。

一方で転職者は少なくなります。新年度を迎えることで業務が忙しくなるので、在職中の転職希望者は動きづらいからです。

企業 急募だから早く決めたい
転職者の数 ライバルが少ない
働きながらの転職活動は大変でもありますが、忙しい時期に転職活動を頑張った方がスムーズに進みます。

3月や9月を狙うと求人数が多いので、希望の職種の求人を見つけやすいかもしれません。しかし、先ほどもお伝えしたように、応募者も多くなる時期なので、真剣に臨まないと採用は厳しいです。

ライバルが多くて求人の多い時期か、ライバルが少ないけど求人も少ない時期か・・・

実はどちらかに決めなくても、求人の多い3月の3ヶ月前、12月頃から転職活動を始めて、2月・3月で決まらなかった場合の保険として4~5月を狙う事も出来ます。そうすると、チャンス期間が長くなります。ただ、転職活動期間も長くなるかもしれませんし、自分に合ったタイミングを考えましょう。

ポイント3:準備期間を短縮する

自己分析や企業分析、情報収集、書類作成など準備期間には時間がかかりますが、この準備期間を短くすることがオススメです。ですが、準備が適当になると、採用されづらくなったりすることもありますので、準備が雑にならない程度にスピード感を持つよう心がけましょう

準備を短縮する具体的な方法としては、転職エージェントのキャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントに相談することがオススメです。

人材紹介会社のキャリアアドバイザーは書類作成や自己分析、企業分析をサポートしてくれます。自分だけでやると時間がかることもプロがサポートしてくれると時間は短縮できそうですよね。頼れるところは頼って準備の削減を行いましょう!

ポイント4:やるべきことの優先順位を立てる

仕事でもそうであるように、やるべきことの優先順位を立てましょう。転職活動は同時に複数の企業を受けたり、どの企業が何次面接なのかを把握しておくなどマルチタスクにこなしていくことが必要になります。

何をしなければならかったかを考える時間を削減し、転職活動の具体的な行動をする時間を多く取ることが大切です。ですので、優先順位をしっかり立て、次に何をするべきかを把握しておくようにしましょう。

ポイント5:締め切りを決める

離職中の方であれば3ヶ月を、在職中の方であれば半年を目処に内定をもらって転職を終了させるという締め切りを決めてください。特に在職中の方は今の仕事も行いながらの活動になりますので、いつまでもダラダラと転職活動を続けてしまうこともあります。

宿題に提出期限がなければいつまでも終われませんよね。それと同様に、締め切りを決めることで気が引き締まり、緊張感のある転職活動が可能となります。

ポイント6:選考結果が出る前でも応募を続ける

20代の転職で一番大切にしてほしいポイントは、選考結果が出る前でも応募を続けるということです。

転職で失敗するのを避けたい気持ちが強く、1社ずつ真剣に力を入れて応募したいという人もいます。しかし1社ずつの応募は効率が悪く、転職活動期間が長引く可能性があります。なかなか内定がもらえずに、つらくなってくるかもしれません。

20代の転職活動では、複数社並行して応募するのが、最も効率よく、おすすめです。興味を持った求人には積極的に応募してみましょう。

そう聞くと闇雲に応募数を増やす人がいますが、ただ応募数を増やせばいいわけではありません!興味のない企業や冷やかしでの応募で、大切な時間を使っていてはもったいないです。面接の予定が重なって、分刻みで駆け回ることになるかもしれません。

そうではなく、自分が興味を持った求人の中から、キャパオーバーにならない程度に、複数の企業へ応募していきましょう。

効率化を図るにはエージェント利用が正解

上記成功のポイントを効率的にするには、転職のプロの力を借りると良いでしょう。
採用が活発になる時期は採用側企業も多忙です。日程調整がうまくとれないなど問題が出てくるかもしれません。

転職エージェントを利用していると、面倒な日程調整はすべてエージェントにお任せ!
また、書類選考の要『職務経歴書の添削』など通りやすくするためのアドバイスがもらえます。

どのエージェントを利用するべきか迷う方は、20代のサポートに定評のある転職エージェントがオススメです。

マイナビジョブズ20‘s


マイナビジョブ20's

「マイナビジョブズ20‘s」は株式会社マイナビが運営する20代専門の転職エージェントです。20代・第二新卒・既卒向けですので、スキルなしでも受け入れ体制は整っています。全求人が20代対象というのがおすすめポイントで、特に20代の第二新卒の転職に強みを持っています。

20代・第二新卒に特化
未経験職種への初めての転職を考えている転職者向け

>>マイナビジョブ20’s詳細はコチラ

↓↓↓↓マイナビジョブズ20‘sを詳しく知る↓↓↓↓

doda


doda

求人数10万件以上!非公開求人80%超!!
履歴書添削や面接対策など丁寧なサポートが人気で、転職後のアフターフォローも手厚い。
女性の求職者にも高評価です。

サポートが手厚いため、転職が初めての方にもおすすめ

>>doda詳細はコチラ

↓↓↓↓dodaを詳しく知る↓↓↓↓

ジェイック(JAIC)


ジェイック(JAIC)

ジェイックにはフリーターから正社員を目指せ、一からビジネスマナーを身に付けられる『就職カレッジ』という就職支援サービスがあります。

利用可能年齢は17~34歳までと若年層からミドル層まで幅広く利用ができます。

カレッジ終了後には、書類選考免除で20社の企業と集団面接会を開催しています。

最短、二週間で正社員になれる可能性があります

>>ジェイック(JAIC)の詳細はコチラ

↓↓↓↓ジェイック(JAIC)就職カレッジを詳しく知る↓↓↓↓

キャリトレ


キャリトレ

キャリトレはこれからキャリアを積む若者向けの転職サイトです。

キャリトレは転職サイトですが、レコメンド型転職サイトと呼ばれるジャンルになります。レコメンド型転職サイトとは、あなたの経歴やスキルにマッチした求人が届くため、自ら求人を探す手間が省けます。

各エージェントやサイトによって取り扱い求人が違うため、転職エージェントと併用してこちらも利用すればより効率的に転職活動が送れるでしょう。

キャリアアップしていきたい20代の方におすすめ

>>キャリトレの詳細はコチラ

スピード感を持って転職活動を!

20代は他の年代と比べて転職期間も短く、内定までの応募社数も少なく済みます。
「転職時期はどのくらいかかるものなのか」それが分かれば、在職しながらでも転職を考えやすくなりますね。

短期間の転職活動を成功させるためには『求人が増える時期を狙う』又は『急募の時期を狙う』ことが大事。
効率化するためには、その時期から逆算して開始月をわりだしましょう。目標月に向って計画的に転職活動が進められます。

求人が多い3月&9月、急募が増える4~5月の時期が狙い目なのも頭に入れておきましょう。


RECOMMEND

関連記事