最終更新日:

リクルートエージェントは再登録OK?スムーズに転職できる再登録方法

リクルートエージェントの再登録方法

リクルートエージェントを一度退会したものの、また転職サポートを受けたいと再登録を望む求職者も少なくありません。

しかし、転職エージェントへの「再登録」は印象が良くないイメージがあり、再登録の手続き、再登録後の流れも分かりにくいですよね。

リクルートエージェントは再登録でも問題なく利用可能、再登録でも手厚い転職サポートを活用して転職を成功させられます

今回は、リクルートエージェントの退会期間別の再登録の流れや、再登録と初回登録の相違点、再登録で失敗する人の特徴を解説していきましょう。

リクルートエージェントに再登録して転職活動を円滑に進めたい方は必見です!

リクルートエージェントの再登録の流れ

前にリクルートエージェントを退会してても、業界最大手の転職サポートをもう一回利用したい人は多いよね。でも再登録って印象が良くなさそうだし、そもそも再登録なんてできるの?

一度退会してから再登録しても基本的に印象は悪くならないわ!前に退会してからどれくらい期間が空いてるかによって流れが変わるから、そこだけ注意して☆

リクルートエージェントにすぐ再登録

退会後の再登録に期間を空ける決まりはありませんが、退会してから1ヶ月以内の再登録は避けた方が無難です。

退会した理由にもよりますが、例えば求人の紹介がなく退会した場合にすぐ再登録しても求人紹介は増えません

数ヶ月〜1年ほど期間を空けると転職市場も変化しあなたの希望条件にマッチする求人が増えている可能性があります。

リクルートエージェント退会後5年以内の再登録

リクルートエージェントを退会してから5年以内の再登録では、「前回の登録情報(プロフィール・資格情報など)を利用されたい場合」のページからデータの復元が可能です。

リクルートエージェントの再登録方法

全てのデータが元通りに復元されない可能性もありますが、過去のデータを再利用できれば新規で登録する手間が省けます。

データの復元には登録時のメールアドレスと生年月日が必要。

ただし、前回退会時にリクルートエージェントに情報の削除を依頼していればデータは残っていないため新規で登録しましょう。

リクルートエージェント退会後5年以降の再登録

リクルートエージェントが登録された個人データを保管しているのは5年までです。それ以降のデータはセキュリティの観点から、全て破棄されます。

前回退会時から5年が経過している場合も新規で登録しましょう。

名前や生年月日から経歴、職歴など全て一から入力し直す必要がありますが、手間がかかる以外は特にデメリットはありません。

退会していても5年以内なら前に登録してたデータをもう一回使えるんだね!転職エージェントへの登録って最初からやると大変だから助かるよ!

5年以上経っちゃうとまた新規登録しなくちゃならないわ。でもそのせいで求人紹介とか面接対策のサポートが受けられなくなったりはしないから安心して☆

リクルートエージェントの再登録と前回登録時の相違点

別の担当者になる可能性が高い

リクルートエージェントに再登録すると以前とは違うキャリアアドバイザーが担当になり、面談や求人紹介をするケースが殆どです。

前回の担当者が退職している、別の登録者の担当になり手が空いていないようなケースもあります。

希望のキャリアアドバイザーがいるなら再登録の際にその旨を伝えれば考慮はしてもらえますが、必ずしも同じ担当者にはならないでしょう。

退会時にリクルートエージェントに個人情報の削除を依頼していたり、退会から5年以上経過している場合は担当者のデータも残っていません。

名前を覚えていない限り前回の担当者を希望するのは難しいです。

紹介される求人数が激変

リクルートエージェントを退会してから再登録までが長期間空いている場合、前回と比較して紹介される求人数が大きく変化するかもしれません。

転職市場は世の中のニーズや経済の動向、企業の浮き沈みなどで常に変化を続け、ほんの数ヶ月~1年も経てば求人の量も質も内容も全く違ってきます。

リクルートエージェントを前回利用した時からキャリアやスキルが磨かれ、あなたの能力が現在の転職市場のニーズにマッチしていれば求人紹介は増加

年齢を重ねたにも関わらず前回とキャリアやスキルがほとんど変わっていなければ、希望条件にマッチする求人紹介は減少するでしょう。

リクルートエージェントの再登録で失敗しやすい人

前回リクルートエージェントを利用してから再登録するまでの状況や、再登録時の情報の相違でサービスの利用ができなくなっちゃう場合もあるから要注意よ!

過去の紹介企業をすぐ辞めている

リクルートエージェントから求人を紹介されて無事に転職できたのに、すぐに辞めてしまった求職者も一定数いるでしょう。

あまりにも在籍期間が短い場合は企業からエージェントにクレームが入り、要警戒人物としてマークされてしまいます。

短期間で転職を繰り返している人も同様。その状態でリクルートエージェントから求人紹介を受けるのは難しいので、3年ほど空けて新しく経験を積んでからの再登録が得策です。

以前から経歴が変わっていない

前回リクルートエージェントを利用してから1、2年が経過して再登録したにも関わらず、その期間を就職せずに過ごしてブランクが長すぎる状態だと転職支援サービスを利用できない場合があります。

空白期間をただ遊んで過ごしていたなら悪印象は変えられません。

しかし、「転職に活かせる資格を取得していた」「アルバイトで違う業界の知見を広めていた」など再登録までの期間に何をしていたかを具体的に説明できれば利用拒否はされにくくなるでしょう。

前回と違う情報でリクルートエージェントに再登録

前回リクルートエージェントを利用した時の経歴では求人を紹介してもらえなかったからといって、経歴詐称や虚偽の情報で再登録してはいけません。

前回のデータと違う内容だと間違いなく信用を損ない、キャリアアドバイザーの印象もマイナスです。

求人紹介が減るどころか、面談なしで紹介できる求人がないと利用を拒否される可能性もあります。

期間が空いていれば前回からキャリアが変わっているのも当然なので、前回と違う情報は嘘偽りなくそのまま記載し再登録しましょう。

リクルートエージェントに再登録して効率よく転職する

リクルートエージェントは再登録しても手厚く転職をサポートしてくれます。

再登録までの期間によって登録方法は異なり、5年以内であれば登録情報がリクルートエージェントに残っているため、専用のページから情報を照会すると楽です。

担当のキャリアアドバイザーは前回と変わるケースが多いため、改めて初回面談の必要があります。

またリクルートエージェントを使いたいって思ったら、再登録までの期間だけ意識して再登録すれば大丈夫なんだね!

嘘の経歴を入力したり、過去にリクルートエージェントに失礼な対応をしていなければむしろウェルカムに迎えてくれるはず♪自信を持って再登録して効率よく転職を成功させましょ☆

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。
特に20~30代の転職決定者が多く、充実の面接対策も人気!

【公式サイト】https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事