最終更新日:

20代で転勤?スムーズな転勤生活を送るために費用と注意点を把握しておこう

20代で転勤?スムーズな転勤生活を送るために費用と注意点を把握しよう

「転勤になりそうな予感がするけど、もし転勤になったらどうすればいいの?」
「急に転勤が決まったけど、初めてで対応の仕方がわからない。」

転勤がある旨は聞いていたけど、仕事に慣れてきたところで、まさか自分が転勤をするなんて…と驚きを隠せない20代はいるのではないでしょうか。

しかも転勤は急である場合が多く、2週間後や1か月後には現地に…といった例もよくある話。

部屋探し、荷造り、行政への手続きなどやることはたくさん浮かびますが、いったい何から手をつけたらいいのか分からないかもしれません。

この記事では、初めての転勤を経験する20代がぶち当たる様々な悩みを、解決していきます。

20代の転勤に伴う費用の会社負担を確認しよう

転勤で引っ越しが必要なほど遠くへ行く場合は、スケジュール調整や部屋探し、引越し業者の手配など、やることは盛りだくさん。

その中でもまず初めに確認すべきは金銭関係。転勤に伴う費用を会社がどれだけ負担してくれるかです。

    確認すべき会社負担

  • 家賃の会社負担額
  • 引っ越し費用の負担額
  • 手当などの有無とその金額

転勤となった場合、かかる費用の会社負担や支払われる手当などはどうなっているのかなど、確認すべき点を見ていきましょう。

家賃の会社負担額は37,000円前後

会社から支給される家賃手当(月額)
役職・資格別 一律定額
一般 36,440円 37,662円
係長級 39,403円
課長級 45,655円
部長級 48,770円

参考:国内転勤をめぐる最新実態(2005)|労務行政研究所

財団法人労務行政研究所の調査によると民間企業に勤める役職を持たない労働者に支給される家賃手当は月額およそ37,000円前後です。

一律定額の場合では役職・資格別の場合と比べて1,000円ほど高い金額が支給されます。

役職に就く平均年齢(男女別)
役職
部長 52.6歳 52.2歳
課長 48.5歳 48.7歳
係長 44.9歳 45.3歳

参考:平成30年賃金構造基本統計調査|厚生労働省

厚生労働省の調査によると役職に就く平均年齢は少なくとも40歳以上なので、20代で役職に就く割合は少ないと考えられます。

20代で転勤を言い渡された場合、会社から支給される家賃手当はおよそ37,000円前後だと頭に入れておきましょう。

ただし会社によって転勤に関する費用負担の規定は違うから、事前に確認しておきましょうね★

引っ越し費用の負担は?

引っ越し費用は、「敷金・礼金」などの不動産会社に支払うもの、「引っ越し業者」への引っ越し代金などのものがありますが、いったいどのくらい会社負担があるのでしょうか?

引っ越しに伴う総額
年齢 平均金額
平均 21万5643円
20代 13万3338円

転勤費用を会社が負担してくれた割合

参照:転勤でかかった費用はいくら? 何日で引越ししてる?|suumoジャーナル

20代の転勤に伴う総額の費用は、全年齢の平均金額と比べると8万円ほど少ないようです。30代以上では家庭の事情を配慮した金額が上乗せされているからと考えられるでしょう。

8割以上の会社では転勤に伴う費用を負担してくれています。転勤は業務命令であるとはいえ、その人の生活を大きく変えるイベントなので配慮をされているのでしょう。

やはり引っ越しにまつわる費用負担も、会社の規定によってどのくらい負担があるかは違うので、必ず事前に確認してください。

転勤の費用を全負担している人はどんな人なんだろう?

全部実費だった子達の理由は、自ら転勤を希望したからだそうよ★

手当などはある?

引っ越しに関する会社からの手当てとしては、家賃補助や引越し費用のほかに、以下のような費用が支給している会社が多いようです。

一時金(引っ越し手当)
引越し費用とは別に支給される引っ越しにかかる手間や、家具購入などに対して支払われるお金です。
賃貸住宅の修繕に伴う費用
賃貸マンションなどを退去する際に支払う修繕に関する費用を大家さんや管理会社から請求された場合、会社が負担してくれるお金です。
交通費及び宿泊費
引っ越し先である部屋探しのために現地に行った際の交通費や、宿泊したときのホテルなの宿泊代などの費用です。
引っ越し手当の種類についても会社の就業規則によるので、どういったものがあるのか、あらかじめ確認を取っておきましょう。

20代が転勤する時にすべきことと注意点

年代別の転勤者数割合

参考:企業における転勤の実態に関する調査|独立行政法人 労働政策研究・研修機構

会社で中堅どころになってきた30代や40代の人が転勤をするイメージがあるかもしれません。

しかし実は20代もその割合は多く、労働政策研究・研修機構が行った調査によると、およそ40%もの20代が転勤をしているようです。

では、20代が転勤する際の注意すべき点は何でしょうか。あとで後悔しないためにも事前対策を行えるようにしましょう。

20代の部屋探しは家賃にこだわろう

20代の引っ越しは30代や40代とは圧倒的に大きな違いがあり、それは給料の差です。

転勤で引っ越しをすると会社の家賃負担があるため、今よりも高いランクの家に住みたくなるかもしれませんが、家賃が上がるほど生活費や自由に使えるお金が減ってしまいます。

20代の場合、飲み会や趣味など家賃の他にもお金がかかるタイミングが多いでしょうし、将来の結婚などのために貯金もしたいですよね。

今後の生活を考えて、家賃をできるだけ押さえるようにしましょう。

家具のそろえすぎに注意する

家賃のほかに家具にも注意が必要です。冷蔵庫や洗濯機、ベッドにテレビなど生活必需品といわれる家具や家電はたくさんあります。

引っ越しを機に、家具にこだわっていろいろと買い揃えたくなるかもしれません。

しかし、今後を考えると家具は最小限に抑えるのがベター。なぜなら、転勤で一番手間がかかりお金もかかってしまうのは引越し費用だから。

家具や家電などの荷物が多ければ多いほど引っ越し業者に支払う費用がかかってしまいます

年齢別の転職を考え始める人の割合

参考:初めて転職を考えるのは何歳?転職希望者の年齢調査|doda

転勤なら会社負担になる可能性が高いため、荷物が増えても荷造りの手間が増えるくらいのデメリットで済みます。

しかし転職を考えやすい20代男性の場合、会社を辞めて自費で引っ越す可能性も大いにあるでしょう。

次の引っ越しも考えて、家具を買う前に本当に自分に必要かどうか、今一度考えてみてください。

住民票の異動や各種住所変更は必ず行う

引っ越しの際、大事なのに面倒臭さからつい後回しにしてしまい、あとで大慌てになるのが行政手続きです。

    特に行っておくべき行政手続き

  • 住民票の異動
  • 免許の更新(住所変更)
  • 郵便局への転送届

上記の3点を変更しておかないと、大切な郵便物が届かなかったりカード作成などができなかったりと様々な不利益が生じます。

行政回りの手続きは、市役所などが土日祝日は休みのところが多いためつい後回しにしてしまいがちですが、事前に会社に半休や有休をもらうなどして迅速に行うようにしましょう。

かかりつけの病院を探しておく

「20代でまだ身体も元気だから」と健康を過信する人もいるかもしれませんが油断は禁物。

転勤後は、環境の変化や人間関係のストレスによって、思わぬ体調不良になってしまう場合もあるからです。

風邪やインフルエンザなどにかかったとき、しんどい中で病院を探すのは大変ですよね。

特に今まで実家にいて、病気になった時に快方してくれたり、なじみの病院があったりした人は、1人暮らしになると、見知らぬ土地ですべて自分で対処しなければいけません。

いざという時のために救急病院はもちろん、評判のいい内科・耳鼻咽喉科などのかかりつけ医は、元気なうちに探し把握しておきましょう。

20代は人脈も大切。参加できるコミュニティを探しておこう

新しい土地に転勤になると、初めは誰も知り合いがいなくてさみしいもの。

    友人・知り合いがいないと、しにくい行動例

  • 遊びに行く
  • 飲みに行く
  • ちょっと愚痴をこぼす

上記のような地元では何気なくしていた当たり前の行動でも、住み慣れない土地で知り合いなどがいなければどんどん塞ぎ込んでいくかもしれません。

よってそれがストレスを溜める原因になり、体調に出てしまう場合もありえます。

日々のストレスをため込まないためにも、コミュニティなどに参加し、新しい出会いを多く作るのが大切です。

新しい土地でコミュニティを探すにはどうしたらいいのかな?

今日において、インターネットで検索をかけるとほとんど何でも出てきます。あなたの好きなことや趣味でつながれる環境を探してみてはいかがでしょうか。

新しいコミュニティに入れば人脈が広がる上に、仕事に活かされるかもしれません。今後転職を考えた際に手助けをしてくれる可能性もあります。

転勤をチャンスと捉えて新しいコミュニティを探し、転勤後にすぐに参加してみるといいでしょう。

人脈が広がれば恋人や結婚相手が見つかるかもしれないわ。出会いを求める子は積極的に動くといいかもしれないわね☆彡

20代の先は長い!転勤先では初めに挨拶をしておく

転勤先の部署で初めに注意すべきは、「挨拶」です。挨拶をしたかどうかで人の第一印象は大きく変わってしまうため。

挨拶は気持ちをよくする

挨拶は仕事よりも大切

参考:平成23年度 あいさつ実態調査|一般社団法人 日本あいさつ検定協会

日本あいさつ検定協会の調査によれば、挨拶は相手の気分を良くし、仕事よりも重きを置いている人が多いようです。

20代男性の場合、退職をしない限りその会社で働く期間が長く残されています。今後30代、40代と長く一緒に働く人もいるかもしれません。

挨拶一つで、会社生活をスムーズに、ストレスなく過ごせるならした方がいいと言えるでしょう。

もし20代で転勤を断ったらどうなる?

「どうしても今の勤務場所から移動したくない」と、転勤に前向きになれない人もいるでしょう。

もし20代で転勤を断った場合、どうなるのでしょうか?また、転勤は断れるものなのでしょうか?

転勤が嫌なら転勤のない会社への転職もあり

転勤がある会社の場合、一度断ったとしても再び転勤の話がある場合があります。一度は断れても二回目は断りづらいかもしれません

転勤を断るストレスを感じたくなかったり、どうしても転勤をしたくなかったりする場合は転職がおすすめ

転勤のない会社を選べば、もう転勤にびくびくする必要がなく、安心して業務に集中できます。

20代は転職市場での価値が高く、転職は難しくありません。

また、幅広い会社のなかから選べるため、転職サイトや転職エージェントなどを活用して、転勤のない会社を早いうちに探しておくといいでしょう。

20代におすすめの転職エージェント

20代で転職をした経験がない子は多いもの。だからこそ、転職のエキスパートにサポートしてもらうのが一番の近道だわ♪20代向けの転職エージェントを使って理想の転職を実現してね☆彡

まとめ

20代の転勤になった際にかかる引っ越しなどの費用や、転勤の際にやるべきこと、注意点などを紹介させていただきました。

転勤は決してネガティブなイベントではありませんが、人によっては転勤はしたくない場合もあるでしょう。

まだまだ人材としての価値が高い20代のうちなら、転勤のない会社に転職するのも選択肢の一つ。

どの会社でも、転勤は急なもの。転勤で後悔しないために、事前確認や準備をしたり、いろいろな選択肢を考えたりして、いつでも対応できるようにしておいてください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事