最終更新日:

出戻り転職ってできる?簡単出戻り3Stepと出戻り転職の実態・注意点

出戻り転職ってできる?簡単出戻り3Stepと出戻り転職の実態・注意点

「転職活動を終えて、他社に就職したものの思っていたイメージと違った」「前職の良さがあらためてわかったので、やっぱり戻りたい」とお考えですか?

ひと昔前までは、ネガティブなイメージで捉えられていた出戻りですが、近年では再雇用に積極的な企業が増えています

しかし、出戻り転職にはデメリットも付きもの

本記事では、出戻りの実態から上手くいくための条件や方法、注意点をご紹介。前の会社に戻りたい…と考えている方は、是非参考にしてみてください。

出戻り転職を有利にする条件

出戻り転職は、無条件では受け入れられません。

出戻りが上手くいくためには大きく3つの条件が必要。満たしていれば出戻り転職が成功する可能性が高まります。

    ≪出戻り転職の可能性を高める3つの条件≫

  • 辞め方が綺麗
    引継ぎや周りへの挨拶など、辞める際の責務をきちんと果たしていることは、上手くいくための重要な条件の一つ。
  • 現在も上司・同僚と連絡をとっている
    上司・同僚は出戻り転職の強いサポート役となります。最近連絡をとっていなかった場合、今からでも連絡をとってみましょう。
  • 在籍時に実績・成果を残している
    再雇用してもらうには、企業にとって採用メリットがあると思わせる必要があります。ある程度の実績や成果を残していれば、数字で相手を説得できるでしょう。

出戻り転職方法 簡単3Step

上記条件を踏まえ、どのように行動を起こしていけばよいか3ステップに分けて説明します。

    出戻り転職3Step

  1. 会社の現状を知る
  2. 元上司・同僚に出戻りの意思を伝える
  3. 人事に直接応募する

Step1:会社の現状を知る

まず、会社が社員を募集をしているかなど現状を把握しましょう。

募集中なら、どのポジションや職種かを調べ希望条件と合致するのか検討します。募集をしていなかった場合、募集のタイミングまで現在の会社に在籍するか、転職活動を続けるかを選ばなければなりません。

Step2:元上司・同僚に出戻りの意思を伝える

元上司・同僚に出戻りをしたい旨を伝え、素直に協力してほしいとお願いします。この段階で上司・同僚から人事へ話を通し、内定が決まる場合もありますが、通常は人事へ事情を話してもらう程度です。

良い連絡がないのなら何かしらの事情が考えられるため、他のルートで情報を集めてみましょう。

Step3:人事に直接応募する

アンケート結果にもあったように、再雇用のきっかけは自ら人事に応募した人が約6割。元上司に人事へ事情を話してもらい、その後電話などで改めて受験したい旨を伝えるとスムーズでしょう。

転職サイト経由での応募も可能ですが、他の候補者に紛れてわからなくなるケースがあるため、直接連絡を取り応募するようにしましょう

出戻り転職の注意点

出戻りだからこそ、会社の良さを再確認できたメリットも多いですが、現実には出戻りならではの、気を付けたいポイントもいくつか存在します。

出戻りしたい理由を明確にする

理由を明確化する目的は、面接対策と練る・どこまで条件の譲歩ができるか決めるための2つです。

※出戻りで元の会社に戻る際には、改めて面接が行われるため、面接対策が必要となります。

面接対策について

再雇用面接の際、会社にどう貢献できるのかは必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

転職先で人間関係が上手くいかなかった・残業が多く労務環境が良くなかったなど消極的な理由では印象が悪くなるため、ポジティブな理由を選択しましょう。

例えば、前職を通じて得た知識やスキル・企業文化の違いをどう感じたかなど、その上でどう活躍したいかを考えれば、説得力をもって語れるはずです。

条件について

出戻りと言っても、完全に同じ職場環境ではなく配属先が希望通りではなかったなど、予期していないことも起こります。

なぜこの会社を辞めたのかを思い出し、出戻りしたい理由をもう一度、冷静に考えましょう。複数ある理由の中で優先順位を決め、自分の中で絶対譲れない点を決めておくと、想定外の事が起きた際にもスムーズに対応できます

出戻り転職では給与水準が下がる

出戻りに際しては、在籍年数はリセットされ0から始める心持ちで臨みましょう。

給与水準は、退職時より上がるケースはほぼありません。通常は、退職時より一段階下でスタートし、良くても同等程度です。

また、退職時には同じ立場であった同期も、だんだんと昇進していきます。出戻り転職では元同期が先輩の立場になるため、退職時と同じ接し方では良く思わない人もいるでしょう。

社内には出戻りを快く思わない人間もいる

上記の「出戻り転職(再雇用)について 今後の予定グラフ」で在籍する社員が許せば再雇用したいと答える企業がいるように、社内には出戻りを冷めた目で見る人が一定数います

出戻り転職に対して、転職先で通用せずに逃げてきたとイメージを抱く人がいるため、出戻りに対する印象がネガティブなものになるのは仕方ありません。

感情に流されず、仕事で結果を出して周囲を納得させましょう。

出戻り転職 受け入れ実績がある企業は約7割

2018年に人事向けの情報サイト「人事のミカタ」が実施したアンケート調査では、出戻り社員に再雇用実績がある企業が72%と、2016年時の調査結果と比較して5ポイント増加しました。

≪出戻り転職(再雇用)の実績があるか≫

出戻り転職(再雇用)の受け入れ実績調査1

※1

一方で、「再雇用制度を設けているか」の質問については、87%の企業が制度化していないと回答しており、まだまだ再雇用が制度として普及していないとわかります。

≪出戻り転職(再雇用)の制度を設けているか≫

出戻り転職(再雇用)の受け入れ実績調査2

※2

再雇用が制度化されていないものの、今後も「必要な能力であれば再雇用したい」「積極的に検討する」と回答した企業は約8割超と、出戻り転職に前向きな企業が多いです。

≪出戻り転職(再雇用)について 今後の予定≫

出戻り転職(再雇用)の受け入れ実績調査3

※3

出戻り転職を採用した理由

再雇用した理由では、「即戦力が欲しい:72%」「どんな人かわかっているから安心:68%」の2つが多数。

一方で、中途採用が難しい・採用や教育のコストを抑えるためなど消極的な理由もみられます。

出戻り転職(再雇用)の受け入れ実績調査4

※4

出戻り転職のきっかけは直接応募

再雇用のきっかけは、本人からの直接応募が59%と圧倒的で、2位に上司からの紹介が31%、3位に同僚からの紹介が25%となっています。

出戻り転職(再雇用)の受け入れ実績調査5

※5

出戻り転職で悩んでいるなら、転職のプロに相談する

こんなときは、転職エージェントに相談がおすすめ
・出戻りをしようか検討している
・出戻りが良いか、他の新しい会社を探せば良いか迷っている
・出戻りの際にどう対策したらいいかわからない(面接対策、書類添削など)

転職エージェントなら、転職のプロ目線から的確なアドバイスを受けることができるのは大きな魅力です。

履歴書・職務経歴書の添削や面接対策、内定後の給与交渉まで、あらゆることを丁寧にサポート。少しでも不安がある方は、相談してみてください。

出戻り転職におすすめな転職エージェント

出戻り転職におすすめの転職エージェントは3つ。

また、転職エージェントを併用すると複数人からアドバイスがもらえるため、必要な情報を効率よく入手できます。スムーズに有利な転職活動をするなら、掛け持ちがおすすめです。


マイナビエージェント

20代~35歳向け中小企業・IT業界を目指す人におすすめな転職エージェント。様々な転職ノウハウが掲載される中、出戻り転職についてのトピックも公開されています。

マイナビエージェントには、各業種・職種に特化したアドバイザーが集い、女性の転職や第二新卒、関西・東海エリアで特設サイトがあるなど専門性の高いアドバイスを受けられるのです。

リクルートエージェント

全国から全年代・全業種・職種など幅広い求職者に対応。約34万件の求人数を保有する転職支援実績No.1の転職エージェントです。

リクルートエージェントでは、過去40年の転職ノウハウで実績データに基づいたアドバイスが可能。

また、在籍アドバイザーは交渉力・営業力に長けており不採用を採用に覆した事例もあります。優秀なアドバイザー×培った転職ノウハウで出戻り転職を有利にできるでしょう。

パソナキャリア

パソナキャリアは、25~35歳の女性におすすめな転職エージェント。

パソナキャリアには、各分野に精通するアドバイザーが在籍。サポートの高さから年収アップ率は67.1%の実績やオリコン顧客満足度調査で転職エージェント部門No.1を獲得しています。


出戻り転職はデメリットも理解したうえで検討する

    ≪出戻り転職のデメリット≫

  1. 退職時と同じ環境・年収ではない
  2. 出戻り転職に良いイメージを持たない人もいる
  3. 後味の悪い辞め方をした・在籍時に実績がなければ出戻りできない可能性がある

一度離れて気づいた魅力に惹かれ、出戻り転職をするにはデメリットも付きもの。上記を理解したうえで、本当に出戻りするかを検討しましょう。

出戻りしたいけど対策の仕方が分からない場合は、転職のプロに相談するのも一つの手。出戻りに関する相談をして、アドバイスをもらうといいでしょう。

おすすめ転職エージェント

マイナビエージェント
リクルートエージェント
パソナキャリア


※1,2,3,4,5 出典:人事のミカタ 企業の出戻り(再雇用)実態調査2018

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事