最終更新日:

生活相談員の仕事内容とは?資格は必要?生活相談員への転職成功法を大公開

生活相談員の仕事内容とは?資格は必要?生活相談員への転職成功法を大公開

「生活相談員の仕事内容とは?」「生活相談員になるには?」

施設内の「なんでも屋さん」とも表現される生活相談員。志望する人も少なくありません。

今回は生活相談員とは何か?から、生活相談員になる方法・年収や将来性までご紹介します。

生活相談員への転職をより確実にする転職エージェントも併せてご紹介しましょう。

あなたが「生活相談員に向いているか」適性診断するにはこちら→

生活相談員の仕事内容

生活相談員って介護業界でどんな役割なのかな?

生活相談員とはソーシャルワーカーとも呼ばれ、要介護者やその家族の相談・支援をする役割を担っています。

他にも施設と外部機関とを繋ぐ役割もあるので、介護業界の中でも特に多くの人と関わる機会の多い職種です。

要介護者の直接的な身体介護の業務はないけど、介護サービスを快適に受けられる体制や基盤を作る重要なポジションなの★

生活相談員とケアマネージャーの違い

要介護者や家族の介護相談の業務を担う職種としてケアマネージャーが挙げられますが、生活相談員とは明確な違いがあります。

ケアマネージャー
生活相談員
資格
ケアマネージャー資格が必須 各自治体の方針によって勤務に必要な資格が異なる
勤務
場所
介護保険施設・居宅介護支援事務所が中心 介護保険施設・医療機関などが中心
業務
内容
中心となる業務はケアプランの作成。その他、介護相談・給付管理業務・要介護認定業務など。 介護相談・入退去の手続き・地域との連携など、外部機関の窓口となり様々な業務を一手に担う。

ケアマネージャーも生活相談員も介護相談を担いますが、生活相談員は施設の管理・調整がメインの業務です。

勤務施設によってはケアマネージャーと生活相談員を兼任する場合もあります。

生活相談員は施設全体を管理する重要な職種なの!さすが「なんでも屋さん」と呼ばれるだけあるわね★

生活相談員になるには

生活相談員になるには具体的にどうすればいいのかな!?

生活相談員に必要な経験・スキル

生活相談員になるためには介護サービスの幅広い知識が必要になります。

一般的には福祉系の大学や短大・専門学校等で知識を学び、実務経験を経た後、生活相談員として勤務する人が多いです。

介護・福祉系の資格を取得しておけば知識が豊富である証明ができるので、取得して損はないでしょう。

生活相談員は知識だけじゃなくて経験もある方が円滑に進む業務が多いわ♪

生活相談員に必要な資格

生活相談員として働く条件は各都道府県・自治体によって対応は様々ですが、一般的に下記いずれかの資格が求められるケースが多いです。

【生活相談員に必要な資格】
・社会福祉士
・精神保健福祉士
・社会福祉主事任用資格

資格によって受験資格や難易度は異なります。

資格名 詳細
社会福祉士 福祉・医療に関する相談援助に必要な専門知識・スキルを証明する国家資格。受験資格を獲得するルートは12通りある。合格率は26%~30%
精神保健
福祉士
心的病気を抱えた人がスムーズに生活できるよう、相談やアドバイスができる証明となる国家資格。受験資格を獲得するルートは11通りある。合格率は60%前後
社会福祉
主事任用
資格
試験等はなく、厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目や養成機関又は講習会の課程を修了すると取得できる。

介護福祉士やケアマネージャーの資格を保有していれば生活相談員として勤務できる自治体もあります。

さらに、自治体が定めた年数・業務内容の実務経験があれば無資格でも生活相談員になれるケースも。

自分が勤務を希望する都道府県・自治体の採用条件・勤務条件をよく確認しましょう。

いずれにせよ経験や知識・スキルが必要な職種だから、無資格かつ未経験から始めるのは難しいわね…

生活相談員の勤務先

生活相談員として活躍できる場所は介護保険施設から医療機関まで多岐に渡ります。

【勤務先の一例】
・特別養護老人ホーム
・有料老人ホーム  ・デイサービス
・小規模多機能型居宅介護
・障害者施設

介護保健施設で働く生活相談員は「支援相談員」、医療機関で働く生活相談員は「医療相談員」と呼ばれています。

生活相談員は基本的に正社員採用ですが、最近では派遣やアルバイトでも募集する施設も多いです。

生活相談員は働き方も働く場所もかなり幅広い職種なんだね!

生活相談員になる際の注意点

施設ごとに業務内容が異なる

生活相談員は介護相談業務以外の業務内容は各施設で異なります。

勤務先を決める際には事前に業務内容の詳細を確認しましょう。

介護保険施設と医療機関では手続きの種類・関わる外部機関の種類もガラッと変わるわ。仕事内容はしっかり見極めましょ★

生活相談員に不向きな人

生活相談員に不向きな人に当てはまる特徴は以下の通りです。

  1. 人と関わるのが苦手
  2. 人の話を聞くのが苦手
  3. 頼まれ仕事はしたくない

生活相談員はとにかく多くの人と関わるので、コミュニケーション能力が重要です。

生活相談員は要介護者やその家族から誰にも言えない不安や悩みの相談を受けるケースも多いので、傾聴力を求められます。

施設内のなんでも屋さんとして様々な業務をこなす生活相談員は臨機応変な対応が求められる仕事です。

相談対応は自分も深刻になりすぎたり、楽観的になりすぎてもダメ。相手に合った対応が求められるわ。

生活相談員の年収・将来性

生活相談員の年収

厚生労働省の平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果によると、平成30年度の生活相談員の平均月収は約32万年収は400万前後

手取りにすると月収25~26万程度です。

高収入を目指すのであればケアマネージャー・介護福祉士等の資格取得や、施設長など管理職を目指すと良いでしょう。

ケアマネージャー・介護福祉士の資格を獲得すると、資格手当が貰える施設が多いわ♪業務の幅も広がるわね★

生活相談員の将来性

生活相談員は施設の規模感や種類によって配置基準が定められています

生活相談員は決して高年収とは言えませんが、夜勤等発生しにくい・施設に必須の職業な面を考慮すれば安定した職業です。

今後、高齢化社会の影響で介護施設は増加するので、生活相談員の需要も高まるでしょう。

ショートステイや特別養護老人ホームは利用者100人以上で常勤の生活相談員が1名以上必須になるわ。

施設の管理・調整を通して多くの人の縁の下の力持ちとして活躍できる職種なんだね!

生活相談員への転職を確実にする転職エージェント

転職活動は自分でできる範囲には限界があり、在職しながらの転職活動になるとかなりの負担になってしまいます。

転職エージェントを利用すれば、転職活動の負担が大幅に減少スムーズな転職が可能です。

きらケア マイナビ
介護職
転職エージェント
主なサポート対象者
無資格・未経験
経験者も
幅広く対応
経験者向け
雇用形態
正社員・派遣
アルバイト
パート
正社員
非常勤
パート
生活相談員の求人数
約1100件
約2200件
特徴
面談同行サービスがある
サポートが充実
福祉・介護職専門 利用者
満足度No.1
簡単登録
(無料)


生活相談員が適正かどうか知る

生活相談員の適性をすぐに知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グットポイント診断」を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスです。

\無料で手軽に適性がわかる!/

診断結果ではあなたならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きの適性をチェックできます。
生活相談員の適性を診断できる「リクナビNEXT」のグッドポイント診断

リクナビNEXTでも生活相談員の求人を取り扱っています。

施設全体の把握と1人ひとりに寄り添う姿勢が重要な生活相談員は「親密性」「バランス」「受容力」に長けている人には向いている仕事です。

簡単に適性が見えてくるので、自分に生活相談員が向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グットポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
リクナビNEXT

求人数4万件超!利用満足度No.1
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/
登録は3分で完了!

生活相談員とは施設の運営に欠かせない職種

生活相談員とは介護施設に関わる全ての人と調整しながら、施設の環境改善や満足度を向上させる重要な職種です。

転職サイト・転職エージェントを有効活用して生活相談員への第一歩を踏み出しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事