最終更新日:

介護福祉士とはどんな仕事?介護福祉士資格や年収・将来性まで徹底解説

介護福祉士の仕事内容とは?介護福祉士資格や年収・将来性まで徹底解説

「介護福祉士とは?」「介護福祉士の年収や将来性は?」

介護業界でより活躍の場が広げるために介護福祉士を目指す人も少なくありません。

今回は介護福祉士とは何か?から、介護福祉士になる方法・仕事内容・年収や将来性までご紹介します。

介護福祉士への転職をより確実にする転職エージェントも併せてご紹介しましょう。

あなたが「介護福祉士に向いているか」適性診断するにはこちら→

介護福祉士とは?

介護福祉士ってどんな仕事なの?

介護福祉士とは、サポートを必要とする人の生活を支援する仕事です。

介護福祉士になるには介護福祉士資格が必要になります。

介護職は無資格・未経験でも始められますが、介護福祉士として勤務できれば就職や給与面で有利になるケースが多いです。

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の仕事は【身体介護】と【生活援助】の2種類に分けられます。

明確な違いは「直接要介護者に触れてサポートするか」です。

身体介護
要介護者に直接触れてサポートを行う介護。具体的には食事介助・入浴補助・移動介助など。
生活援助
要介護者の代わりに必要な身の回りの援助を行う介護。具体的には掃除・買い物・洗濯など。

身体介護は肉体労働で一人ひとりに合った介護が必要となるので最も大変な業務でしょう。

また、他にもレクリエーションの主催などの業務がある場合もあります。

勤務する施設によって身体介護と生活援助の比率は異なるわ!自分が希望する業務内容かよく確認しましょ★

介護福祉士になる方法

介護福祉士に必要なスキル

介護福祉士になるには所定の年数の実務経験を積むか、大学・短大・専門学校等で定められた履修科目の修了が必要になります。

その後、国家資格の介護福祉士資格に合格すれば、介護福祉士として勤務が可能です。

実務経験のみで受験資格は得られるので、高卒新しく介護業界にチャレンジしたい人でも介護福祉士は目指せます。

40代から介護福祉士になる子も多いの!介護業界は年齢・学歴に関係なく採用してもらいやすいからどんどん挑戦できるわ♪

介護福祉士に必要な資格

介護福祉士になるには介護福祉士資格が必要になります。

介護系の資格で唯一の国家資格で、合格率は60~70%比較的チャレンジしやすいです。

介護福祉士の資格の合格者推移

独学でも十分合格が目指せますが、出題範囲は広いのでモチベーション管理と地道な努力は必要です。

また、受験資格の獲得は3ルートあります。

福祉・介護系専門の大学や高校を卒業していなくても、所定の条件を満たせば受験資格は獲得可能です。

  1. 養成施設ルート
  2. 実務経験ルート
  3. 福祉系高校ルート

介護福祉士資格は一度合格すれば更新の必要はなく、全国共通で認められています。

その他の資格取得や転職も有利になりやすいため、介護従事者にはおすすめの資格です。

実務経験を積みながら介護福祉士の受験資格を獲得したい子は資格取得支援をしてくれる施設もあるから要チェックよ♡

外国国籍の人であれば、受験資格のルートとして経済連携協定(EPA)ルートも利用できます。

介護福祉士の勤務先

介護福祉士は福祉・介護に関わるサービスを提供している場であれば、幅広い施設や企業で活躍できます。

勤務先によっては常に夜勤が発生する場合もあるので、勤務体系は必ず確認しましょう。

【介護福祉士の勤務先の一例】
・特別養護老人ホーム
・有料老人ホーム
・老人保健施設  ・デイサービス
・訪問介護  ・グループホーム
・小規模多機能型居宅介護
・障がい者施設

介護福祉士は正社員での採用が中心ですが、派遣やアルバイトの求人も多いです。

人手不足の影響もあり、ブランクがある人でも介護福祉士資格を保有していれば積極的に採用される傾向にあります。

介護福祉士の資格を持っていればブランクがあっても現場復帰しやすいんだね!

介護福祉士になる際の注意点

夜勤がある施設も

施設によっては夜勤が発生する場合も。

生活リズムが乱れやすくなるので、家庭との両立や資格獲得を目指して勉強の時間が欲しい場合は夜勤の施設は避けるようにしましょう。

介護福祉士に不向きな人

介護福祉士に不向きな人の特徴として以下が挙げられます。

  1. 人と関わるのが苦手
  2. マニュアル通りの仕事がしたい

介護福祉士は要介護者一人ひとりに寄り添う姿勢が大切な仕事です。

介護の現場はマニュアル通りにならない業務が多いので臨機応変に行動が求められます。

全部を完璧にしようとしないのが介護福祉士の仕事でのコツよ。周りの人と協力しながら進めましょ★

介護福祉士の年収・将来性

介護福祉士の年収

厚生労働省の平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果によると、平成30年度の生活相談員の平均月収は約31万年収は400万前後

夜勤があれば夜勤手当等があるため、勤務先によって給与額は大きく変化します。

年収や給与は大切ですが、自分の身体・やりがいなどを加味しながら勤務先は慎重に選定しましょう。

夜勤が基本的に発生しないのは訪問介護デイサービスね。身体介護の多さも施設によって年収は異なるからよく確認しましょ★

介護福祉士の将来性

今後、高齢化社会の影響で介護を必要とする人は増加しますが、介護業界全体の深刻な人手不足が解消する目途は立っていません。

現在はこれまでの働き方や待遇の見直しがされており、働きやすい環境が整いつつあります

今後も介護福祉士は安定して必要とされるので、環境や待遇面が整えば長く続けられる職種でしょう。

人とじっくり向き合う仕事だから悩みも多いけど、やりがいがあるって感じる人が多いのが介護福祉士ね。

自分も人に支えられて、自分が人を支えてるって感じやすい仕事なんだね。

介護福祉士介護福祉士への転職を転職エージェントで効率化

転職活動は自分でできる範囲には限界があり、在職しながらの転職活動になるとかなりの負担になってしまいます。

転職エージェントを利用すれば、転職活動の負担が大幅に減少スムーズな転職が可能です。

きらケア マイナビ
介護職
転職エージェント
主なサポート対象者
無資格・未経験
経験者も
幅広く対応
経験者向け
雇用形態
正社員・派遣
アルバイト
パート
正社員
非常勤
パート
b介護福祉士
の求人数
約8700件
約26000件
特徴
面談同行サービスがある
サポートが充実
福祉・介護職専門 利用者
満足度No.1
簡単登録
(無料)


介護福祉士が適正かどうか知る

介護福祉士の適性をすぐに知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グットポイント診断」を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスです。

\無料で手軽に適性がわかる!/

診断結果ではあなたならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きの適性をチェックできます。

介護福祉士の適性を診断できる「リクナビNEXT」のグッドポイント診断

リクナビNEXTでは100件以上の介護福祉士の求人を取り扱っています。

介護福祉士は「親密性」「バランス」に長けている人には向いている仕事です。

簡単に適性が見えてくるので、自分に介護福祉士が向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グットポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
リクナビNEXT

求人数4万件超!利用満足度No.1
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/
登録は5分で完了!

介護福祉士とは人の役に立っていると感じられやすい職業

介護福祉士とは「ありがとう」と直接言ってもらえる場面が多く、人の役に立っていると感じられやすい職業です。

労働環境の見直しも進んでおり、以前よりも働きやすくなっている施設は増えています。

転職サイトや転職エージェントを有効活用して介護福祉士への第一歩を踏み出しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事