最終更新日:

営業職を辞めたい原因別に対策がある!営業からの転職に有利な職種もご紹介

営業職を辞めたい原因別に対策がある!営業からの転職に有利な職種もご紹介

「営業職を辞めたい…」

営業は数字のプレッシャーや上司からの圧など、ストレスから辞めたいと感じる人も少なくありません。

営業を辞めたいと感じる理由にはそれぞれに合った対処法があり、対策をすれば辞めたい気持ちが和らぐ可能性もあります。

今回は営業を辞めたいと感じる理由4つと対処法、営業に向いていない人の特徴や営業を辞めて転職する際におすすめの職種についてご紹介します。

辞めたいと感じるのは強みを活かせてないだけ?
あなたの持つ「5つの強み」を
診断したい方はこちら
↓↓↓

営業を辞めたいと感じる4つの原因

営業を辞めたいと感じる原因は、大きく分けて4つあります。自分がどの辞めたい理由に当てはまるのか整理しましょう。

営業を辞めたいと思う原因

自分がどの辞めたい原因に当てはまるのか分からない場合は、まずは紙に自分の気持ちを書き出してみるのがおすすめです。

転職以外で営業を辞めたい気持ちを和らげられる対処法があります。

対処法を試しても状況が改善されない場合は転職も視野に入れた方が良いでしょう。

原因はどうであれ、自分が納得できないと感じた時点でストレスを感じて結果的に辞めたい気持ちを引き起こしちゃってるの。

営業職を辞めたい理由別対処法:営業職が原因

営業職の基本ができているか再度確認

営業の基本ができているか確認しましょう。

大前提として営業は相手の立場に立って行動しなければなりません。

・身だしなみは清潔感があるか
・声や表情などは暗くないか
・自信のない受け答えになっていないか
・顧客とのコミュニケーションは十分か
・顧客のニーズは理解できているか

相手に「この人からだったら買っても良いかな」と思ってもらえるような行動を心がけましょう。

最も重要なのは第一印象だから身だしなみや態度から意識しましょ★

営業が円滑に進むコツ

営業活動や社内での仕事をを円滑に進めるためのコツがあります。

・メモを常にとる
・業務を細分化する
・業務に優先順位をつける
レスポンスは速くする
・報連相はこまめに行う

レスポンスの速さは、例えば社内社外問わずメールや電話を速く返すだけで信頼関係が構築でき後回しにしない癖がつくのでおすすめです。

どのコツも自分の意識で改善できるので、営業職自体を辞めたいと感じている人は実践してみましょう。

ほかには営業成績の良い人の真似をしてみるのもおすすめね♪

営業職を辞めたい理由別対処法:会社が原因

部署異動の相談をする

働き方は社内でも大きく異なります。

社内の人間関係などに問題がないなら、管理部門などへの異動を上司に相談してみるのも1つの手段です。

ただ、営業手当などの支給がある場合、部署移動をすると収入が減ってしまう可能性も。

また、管理部門も営業職で不満に思っていた点が必ず改善されるとは限らないので、確認してから部署異動の申請をしましょう。

会社が原因で辞めたいと感じている子は転職した方が自分のキャリアアップに繋がる可能性が高いわ!

営業職を辞めたい理由別対処法:人間関係が原因

人間関係の悩みは社内か社外かで対処法は異なります。

社内の人間関係が原因の場合

社内の人間関係を円滑に進めるためのポイントは下記2点です。

①相手とは異なる価値観だと認識する
②相手に期待しすぎない

上司・同期・先輩・後輩など社内で人間関係が合わない場合は自分と相手は全く異なる価値観であるとの認識を持ちましょう。

自分の考え方は相手に通用しないので、何も伝えずに意志は伝わりません。

「なんで思ったように行動してくれないのか?」ではなく、「どうしたら思ったようにしてくれるか?」を考えると人間関係が円滑に進みやすくなります。

また、自分の基準で相手に期待するのは辞め、過度に期待しすぎない心構えも大切です。

自分に余裕がなくなってくると人間関係が辛いって感じちゃうわ。

社外の人間関係が原因の場合

営業先の担当者との関係をよくするためには以下の2点を意識しましょう。

①イエスマンにならない
②顧客の選定をする

営業は顧客との間で納得できる着地点を探し、折り合いをつける仕事です。

なんでも顧客の指示に従うのではなく、時には断ったりはっきり要望を示す必要があります

悪質な顧客の場合は優先順位を下げ、相手にしないのも1つの手段です。

営業職を辞めたい理由別対処法:自分が原因

1日1つ達成できる目標を立てる

毎朝1つ達成できそうな目標を立てます。どんな小さな目標でも構いませんが、具体的な数字など明確に設定しましょう。

    【目標の例】

  • 商談の相手を1回笑わす
  • 30分は雑談をする
  • 1日に○○件訪問する

目標が達成できれば自分を褒めましょう

1日1達成を繰り返すと自信に繋がり、自分の得意分野も把握できるようになります。

苦手分野でもまずはできそうな目標を立て、挑戦する姿勢が大切です。

立てる目標は必ず実現可能なレベルにしましょ。1日のうちに達成感を得られるのが大切なの。

営業職が向いている人向いていない人

営業職には仕事への取り組み方以外にも、性格や考え方の向き不向きがあるのは当然です。

営業職が向いていない特徴の人も、向いている人の考え方や特徴を理解・意識すれば業務が円滑になるケースもあります。

営業職に向いていない人の特徴

営業職を続けていると仕事が負担に感じやすい人の特徴は以下の通りです。

ネガティブ思考・考えすぎ
ストレス耐性がない
プライドが高い

営業職は人とのコミュニケーション能力が最も重要な職業です。

円滑な人間関係を築くためには相手に合わせた対応お互いが納得できる着地点へ導く力が必要になります。

自分の思い通りにいかない状況を過度に心配したり、不満を感じやすい人は営業職には不向きです。

その他にも数字に対する執着心がない・柔軟性がない・プレッシャーに弱いなどの特徴の人も営業職は負担に感じる場面があるでしょう。

自分で考えて行動するのが苦手な子も営業職を辞めたいって感じやすい傾向にあるわ。

営業職が向いている人の特徴

営業に向いている人の特徴は以下の通りです。

負けず嫌い
ポジティブ思考
吸収能力がある

できる営業は相手の立場を考えて行動ができるので、基本的には顧客に対して腰が低い人が多いです。

初対面の人とすぐに打ち解けられる能力だけではなく、話の中から相手のニーズを引き出す力がある人も営業として重宝されます。

人の指摘や指導を受け入れられる素直さを持っている人も営業向きです。

営業を辞めて転職する際におすすめの職業

違う営業の種類への転職

営業職でも売るモノが変わると売る相手も変わり、同じ営業でも業務の進め方が大きく変わります。

「今の営業が向いていない」だけで他の営業にチャレンジしてみると成功する人も多いです。

【営業の手法】

営業手法 詳細
新規営業 新規の取引先を増やすための営業。テレアポや突然訪問する飛び込み営業が主な営業手法。セールストークやコミュニケーション能力が向上する。
既存営業 ルートセールスとも呼ばれる。既に取引のある企業へ訪問し現状確認・新たな需要がないかヒアリング。人間関係構築力が身につく
反響営業 相手からの問い合わせに対して対応する営業。相手のニーズに答えるのはもちろん、潜在ニーズから商品を販売する能力も必要。断られる場面が少ないので新規開拓営業より心的負担は少ない。
【営業の相手】

相手 詳細
法人営業 B to Bとも呼ばれ、企業に対して営業をかける。比較的アポイントが取りやすく、一度に動く金額が大きい。
個人営業 B to Cと呼ばれ、一般消費者に対して営業をかける。相手へのメリットをしっかり提示できれば契約は比較的取りやすい。

異なる営業スタイルの営業職への転職は比較的容易で、前職も生かせるのでおすすめです。

会社によって、数字に対するプレッシャーも全く異なるわ!営業職が原因で辞めたい子も営業の種類を変えると改善される可能性が高いの♪

営業職以外で挑戦しやすい職種

営業以外の職種で挑戦しやすいのは以下の通りです。

経理・人事
事務職
生産管理・エンジニアなど

経理・人事は営業経験が活かしやすいので、転職先の職種として選ぶ人が多いです。

事務職の中でも営業事務は営業のサポートになるので、営業経験があれば要領が掴みやすいでしょう。

生産管理やエンジニアなどを選ぶ人は比較的男性が多いです。

20代の子は公務員への転職も検討してもいいかもしれないわ!

営業からの転職は転職エージェントの利用で効率UP

営業が辛いと感じて転職をする際は転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは転職活動の負担を大幅に軽減してくれるので、スムーズに転職できます。

転職したい職種別のおすすめ転職エージェントは以下の通りです。

おすすめエージェント 転職
職種
詳細
リクルート
エージェント
全職種 ほぼ全ての業界・職種の求人を網羅。登録して損はない転職エージェント。
doda 事務職 求人サイトの役割も持ち、事務職求人の質が高い。
MS-Japan 経理
人事
経理/人事の求人が豊富。管理職に特化したアドバイスもしてもらえる。
WORKPORT(ワークポート) エンジニア IT・Web・ゲーム業界に特化。未経験から挑戦したい人にも充実のサポート。

各転職エージェントの詳細

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~30代
主なサポート対象者 全転職者に対応 全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は41万人超 年間転職成功者は1万人以上
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
求人約10万件
非公開多数
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)


MS-Japan WORKPORT
(ワークポート)
転職エージェント
主な年齢層 特になし 20代~30代
主なサポート対象者 管理部門
(経理・人事・法務など)への転職希望者
IT業界経験者/未経験者・
第二新卒
専門分野 管理部門・士業 IT・Web・ゲーム業界
支援実績 登録率・相談率・転職決定率の3項目でNo.1 転職決定人数
1位
特徴 90%が非公開求人
無料のセミナーがある
70~95%が
非公開求人

初心者向けの
プログラミング
スクールがある
簡単登録
(無料)


営業職を辞めたい人はまずは自分の適正を知る

営業を辞めたいと感じていても自分がどんな仕事が向いているか分からない人はまずは自分の適正を把握しましょう。

自分の適性を知れば、自分の向いている職業で予想以上の活躍ができる可能性もあります。

自分の適性をすぐに知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グットポイント診断」がおすすめです。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グットポイント診断は簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービス

診断結果ではあなたならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きの適性をチェックできます。
自分の適正がすぐに分かるリクナビNEXTのグットポイント診断

リクナビNEXTでは約4万件の求人を取り扱っています。

簡単に適性が見えてくるので、自分がどんな仕事に向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グットポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
リクナビNEXT

求人数4万件超!利用満足度No.1
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/
登録は5分で完了!

営業を辞めたいと感じたら原因に合った対策を

辞めたい理由は会社や状況によって異なりますが、営業職を辞めたいと感じる人は多いです。

しかし、営業職を始めて1年目なら「営業が向いていない」と判断するには早いケースが多いです。

「なんとなくキツイから辞めたい」「営業は向いていないから辞めたい」と思っている人は1年真剣に営業職と向き合ってみると感じ方が変わる可能性があります。

転職の際も1年以上の勤務経験がある方が採用されやすいので、その後の転職活動を考えても最低1年は続けた方がおすすめです。

もちろん、パワハラやいじめ、身体や心に支障が出た場合は辞めて転職を検討しましょう。

    【営業を辞めたい時の対策まとめ】

  • 営業職が原因:基礎の見直し/コツを掴む
  • 会社が原因:部署異動の相談をしてみる
  • 人間関係が原因:相手とは異なる価値観だと認識
  • 自分が原因:毎日1目標&1達成
  • どうしても辞めたいなら転職も1つの選択肢
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事