最終更新日:

転職エージェントからの連絡が遅い?連絡が遅い場合の対策と転職成功法

「転職エージェントに登録したのに連絡が遅い」「転職エージェントと面談してから連絡が遅くなった」「選考まで進んだのに転職エージェントからの連絡が遅い」

転職エージェントは転職活動を有利にしてくれるサービスですが、連絡が遅くスムーズに利用できないとストレスを感じる方も多いです。

転職エージェントからの連絡が遅い理由に合わせた対処法を把握して、転職エージェントを上手に活用すれば転職は成功します。

この記事では、連絡が遅い状況別の理由と対処法、連絡が遅い状況からの転職成功法を詳しく解説していきましょう。

効率よく転職を成功させたい方は必見です。

転職の負担が軽くなる併用おすすめの転職エージェントはこちら↓

転職エージェントから連絡が遅い状況は多発

転職エージェントに登録したのに連絡が遅い、転職エージェントと面談したのに連絡が遅いなど、うまく転職エージェントを活用できないと悩む求職者は少なくありません。

状況は様々ですがそれぞれ原因と対処法があるので、連絡が遅い状況は十分に改善できます。

転職エージェントから連絡が遅い一番の理由

転職エージェントは、一人のキャリアアドバイザーが多数の求職者を担当してサポートするケースがほとんどです。

過密スケジュールで手が回らなくなると連絡が遅い状況が発生しやすくなります。

忙しい担当者だと連絡が遅くなりやすいんだね…。でも状況に応じて対処すれば改善は可能なんだ。

転職活動の停滞を防ぐためにも、まずは何が原因で連絡が遅い状況になるかしっかり把握しておきましょ。

転職エージェントの連絡が遅い理由【登録後】

転職エージェントの公式サイトから情報を入力し、転職支援サービスへの申し込みが正しく完了していれば担当者からメールか電話で連絡があります。

5営業日以内に連絡がない場合は、下記が原因の可能性が高いです。

  • ・情報の記入漏れ
  • ・迷惑メールとして受信している
  • ・経験不足と判断された
  • 担当者からの連絡の前に、転職エージェントにちゃんと登録できてたらすぐに登録完了のメールが届くの。メールが届いてないなら何か不備があるのは間違いないわね。

    情報の記入漏れ

    登録時に入力する情報はかなり多く、間違いが起きやすいです。

    電話番号やメールアドレスに記入漏れや入力ミスがあれば転職エージェントは求職者と連絡がとれません。

    経歴や職務経歴書に空欄があれば、連絡が後回しにされる可能性もあります。

    登録情報を再度確認して間違いがあった場合は、公式サイトの問い合わせ窓口に連絡を入れるのよ☆

    迷惑メールとして受信している

    転職活動にフリーメール(yahooやGmailなど)を使用していると、転職エージェントからの連絡が迷惑メール(スパム)として届く場合も。

    もし迷惑メールBOXにメールが届いていたら、登録した転職エージェントのドメインを受信許可設定しましょう。

    例えばリクルートエージェントなら「@r-agent.com」マイナビエージェントなら「@mynavi-agent.jp」など。公式サイトに記載あり。

    経験不足と判断された

    転職エージェントに登録後「現在紹介できる求人がない」旨のメールが届く求職者もいます。

    フリーターや無職、正社員経験がない、転職回数が多いなどの理由で“審査に落ちた”可能性が高く、メールが届いた後には連絡が遅いどころかそのまま連絡がないケースがほとんど。

    転職エージェントが得意な業界・職種と求職者の希望がかけ離れている場合にも同じ内容のメールが届きやすいです。

    経験が浅い若年層向けや正社員経験を問わない転職エージェントなら、経歴だけで落とされる心配はないわ。

    各社の強みを確認して、自分の希望や状況に合った転職エージェントを選ぶといいんだね。

    転職エージェントの連絡が遅い理由【面談後】

    転職エージェントとの面談にまで進んでいるなら求人紹介の基準を満たしているのは間違いありません。

    しかし、面談での印象や希望条件によっては面談後に連絡が遅くなるケースも。

    転職エージェントと面談したのに連絡が遅い場合は、下記の原因が考えられます。

  • ・転職意識が低いと判断された
  • ・キャリアと希望条件が見合っていない
  • 面談の印象次第でサポートの質が変わるの。遅刻やドタキャンは言語道断、マナーが悪い子は企業に紹介しづらいから連絡が後回しにされちゃうわ。

    転職意欲が低いと判断された

    面談では経歴はもちろん求職者の態度や雰囲気もチェックされています。

    転職希望時期が遠かったり希望条件が固まっていないと、やる気や熱意が伝わりません。

    転職意欲が低いと判断されれば、求人紹介の優先度を下げられる可能性が高いです。

    面談後の連絡が遅いなら、担当のキャリアアドバイザーに改めて連絡して転職意欲をアピールしましょう。

    キャリアと希望条件が見合っていない

    希望条件を高望みし過ぎると条件に合う求人は絞られます。

    キャリアやスキル以上の待遇を求めれば、今すぐ紹介できる求人はないとみなされ連絡が遅くなるでしょう。

    譲れない条件と妥協できる条件を明確にして、希望条件を緩めに設定しなおすとミスマッチの防止が可能です。

    条件緩和で間口が広がって求人を紹介されやすくなるのか。

    転職エージェントの連絡が遅い理由【選考後】

    転職エージェントとの面談後に求人を紹介され、企業との面接を終えれば採用の選考に進みます。

    選考後に連絡が遅い場合は企業からの連絡が遅い可能性が高いです。

    選考にかける日程は企業により違いますが最短で数日、最長で2週間前後のところも。

    2週間程度待っても何の連絡もないなら、一度担当者に連絡してみましょ。

    転職エージェントの連絡が遅いなら担当変更や他社利用も

    転職エージェントの連絡が遅いなら担当変更

    それぞれの理由に合わせて対処しても、実力不足のキャリアアドバイザーだと連絡が遅い状況が改善されないケースもあります。

    転職エージェントは担当の変更も可能なので、相性が悪いのなら変更も視野に入れて転職活動を進めましょう。

    感情的になりすぎるのは厳禁。ビジネスとしてお願いするのよ。

    転職エージェントの連絡が遅いなら他社を利用

    転職活動は複数の転職エージェントを併用した方が効率的です。

    連絡が遅い状況に合わせた対処法を実践しつつ、一つのエージェントに拘らずに他社も併用するとよりスムーズになります。

    特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、下記から自分に合う転職エージェントを選びましょう。

    登録・利用はすべて無料です。

    経験が浅い20代向け

    DYM就職 ジェイック
    (JAIC)
    転職エージェント
    主な年齢層 18~35歳 18~39歳
    主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
    支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
    特徴 書類選考なし
    優良企業2千社
    就職率96%
    正社員求人のみ
    研修が無料
    就職成功率8割
    簡単登録
    (無料)

    経験がある20~30代向け

    リクルートエージェント マイナビエージェント
    転職エージェント
    主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
    主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
    支援実績 採用成功実績は41万人超 20代の信頼No.1を獲得
    特徴 業界最大手
    求人数No.1
    面接対策が充実
    サポートが◎
    中小企業に特化
    IT系にも強い
    簡単登録
    (無料)


    doda パソナキャリア
    転職エージェント
    主な年齢層 26~35歳 25~35歳
    主なサポート対象者 関東、関西、東海の大卒以上 東名阪のハイクラス層、女性
    支援実績 業界30年の採用成功実績 顧客満足度調査1位
    特徴 求人約10万件
    営業職に強い
    丁寧なサポート
    年収UP率67%
    大都市圏の求人が豊富
    簡単登録
    (無料)


    転職エージェントからの連絡が遅い対処法で転職成功

    登録時の記入漏れやメールの設定、転職意欲や希望条件の伝え方などが原因で、転職エージェントからの連絡が遅い状況に陥りやすいです。

    連絡が遅い状況はそれぞれの原因に応じて対処すれば改善できます。

    連絡が遅い転職エージェントへの対処法

    • 問い合わせ窓口に連絡を入れる
    • ドメインを受信許可設定
    • 転職意欲を改めてアピール
    • 希望条件を緩めに設定
    • 担当者を変更する
    • 他社の転職エージェントも併用する

    転職エージェントを上手に活用して効率よく転職を成功させましょう。

    働く悩みを“ゼロ”に
    今よりいい会社に転職しませんか?

    転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

    複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

    リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

    自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

    登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
    転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

    リクルートエージェント公式へ

    転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
    圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

    特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

    マイナビエージェント公式へ

    20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

    主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

    現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
    ビズリーチ公式へ

    求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

    必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

    \17の質問に答えるとスカウト率アップ!
    ビズリーチ公式へ
    関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

    RECOMMEND

    関連記事