最終更新日:

転職エージェントで内定辞退はできる?内定辞退の方法と辞退後の転職成功法

「内定辞退は転職エージェントに迷惑?」「転職エージェントに内定辞退を申し出るタイミングは?」「穏便に内定辞退する方法は?」

転職エージェントを利用して得た内定を辞退したいと悩む求職者は一定数います。

入社日に近づくほどリスクが高まるため、できるだけ早い段階で担当者に連絡し理由と謝罪を伝えれば穏便に内定辞退が可能です。

本記事では転職エージェントに内定辞退を伝えるタイミングや穏便に内定辞退する方法、内定辞退後の転職活動継続におすすめの転職エージェントを詳しく解説していきましょう。

スムーズに内定を辞退したい方は必見です。

転職エージェントに申し出れば内定辞退は可能

転職エージェントを利用して企業から内定をもらった後でも、入社までの期間に申し出れば辞退は可能です。

転職エージェントの担当者が代行して企業に伝えますが、タイミングによってはスムーズに辞退できなかったり、双方に迷惑がかかります。

転職活動の状況が変わって内定を辞退する求職者は少なくないけど、なるべく迷惑をかけないように配慮して。

転職エージェントで内定辞退する主なケース

転職エージェントの利用者が内定を辞退する状況は様々です。

内定辞退する主な理由
・希望に近い企業から内定をもらった
・労働条件が改善されて現職を続ける
・考え方が変わり転職活動をやめたい
・家庭の事情で転職できなくなった

内定辞退に相応な明確な理由があれば対応してもらえますが、申し出が遅れると入社の手続きが進んでしまいます。

内定辞退を決めた時点ですぐに担当者に連絡しましょう。

転職エージェントに内定辞退を伝えるタイミング

転職エージェントからの内定通知時は穏便に辞退できる

転職エージェントから内定が通知されるタイミングでは、辞退を申し出てもまだ迷惑が掛かりにくいです。

こちらから入社する意思を伝えておらず入社手続きも進んでいないため、企業にも転職エージェントにも少ない負担で内定辞退に対応してもらえます。

転職エージェントの内定通知を承諾後も辞退可能

内定を承諾した後でも辞退は可能ですが、企業側で進められている内定確定者の入社準備を無駄にしてしまうのは否めません。

一度は内定を承諾したにも関わらず辞退するに至った経緯を丁寧に説明し謝罪しましょう。

企業と転職エージェントの担当者は、入社の手続きや必要な備品の手配をすでに進めちゃってるの。確実に迷惑がかかるから、申し訳ないって気持ちを真摯に伝えるのよ。

入社日間近に転職エージェントに内定辞退を申し出るのはNG

入社日の数日前~当日の内定辞退の申し出は、企業にも転職エージェントにも大きな損害を与えます。

求職者がどうしても内定を辞退したいなら受理はされますが、円満に対応してもらえる可能性は低いです。

最悪の場合、自己都合退職扱いにされたり、訴訟問題にも発展し得るでしょう。

家庭の事情とか体調不良とかよっぽどじゃない限りは、入社日ギリギリで軽率に内定辞退しない方が無難よ。

転職エージェントに内定辞退を伝える方法

転職エージェントへの内定辞退の連絡は電話とメールで

転職エージェントへの内定辞退の連絡をメールだけで済ませると、誠意が伝わらず悪い印象を与えてしまいます。

必ず電話で連絡し、口頭で感謝と謝罪の意を伝えましょう。

電話連絡時の注意点
・要件を手短に伝える
・内定辞退の理由はシンプルに
・誠意をもって真摯に対応する

内定辞退の旨を電話で伝えた後、改めてメールでも詳細を送ります。

メールでは内定辞退の経緯を明確に伝えられる上、文面が記録に残るのでその後の対応がスムーズです。

メール連絡時の文面例
「本日は○○様(企業名)からの内定を辞退したくご連絡いたしました。
辞退の理由は○○○○○のためです。
内定までご助力いただき大変感謝しておりますが、辞退する結果となり申し訳ございません。
お忙しい中恐縮ですが、ご対応よろしくお願いいたします。」

転職エージェントへの内定辞退の理由は明確に

転職エージェントに理由を詳しく説明せずに内定を辞退すると、間違いなく担当者からの信頼を失います。

一方的に辞退を申し出る、連絡を無視するなどあまりにもマナーが悪いと今後その転職エージェントを利用不可にされてしまうでしょう。

理由を正直に伝え詳細に説明すれば、穏便に内定辞退が可能です。

「第一希望の企業から内定が出た」「親の介護が必要になった」などシンプルに理由を伝える。

転職エージェントの内定辞退は退会不要

内定を辞退しても引き続きその転職エージェントで転職活動を続けられます。

他社で内定、現職の継続、家庭の事情などで転職活動を止めるなら、退会ではなく“中断”にしておきましょう。

プロフィールや職務経歴をそのまま残せて、定期的にカウンセリングや求人紹介にも対応してもらえるため、次回の転職活動を再開する時もスムーズです。

内定辞退後の転職活動継続には転職エージェント併用

希望に合わず受かった企業の内定を辞退しても、まだ転職活動を続ける人もいるよね?

内定後に考え方が変わる子も多いけど、リスクヘッジのために転職エージェントを併用すると効率的よ!

内定を辞退した後にも転職活動を継続するなら、転職エージェントを最低2社以上は併用しましょう。

それぞれ特性やサポートの質は異なるため、併用して比較すれば相性の良い転職エージェントが見つかります。

登録・利用はすべて無料です。

経験が浅い20代向け

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 書類選考なし
優良企業2千社
就職率96%
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある20~30代向け

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は41万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)


doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 26~35歳 25~35歳
主なサポート対象者 関東、関西、東海の大卒以上 東名阪のハイクラス層、女性
支援実績 業界30年の採用成功実績 顧客満足度調査1位
特徴 求人約10万件
営業職に強い
丁寧なサポート
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


転職エージェントには早めの連絡で円滑に内定辞退可能

転職エージェントでは、企業から内定をもらってから入社までの期間は内定を辞退できます。

ただし、入社日に近いほど転職エージェントと企業に損害が大きくなるため、できるだけ早く内定辞退を申し出ましょう。

内定辞退は迷惑がかかるとはいえ、早めの申し出と丁寧なフォローで最小限に抑えられるわ☆自分の選択を最優先にしてね!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事