最終更新日:

園児の怪我で保育士を辞めたい!今後の仕事を円滑に行なうための対処法

保育中に子どもが怪我をしてしまい、責任感や事後対応の大変さから辞めたいと感じた経験がある方は少なくありません。

今後仕事を続けるかどうかに関わらず、まず起こった事故への対処を徹底するのが重要です。

本記事では園児が怪我をした時の対応方法や、転職する際の注意点などを解説します。

園児の怪我がきっかけで保育士を辞めたいと考えている方は、大きな決断をする前にこの記事を読んでみて下さい。

園児の怪我をきっかけに辞めたいと思う保育士は多い

子どもは自由に動き回る上に、まだ安全・危険の区別がついていないケースも多いです。

どれだけ保育士が注意を払っても事故が発生したり、喧嘩が起こったりと子どもが怪我をする可能性は消しきれません。

保育中に園児が怪我をした場合、基本的にはクラス担任の保育士が責任を問われます

再発防止のために厳重注意を受ける機会も多く、責任を重く感じる方も少なくないでしょう。

多忙な業務や人間関係の不和などが重なると、園児の怪我がきっかけで辞めたい気持ちが固まってもおかしい話ではありません。

保育中の怪我自体は珍しくない

「令和元年教育・保育施設等における事故報告集計」(内閣府)によると、2020年の事故報告件数は1,299件でした。

内訳は負傷が1,293件、死亡が6件。負傷のうち1,011件は骨折でした。

全国の保育施設(認定こども園・幼稚園・認可保育所など)で起こった件数と考えると、少なく感じるのではないでしょうか。

しかし、これは重大な事故のみに絞った数字で、日々起こり得る怪我は含まれません

ささくれが剥けてしまった、などの些細な怪我を含めると怪我の報告が連日必要になるケースもあるでしょう。

保育士が園児に怪我をさせてしまった時の対処法

マニュアルに沿った対処をする

園児が怪我をした際は看護師が配置されている場合はそちらに、いない場合は園長などが対応にあたる可能性があります。

保育施設ごとに必要な初期対応は異なりますが、基本的にはマニュアルに沿った対処を行なうと良いでしょう。

普段からマニュアル内容を把握しておくと事故発生時も冷静でいられるので、こまめに確認しておくのをおすすめします。

一人で対応しない

事故が発生した時は、まず正確な情報共有が大切です。

1人で抱え込まず、事故が起こった経緯を上司や同僚、保護者へ誠実に伝えてください。

起こった事故の原因を報告し、予防策を講じるのが今後の子どもたちの安全に繋がります。

例えば。何もない所でつまずいて転んでしまうのと、散歩中の安全確認の不備による事故では必要な対策が異なるはずです。

自己判断を避け、自分が対処可能だった部分とそうではない部分は切り分けて考えましょう。

怪我が理由で保育士を辞めたい時に利用したいサービス

子どもの怪我に大きな責任を感じている場合、保育業界以外の仕事を選べばそういった場面に遭遇する機会は少なくなります。

ただし、保育士の資格は保育業界以外では基本的に活用できないでしょう。

もちろん、事後対応をしっかり行なった上であれば、別の保育園へ転職しても問題ありません。

同じ事故をくり返さないよう肝に銘じながら仕事を続けていれば、事故を防げる可能性は高くなります。

退職時のやり取りで揉めたくないなら退職代行を活用

退職代行サービスのNEXT 弁護士法人みやびの退職代行サービス
退職代行サービス
料金 33,000円 55,000円
相談窓口 電話
メール
LINE
メール
LINE
着手金 無料 無料
特徴 日本全国対応
退職できなかった場合全額返金
退職率100%
日本全国対応
出社なしの引継ぎや私物引取り可能
完全退職までフルサポート
無料相談

他業界に転職するなら大手サービスがおすすめ

リクルートエージェント doda
転職エージェント
主な年齢層 全年代 26~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 関東・関西・東海の大卒以上
求人数 総求人数
20万件以上
総求人数
10万件以上
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実

幅広い層の求人
転職フェア多数
スカウトあり
簡単登録
(無料)

怪我の事後対応さえ行なえば保育士を続けるかは自由

園児が怪我を負った場合、怪我への対応だけでなく保護者への説明や謝罪、園内での責任追及・再発防止策の策定など事後対応が必要になります。

とくに保育士側の過失を含む場合、後悔に加えて事後対応のストレスを受けて辞めたいと感じるのは不自然ではありません。

保育士を続けるか否かに関わらず、ひとまずは誠実な報告と事後対応に努めましょう。

今後同じ職場で働き続ける場合でも、転職する場合でも周囲の信頼を失わないように行動すれば、必ず事態は好転します。

そもそも保育士1人だけでは園児の怪我を防ぐのが不可能なケースも少なくありません。

上司や同僚と相談し、今後の再発防止策を固めていくのが子どもたちのためにもなります。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事