最終更新日:

保育士の転職に適した時期は?転職活動が順調に進みやすいタイミングを解説

「転職を考えているけど、いつ頃切り出せばいいか分からない」
「年度途中で保育士は転職できるの?」

保育士として働く中で今の職場に不満を感じ、転職を考える方は非常に多いでしょう。

保育士の仕事は求人が増えるシーズンがある程度決まっているので、転職活動を始める時期を測るのが大切です。

本記事では保育士の転職に向いている時期やその理由、転職活動の流れを解説します。

より良い環境で働きたいと思っている保育士の方は必見です!

≫保育士向け転職エージェントをチェック

≫退職を円滑にするサービスをチェック

保育士の転職は4月が良いと言われる理由

一般的に、保育士は3月に退職し、4月から勤務スタートが望ましいと言われます。

これは新年度のクラス替えに備えて新卒・中途採用を含めた適切な人員配置をするためです。

保育園では4月~翌年3月までの1年間を一つの年度として扱い、多くの場合、新年度である4月に向けて求人を募集します。

担当の保育士が辞めた場合も基本的に年度途中でのクラス替えは発生しません。

そのため、多くの園が一斉に求人を出す唯一のタイミングになる4月から働けるよう転職するのが良いとされています。

子どもにとってのメリット

  1. 年度途中で担任が変わる不安を避けられる
  2. 保育士との信頼関係を築きやすい

保育園に通う幼い子どもにとって、ずっと一緒にいた先生がいなくなるのは寂しく不安な出来事です。

年度途中から赴任した場合、子どもたちと仲良くなるのに時間がかかるケースもあるかもしれません。

子どもとの信頼関係を築きやすくするために、保育士側が新年度から勤務するのが望ましいとされている側面もあるでしょう。

保育園にとってのメリット

  1. 新卒採用の職員と同時に説明や手続きを済ませられる
  2. 入園式や進級式に出席するので保護者へ紹介しやすい
  3. スムーズな引継ぎと人員配置が可能

転職した保育士が4月から働ける場合、新しい人員の教育や人員配置がスムーズになるのが保育園側のメリットになります。

1年間を通じて同じ保育士が対応できると保護者との信頼関係も築きやすく、引継ぎミスによる混乱も起こりにくいです。

これらの要因から、保育園側にとっては4月が最も安心して保育士を雇用しやすい時期だと言えるでしょう。

≫退職を円滑にするサービスをチェック

保育士が転職活動を始めるべき時期

保育士の転職向け求人数が増える時期はいつ?

保育士の求人は、新卒採用・中途採用に関わらず1月~3月にかけて増えていき、4月の新年度以降は減少します。

3月までは求人数が多い分、就職活動・転職活動をする保育士も多いです。

求人が増える時期ほど競争率も高くなるため、応募したい保育施設は早めにチェックしておくのをおすすめします。

その他、欠員補充の為に夏から中途採用の求人を出したり、来年度の人員配置に関する相談が行なわれる9月頃に求人が出るケースもあるでしょう。

必ずしも4月の新年度からしか働けないわけではなく、求人は一定数存在します。

情報収集を怠らず、自分にとって最適なタイミングて転職活動を始めてください。

3か月~半年前から転職準備をしよう

保育士が転職活動をする場合、勤務開始日まで3か月~半年ほどあればスムーズに手続きを進められるでしょう。

4月に転職するなら10月頃から転職エージェントに相談して、3月までに転職先を決めるイメージです。

とはいえ、転職活動を始めるタイミングに明確なルールがあるわけではありません

慎重に転職先を選びたい方や、今すぐに転職したい方は早めに転職に向けた準備や下調べを始めて大丈夫です。

保育士から転職する時期に使いたいサービス

保育士の仕事を続けたいなら特化型サービス

保育士として次の職場に転職するなら、保育の仕事に特化した転職エージェントがおすすめ。

マイナビ保育士転職サイトと同様の使い方もできるので、転職エージェントを利用したくない方にもおすすめです。

もちろん、担当者による転職支援サービスも受けられるので、自分に合ったサービスを選択してください。

保育士の転職に特化した転職エージェント

マイナビ保育士
転職エージェント
主な年齢層 全年齢層
主なサポート対象者 保育士資格保持者
主なサポート地域 東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、京都、愛知、福井
保育士求人数(公開) 約1.6万件
特徴 利用者満足度/認知度3年連続No.1
簡単登録
(無料)
保育士WORKER(ワーカー) 保育士バンク!
転職エージェント
主な年齢層 全年齢層 全年齢層
主なサポート対象者 保育士資格保持者 保育士資格保持者
主なサポート地域 東京、千葉、神奈川、埼玉 東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、愛知
保育士求人数(公開) 約5万件 約4万件
特徴 業界最大級の求人数、保育士が認めた支持率No.1 非公開の優良求人多数、保育士求人転職サービス6部門No.1
簡単登録
(無料)


他業種に転職したいなら大手転職エージェント

保育士以外の求人も見たい方は、大手の転職エージェントを利用しましょう。

さまざまな業種・職種の求人に対応可能で、キャリアに合わせた仕事を紹介してもらえます。

まずは業界最大手のリクルートエージェントdodaに登録してから、自分がどんな仕事に就きたいのか考えていくのをおすすめします。

おすすめの大手転職エージェント

リクルートエージェント doda
転職エージェント
主な年齢層 全年代 26~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 関東・関西・東海の大卒以上
求人数 総求人数
20万件以上
総求人数
10万件以上
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実

幅広い層の求人
転職フェア多数
スカウトあり
簡単登録
(無料)

保育士が転職時期を検討すべきタイミングとは

今の職場では問題を改善できない時

給与や職場の人間関係、残業や持ち帰り業務の多さなど、職場環境や働き方に対する不満は転職を意識する理由として大きいのではないでしょうか。

その不満が交渉次第で改善できるなら、必ずしも転職をする必要はありません。

しかし、ストレスが大きい上に改善のための交渉が難しい場合は3月時期の退職にこだわらず相談してみても良いでしょう。

退職時の引き止めを受けたくない、またはトラブルが起こるのが心配な方は退職代行サービスを利用するのもおすすめです。

おすすめの退職代行サービス

退職代行サービスのNEXT 弁護士法人みやびの退職代行サービス
退職代行サービス
料金 33,000円 55,000円
相談窓口 電話
メール
LINE
メール
LINE
着手金 無料 無料
特徴 日本全国対応
退職できなかった場合全額返金
退職率100%
日本全国対応
出社なしの引継ぎや私物引取り可能
完全退職までフルサポート
無料相談

心身を壊すおそれがある時

保育士が職場を辞める時期は3月が良い、とされるのはその時点まで勤務を続けられる場合に限ります。

真面目な方ほど3月までは仕事をやり遂げようと無理をしてしまいがちです。

しかし、心身の健康を壊してしまうと業務が難しくなるだけでなく、次の転職にも差し支える可能性があります。

職場を変えないストレスや業務負担で心身の健康が危ぶまれるなら、時期を気にせず転職活動・退職の打診をしましょう。

保育士の転職時期をはかるためのQ&A

転職活動は辞める前と後のどちらから始めるべき?

転職活動を在職中・退職後のどちらに始めるかは、多くの方が悩む問題です。

それぞれにメリット・デメリットが存在するので、比較した上で自分に合った方法を選んでください。

在職中の転職活動

収入があるので心の余裕をもって転職活動ができる
ブランクが発生しない
× 面接の日程調整が難しい
× 転職先が決まっても退職するまでは働けない

退職後の転職活動

心身を整えてから転職できる
情報収集や複数社との面接に時間を割ける
× 経済的に苦しくなりやすい
× 離職期間が長くなると転職が難しくなる可能性

円満退職するにはどうしたらいい?

まずは主任やリーダーなど直属の上司にだけ退職の意思を伝え、園長に取り次いでもらうのがベターです。

退職理由は不満をぶつけるのではなく「体調不良」「介護」「引っ越し」「一身上の都合」など無難な内容にしておきましょう。

退職時期や引継ぎの相談と同時に、有給休暇をどう消化するか話し合っておくのも大切です。

引き止めを受けて決心が揺らいだり、勤務先と揉めるのが心配な方は退職代行サービスの利用も検討してみて下さい。

退職代行サービスではプロが円満退職のための手助けをしてくれるので、不要な揉め事に発展する心配がありません。

保育士の転職は3~4月以外の時期でも可能!状況にあった時期を選ぼう

保育士業界では転職自体が珍しくありませんが、求人が増えやすい時期はある程度決まっています。

新年度の4月向けて保育士の採用活動は活発化するため、3月退職・4月から勤務開始を理想とするのが一般的です。

実際に4月から新しい職場で働くメリットは数多く、スムーズに働くには最も良い時期だと言えるでしょう。

ですが、何があってもこの時期に合わせる必要があるわけではありません

夏~秋にも中途採用求人が多く出るので、転職を検討している方はまず様々な保育施設の求人情報を集めるのが重要でしょう。

自分の状況に合わせた転職時期を定め、計画的に転職活動を進めてくださいね。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事