最終更新日:

理学療法士は転職を失敗しやすい?失敗しない理学療法士の転職方法

理学療法士は転職を失敗しやすい?失敗しない理学療法士の転職方法

「理学療法士の転職で失敗する理由って何?」
「理学療法士として長く働きたい」

人間関係や想像していた労働条件の違いで転職を失敗する理学療法士は少なくありません。

転職の目的を定め、事前に職場の雰囲気を把握すれば転職の失敗を防げます。

本記事では理学療法士が転職に失敗する理由や成功する方法を紹介するので、長く働ける職場を見つけたい方は最後までご覧ください。

理学療法士は転職に失敗しにくい

転職に失敗した理学療法士の割合は医療業界では多いのかしら?

製薬・医療系転職サイトのプロキャリアによると、医療業界では65.5%が2回以上の退職をしています。

医療業界の転職回数

2010年に発表された白書委員会の理学療法士実態調査報告によれば、2回以上の退職をした理学療法士は2割弱です。

理学療法士の退職回数

医療業界と比較して理学療法士の退職回数は少ないので、転職に失敗する割合も低いと言えるでしょう。

理学療法士が転職に失敗する理由

医療業界では転職回数が少なくても、理学療法士はどういった理由で転職に失敗するんだろう?

理学療法士が転職に失敗する理由
・知人の紹介で安心しきっていたから
・職場の条件しか見ていなかったから

知人の紹介で安心しきっていたから

白書委員会の理学療法士実態調査報告によれば、理学療法士の主な転職理由は、地元に戻るために続いて「今の職場を紹介された」から。

理学療法士の転職理由

理学療法士の知人や元同僚などに勧められた職場なら働きやすいと考えがちですが、今より条件のいい職場で働ける保障はありません

いざ転職をすると以下のような不満が募る転職になりやすいです。

不満の募る転職例
・以前より給料が下がった
・理学療法士のやりがいを感じられない など

転職先に不満を抱いても、理学療法士の知り合いの面子を守るため嫌でも働き続けちゃう子もいるのよ。

職場の条件しか見ていなかったから

理学療法士実態調査報告によると約3割の理学療法士が職場への不満で退職しています。

次の転職先で改善をしようと躍起になると、現状の不満にばかり気を取られて転職に失敗しかねません。

例えば、安月給が嫌で収入の高い職場に転職したものの、拘束時間が前よりも長くなって失敗した話もあるわ。

理学療法士に限らず、年齢が上がるとともに即戦力の人材が求められます。

逃げるための転職を繰り返すと、経験が積めず理学療法士の転職難易度が上がるでしょう。

理学療法士が転職に失敗しない対策法

理学療法士は転職に失敗しにくいものの、対策をしなければ希望に沿った転職はできません

転職に失敗しないためには以下の3点に気を付けましょう。

理学療法士が転職に失敗しない方法
・転職の目的を明確にする
・職場見学をする
・転職エージェントを利用する

転職の目的を明確にする

今の職場の不満解消や理学療法士として身に着けたい能力など転職の目的が明確になれば目標が定まるので失敗しづらいです。

転職したい理由をはっきりさせるにはどうすればいいのかしら?

事前に職場の不満や将来の理想を言葉にすればいいわ。

転職理由の書き出し方の例
・給料が低い
 →給料の高い職場に転職したい
・職場や患者との人間関係に耐えられない
 →意思疎通がしやすいところで働きたい
・今の業務だけでは物足りない
 →こなせる業務の幅を広げたい など

職場見学をする

職場見学をすれば求人情報だけでは得られない内情の把握が可能です。

職場見学で分かる情報
・理学療法士スタッフの働き方
・スタッフ同士や患者との接し方
・スタッフや上司の考え など

現場スタッフや上司にも話を聞けて人柄や考え方が見えるので、一緒に働きたいかどうかも分かります。

入職後のギャップや周辺環境の利便性を知るためにも事前に施設へ足を運びましょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用すれば求人検索や面接日の調整など面倒な作業を代行してくれます。

多忙な理学療法士でも隙間時間を使った転職活動が可能です。

理学療法士に強い転職エージェントを使うと、長年の転職ノウハウをもとにサポートしてくれるので、転職の失敗を減らせます。

PTOT
キャリアナビ
マイナビ
コメディカル
転職
エージェント
特徴 10年以上の支援実績に基づく手厚いキャリアサポート 求人数は業界トップクラスで質の高い案件が多い
求人数 非公開 約27,000件
求人
対応地域
東京・埼玉・
千葉・神奈川
・大阪・兵庫
全国対応
公式サイト

PTOTキャリアナビ

PTOTキャリアナビは理学療法士や作業療法士に特化した転職エージェントです。

独自のネットワークで介護施設やクリニック、診療所と繋がっているのでPTOTキャリアナビにしかない独占求人を保有。

LINEでのアドバイザーとの密な連絡や職場見学で転職者の不安や疑問を解消できるため、ミスマッチを防ぎやすいです。

10年以上の転職支援で培ってきたノウハウでサポートしてくれるので、転職に失敗したくない理学療法士はPTOTキャリアナビに相談してみましょう。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは主に理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の転職をサポートするリハビリ職専門の転職エージェント。

扱う求人の多さは業界トップクラスで、理学療法士向けの求人割合が一番高いため選択肢の幅に富んでいます。

福利厚生や労働条件の良さなどの様々な切り口で求人紹介をしてくれるので希望条件に合う職場を見つけやすいです。

面談会場は本州に集中しているものの、電話やメールでアドバイザーに相談でき地方在住の理学療法士でもサポートを受けられます。

好条件の求人を全国規模で探したい理学療法士は利用してみてください。

理学療法士は転職理由を明確にすれば失敗しない

理学療法士が転職に失敗する割合は医療業界全体と比べると少ないですが、必ず成功するとも限りません。

本記事で紹介した理学療法士の転職失敗理由を知った上で対策をして、効率を上げつつ希望条件に沿う転職を目指しましょう。

転職に失敗しない以下のコツを意識して活動してみてください。

理学療法士が転職に失敗しないコツ
・なぜ転職をしたいのか明確にする
・職場見学をする
・転職エージェントを利用する
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事