最終更新日:

第二新卒からホワイト企業に転職は可能?優良なホワイト企業に入社する方法

第二新卒からホワイト企業に転職は可能?優良なホワイト企業に入社する方法

「第二新卒の転職はブラックばかりでホワイト企業には入れない?」
「第二新卒から理想的な企業に転職したい!」

新卒として就職後、3年以内に離職した第二新卒の方の多くは、上記のような悩みを抱えています。

結論から言えば、第二新卒でもホワイト企業への入社は可能です。

本記事では、第二新卒の転職で考えるべきホワイト企業の定義やホワイト企業に入社するコツなどを解説。

優良企業で働きたい第二新卒の方は必読です!

第二新卒の転職に特化した
おすすめ転職エージェントはコチラ

第二新卒の転職におけるホワイト企業とは?

ホワイト企業への転職を目指す際、最も重要なのは「自分にとってのホワイト企業」の明確化です。

自分が求める条件を確かめ、譲れないラインを探っておくと転職活動を円滑に進められます。

第二新卒におすすめにホワイト企業が持つ要素

転職先を選ぶ際、会社の設備や環境、仕事内容や給与に魅力を感じるかどうかは重要です。

しかし、長く働きにくい環境ではどんなに魅力的な条件でも後悔する可能性が高くなります。

仕事内容、給与、労働環境などの全てが完璧な「誰が見てもホワイト企業」とされる会社はごく少数です。

一般的に上げられるホワイト企業の条件を例として、自分が譲れないポイントがどこか考えましょう。

ホワイト企業が持つ要素の例

  1. 人材育成制度が整っている
  2. 長時間残業がない
  3. 3年後離職率が低い
  4. 有給取得数平均が高い

人材育成制度が整っている

第二新卒の転職では、未経験の業界・職種にチャレンジする人が多数派です。

しかし、人材育成の制度が整っていない企業では、何も分からない状態で労働を求められる可能性があります。

研修期間や研修制度の有無、業務を覚える流れなどは、求人情報内に記載されている場合が多いです。

記載がない、または分からない時は面接時に質問として確認しておきましょう。

長時間残業がない

40時間を超える残業を強要され、かつ残業代が少ない会社はブラック企業であると判断される場合が多いでしょう。

実際の労働を行なう前に、会社が残業時間と残業代を定めるのが「みなし残業制度」です。

みなし残業制度を採用する会社が全て悪い訳ではありませんが、制度を悪用して残業代を支払わない企業も存在します。

残業時間に関する制度はブラック企業の要素として判断基準になるので、事前に確認しておきましょう。

特定の職業では残業時間を設定しない「裁量労働制」が採用されているケースもあります。

3年後離職率が低い

3年後離職率は、3年以内に辞める人の割合を示す数字です。

近年は転職のハードルが比較的低く、入社してブラック企業だと分かれば辞める人も少なくありません。

つまり、3年以内に辞める人が少ない企業は、ホワイト企業寄りである可能性が高いです。

基準としては、3年後離職率が30%(平均)未満だと低めに分類されます。

3年後離職率が分からない時は、新卒の採用人数を聞いて会社の規模に対して多すぎないか調べましょう。

理由もなく採用数が多い時は、人がすぐやめている可能性があるので要注意です。

有給取得数平均が高い

求人情報にある有給取得数平均は、有給休暇の取得日数を表しています。

有給取得率が50%以上であれば、ブラック企業ではない可能性が高いでしょう。

有給取得数平均が低すぎる場合、非常に忙しい職場か、有給を取得できない職場の雰囲気があるケースが考えられます。

「完全週休二日制」ではなく「週休二日制」の場合、一か月のうち最低一度は週二日休みがある勤務形態です。休暇日数が気になる方は気を付けましょう。

第二新卒がブラック企業を避けてホワイト企業に入社する方法

一般的な企業では、書類選考通過後、複数回の面接が設けられるケースが多いです。

書類選考免除で即面接・即日勤務などを謳う企業は、離職率が高いブラック企業の可能性が高いでしょう。

転職に必要な期間は一般的に3~6か月程度と言われていますが、簡単に内定を貰える企業にとりあえず入社するのはおすすめしません。

人手不足のブラック企業は多くの場合採用基準が緩く、入社自体は難しくないです。

厳しい労働環境でも、キャリアアップのための下積みと考えられるなら良いでしょう。

しかし、入社してすぐに退職した場合は早期退職がマイナス評価となり、次の転職が難しくなる可能性があります。

ホワイト企業への転職を目指す時ほど求人内容を冷静に見極め、入社するかどうかを考えましょう。

大手エージェントを併用

まだ本格的に転職活動を始めていない第二新卒の方も、希望に合った求人情報を知れるよう、早めに転職エージェントを利用しましょう。

第二新卒の場合、若手に強いエージェントと大手エージェントの併用が最適な選択です。

得られる情報の幅を広げるためには、一社だけでなく様々なサービスを頼ってください。

大手であれば求人数が業界でも最大級かつサービスが手厚い「doda」がおすすめです。

第二新卒の転職に特化した
おすすめ転職エージェント

doda
転職エージェント
主な年齢層 26歳~35歳
主なサポート対象 大卒以上の転職希望者
支援実績 年間転職成功者は1万人以上
求人数 約10万件
求人対応地域 首都圏・関西圏・東海
特徴 スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

第二新卒がエージェントでホワイト企業求人を紹介されるコツ

担当者に対して希望をはっきり伝える

ホワイト企業に転職したい場合、自分の求める条件はしっかりと転職エージェントの担当者に伝えましょう。

「当てはまる求人がない」と言われた場合は、複数社の転職エージェントに聞きながら条件を調整するのをおすすめします。

自分の人生を左右する転職活動では、多少強欲に希望条件を伝える姿勢も必要です。

希望に当てはまる求人のみ紹介して欲しいと頼む

希望条件を伝えた後は「これらの条件に当てはまる求人だけ紹介してほしい」とはっきり言いましょう。

ブラック企業や希望と大きく外れた企業の求人が送られてくるリスクが下がります。

第二新卒におすすめの転職エージェント

一般的な転職エージェントで経験年数の低い第二新卒向けの求人数はあまり多くありません。

第二新卒に強い転職エージェントを利用すると、今のスキルよりも今後のポテンシャルを重視した採用をしたい企業の求人を見られます。

企業視察を行ない、とにかく人手を集めたいブラック企業を事前に弾いてくれる転職エージェントもあるので、ぜひ活用しましょう。

転職エージェントが保有している非公開求人はそれぞれ異なるので、一社に絞らず複数社の併用をおすすめします。

【第二新卒に強い転職エージェント】

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 書類選考なし
優良企業2千社
就職率96%
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)
第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

第二新卒でもホワイト企業への転職は可能!転職エージェントの活用がカギ

ホワイト企業の基準はある程度求職者の価値観による部分があります。

そのため、本格的に転職活動をする前に自分が企業に何を求めるのか確かめておくと良いでしょう。

また、第二新卒は通常の中途採用者に比べてスキルや経験が不足している傾向にあるのは事実です。

もしスムーズに採用を受けられなかったとしても、内定されやすい会社に応募するのはおすすめしません

ブラック企業を避けてホワイト企業の求人を探したい方は、第二新卒に強い転職エージェントを併用しましょう。

転職のプロからサポートを受け、希望に合った優良企業を探してください!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事